旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.632

2016/11/04


開店以来初めて、約1ヵ月間、毎週のまどイベントを開催するのですが、今週は 
水曜日に、新刊「きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅」の発刊を記念して、
著者でベルリン在住のライター久保田由希さんをお招きして、クリスマスマーケット
についてのトークイベントを行いました。今回もたくさんの方にご参加いただき、
ありがとうございました! ヨーロッパは、個人的には一昨年にベルギーとオランダ
に行きましたが、アジアに比べると圧倒的に行くことが少なく、たまにこうしてきち
んと話を聞くと、生活や文化の豊かさの違いを実感します。何というか、質が違う
のか、居心地の良さにつながっている感じがします。それが地方にまで行き渡っ
ているのが、ヨーロッパのすごさなのではないかなぁと。まぁ、いろいろ外には
現れない問題もあるんでしょうけど。今回のトークイベントを見て、やっぱりいつ
かヨーロッパに住みたいなぁと思ってしまいました。それでは、今週ものまど通信
をどうぞ! あ、今後のイベントもぜひチェックしてみてください!(W)


◆11/10(木)新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念、
光瀬憲子さん、スライド&トークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 11/10(木)新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念、
                  翻訳家 光瀬憲子さん トークイベント、いよいよ来週開催!


          〜 たかのてるこさん、
                11/16(水)トークイベント&サイン会、追加公演決定!


          〜 エッセイスト 一青妙さん、
                  12/2(金)スライド&トークイベント、開催決定!
         
               
★のまどNEWS     〜 映画「彷徨える河」と当店のタイアップ
                                  キャンペーン、開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!


                    〜  DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


           〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 訪日消費額、16年3Qは2.9%減の9717億円
                                   −約5年ぶりに減少


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 11/10(木)新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念、
                  翻訳家 光瀬憲子さん トークイベント、いよいよ来週開催!
---------------------------------------------------------------------

11/10(木)に新刊『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』(双葉社)発売を記念して、
著者で翻訳家の光瀬憲子さんをお招きして開催する大人が楽しめる台湾グルメの
巡り方についてのトークイベントですが、いよいよ開催が来週に迫って来ました。

4月に『美味しい台湾 食べ歩きの達人』出版記念イベントを開催した際に
「次回作もぜひイベントをしましょう」と話していて、今回、光瀬さんの台湾本の新刊
が10月末に出版されると聞き、所属事務所を通して光瀬さんに連絡したところ、
快く引き受けていただき、イベントを開催することになった次第です。

台湾との縁が深く、仕事とプライベートで頻繁に日本と台湾を行き来している光瀬
さんですので、台湾のディープなお店の情報や取材時の裏話などが聞けるはずです。
なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、光瀬さんのファンの方は
もちろん、台湾料理が大好きな方や台湾旅行に興味のある方はご予約は
お早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念

◆光瀬憲子さん  スライド&トークショー◆

「大人が楽しめる台湾グルメを巡ろう!」

----------------------------------------------------------------------

新刊『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』(双葉社)の発売を記念して、著者で翻訳家
の光瀬憲子さんをお招きして、大人が楽しめる台湾グルメの巡り方についてスライドを
眺めながらたっぷりと語っていただきます。前作『美味しい台湾 食べ歩きの達人』では、
台北や、台北から地下鉄で15分の隠れたグルメタウン板橋(バンチヤオ)や三重(サンチ
ヨン)、高雄(ガオシヨン)といった街のガイドブックには載っていないディープな地元食堂
の楽しみ方を紹介していた光瀬さん。本作では、台北・台南・高雄を舞台に、朝市を散歩
したり、下町の廟前酒場で地元の人と昼酒を楽しんだり、夕方は鴨肉を肴にビールを
飲んだり、日が暮れたら大人向けの夜市を巡ったり、コストパフォーマンスのいい大人の
台湾旅を提案しています。台北で就職し、7年間台湾に暮らしていた光瀬さんならでは
の台湾のおいしいお店の情報や見つけ方が聞けるはずです。光瀬さんファンの方は
もちろん、台湾料理が大好きな方や台湾旅行に興味のある方はぜひご参加下さい!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●光瀬憲子(みつせのりこ)

1972年、神奈川県横浜市生まれ。英中日翻訳家、通訳者、台湾取材コーディネーター。
米国ウエスタン・ワシントン 大学卒業後、台北の英字新聞社チャイナニュース勤務。台湾
人と結婚し、台北で7年、 上海で2年暮らす。2004年に離婚、帰国。台湾とは無縁の生活
を送っていたが、2007年に再訪し、魅力を再認識。以後、通訳や取材コーディネートの
仕事で、台湾と日本を往復している。著書に「台湾で暮らしてわかった律儀で勤勉な『本当
の日本』」、「台湾一周!安旨食堂の旅」「台湾縦断!人情食堂と美景の旅」「美味しい台湾
食べ歩きの達人」等。TABILISTAでコラム連載中→http://tabilista.com/cat/taiwan


◆光瀬憲子さん所属会社「キーワード」
http://www.k-word.co.jp/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  11月10日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:双葉社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 たかのてるこさん、
                11/16(水)トークイベント&サイン会、追加公演決定!
----------------------------------------------------------------------

11/24(木)に新刊『純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて〈西欧&北欧編〉』&
『人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて〈中欧&東欧編〉』 (ダイヤモンド社)の
発売を記念して、著者のたかのてるこさんをお招きして開催するトークイベントですが、
申込みの方が想像以上に多くて、あっという間に定員に達しましたので、たかのさん
と相談した結果、急遽、11/16(水)に追加公演を開催することが決定しました。

今回のヨーロッパの旅で数多くの面白いヨーロッパの人たちに出会ったたかのさん
ですから、本には書けなかった貴重で大爆笑な蔵出しエピソードがたくさん聞けると
思いますよ。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、たかのさんのファンの方は
もちろん、ヨーロッパ各国の文化や風習などに興味のある方は、ご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて〈西欧&北欧編〉」&
「人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて〈中欧&東欧編〉」発売記念

◆たかのてるこさん  スライド&トークショー◆

「てるこの、純情&人情ヨーロッパ21ヵ国鉄道旅!」

----------------------------------------------------------------------

新刊『純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて〈西欧&北欧編〉』&『人情ヨーロ
ッパ 人生、ゆるして、ゆるされて〈中欧&東欧編〉』(ダイヤモンド・ビッグ社)の発売を
記念して、著者のたかのてるこさんをお招きして、純情で人情に厚いヨーロッパの
人達の魅力について、スライドを眺めながらたっぷり語っていただきます。
前作『ど・スピリチュアル日本旅』では、高野山の宿坊で美坊主たちとプチ修行したり、
北海道・二風谷のアイヌのシャーマンの家で儀式に参加したり、沖縄の離島で「海人
(ウミンチュ)の宿」で魚突きしたりと、日本各地の超ディープな面白い人たちと行き当
たりバッタリで触れ合ったたかのさん。最新刊はなんと驚きの2冊同時出版!そして
初めての本格ヨーロッパ旅!18年勤めた会社を辞め、欧州21ヵ国を2ヵ月間、15000
キロの鉄道旅で、ヌーディスト・ビーチでは裸のつき合い、〈奇跡の聖地〉の夜のろう
そくミサで祈り、肉体派メンズとのキャ二オニング、温泉湖で鳥や魚との混浴、高さ
28mの橋から飛び込むためのレッスンなど、気取らず自然体で純情なヨーロッパの人
たちとのハチャメチャだけど心が癒される旅のエピソードが綴られています。
本には載せられなかった旅のこぼれ話や、旅の秘蔵写真、抱腹絶倒のエピソード
トークを生で聞けるチャンスですよ。たかのさんのファンの方はもちろん、
ヨーロッパ各国の文化や風習などに興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、サイン握手会(なんとハグ付き(笑))も行います。

------------------------------------------------------------------------

●たかのてるこ

「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、60ヵ国を駆ける旅人。
15万部超のベストセラーとなった代表作『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)は、 
旅立つ老若男女の”旅のバイブル”となり、主演・長澤まさみ×脚本・宮藤官九郎で、 
スペシャルドラマ化もされ話題に。(のちにDVD化)。
著書は他に、イスラムの摩訶不思議なイベント、ラマダーンの体当たり体験記『モロ
ッコで断食』、憧れのダライ・ラマに出会うまでの道中、神秘的なチベット体験を綴った
『ダライ・ラマに恋して』を始め、『サハラ砂漠の王子さま』『キューバでアミーゴ!』
『ジプシーにようこそ! 旅バカOL、会社卒業を決めた旅』(以上、幻冬舎文庫)『淀川
でバタフライ』(講談社文庫)『ど・スピリチュアル日本旅』(幻冬舎)など、多数。 


◆たかのてるこさん公式HP
http://takanoteruko.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  11月16日(水)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:ダイヤモンド・ビッグ社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(3)〜 エッセイスト 一青妙さん、
                  12/2(金)スライド&トークイベント、開催決定!
---------------------------------------------------------------------

12月のイベントが決定しました。

12/2(金)に新刊『台南 〜 「日本」に出会える街』(新潮社)の発売を記念して、
著者で女優の一青妙さんをお招きして、台南のディープな楽しみ方について
スライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

一青妙さんには、10月に『わたしの台湾・東海岸』の出版記念イベントに出演
していただいたのですが、立て続けに今度は台南の新刊を出版されたとのことで、
一青さんにまたまたイベント出演のお願いを依頼したところ、快く引き受けて
いただき、 当店にてイベントを開催することになった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、一青妙さんの
ファンの方はもちろん、台南に興味がある方や台湾が大好きな方は
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊『台南 〜 「日本」に出会える街』発売記念

◆エッセイスト 一青妙さん  スライド&トークショー◆

「魅惑の古都、台南のディープな楽しみ方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『台南 〜 「日本」に出会える街』(新潮社)の発売を記念して、著者で女優の
一青妙さんをお招きして、台南のディープな楽しみ方についてスライドを眺めながら
たっぷりと語っていただきます。前作『わたしの台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾を
めぐる旅』では、先住民が多く台湾人に心の原点と愛され、アウトドア・レジャーも
盛んな台東、名所・太魯閣渓谷や日本統治時代の建物を活かした街が人気の花蓮、
テレビドラマ「孤独のグルメ」でも紹介され台北から近い宜蘭など、台北や台南、高雄
といった西側とはまるで違う台湾東部の独特の魅力を紹介した一青さん。本作は、
日本統治時代からの建物をリノベーションしたカフェやホテル、台湾人にも人気の
マンゴーや牛肉湯の名店、バロック様式の建物が並ぶ雰囲気たっぷりの「老街」、
若者のおしゃれ店が増え始めた西市場、製糖工場跡地の観光スポットなど、『わたし
の台南〜「ほんとうの台湾」に出会う旅』に続いて再び台南の魅力を綴った1冊に
なっています。台南に通いつめ、「親善大使」第1号にも任命された一青さんですの
で、普通のガイドブックでは知りえない台南の貴重な情報や体験談が聞けるはず
です。一青さんのファンの方はもちろん、台南に興味がある方や台湾が大好きな方
はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●一青妙(ひととたえ)

1970年、台湾屈指の名家「顔家」の長男だった父と日本人の母の間に生まれ、幼少期は
台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。歯科医と女優、そしてエッセイストとして活躍
中。最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れている。著作に『わたし
の台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―』(新潮社)ほか、『私の箱子(シャンズ)』『ママ、
ごはんまだ?』(ともに講談社)があり、両作とも台湾で中国語版が出版され、『私の箱子』
は「2013年開巻好書奨」を受賞するなど大きな話題を呼んだ。台南市親善大使、中能登
町観光大使を務める。『私の箱子』『ママ、ごはんまだ?』(いずれも講談社)を原作とした
日台合作映画『ママ、ごはんまだ?』が2017年初春公開予定。


◆一青妙さん公式ブログ
http://ameblo.jp/hitototae/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  12月2日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:新潮社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 映画「彷徨える河」と当店のタイアップ
                                  キャンペーン、開催中!
----------------------------------------------------------------------

10/29(土)から渋谷のシアターイメージフォーラムで公開される映画「彷徨える河」と
当店のタイアップキャンペーンを店内にて開催中です。

今回、配給会社のトレノバさんから「旅をテーマにした御店でぜひ旅をテーマにした
映画のキャンペーンをしたい」と連絡があり、サンプル版を見たところ非常に興味
深い内容だったので、映画「彷徨える河」のキャンペーンをすることになった次第です。 

これまでも「荒野へ」や「オン・ザ・ロード」など旅に関する映画のタイアップキャンペーン
は開催したことがあるのですが、9月の「聖なる一族24人の娘たち」に続いて2カ月連続
での開催になるので、お客様からどんな反応があるのか楽しみです。

キャンペーンは以下のような内容になりますので、この映画に興味のある方は
ぜひご来店いただいて、特別チケットセットを購入して、映画をご覧いただければ
と思います。

みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)

-------------------------------------------------------------------

◆旅の本屋のまど×映画「彷徨える河」タイアップキャンペーン


期間:10/21(金)〜11月下旬まで


◎特別チケット販売

前売券の販売価格は1,500円(税込)です。


◎モニター設置

期間中は、店内にモニターを設置して、映画「彷徨える河」の
特別予告編の映像を常時放映します。


◆映画「彷徨える河」公式サイト
http://www.samayoerukawa.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グッズ」
フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(4) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2016年最新号まで、この3年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 訪日消費額、16年3Qは2.9%減の9717億円−約5年ぶりに減少
----------------------------------------------------------------------

今回は、観光庁によると、2016年7月から9月までの訪日外国人旅行消費額が
前年比2.9%減した、という情報です。

これは約5年振りということだそうですが、旅行者数は増加してるのに支出額は
減少してるということで、完全に「爆買」の季節は終わったということでしょうね。
ただ、買い物は大きく減少した代わりに、食事代は大きく増加しているそうなので、
日本に来る観光客の方の行動パターンが完全に買い物型から食事や体験を
楽しむ型にシフトしてきてるんでしょうね。日本だけじゃなくて海外の方にも
物販のお店は厳しいということですね。外国の方に本を買ってもらうのは、
ますます大変になりそうです。(店長)


◆観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/

-------------------------------------------------------------- 

<訪日消費額、16年3Qは2.9%減の9717億円−約5年ぶりに減少>

観光庁によると、2016年7月から9月までの訪日外国人旅行消費額(速報値)は
前年比2.9%減の9717億円で、2011年の第4四半期以来、19四半期ぶりに減少した。
同期間の旅行者数は17.1%増の626万人だったが、1人あたりの旅行支出は17.1%
減の15万5133円と大幅に減少した。国籍・地域別の旅行消費額は、1位は引き続き
中国で5.6%減の4398億円、2位以下は台湾が7.0%減の1292億円、韓国が13.7%
増の908億円、香港が12.7%減の699億円、米国が17.8%増の532億円と続いた。

1人あたりの旅行支出が最も多かったのは中国で18.9%減の22万7821円。2位以下
はロシアが17.5%増の22万1844円、イタリアが8.2%減の21万5204円と続いた。中国
以外の主要市場については、全体の13.3%を占める台湾が15.6%減の11万9921円、
9.3%を占める韓国が11.8%減の6万7937円、7.2%を占める香港が23.6%減の14万
7121円、5.5%を占める米国が2.3%減の17万5544円となり、主要5市場すべてが
減少した。

なお、主要5市場の1人あたりの旅行支出を現地通貨ベースで見た場合、最も伸び
率が高かったのは米国で17.2%増の1710米ドル。次いで中国が3.8%増の1万4783
人民元、韓国が1.0%増の74万856ウォン、台湾が0.4%増の3万6990ニュー台湾ドル
となり、いずれも増加した。香港はカメラや時計などの高額商品の購入が落ち込ん
だ影響で、8.3%減の1万1117香港ドルとなった。

消費額を項目別でみると、最も大きかったのは買物代で17.0%減の3354億円
だった。次いで、宿泊料金が7.1%増の2792億円、飲食費が11.1%増の2047億円、
交通費が3.4%増の1171億円と続いた。消費項目を国・地域別で見ると、買物代
が最も多かったのは中国で10万1964円となり、唯一10万円を超えて他国を圧倒
した。宿泊料金が最も多かったのはドイツで9万2000円、飲食費が最も多かった
のはベトナムで5万7298円、交通費が最も多かったのはイタリアで4万3657円と
なった。

観光庁長官の田村明比古氏はこのほど開催した定例会見で、訪日外国人の
消費動向について「買い物に関する消費が減少している一方で、飲食費や宿泊
費は増加している。消費構造が変化しているのでは」と説明。その上で、現地
通貨ベースの支出では増加が見られることから、「訪日旅行にかける予算は
減っていない」との見方を示した。

今後の消費増への取り組みについては、「世界中で販売している商品は為替の
影響を受けやすいので、日本ならではのものを訴求する必要がある」とコメント。
「価値を各国の旅行者に理解してもらえる見せ方を考え、長く滞在してもらえる
対策を講じるなど努力の積み重ねが重要」と述べた。


*「日刊トラベルビジョン2016年10月23日号より」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で7冊。その中から1点紹介します。

小波田えま・栗山真由美さんの「ポルトガルおいしい旅日記」です。  

本書は、ポルトガル好きの編集者とイラストレーターが、料理、ワイン、雑貨、
世界遺産、離島など、知られざるポルトガルの魅力を紹介したイラスト紀行です。

ポルトガルといえば6月のサッカーヨーロッパ選手権で初優勝しましたが、
クリスチィアーノ・ロナウド選手が有名ですよね。でも、他に何か頭に思い
浮かぶものがあるかといえば中々ないはず。お隣の国のスペインと比較
したらかなり地味ですよね。でも、ヨーロッパなのに地味なその感じが好き
だという人は多いはず。個人的には私もポルトガルの地味な感じはかなり
好きですね。料理も地味に美味しいし、サッカーも地味に強いし、すべてが
いい具合にほどほどでいい感じです。同じポルトガル語でもやたらと派手で
目立つブラジルとは本当に似てないですね。久々にポルトガルに行って
みたいなあ。(店長)


◆ポルトガル政府観光局
https://www.visitportugal.com/ja

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・一両列車のゆるり旅 (文庫)    下川裕治     400円


・沖縄オバァ列伝 (文庫)   沖縄オバァ研究会:編    350円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・楽楽 金沢・能登・北陸 (単行本)   JTBパブリッシング   300円


・タイ・ベトナム枝葉末節旅行 (単行本・絶版)   前川健一  700円


・日々の過ぎ方 (単行本・絶版)  堀田善衛   700円


・地中海都市周遊 (単行本)   陣内秀信・福井憲彦    500円


・ポルトガルおいしい旅日記 (単行本)  小波田えま・栗山真由美   800円


*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

11/10(木)に新刊『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』(双葉社)発売を記念して、
著者で翻訳家の光瀬憲子さんをお招きして大人が楽しめる台湾グルメの巡り方に
ついてのトークイベントを開催します。光瀬さんには4月にもイベントをしていただき
ましたが、彼女の台湾のグルメに関するお話はいつ聞いても面白いし、ためになり
ますね。さすがに、実際に台湾に暮らした経験があるだけあって、お店を見つける
ツボや現地の方の皮膚感覚をよく知ってるなあという印象です。今回も、光瀬さん
独特のグルメスポットの巡り方について興味深い話が聞けるはずです。まだお席は
余裕がありますので、台湾グルメに興味のある方はぜひご参加下さいませ。(店長)


◆光瀬憲子さん所属会社「キーワード」
http://www.k-word.co.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。