旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.596

2016/02/26


先日、のまどのお客さんで仲良くなった東京在住の韓国人の方と飲みに行きまし
た。韓国ドラマのディープな話ができたのも楽しかったのですが、興味深かった
のは日本で暮らす外国人の方々の日本観が聞けたこと。みんなで集まって話を
するとき、「同じアジアの国々の人々に比べて、日本人はなぜそんなに外国人を
怖がるのか」という意見がよく出るそうです。確かに、東南アジアの田舎町でも、
韓国や中国の地方都市でも、外国人に対して物怖じしている人はいなかったよう
に思います。放っておいてくれるか、攻撃的にぼったくってこようとするか、もしく
はフレンドリーに話しかけてくるか。 うーん、なんで日本人は怖がるんでしょうね。。
それから、「どこまで日本人にならなきゃいけないの?と思うときがある」という
言葉も印象的でした。祖国ではない国に住んでいる外国人なら一度は感じる
ことなのかもしれませんが、彼らがこういうことをあまり感じることのない国に
日本がなるにはどうしたらいいんでしょうね。いろいろ考えさせられた夜でした。
それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 新刊『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』発売記念、
                 3/11(金)サラーム海上さん、トークイベント申込み受付中!


          〜 3/25(金)新刊『紅茶をめぐる静岡さんぽ』発売記念、
                    奥田実紀さん 紅茶&トークイベント開催決定!

            
★のまどNEWS     〜 新刊「被差別のグルメ」発刊記念、
                         ノンフィクション作家 上原善広さん著作本フェアー開催中!


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


                    〜  イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 行きたい海外の猫スポット、1位は地中海のマルタ島
                                          −HIS調査


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 新刊『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』発売記念、
                 3/11(金)サラーム海上さん、トークイベント申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、3/11(金)に新刊『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』(双葉社)
の発売を記念して、“よろずエキゾ風物ライター”のサラーム海上さんをお招きして開催
する中東の料理の魅力についてのトークイベントですが、順調に予約が入っています。 

前回のサラームさんのイベントから約2年半。最近では音楽評論家以上に中東
料理研究家としての活躍が目覚ましいサラームさんが料理の新刊を出すという
ことを聞き、サラームさんにイベントのオファーをしたところ、今回も快く引き受けて 
いただき、イベントの開催が決定した次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、サラームさんのファンの方は
もちろん中東の音楽や歴史・文化に興味のある方はご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

新刊「イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅」発売記念

◆サラーム海上さん スライド&トークショー◆

「サラーム海上の中東料理を巡る旅」

----------------------------------------------------------------------

新刊『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』(双葉社)の発売を記念して、“よろず
エキゾ風物ライター”のサラーム海上さんをお招きして中東料理の魅力についてスライド
を交えながらたっぷりと語っていただきます。前作『おいしい中東 オリエントグルメ旅』
では、モロッコの民宿で教わるクスクス、エジプトの名物コシャリ、イエメンの屋台食堂、
世界三大料理の地・トルコでの居酒屋放浪、イスラエルで出合った天才シェフを紹介して
いたサラームさん。続編にあたる新刊では、イスタンブルのメネメン、カッパドキアのマントゥ、
ベイルートのタッブーレ、フェズのタジン、エルサレムのホモスなど、サラームさんが中東
各地の旅で出会った絶品グルメや現地の達人たちに教わった家庭料理が、豊富な写真
やレシピとともに紹介されています。最近は、出張メイハネが毎回大人気になるなど中東の
音楽以上に中東の多彩な料理にも情熱を傾けているサラームさんの中東での取材旅行
の貴重なエピソードが聞けるはずです。サラームさんのファンの方はもちろん、中東の 
料理や音楽・文化に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●サラーム海上(さらーむうながみ)

1967年生まれ、群馬県高崎市出身。音楽評論家、DJ、講師、料理研究家。明治大学
政経学部卒業。中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンや周辺カルチャーの
フィールドワークをし続けている。著書に『おいしい中東 オリエントグルメ旅』『プラネット・
インディアインド・エキゾ音楽紀行』『エキゾ音楽超特急 完全版』『21世紀中東音楽 
ジャーナル』、共著に『アラブ・ミュージック その深遠なる魅力に迫る』他。

◆サラーム海上HP「サラームの家」
http://www.chez-salam.com/

------------------------------------------------------------------------

【開催日時】 3月11日(金)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:双葉社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 3/25(金)新刊『紅茶をめぐる静岡さんぽ』発売記念、
                  奥田実紀さん 紅茶&トークイベント開催決定!
---------------------------------------------------------------------

3月のイベントがさらに決定しました。
3/25(金)に新刊『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)の発売を記念して、 
著者でライターの奥田実紀さんをゲストにお迎えして、世界や日本の紅茶の歴史や
楽しみ方について紅茶とお菓子をいただきながらたっぷりと語っていただきます。

今回、イベントを開催することになった経緯としては、以前、「インドよ!」のイベント
でお世話になった版元のOさんから「紅茶の本を書いた著者の方がのまどさんで
ぜひイベントがしたい」という話を聞き、見本誌を見たら面白そうだったので、
版元さん経由で著者の奥田さんに連絡したところ快く引き受けていただき、
今回のイベントが実現した次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、奥田さんのファンの方は
もちろん、紅茶が好きな方、紅茶の歴史や文化に興味のある方はご予約は
お早めにお願いします。当日は、紅茶とお菓子盛り合わせが付きますよ!

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「紅茶をめぐる静岡さんぽ」発売記念

◆奥田実紀さん  紅茶&トークイベント◆

「世界をめぐる紅茶さんぽ 〜 カナダから静岡まで」

----------------------------------------------------------------------

新刊『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)の発売を記念して、著者でライターの 
奥田実紀さんをゲストにお迎えして、世界や日本の紅茶の歴史や楽しみ方について紅茶 
とお菓子をいただきながらたっぷりと語っていただきます。『図説赤毛のアン』『スコットラ
ンドタータンチェック紀行』など、赤毛のアンやスコットランドに関する著作が多数あり、
紅茶にも造詣が深い奥田さんが今回注目したのは国産の紅茶、「和紅茶」。ここ数年、 
緑茶の生産量とともに紅茶の生産者数も日本一のお茶処の静岡県を中心に「和紅茶」に 
注目が集まっています。本書では、静岡在住の奥田さんが、年々紅茶づくりのクオリティ 
が高まる静岡県内を巡り、紅茶にこだわりのあるカフェやレストラン59軒が紹介されて 
います。今回のイベントでは、国産紅茶のお話を中心に、カナダのプリンス・エドワード 
島に滞在経験のある奥田さんが旅先で感じた海外の紅茶事情や紅茶の歴史、
おいしい紅茶の淹れ方など、とっておきの貴重な紅茶のお話が聞けるはずです。
奥田さんのファンの方はもちろん、紅茶が好きな方、紅茶の歴史や文化に興味の
ある方はぜひご参加下さいませ!当日は、紅茶とお菓子盛り合わせが付きますよ!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●奥田実紀(おくだみき)

宮城県仙台市出身。都内でコピーライター、編集者を経て、フリーライターに。
結婚を機に、静岡県浜松市へ。雑誌や書籍、自費出版、広告など多方面に携わり、
写真家・翻訳家としても活動。1992〜93年、小説『赤毛のアン』の舞台となった、
カナダのプリンス・エドワード島に、小さい頃からの夢を果たし滞在。その体験を
もとに『図説赤毛のアン』(河出書房新社)『赤毛のアンA to Z』(東洋書林)
など、関連書籍の出版や翻訳多数。ほか、『図説タータンチェックの歴史』
(河出書房新社)『タータンチェックの文化史』(白水社)なども。紅茶にも
造詣が深く、なかでも国産紅茶に関しては生産者への取材を精力的に続けて
いる。また、紅茶、赤毛のアン、タータンチェックの講座も開催。


◆奥田実紀さんHP
http://www.geocities.jp/writermiki_okuda/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  3月25日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】  1500円(紅茶とお菓子盛り合わせ付き)  
                  ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:マイルスタッフ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新刊「被差別のグルメ」発刊記念、
                         ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんが
新刊「被差別のグルメ」発刊を記念した上原善広さんのトークイベントの開催を記念
して、店内にて上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊「被差別のグルメ」に加え、「路地の教室」や「被差別の食卓」など路地に
こだわった上原さんの著作10点をまとめて平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2016年最新号まで、この3年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー、 開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』の発売を記念した竹永絵里さんのトークイベント 
の開催を記念して、「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」を店頭にて開催中です。

『大人かわいいパリ20区ガイド』をはじめ、竹永さんオリジナルのかわいいマスキング 
テープ4種類やオリジナルポストカード5種類。また、特製カンバッジ6種類にペーパー 
ナプキンを集めて平台にコーナーをつくって展開しています。どれも竹永さんのかわ
いいイラストが入ってますよ。

竹永さんのファンの方はもちろん、かわいい雑貨が好きな方はこの機会にぜひ当店で
まとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆竹永絵里さんHP
http://takenagaeri.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 行きたい海外の猫スポット、1位は地中海のマルタ島−HIS調査
----------------------------------------------------------------------

今回は、HISの調査で行きたい海外の猫スポットの1位は地中海のマルタ島になった、
という情報です。

世界のネコスポットをアンケート調査するというのはなかなか斬新なアイデア
ですよね。1位のマルタ島を含めて10位中7か所が地中海沿岸の街というのは、
いかに地中海の周囲がネコが暮らしやすい環境なのかということですよね。
まあ、日本でも瀬戸内沿岸の島々にはネコが結構いますので、穏やかな海の
近くというのはネコにとっては暮らしやすい環境なんでしょうね。ウチの奥さんは
大のネコ嫌いなので、このアンケート自体の意味が分からないと言うかも(笑)。
(店長)


◆マルタ観光局
http://www.mtajapan.com/

--------------------------------------------------------------

<行きたい海外の猫スポット、1位は地中海のマルタ島−HIS調査>

エイチ・アイ・エス(HIS)はこのほど、2月8日から15日まで実施した「行ってみたい!
世界の猫スポット投票キャンペーン」の結果を発表した。同キャンペーンはHISが公式
FacebookページやTwitterなどで実施したもので、1位は地中海の島国であるマルタ
共和国のマルタ島となった。同社によればマルタ島に生息する猫の数は、人口の
約42万人の倍に上るという。投票した人からは「1度は行ってみたい猫の天国」など
の声が挙がった。

HISでは1位となったマルタ島への特別ツアーを設定。成田発着の6日間のツアーで、
参加者にはオリジナルの「ハローキティ」グッズを贈呈する。旅行代金は、燃油サー
チャージ込みで大人1名あたり11万9000円から15万9000円までとした。

2位はモロッコ北部のリフ山脈に位置するシャウエンで、青く塗られた建物なども人気。
3位はアニメ映画「魔女の宅急便」のモデルと言われる、クロアチアのドブロヴニクと
なった。同作品には黒猫「ジジ」が登場する。ランキングの詳細は以下のとおり。

◆HIS、「行ってみたい!世界の猫スポット投票キャンペーン」ランキング結果
1位 マルタ島/マルタ
2位 シャウエン/モロッコ
3位 ドブロヴニク/クロアチア
4位 ミコノス島/ギリシャ
5位 エフェソス遺跡/トルコ
6位 侯?/台湾
7位 トッレ・アルジェンティーナ広場(ローマ)/イタリア
8位 バリ島/インドネシア
9位 ヘミングウェイ博物館(キーウェスト)/アメリカ
10位 フォルメンテーラ島/スペイン

*「日刊トラベルビジョン2016年2月23日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で9冊。
その中から1点紹介します。

青幻舎から出版されてる「京都音楽空間」です。 
                         
本書は、京都にあるジャズ、ブルース、フォークミュージックが聞ける
ライブハウスやレコードショップなど伝説の音楽スポットを紹介した1冊です。5

お店に来るお客さんでときどき京都出身の方がいると、
みなさん口をそろえて「西荻窪はなんか京都に似てる」
とおっしゃいます。僕も京都には何度か行きましたが、
住宅街の中にお店が点在していたり、どこかのんびり
とした雰囲気だったり、個性的なお店が多いなど、確かに
京都と西荻窪は共通点が多い気がします。そういった
落ち着いた西荻窪の町の雰囲気が受けているのか、
去年の今頃からずーと雑誌やネットなどで西荻窪の
特集をする機会が増えてきましたね。何とかこの
勢いをキープして、もっと多くの方にお店に遊びに
来て欲しいものです。(店長)


◆西荻ラバーズフェス
http://nishiogi-lovers.com/

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・世界屠畜紀行 (文庫)    内澤旬子     500円


・近世アジア漂流 (文庫)   田中優子     300円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・降り積もる光の粒 (単行本)   角田光代    800円


・京都音楽空間 (単行本・絶版)  青幻舎    700円


・沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 (単行本)   
                     佐野眞一       1100円


・イスラムの人はなぜ日本〜 (単行本)   宮田律    350円


・巴里ノート (単行本)    村上香住子     700円


・強くて楽しいキューバ (単行本・絶版)   戸部良也   1100円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

前々回の編集後記で引っ越しのことを書きましたが、新しい引っ越し先が決まり
3月中旬に引っ越すことになりました。今の物件には約8年住んでいたので、8年振り
に新たな場所へ移るのはなんだか不思議な感じです。まるで海外旅行中に1ヵ月以上
滞在していた街から違う国へ移動する時のような気分、という感じでしょうか(笑)。
これまでは西荻窪駅までは徒歩で20分くらいだったのが、今度の部屋は16分くらい
なので微妙に近くなるのうれしいのですが、荻窪までも徒歩で17分くらいなので、
もしかしたら駅としては荻窪を使うことが多くなるのかも。また、今度の部屋の近く
にはパン屋さんや八百屋さんなどお店もちょこちょこあるので、結構生活しやすく
なるような気がします。田舎から東京に上京して今年で30年になりますが、引っ越し
はこれで8回目。結婚してからはあまり引っ越さなくなりましたが、今度の部屋では
一体何年暮らすことになるのかなあ。(店長)


◆西荻案内所
http://nishiogi.in/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。