旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.646

2017/02/16


先日、話題の映画「沈黙 -サイレンス-」を見てきました。評判がよさそうだった
ので期待して行ったのですが、悪くはないのですがいまいちピンときませんでした。
日本の描き方は外国人監督とは思えぬほどうまくて、当時の国人が見た東の果て
の国の意味のわからなさやおどろおどろしさもよく描かれていたと思うのですが…
…。ストーリーを少し知っていたからかなと思って、40年前に撮られた篠田正浩
監督の「沈黙」も視聴。そうしたらその理由がよくわかりました。マーティン・スコ
セッシ監督の「沈黙」は、宣教師の信仰心にスポットを当てすぎていて、宗教映画
としての色合いが濃いのだと思います。それに比べて篠田版は、人間の弱さと強さ、
信念の危うさがより描き出されていて、普遍的な内容になっていました。いやぁしかし、
拷問シーンの多い映画を立て続けに見るのは、やっぱり精神的にきついですね。。。
それでは今週は、明日がさがぐちとおるさんのキューバイベント開催のため、
いつもの週より1日早いのまど通信をどうぞ!(W)


◆映画「沈黙 -サイレンス-」
http://chinmoku.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 2/17(金)新刊「キューバ音楽を歩く旅」発売記念                     
              さかぐちとおるさん、スライド&トークイベントいよいよ明日開催!


           〜 2/24(金)新刊『図説 英国ファンタジーの世界』発売記念、 
                奥田実紀さん 紅茶&トークイベント、いよいよ来週開催!

                        
★のまどNEWS     〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!


          〜  DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 エアアジアX、関空/ホノルル線は6月に、搭乗率8割へ


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜  2/17(金)新刊「キューバ音楽を歩く旅」発売記念                     
              さかぐちとおるさん、スライド&トークイベント、いよいよ明日開催!
---------------------------------------------------------------------

2/17(金)に新刊『キューバ音楽を歩く旅』(彩流社)の発売を記念して、ライターの
さかぐちとおるさんをゲストにお迎えして開催する、キューバ音楽の魅力についての
トークイベントですが、いよいよ開催が明日に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、さかぐちさんのファンの方
はもちろん、キューバ音楽が大好きな方やキューバ旅行を計画している方は
ご予約はお早めにお願いします。

ちなみに、当日は西荻窪に事務所がある中南米やアフリカなどのエスニックな国々の
CDをネット販売しているアオラコーポレーションの高橋さんにCDを販売に来て
いただきます。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「キューバ音楽を歩く旅」発売記念

◆さかぐちとおるさん  スライド&トークイベント◆

「キューバ音楽の世界へようこそ!」

----------------------------------------------------------------------

新刊『キューバ音楽を歩く旅』(彩流社)の発売を記念して、著述家のさかぐちとおるさん
をゲストにお迎えして、キューバ音楽の魅力について写真と動画を眺め、音楽を聴きな
がらながらたっぷりと語っていただきます。『キューバ音楽紀行』『メキシコ―世界遺産と
音楽舞踊を巡る旅』『ラテンアメリカ鉄道の旅』など、ラテン諸国の音楽や文化に関する
著作が多数あるさかぐちさんが今回注目したのは、原点でもあるキューバ。2015年の
米国との国交回復以降、キューバを訪れる観光客は激増し、新たな魅力を秘めた旅行
先として世界中から注目を集めています。本書は、長年キューバに通い、サルサやルン
バを踊るほどラテン音楽に陶酔し精通したさかぐちさんが、キューバ音楽をジャンル別
に解説し、約20年をかけて実際にキューバ各地で見聴きした体験を綴った紀行エッセイ
になっています。今回のイベントでは、キューバ各地に根付いた郷土音楽と舞踊の話を
中心に、旅行ガイド誌を数多く手がけるさかぐちさんが、旅先で感じたとっておきの貴重
なキューバのお話が聞けるはずです。さかぐちさんのファンの方はもちろん、キューバ
音楽が大好きな方やキューバ旅行を計画している方はぜひご参加下さいませ!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●さかぐちとおる(坂口透)

神奈川県出身。幼年期は香港で暮らす。中央大学法学部卒業。NHKサービス
センターに勤務後、フリーランスで編集者・著述家として活動している。編集者と
して『地球の歩き方』シリーズではスペイン、ポルトガル、メキシコ、中米、トラベル
会話スペイン語、トラベル会話ポルトガル語など。著述家として『世界の車窓から
DVDブック』シリーズ、『まいにちスペイン語』『テレビでスペイン語』『旅行人』の執筆
を手掛けるほか、雑誌記事も多数ある。著作は『キューバ音楽紀行』(東京書籍)、
『メキシコ―世界遺産と音楽舞踊を巡る旅』(柘植書房新社)、『ラテンアメリカ鉄道
の旅』(彩流社)など。

◆さかぐちとおる公式サイト
http://sakaguchitoru.com

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  2月17日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:彩流社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2) 〜 2/24(金)新刊『図説 英国ファンタジーの世界』発売記念、
                 奥田実紀さん 紅茶&トークイベント、いよいよ来週開催!
---------------------------------------------------------------------

2/24(金)に新刊『図説 英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)の発売を記念して、
著者でライターの奥田実紀さんをゲストにお迎えして開催する英国ファンタジーの魅力
についての紅茶&トークイベントですが、いよいよ開催が来週に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、奥田さんのファンの方は
もちろん、英国のファンタジー文学が好きな方や英国の歴史や文化に興味のある方
はご予約はお早めにお願いします。当日は、紅茶とちょっとしたお菓子が付きますよ! 

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「図説 英国ファンタジーの世界」発売記念

◆奥田実紀さん  紅茶&トークイベント◆

「英国ファンタジーの魅力を巡る旅」

----------------------------------------------------------------------

『図説 英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)の発売を記念して、著者でライターの
奥田実紀さんをゲストにお迎えして、英国ファンタジーの魅力についてたっぷりと語って
いただきます。『図説赤毛のアン』『スコットランドタータンチェック紀行』など、赤毛のアン
やスコットランドに関する著作が多数あり、紅茶にも造詣が深い奥田さんが長年追いか
けてきたのは英国のファンタジー作品。本書では、ハリーポッターシリーズ、不思議の
国のアリス、ナルニア国物語、指輪物語など、日本でもファンの多い英国ファンタジー
作品のゆかりの地を奥田さんが訪ね歩き、物語が誕生するきっかけになった秘密を
解き明かしつつ、その魅力を丁寧に紹介しています。今回のイベントでは、長年、英国
の文学や歴史を取材してきた奥田さんの貴重なお話が聞けるはずです。奥田さんの
ファンの方はもちろん、英国のファンタジー文学が好きな方や英国の歴史や文化に
興味のある方はぜひご参加下さいませ!当日は、紅茶とお菓子が付きますよ!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●奥田実紀(おくだみき)

宮城県仙台市出身。都内でコピーライター、編集者を経て、フリーライターに。
結婚を機に、静岡県浜松市へ。雑誌や書籍、自費出版、広告など多方面に携わり、
写真家・翻訳家としても活動。1992〜93年、小説『赤毛のアン』の舞台となった、
カナダのプリンス・エドワード島に、小さい頃からの夢を果たし滞在。その体験を
もとに『図説赤毛のアン』(河出書房新社)『赤毛のアンA to Z』(東洋書林)
など、関連書籍の出版や翻訳多数。ほか、『図説タータンチェックの歴史』
(河出書房新社)『タータンチェックの文化史』(白水社)なども。紅茶にも
造詣が深く、なかでも国産紅茶に関しては生産者への取材を精力的に続けて
いる。また、紅茶、赤毛のアン、タータンチェックの講座も開催。


◆奥田実紀さんHP
http://www.geocities.jp/writermiki_okuda/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  2月24日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】  1500円(紅茶とちょっとしたお菓子付き)  
                  ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:河出書房新社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グッズ」
フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2017年最新号まで、この4年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅報 〜 エアアジアX、関空/ホノルル線は6月に、搭乗率8割へ
---------------------------------------------------------------------

今回は、エアアジアXが6月から、クアラルンプール/関空/ホノルル線を週4便で
開設する、という情報です。

ついにというか、とうとうというか、やっと日本からハワイにLCCが就航しますね。
日本に2010年にLCCが就航してから7年。中国や韓国、台湾や香港など東アジア
をはじめ、今やベトナムやタイ、フィリピンなどの東南アジアまで、日本の近郊は
かなりLCCでカバーできてますが、ハワイはまだだったので、LCC好きの人の
中では待ちに待った就航ですね。ハワイ路線というのはなぜか値段が高止まり
していたので、本当に安く行きたい人の需要は確実にあるはずなので、いい感じに
利用する方が増えそうですね。早く成田や羽田からもハワイに就航しないかなあ。
(店長)


◆エアアジア
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

-------------------------------------------------------------- 

<エアアジアX、関空/ホノルル線は6月に、搭乗率8割へ>

エアアジアX(D7)は6月28日から、クアラルンプール/関空/ホノルル線を週4便で
開設する。LCCが日本/ハワイ間を運航するのは初めて。日本とマレーシアが2011年
の航空協議で首都圏空港以外の以遠権を自由化したことを受け、週10便で運航中の
クアラルンプール/関空線の一部を延伸するもので、D7にとっては初のハワイ線となる。
使用機材はエアバスA330-300型機で、ビジネスクラス12席、エコノミークラス365席の
計377席。

D7によれば2月10日に大阪市内で開催した記者会見では、CEOのベンジャミン・イス
マイル氏が登壇し、搭乗率80%をめざす方針を説明。そのほか、ハワイ州観光局局
次長のミツエ・ヴァーレイ氏も登壇。「ハワイへの旅行者は、30代や40代に加えてアク
ティブシニアなどが多いが、D7の提供する価格で若い人たちにも来てもらえるのでは」
と期待を示したという。

D7によれば、乗客の8割から9割程度が日本発のレジャー客となる見込みで、同区間
は日本航空(JL)、デルタ航空(DL)、ハワイアン航空(HA)の3社が運航しているものの、
需要は十分にあるとの考え。LCCの割安感を訴えることで、若者やファミリーの取り込
みを強化する。残りの1割から2割はマレーシア発が占めると予想する。

2月11日から26日までは就航記念キャンペーン価格として、片道航空券を諸税費込み
でエコノミークラスは1万2900円、ビジネスクラスは6万9900円で販売する。対象搭乗
期間は6月28日から2018年2月6日まで。運航スケジュールは以下の通り。


◆D7、クアラルンプール/関空/ホノルル線運航スケジュール(6月28日〜)
◎D7001便 KUL 14時00分発/KIX 21時25分着・23時25分発
/HNL 12時30分着(月・水・金・土)
◎D7002便 HNL 16時00分発/KIX 20時25分着 22時00分発
(※翌日)/KUL 04時00分着(※翌々日)(日・火・木・土)

*「日刊トラベルビジョン2017年2月12日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で6冊。その中から1点紹介します。

萩原健太郎氏の「北欧デザインをめぐる旅」です。 

本書は、デンマーク留学の経験がある著者が、ミュージアムや建築から、
ショップ、カフェ、ホテルまで、コペンハーゲン、ストクホルム、ヘルシンキの
北欧3都市のデザインを案内した1冊です。

ここ数年、地味に北欧ブームが続いていますが、きっかけはやはり
2006年に公開された映画「かもめ食堂」でしょうね。個人的にも
やはり2006年にフィンランドに行ったのですが、別に「かもめ食堂」に
触発されたからではなくて、ムーミンが以前から好きで北欧に行くなら
フィンランドに行きたいと思っていたからです。あれから10年以上が
経ちましたが、今度はぜひデンマークに行ってみたいですね。教育
や社会福祉、働き方など、今の日本が直面している様々な課題の
答えがデンマークに行けば見れるかもしれないですよね。(店長)


◆萩原健太郎氏公式ウェブサイト
http://www.flighttodenmark.com/

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・もの食う人びと (文庫)   辺見庸    400円




◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・野蛮な読書 (単行本)   平松洋子     900円


・東南アジアの日常茶飯 (単行本・絶版)  前川健一   1400円


・トルコ旅と暮らしと音楽と (単行本・絶版)  細川直子   900円


・ドイツラインとワインの旅路 (単行本・絶版)  新井浩士  1100円


・北欧デザインをめぐる旅 (単行本)   萩原健太郎   900円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

北朝鮮の故金正日総書記の長男で現在の総書記の金正恩の異母兄弟である金正男氏
がマレーシアに滞在中に北朝鮮の工作員と見られる複数のメンバーに暗殺されるという
ショッキングな事件が起きました。金正男氏といえば、日本に偽装パスポートで入国した
ことで有名ですが、その後は金正日が亡くなった後の後継者争いの本命と見られていま
したが、政治的な事からは距離を置いて、最近では複数の語学を操ってマカオを中心に
ビジネスマンとして活動していたので、まさか金正恩の命令によって暗殺されるとは予想外
でした。ただ、韓国ドラマをよく見てるので、その中に出てくる朝鮮王朝の兄弟による血で
血を争う権力闘争や、財閥の後継者争いでの兄弟でのドロドロの争いなどの展開と
今回の北朝鮮の権力闘争の構図があまりにも似ているので、ちょっとビックリしています。
やはり北朝鮮も韓国と同じ「朝鮮民族」なので、家族への思いや組織に対する考え方など
が底辺の部分で共通する何かがある気がします。金正恩総書記が親族や身内を自身の
権力基盤を盤石にするためだけにこんなに殺害していくのをみてると、今後数年のうちに
金正恩氏が支持基盤を失って、北朝鮮内部で崩壊が始まるような気がしますが、果たして
どうなっていくんですかね?(店長)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。