旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.629

2016/10/14


来週20日木曜日は、女優でエッセイストの一青妙さんをお招きして、著書『わたし
の台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾をめぐる旅』の発刊を記念したトークイベント
を行います。前作『わたしの台南』のときにもイベントに出演していただいたのです
が、雰囲気がとっても魅力的な方で、お話を聞いているだけで気持ちも穏やかに
なったことを覚えています。今回は、知られざる台湾の東海岸のお話。東海岸は、
原住民の方々が多く住んでいる地域ですが、最近は新しいスポットが続々とでき
ているらしく、以前から行ってみたいと思っている旅の本屋つきゲストハウスがあ
るのもこのエリア。今度台湾に行くなら、必ず行ってみたいエリアなので、個人的
にも一青さんのお話をとっても楽しみにしています。まだお席は若干空いています
ので、ご興味のある方はぜひご予約を!それでは今週ものまど通信をどうぞ☆(W)


◆10/20(木)新刊「わたしの台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾をめぐる旅」発売記念、
一青妙さん、スライド&トークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 10/20(木)新刊『わたしの台湾・東海岸』発売記念、
            エッセイスト 一青妙さん、スライド&トークイベントいよいよ来週開催!


          〜 11/2(水)新刊「きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅」発売記念、
                   ライター 久保田由希さん、トークイベント申込み受付中!


          〜 11/10(木)新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念、
                     翻訳家 光瀬憲子さん、トークイベント開催決定!

               
★のまどNEWS     〜 映画「聖なる一族24人の娘たち」と当店のタイアップ
                                  キャンペーン、開催中!


          〜  小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!


                    〜  DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


           〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 成田、8月の国際線方面別旅客は韓国が3割増
                                    −欧州は13%減


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 10/20(木)新刊『わたしの台湾・東海岸』発売記念、
             エッセイスト 一青妙さん、スライド&トークイベントいよいよ来週開催!
---------------------------------------------------------------------

新刊『わたしの台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾をめぐる旅』(新潮社)の発売を
記念して、著者で女優の一青妙さんをお招きして開催する、知られざる台湾東海岸の
魅力についてのトークイベントですが、いよいよ開催が来週に迫ってきました。

一青妙さんには、前作『わたしの台南』が出版された一昨年に当店のイベントに出演
していただいたのですが、ご本人のツイッターで9月に新刊が出版されるとつぶやいて
いて、一青さんにイベント出演のお願いを依頼したところ、快く引き受けていただき、
当店にてイベントを開催することになった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、一青妙さんのファンの方
はもちろん、台東や花連といった台湾東部に興味がある方や台湾が大好きな方は
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「わたしの台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾をめぐる旅」発売記念

◆エッセイスト 一青妙さん  スライド&トークショー◆

「知られざる台湾・東海岸の魅力」

----------------------------------------------------------------------

新刊『わたしの台湾・東海岸 〜 もうひとつの台湾をめぐる旅』(新潮社)の発売を
記念して、著者で女優の一青妙さんをお招きして、知られざる台湾東海岸の魅力に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。前作『わたしの台南〜
「ほんとうの台湾」に出会う旅』では、地元のソウルフードから流行のスイーツまで
美食の街・台南を食べ歩き、人情深くて人懐こい地元の人々に触れ、台南の歴史
と文化を訪ね歩いていた一青さん。本作は、先住民が多く台湾人に心の原点と
愛され、アウトドア・レジャーも盛んな台東、名所・太魯閣渓谷や日本統治時代の
建物を活かした街が人気の花蓮、テレビドラマ「孤独のグルメ」でも紹介され台北
から近い宜蘭など、台北や台南、高雄といった西側とはまるで違う台湾東部の
独特の魅力を綴ったガイド&エッセイになっています。台湾との縁が深く、仕事と
プライベートで頻繁に日本と台湾を行き来している一青さんですので、普通の
ガイドブックでは知りえない台湾の東海岸の貴重な情報や体験談が聞けるはず
です。一青さんのファンの方はもちろん、台東や花連といった台湾東部に
興味がある方や台湾が大好きな方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●一青妙(ひととたえ)

1970年、台湾屈指の名家「顔家」の長男だった父と日本人の母の間に生まれ、幼少期は
台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。歯科医と女優、そしてエッセイストとして活躍
中。最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れている。著作に『わたし
の台南―「ほんとうの台湾」に出会う旅―』(新潮社)ほか、『私の箱子(シャンズ)』『ママ、
ごはんまだ?』(ともに講談社)があり、両作とも台湾で中国語版が出版され、『私の箱子』
は「2013年開巻好書奨」を受賞するなど大きな話題を呼んだ。台南市親善大使、中能
登町観光大使を務める。『私の箱子』『ママ、ごはんまだ?』(いずれも講談社)を原作とした
日台合作映画『ママ、ごはんまだ?』が2017年初春公開予定。


◆一青妙さん公式ブログ
http://ameblo.jp/hitototae/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  10月20日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:新潮社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2) 〜 11/2(水)新刊「きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅」発売記念、
                  ライター 久保田由希さん、トークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、11/2(金)に新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイ
ナビ出版)の発売を記念して、著者でライターの久保田由希さんをゲストにお迎えして
開催するドイツや他のヨーロッパ諸国のクリスマスマーケットを巡る旅の楽しみ方に
ついてのトークイベントですが、順調に予約が入っています。

昨年、当店で久保田さんのイベントを開催した際に、「新刊が出るタイミングで日本
に帰国していたら、ぜひまた当店でイベントをお願いします」と話していたのですが、
ツイッターを見てるとまた新刊が10月に出るということで、早速イベントをお願いした
ら快く快諾していただき、今回のイベントを開催することになった次第です

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、久保田さんのファン
の方はもちろん、ドイツの文化や歴史、クリスマスマーケットに興味のある方は
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅」発売記念

◆ライター 久保田由希さん  スライド&トークイベント◆

「本場ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)の発売を記念して、
著者でライターの久保田由希さんをゲストにお迎えして、ドイツや他のヨーロッパ諸国
のクリスマスマーケットの楽しみ方についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていた
だきます。前作『かわいいドイツに、会いに行く』では、おとぎの国のような美しい街並
み、伝統が息づくかわいい民芸品や雑貨、おしゃれなカフェなど、定番的なドイツでは
ない「かわいいドイツ」のおすすめスポットを紹介していた久保田さん。本作は、クリス
マスの4週間前頃からキラキラ輝くイルミネーションに飾られた屋台に、クリスマスの
オーナメントや雑貨、ホットワイン、焼き菓子にソーセージなど、美しいもの、おいしい
ものが一堂に集まる本場ドイツのクリスマーケットを中心に、フランス、オランダ、スイ
ス、チェコなど、近隣諸国を含めた18都市、37ヶ所のクリスマスマーケットを紹介した
1冊になっています。2002年以降、10年以上ドイツに在住している久保田さんならでは
の、貴重なドイツ&ヨーロッパ諸国のクリスマスマーケットのお話が聞けるはずです。
久保田さんのファンの方はもちろん、ドイツの文化や歴史、クリスマスマーケットに
興味のある方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●久保田由希(くぼたゆき)

東京都出身。日本女子大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターとなる。
ただ単に、住んでみたいという気持ちから、2002年にベルリンへ渡りそのまま在住。
著作やブログを通して、一人でも多くの人にベルリン・ドイツの魅力を伝えるべく
情報を発信している。散歩をしながらスナップ写真を撮ることと、ビールが大好き。
著書に『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『ベルリンのカフェスタイル』(河出書房
新社)、『ドイツのキッチン・ルール』(誠文堂新光社)、『歩いてまわる小さなベルリン』
(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)など。

◆久保田由希HP「クボタマガジン」
http://www.kubomaga.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  11月2日(水)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:マイナビ出版


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(3)〜 11/10(木)新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念、
                     翻訳家 光瀬憲子さん、トークイベント開催決定!
---------------------------------------------------------------------

11月のイベントがさらに決定しました。

11/10(木)に新刊『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』(双葉社)の発売を記念して、
著者で翻訳家の光瀬憲子さんをお招きして、大人が楽しめる台湾グルメの巡り方
についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

4月に『美味しい台湾 食べ歩きの達人』出版記念イベントを開催した際に
「次回作もぜひイベントをしましょう」と話していて、今回、光瀬さんの台湾本の新刊
が10月末に出版されると聞き、所属事務所を通して光瀬さんに連絡したところ、
快く引き受けていただき、イベントを開催することになった次第です。

台湾との縁が深く、仕事とプライベートで頻繁に日本と台湾を行き来している光瀬
さんですので、台湾のディープなお店の情報や取材時の裏話などが聞けるはずです。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、光瀬さんのファンの方は
もちろん、台湾料理が大好きな方や台湾旅行に興味のある方はご予約は
お早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅」発売記念

◆光瀬憲子さん  スライド&トークショー◆

「大人が楽しめる台湾グルメを巡ろう!」

----------------------------------------------------------------------

新刊『台湾の人情食堂 こだわりグルメ旅』(双葉社)の発売を記念して、著者で翻訳家
の光瀬憲子さんをお招きして、大人が楽しめる台湾グルメの巡り方についてスライドを
眺めながらたっぷりと語っていただきます。前作『美味しい台湾 食べ歩きの達人』では、
台北や、台北から地下鉄で15分の隠れたグルメタウン板橋(バンチヤオ)や三重(サンチ
ヨン)、高雄(ガオシヨン)といった街のガイドブックには載っていないディープな地元食堂
の楽しみ方を紹介していた光瀬さん。本作では、台北・台南・高雄を舞台に、朝市を散歩
したり、下町の廟前酒場で地元の人と昼酒を楽しんだり、夕方は鴨肉を肴にビールを飲
んだり、日が暮れたら大人向けの夜市を巡ったり、コストパフォーマンスのいい大人の
台湾旅を提案しています。台北で就職し、7年間台湾に暮らしていた光瀬さんならでは
の台湾のおいしいお店の情報や見つけ方が聞けるはずです。光瀬さんファンの方は
もちろん、台湾料理が大好きな方や台湾旅行に興味のある方はぜひご参加下さい!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●光瀬憲子(みつせのりこ)

1972年、神奈川県横浜市生まれ。英中日翻訳家、通訳者、台湾取材コーディネーター。
米国ウエスタン・ワシントン 大学卒業後、台北の英字新聞社チャイナニュース勤務。台湾
人と結婚し、台北で7年、 上海で2年暮らす。2004年に離婚、帰国。台湾とは無縁の生活
を送っていたが、2007年に再訪し、魅力を再認識。以後、通訳や取材コーディネートの 
仕事で、台湾と日本を往復している。著書に「台湾で暮らしてわかった律儀で勤勉な『本当 
の日本』」、「台湾一周!安旨食堂の旅」「台湾縦断!人情食堂と美景の旅」「美味しい台湾
食べ歩きの達人」等。TABILISTAでコラム連載中→http://tabilista.com/cat/taiwan 


◆光瀬憲子さん所属会社「キーワード」
http://www.k-word.co.jp/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  11月10日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:双葉社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 映画「聖なる一族24人の娘たち」と当店のタイアップ
                                  キャンペーン、開催中!
----------------------------------------------------------------------

9/24(土)から渋谷のシアターイメージフォーラムで公開される映画「聖なる一族24人 
の娘たち」と当店のタイアップキャンペーンを店内にて開催中です。

今回、配給会社のノームさんから「旅をテーマにした御店でぜひ旅をテーマにした
映画のキャンペーンをしたい」と連絡があり、サンプル版を見たところ非常に興味
深い内容だったので、映画「聖なる一族24人の娘たち」のキャンペーンをすること
になった次第です。

ロシアには数多くの少数民族が住んでいますが、この映画はその中でも独特の
文化が残るといわれるマリ・エル共和国の24人の女性たちの物語をファンタジック
に描いた内容になっていて、この映画を見てから、今年になって個人的に高まって
いる「ロシア行きたい熱」がますます強くなりました。ロシアって本当にいい味出して 
る国ですよね(笑)。

これまでも「荒野へ」や「オン・ザ・ロード」など旅に関する映画のタイアップキャンペーン
は開催したことがあるのですが、昨年の「ハント・ザ・ワールド」以来1年振りの開催に
なるので、お客様からどんな反応があるのか楽しみです。

キャンペーンは以下のような内容になりますので、この映画に興味のある方は
ぜひご来店いただいて、特別チケットセットを購入して、映画をご覧いただければ
と思います。

みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)

-------------------------------------------------------------------

◆旅の本屋のまど×映画「聖なる一族24人の娘たち」タイアップキャンペーン


期間:9/8(木)〜10月下旬まで


◎特別チケットセット販売

前売券+特製「ポストカードセット」付きで、販売価格は1,500円(税込)です。


◎モニター設置

期間中は、店内にモニターを設置して、映画「聖なる一族24人の娘たち」の
特別予告編の映像を常時放映します。


◆映画「聖なる一族24人の娘たち」公式サイト
http://24musume-movie.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 小嶋独観さんイベント開催記念「珍寺大道場グッズ」
                                     フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』の発売を
記念した小嶋独観さんご夫妻のトークイベントの開催を記念して、「珍寺大道場グッズ」
フェアーを店頭にて開催中です。

『考える珍スポット 知的ワンダーランドを巡る旅』と『脳内楽園巡礼』といった小嶋さん
の著作をはじめ、目から手花柄バッグや目から手ミニポーチ、目から手Tシャツ、
目から手帽子といった「目から手」シリーズや、だるまポーチ、だるま編みぐるみなど
を集めてレジ横の壁面にコーナーをつくって展開しています。

どのグッズにも、台湾の目から手が飛び出してる神様やミャンマーのだるまの
キャラクターが入っていて、キッチュでファンキーな気分になります。

普段はオンラインのみの販売なので、お店で購入できるのは貴重ですよ。
小嶋独観さんのファンの方はもちろん、怪しいレアな珍雑貨が好きな方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆小嶋独観HP「珍寺大道場」
http://chindera.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(4) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2016年最新号まで、この3年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 成田、8月の国際線方面別旅客は韓国が3割増
                                      −欧州は13%減
----------------------------------------------------------------------

今回は、成田空港8月の国際線方面別旅客で韓国が3割増した、という情報です。

夏休み真っ盛りの8月なのに、ヨーロッパ方面が13.3%減なのは深刻ですね。
やはり、昨年末から続くテロの心配や難民問題が日本の人にネガティブな印象を
与えているのは間違いないでしょうね。これは年末年始から来年の卒業旅行シーズン
まで続くことは確実かも。一方で、ここ数年、ずーと右肩下がりだった韓国への
旅行者が29.0%増だったのは、韓国好きの私としてはうれしいニュースです。
おそらくヨーロッパなど遠出しなくなった人が近場に目を向けるようになった結果、
韓国が旅行先として見直されているのではないでしょうか。まあ、この流れもしば
らく変わらない気がしますが、日本人がどんどん外国に興味がなくなっている
ようで、少し心配ですね。(店長)

-------------------------------------------------------------- 

<成田、8月の国際線方面別旅客は韓国が3割増−欧州は13%減>

成田国際空港(NAA)によると、2016年8月の国際線の方面別旅客数は太平洋、
オセアニア、グアム、台湾、香港、韓国、アフリカが前年を上回った。最も伸び率
が高かったのは15年4月にエチオピア航空(ET)が就航したアフリカで、前年比
200.0%増の2100人。次いで、韓国が29.0%増の13万8300人、香港が15.5%増の
11万3900人、台湾が13.5%増の13万3800人、グアムが10.7%増の6万2100人、
オセアニアが5.0%増の5万2300人、太平洋が3.1%増の40万200人となった。
中東を含むアジアは前年並みの31万4100人だった。

前年を下回った方面は欧州と中国で、欧州は13.3%減の13万3500人、中国は
2.9%減の19万6600人だった。


*「日刊トラベルビジョン2016年10月4日号より」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で7冊。その中から1点紹介します。

小長谷有紀さん監修の「暮らしがわかるアジア読本 モンゴル」です。  

本書は、ユーラシア大陸中央の草原で、独自の生活を営んできた
モンゴル民族の食生活や医療、宗教、音楽などを通じてその遊牧に
根ざした伝統を探ると共に、民主化に向う「いま」の姿を、政治や経済状況、
若者文化まで含めて紹介した1冊です。

モンゴルにはまだ行ったことがないのですが、以前から非常に興味が
ある国ですね。先日、当店で下川さんのユーラシア大陸縦断鉄道旅に
ついてのトークイベントの際に、終わった後に下川さんと雑談していたら
「モンゴル人はとにかく中国が大嫌い」だといっていたのが印象的でした。
やはり「モンゴル帝国」として中国を支配していたという過去の残像が
モンゴル人のDNAの奥深く刷り込まれているのかもしれませんね。
あと、モンゴル本国の文字と内モンゴル自治区の文字が違うというのも
面白いですよね。ロシアといいモンゴルといい、日本から近いにも関わらず
こんなに知らないことが多いんですね。(店長)

                            
◆モンゴル日本人材開発センター
http://jp.japan-center.mn/

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・インド旅行記 3 (文庫)   中谷美紀    300円


・オーパ、オーパ!! (文庫)   開高健     400円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・集落の教え100 (単行本・絶版)     原広司      1100円


・近江路散歩24コース (単行本・絶版)   池田宏:編    700円


・暮らしがわかるアジア読本 モンゴル (単行本・絶版)  
                            小長谷有紀:監修  1100円


・モノが語るドイツ精神 (単行本)   浜本隆志     750円


・スウェーデン・スペシャル 2 (単行本)   藤井威   1200円


*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記
----------------------------------------------------------------------

サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選の4戦目、アウェイのオーストラリア戦ですが、
日本代表は試合開始早々、好調の原口が3試合連続の得点で先制したものの、後半
にその原口のファールでPKを取られて追いつかれ、結局そのまま試合は終了して、
1対1のドローで勝ち点1を取りました。まあ、結果としては最低限はクリアできましたが、
正直もっとなんとかできたんじゃないかなとも思います。本田をワントップにしたのは
まあ分かりますが、清武じゃなくて香川をトップ下で先発させたのはよくわからないです
ね。正直、今の香川は代表で使うべきじゃないし、どう考えても清武の方がハリル監督
のカウンター狙いの戦術にはピタッとはまってるのに、どうしてなんですかね?これで
勝ち点7の3位ですが、次に戦うサウジアラビアが現在勝ち点10でトップですので、
ホームですし、絶対に勝たないといけないですよね。グループ2位以内でW杯に行ける
なんて、ヨーロッパ予選に比べたら楽なはずなのに、アジア予選でここまで苦しむ
日本代表は何年ぶりでしょうか?ロシアW杯に行けるのかなあ?(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。