旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.616

2016/07/15


日本では印象が薄い県「佐賀」が、タイで今人気とのこと。そのブームのきっかけ
になったいわれる「STAYSaga(ステイサガ)〜わたしが恋した佐賀〜」というドラマ
を、先日視聴しました。タイではインターネットドラマとして昨年放送されたらしいの 
ですが、とにかく驚いたのは佐賀の風景がすばらしく美しく撮られていること。佐賀
ってこんなにいいところだったんだと。自分が外国人になったような気分にもなり、
不思議な感じがしました。とはいえそれは、佐賀だけではない日本の田舎の一般
的な風景でもあり、これを観たら他の市町村もこぞってタイの人にドラマを撮って
ほしくなるんじゃないかな。また、ドラマとしてのクオリティの高さにも目を見張る
ものがありました。恋人がいながら惹かれ合う2人の様子が淡々と描かれ、カオス
なタイしか知らない人は、登場人物たちの都会的な立ち居振る舞いやファッション
にも驚くかも。今、世界の映画界でもタイ人の監督が活躍していますが、そんな
最近のタイの映像芸術の高さを垣間見れるドラマだと思います。興味のある方は
ぜひご覧ください! それでは今週ものまど通信をどうぞ(W)☆


◆佐賀県フィルムコミッション
http://www.saga-fc.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 旅行作家 下川裕治さん、
                   7/22(金)&29(金)スライド&トークイベント、前編がいよいよ来週開催!


          〜 新刊『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』発売記念、
               8/5(金)サラーム海上さん、スライド&トークイベント申込み受付中!

            
★のまどNEWS     〜 DUブックスさんとの直取引記念フェアー、開催中!


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


                    〜  イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 HIS、夏の渡航先1位はホノルル−北欧が人気上昇


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)  〜 7/22(金)&29(金)旅行作家 下川裕治さん、
                              スライド&トークイベント、前編がいよいよ来週開催!
--------------------------------------------------------------------

7/22(金)&29(金)に新刊『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』(中経の文庫)の 
発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして開催するユーラシア大陸縦断
の鉄道旅の魅力についてのトークイベントですが、いよいよ前編の開催が来週に
迫ってきました。

下川さんには2月に当店のイベントに出演していただいたのですが、その際に
「次は6月ごろにユーラシア大陸縦断の鉄道旅の本が出ます」といっていたので、
出た際にはまたお願いしようと思っていたら、6月中旬に新刊『ディープすぎる
ユーラシア縦断鉄道旅行』が発売になったと聞きすぐに下川さんに交渉したところ、
いつものように快く引き受けていただき今回のイベントが実現しました。

ちなみに、今回は下川さんからの要望で前編、後編と2回に分けて、
2週に渡ってイベントを開催させていただきます。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、下川ファンの方はもち
ろん、海外の鉄道旅が好きな方や国境フェチの方、バックパック旅行に興味の
ある方はご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行」発売記念

◆下川裕治さん  スライド&トークショー◆

「ユーラシア大陸縦断鉄道旅の魅力 〜 シンガポールからロシアまで」

----------------------------------------------------------------------

新刊『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』(中経の文庫)の発売を記念して、旅行
作家の下川裕治さんをお招きして、ユーラシア大陸縦断の鉄道旅の魅力について前編、 
後編の2週に渡ってスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。東南アジアの
「マイナー国境」をひたすら越える旅や超過酷なユーラシア大陸を横断する鉄道旅、格安
エアラインで世界一周するなど、60歳を超えてなお、いまだにハードなバックパック旅行
を続ける下川さんが今回挑戦したのは、シンガポールからロシア領ムルマンスクまで、 
ユーラシア大陸を縦断する鉄道旅。ミャンマーでは乱気流に呑まれた飛行機のように
激しく揺れる列車に悩まされ、極寒のモンゴル草原では寒風吹きすさぶローカル駅に
佇む物売りおばさんの売りあげに思いを馳せるなど、中国からロシアへ茶葉を運んだ
交易路「最後のシルクロード」を辿りつつ、ユーラシアの果てを繋いだ過酷な鉄道旅に 
なっています。7/22(金)の前編ではシンガポールからマレーシア、タイ、ミャンマー編を、
7/29(金)の後編では中国、モンゴル、ロシア編のお話をしていただく予定です。下川 
ファンの方はもちろん、海外の鉄道旅が好きな方や国境フェチの方、バックパック旅行 
に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●下川裕治(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。旅行作家。『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、主に
アジア、沖縄をフィールドにバックパッカースタイルでの旅を書き続けている。著書に、 
『鈍行列車のアジア旅』『「生き場」を探す日本人』『世界最悪の鉄道旅行ユーラシア横断
2万キロ』『週末アジアでちょっと幸せ』『「行きづらい日本人」を捨てる』 等。 

◆下川裕治さんブログ「たそがれ色のオデッセイ」
http://odyssey.namjai.cc/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  ・7月22日(金) 前編  19:30 〜 (開場19:00) 

          ・7月29日(金) 後編  19:30 〜 (開場19:00) 

【参加費】   各900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください。)

※参加希望日(2回とも、前編のみ、後編のみ)の明記をお願いします!

※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:KADOKAWA


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 新刊『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』発売記念、
              8/5(金)サラーム海上さん、スライド&トークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、8/5(金)に新刊『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』 
(LD&K)の発売を記念して、“よろずエキゾ風物ライター”のサラーム海上さんをお招き
して開催する中東料理の魅力についてのトークイベントですが、順調に予約が入っています。

前回のサラームさんのイベントから約半年。最近では音楽評論家以上に中東
料理研究家としての活躍が目覚ましいサラームさんが料理の新刊をまたまた
出したということで、サラームさんにイベントのオファーをしたところ、今回も
快く引き受けて いただき、イベントの開催が決定した次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、サラームさんのファンの方は
もちろん中東の音楽や歴史・文化に興味のある方はご予約はお早めにお願いします。

ちなみに、当日はサラームさん特製「西瓜ミント白チーズのサラダ」が食べれますよ! 

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

新刊「MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー」発売記念

◆サラーム海上さん スライド&トークショー◆

「サラーム海上の中東料理リサーチ最前線 2016年夏編」

----------------------------------------------------------------------

新刊『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』(LD&K)の発売を記念して、
“よろずエキゾ風物ライター”のサラーム海上さんをお招きして中東料理の魅力について
スライドを交えながらたっぷりと語っていただきます。前作『イスタンブルで朝食を オリエ
ントグルメ旅』では、イスタンブルのメネメン、カッパドキアのマントゥ、ベイルートのタッブ
ーレ、フェズのタジン、エルサレムのホモスなど、サラームさんが中東各地の旅で出会った 
絶品グルメや現地の達人たちに教わった家庭料理を紹介していたサラームさん。今回の 
イベントでは、新刊『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』の話を中心に、 
イベント直前まで取材に行っているモロッコ・ジャジューカ村の話や、ロンドンにおける
中東料理シーンの最前線について、さらにはトルコ地中海の家庭料理の話などを
たっぷりと語っていただきます。トルコやモロッコ、ロンドンにサラームさんが実際に 
足を運んで取材した2016年の最新の興味深い中東料理事情が聞けるはずです。
サラームさんのファンの方はもちろん、中東の料理や音楽・文化に興味のある方は
ぜひご参加ください!なお、当日はサラームさん特製「西瓜ミント白チーズのサラダ」が 
食べれますよ!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●サラーム海上(さらーむうながみ)

1967年生まれ、群馬県高崎市出身。音楽評論家、DJ、講師、料理研究家。明治大学
政経学部卒業。中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンや周辺カルチャーの
フィールドワークをし続けている。著書に『おいしい中東 オリエントグルメ旅』『プラネット・
インディアインド・エキゾ音楽紀行』『エキゾ音楽超特急 完全版』『21世紀中東音楽 
ジャーナル』、共著に『アラブ・ミュージック その深遠なる魅力に迫る』他。

◆サラーム海上HP「サラームの家」
http://www.chez-salam.com/

------------------------------------------------------------------------

【開催日時】 8月5日(金)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】   1,350円(サラームさん特製西瓜ミント白チーズのサラダ付)
                   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:LD&K


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 DUブックスさんとの直取引&フェアーがスタート!
-------------------------------------------------------------------

「DUブックス」さんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

音楽関連の本を中心に約8点ほど平台にてフェアー展開しています。
DUブックスさんの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆DUブックス
http://diskunion.net/dubooks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2016年最新号まで、この3年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー、 開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』の発売を記念した竹永絵里さんのトークイベント 
の開催を記念して、「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」を店頭にて開催中です。

『大人かわいいパリ20区ガイド』をはじめ、竹永さんオリジナルのかわいいマスキング 
テープ4種類やオリジナルポストカード5種類。また、特製カンバッジ6種類にペーパー 
ナプキンを集めて平台にコーナーをつくって展開しています。どれも竹永さんのかわ
いいイラストが入ってますよ。

竹永さんのファンの方はもちろん、かわいい雑貨が好きな方はこの機会にぜひ当店で
まとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆竹永絵里さんHP
http://takenagaeri.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 HIS、夏の渡航先1位はホノルル−北欧が人気上昇
----------------------------------------------------------------------

今回は、HISの発表した夏の渡航先人気1位はホノルルで、北欧も人気が上昇してる、
という情報です。

しかし、ここ数年は毎年毎年、年末年始や夏休みに行く海外旅行の人気先は
ハワイ、グアム、シンガポール、台湾、韓国といったおなじみの国ばかりで、
まったく変わり映えがしないですね。なんというか、旅行先にも日本人の保守化
の傾向が表れてますね。まあ、家族連れや年配の方はまだしも、若い人も
おなじように安全な国ばかり行きたがるのはどうなんですか?もう、「旅の恥は
かきすて」みたいな無茶苦茶で無謀な旅というのはしたいと思わないのかなあ。
国がだんだん成熟してきたのでそうなるのも分かりますが、若い人にはもっと
チャレンジして欲しいですね。(店長)


◆HIS
http://www.his-j.com/Default.aspx

--------------------------------------------------------------

<HIS、夏の渡航先1位はホノルル−北欧が人気上昇>

エイチ・アイ・エス(HIS)がこのほど発表した2016年の夏休み期間(7月16日〜9月
30日出発)の海外旅行予約動向で、人気の渡航先の1位は昨年に引き続きホノルル
となった。ランキングは6月10日時点の同社の海外ツアーと航空券の予約数をもと
に決定したもの。HISによると、1位のホノルルはハワイアン航空(HA)が7月に成田
線を新規就航することや、「ザ・リッツ・カールトン・ワイキキビーチ」などの新たな 
ホテルがオープンすることで注目を集めており、エコノミークラスに限らずプレミアム 
エコノミークラスやビジネスクラスの予約も増加しているという。

2位以下は順にグアム、ソウル、台北、シンガポールがランクイン。HISによると、
アジア方面はLCCの新規就航が相次いでいることなどにより、好調に推移している
という。海外ツアーの予約伸び率ランキングでは、1位に前年比349%増のコペンハ
ーゲン、4位に150%増のオスロ、5位に143%増のストックホルムが入るなど、上位
には北欧諸国の都市が多くランクイン。HISでは「今年は猛暑が予想されていること
から、北欧などで涼を求める人が多い」との見方を示している。そのほかには米国
との国交正常化により昨年から注目を集めているキューバが2位に、全日空(NH)
やカンタス航空(QF)が就航したオーストラリアのシドニーが3位に入った。

家族旅行および学生旅行を対象とした渡航先ランキングと予約伸び率ランキング
では、家族旅行の渡航先1位はハワイ、2位はグアム、3位はシンガポールとなり
「比較的日本語が通じやすい方面が人気を集めた」という。前年からの伸び率で
は、ゴールドコーストが 127%増、ソウルが97%増、ケアンズが93%増となった。

学生旅行の渡航先1位はソウルで、2位はグアム、3位は台北などとなり、近場が
人気となった。前年からの伸び率ではソウルが502%増と最も伸長し、次いでバン
コクが138%増、ケアンズが113%増だった。このほか、出国日については今年か
ら設けられた8月11日の「山の日」がピークとなった。HISによると、昨年は9月に
5連休のシルバーウィークがあったため需要が分散していたが、今年は3連休と
短いため、8月に出発が集中しているという。出発のピークの2位は8月10日の
水曜日、3位は7月16日の土曜日だった。

*「日刊トラベルビジョン2016年7月4日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で8冊。
その中から1点紹介します。

村井章子さん翻訳の「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」です。 
                  
本書は、対テロファイナンス専門のエコノミストである著者が
まったく新しい角度から「イスラム国」を検証した1冊です。

先日、バングラデシュで大規模テロがあって日本人7名がなくなりました。犯人は
「イスラム国」が関与してるようですが、本当に世界各地で「イスラム国」のテロの
嵐が吹き荒れていますね。まさか比較的治安の良かったバングラで起きるとは
予想もしてなかったので、本当に衝撃でした。これじゃ、イスラム諸国に旅行に
行くのをためらう人が増えても仕方がないですよね。私がよく旅行していた1990
年代は思い返せば、テロも少なかったし、燃油もなかったし、旅行するにはいい
時代だったのかもしれません。もう、今後、イスラム諸国、特にアラブ諸国には
旅行できないのかなあ。。(店長)


◆バングラデシュへ行こう
http://bangladesh.ikoh.jp/basis.html

------------------------------------------------------------------

◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・TOKYO0円ハウス0円生活 (文庫)   坂口恭平    350円


・世界のインスタント食品 (文庫・絶版)   森枝卓士    300円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・センス入門 (単行本)   松浦弥太郎     800円


・ラブ&ピース (単行本)   鴨志田穣     700円


・幸せへの近道 (単行本)   バイマーヤンジン    700円


・イスラム国 テロリストが国家をつくる時 (単行本)   村井章子:訳   800円


・英国王室と英国人 (単行本)   荒井利明    350円


・ダンサーインザダーク (単行本)  ラース・フォン・トリアー   700円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

本日7/15で当店は西荻窪に移転&新装オープンして9周年を迎えることができました。
ありがとうございます。これもひとえに普段から当店をご利用いただいているお客様の
おかげとスタッフ一同感謝しております。ただ、ここ1、2年は本当に目に見えて本が
売れなくなってきたことを実感する毎日で、1ヵ月ごと、いや1日ごとに数字に一喜一憂
する日々が増えてきました。イベントを開催したり、出張販売したりといろいろやっては
いますが、お店を維持するのがどんどん大変になっています。なんとか10年は続けたい
と思っているので、あと1年はどうにか今の形を継続しますが、その後は何か変化しない
といけないなあと実感しております。一番理想的なのは、1階で旅の本屋をやり、2階で
ゲストハウスをやるという複合的な「旅のスペース」として生まれ変わることですが、
そんな理想的な物件が見つかればいいんですけどね(笑)。まあ、急には劇的に変化
することはありませんので、10年目の「旅の本屋のまど」もどうぞよろしくお願いします!
(店長)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。