トップ > 旅行・レジャー > 旅行全般 > 旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.572

発行日:8/27


明日は、新刊『奄美の奇跡「祖国復帰」若者たちの無血革命』の発売を記念して、
著者で武蔵大学社会学部教授の永田浩三さんをお招きしてトークイベントを行い
ます。奄美というと、どんなイメージをもっている人が多いのでしょうか。私は田中
一村の絵画を思い出してしまうのですが、そのほかの知識はほとんどなく…。
第二次大戦後、沖縄とともにアメリカの占領地になりながらも、沖縄より早い8年で
日本復帰を果たしたことは、今回初めて知りました。その背景にはどのようなことが
あったのかが本作には書かれているわけですが、のまどイベントはその著者で元
NHKプロデューサーの永田さんの生の声でいろいろお話が聞けるまたとない機会
です。まだもう少しお席はありますので、ご興味のある方はぜひご予約ください!
それでは、イベントによりいつもの週より一日早いのまど通信をどうぞ(^O^)/(W)


◆8/28(金)新刊『奄美の奇跡「祖国復帰」若者たちの無血革命』発売記念
武蔵大学教授 永田浩三さん、スライド&トークイベントの申し込みはこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 
         
★イベント情報   〜 旅行作家 吉田友和さん、
                    9/17(木)スライド&トークイベント開催決定!


          〜 顔ハメ看板ニスト 塩谷朋之さん、
                  9/10(木)スライド&トークイベント開催決定!


           〜 武蔵大学社会学部教授 永田浩三さん、
                      8/28(金)スライド&トークイベント、いよいよ明日開催!


          〜 新刊「人生に疲れたらスペイン巡礼」の著者、小野美由紀さん、
                          9/3(木)スライド&トークイベント、いよいよ来週開催!

       
★のまどNEWS     〜 エイ出版社さん「沖縄&ハワイ関連本」フェアー、開催中! 


          〜  雑誌「ソトコト」のバックナンバーフェアー開催中!


          〜  イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 ドイツの人気観光地、15年1位はヨーロッパパーク


★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 旅行作家 吉田友和さん、
                    9/17(木)スライド&トークイベント開催決定!
---------------------------------------------------------------------

9月のイベントがさらに決定しました。
9/17(木)に新刊『週末5万円からの東南アジア』(大和書房)の発売を記念して、
旅行作家の吉田友和さんをお招きしてふらっと行く週末東南アジアの旅の魅力
についてスライドを交えながらたっぷりと語っていただきます。

昨年8月に当店でイベントを行った時に、「次は来年に東南アジアの旅の本が
出るので、その際にまたイベントをやりましょう」と吉田さんと話をしていて、よう
やくその本が8月に出ることになり、今回のイベントを開催することになった次第です。 

今や旅行作家としての地位を確立して、超売れっ子になった週末旅のエキスパート
の吉田さんなので、貴重なの旅のノウハウ話がたくさん聞けると思いますよ。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、吉田さんのファンの方は
もちろん、東南アジア旅行を計画している方や週末海外旅に興味のある方は、
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「週末5万円からの東南アジア」発売記念

◆旅行作家 吉田友和さん  スライド&トークショー◆

「週末、東南アジアへ旅に出よう」

----------------------------------------------------------------------

新刊『週末5万円からの東南アジア』(大和書房)の発売を記念して、旅行作家の
吉田友和さんをお招きしてふらっと行く週末東南アジアの旅の魅力についてスライド
を交えながらたっぷりと語っていただきます。週末海外のエキスパートで、「時間はない
けれど、旅がしたい」というわがままな要求を満たすライフワークを十年以上も続けて 
いる吉田さん。新刊では、フィリピンの辺境まで棚田を見に行ったり、オフシーズンに 
プーケットでマラソン大会に参加したり、ジャカルタまで現地アイドルの追っかけに行った 
りと、バンコク、プーケット、ハノイ、シンガポールといった旅先の定番やフィリピンのバナ
ウェ、ミャンマーのマンダレー、ジャカルタといったマイナーどころの東南アジア計8都市の
最新体験記が綴られています。今回のイベントでは、週末の限られた時間や予算の中
で楽しい週末海外を実践してきた吉田さんならではの貴重なお話が聞けるはずです。
吉田さんのファンの方はもちろん、東南アジア旅行を計画している方や週末海外旅
に興味のある方やはぜひご参加くださいませ!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●吉田友和(よしだともかず)

1976年千葉県生まれ。サラリーマン生活の中での海外旅行体験をつづった『仕事が
忙しいあなたのための週末海外!』(情報センター出版局)をはじめ、『週末バンコク』 
(平凡社)など週末旅行に関する著書多数。世界各地で写真撮影も精力的に行う。
著書に『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』(講談社)、『自分を探さない旅』
(平凡社)など。

◆旅行作家★吉田友和 Official Web
http://www.tomotrip.net/

------------------------------------------------------------------------

【開催日時】 9月17日(木)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】   900円   ※当日、会場にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:大和書房


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2) 〜  顔ハメ看板ニスト 塩谷朋之さん、
                  9/10(木)スライド&トークイベント開催決定!
--------------------------------------------------------------------

9月のイベントがさらに決定しました。
9/10(木)に新刊『顔ハメ看板ハマり道』(自由国民社)の発売を記念して、
顔ハメ看板ニストの塩谷朋之さんをお迎えして、全国各地の顔ハメ看板の魅力に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。

今回、このイベントを企画してくれたのは阿佐ヶ谷書院のSさんで、塩谷さんの新刊
の編集をお手伝いしたということで、ぜひのまどでイベントを開催したいということ
でした。以前、自由国民社の営業の方からも「顔ハメの本が出た際にはイベントを
お願いします」と依頼されていたので、Sさんと調整をして、めでたくイベントを開催 
することになった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、塩谷さんのファンの方
はもちろん、全国各地の顔ハメ看板に興味のある方はご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「顔ハメ看板ハマり道」発売記念

◆顔ハメ看板ニスト 塩谷朋之さん  スライド&トークイベント◆

「日本全国、顔ハメ看板ハマリ旅」

----------------------------------------------------------------------

新刊『顔ハメ看板ハマり道』(自由国民社)の発売を記念して、顔ハメ看板ニストの
塩谷朋之さんをお迎えして、全国各地の顔ハメ看板の魅力についてスライドを眺め
ながらたっぷりと語っていただきます。「顔ハメ看板ニスト」として、日本全国、顔ハメ
看板を求め北は北海道から南は沖縄まで、日本全国観光名所の顔ハメ看板を旅し、
また各種展示会などで設置される顔ハメ看板を求め各種イベントに出没し、顔ハメ
看板の写真を撮り集め続ける塩谷さん。新刊では、そんな塩谷さんが撮りためた
2,000枚を超える「顔ハメ看板」の写真を、「ハマりのいい看板」「十板十色」「看板の
裏側事情」「顔ハメ紀行」「看板作り手インタビュー」などに章立てて徹底的に紹介
しています。ありとあらゆる看板デザインを紹介した本書は、日本の文化史としても
役に立つのではないかといえるほど貴重な1冊です。今回のイベントでは、顔ハメ
看板を撮影する際のエピソードなど塩谷さんならではの貴重で面白いお話が聞ける
はずです。塩谷さんのファンの方はもちろん、全国各地の顔ハメ看板に興味のある
方はぜひご参加くださいませ!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●塩谷朋之(しおやともゆき)

顔ハメ看板ニスト。会社員として働く傍ら、顔ハメ看板を求める日々。
2015年8月初の著作となる『顔ハメ看板ハマり道』(自由国民社)発売。

 
◆塩谷朋之さんフェイスブック
https://www.facebook.com/tomoyuki.shioya.7

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  9月10日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:自由国民社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(3) 〜  武蔵大学社会学部教授 永田浩三さん、
                    8/28(金)スライド&トークイベント、いよいよ明日開催!
--------------------------------------------------------------------

8/28(金)に新刊『奄美の奇跡「祖国復帰」若者たちの無血革命』 (WAVE出版)の発売 
を記念して、著者で武蔵大学社会学部教授の永田浩三さんをお迎えして開催する
奄美群島の知られざる歴史とその魅力についてのトークイベントですが、いよいよ
開催が明日に迫ってきました。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、永田さんのファンの
方はもちろん、奄美群島の歴史や文化に興味のある方はご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊『奄美の奇跡 「祖国復帰」若者たちの無血革命』発売記念

◆永田浩三さん  スライド&トークイベント◆

「奄美 〜 知られざる歴史と魅力」

----------------------------------------------------------------------

新刊『奄美の奇跡 「祖国復帰」若者たちの無血革命』(WAVE出版)の発売を記念して、 
著者で武蔵大学社会学部教授の永田浩三さんをお迎えして、奄美群島の知られざる
歴史とその魅力についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。
敗戦後、日本から分離され、沖縄と共に米軍に占領された奄美群島。占領下の8年間、 
20万人の島民と本土在住18万人が、空前の祖国復帰闘争を繰り広げ、沖縄よりも早い、 
1953年に祖国復帰したという事実を知らない方は多いのではないでしょうか?そこには、 
若者たちが主体になり島民一丸となって抵抗した「一滴の血も流さない、無血の革命」が 
ありました。本書では、そんな戦後秘史を、永田さんが約1年をかけて行った関係者への
丁寧な取材と膨大な資料から紐解き、市民が主体となり、行動し、結果を出す、という 
「あるべき民主主義の姿」が丁寧に綴られています。今回のイベントでは、奄美の取材 
旅行の際の裏話や秘話など、永田さんの奄美に関しての貴重なお話が聞けるはず
です。永田さんのファンの方はもちろん、奄美群島の歴史や文化に興味のある方は
ぜひご参加くださいませ!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●永田浩三(ながたこうぞう)

1954年大阪生れ。東北大学教育学部卒業。1977年NHKに入社。ドキュメンタリー、
教養番組に携わり、ディレクターとしてNHK特集『どんなご縁で』、NHKスペシャル 
『社会主義の20世紀』、プロデューサーとして『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』
『ETV2001』などを制作する。その間、「芸術作品賞」「放送文化基金賞」「ギャラクシー
賞」などを受賞し、また「菊池寛賞」を共同受賞した。2009年、NHKを退社。
現在、武蔵大学社会学部教授。
 
◆永田浩三さん極私的ブログ「隙だらけ好きだらけ日記」
http://nagata-kozo.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  8月28日(金)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:WAVE出版


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(4) 〜 新刊「人生に疲れたらスペイン巡礼」の著者、小野美由紀さん、
                         9/3(木)スライド&トークイベント、いよいよ来週開催!
--------------------------------------------------------------------

先々週ご案内した9/3(木)に新刊「人生に疲れたらスペイン巡礼」の発売を記念して、 
ライターの小野美由紀さんをゲストにお迎えして開催するスペイン巡礼旅の魅力に
ついてのトークイベントですが、いよいよ開催が来週に迫ってきました。

本書を編集したMさんは、以前、吉田友和さんや下川裕治さんの新書の編集を
担当されていた際に、出張販売などでお世話になっていて、今回、そのAさんから
イベントの企画をいただいて内容が面白そうだったので、トークイベントを開催
することになった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、小野さんのファンの方
はもちろん、スペイン巡礼路に興味のある方や歩き旅に興味のある方は
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「人生に疲れたらスペイン巡礼」発売記念

◆小野美由紀さん  スライド&トークショー◆

「スペイン巡礼旅の楽しみ方」

----------------------------------------------------------------------

新刊「人生に疲れたらスペイン巡礼」(光文社新書)の発売を記念して、ライターの
小野美由紀さんをゲストにお迎えして、スペイン巡礼旅の魅力についてスライドを
交えながらたっぷりとお話していただきます。カトリック三大巡礼路のひとつ、カミーノ 
・デ・サンティアゴ。スペインはもちろん、イタリア、フランス、東欧諸国まで、世界中の
さまざまな国の人々がこの道を歩くことを目指して旅していて、最近は巡礼路を歩いて 
旅する日本人も急増しているのだとか。本書は、就職活動に挫折し、スペイン巡礼を
体験し、その後3度に渡り全800キロの道を歩いた著者が、アウトドアとしても、旅として
も面白く、信仰を問わず誰にでも開かれている「スペイン版お遍路」の醍醐味を伝えた 
旅エッセイになっています。実際にスペイン巡礼路を歩いて来た小野さんが肌で感じた 
「歩き旅」の貴重な体験談が聞けると思います。小野さんのファンの方はもちろん、
スペイン巡礼路に興味のある方や歩き旅に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●小野美由紀(おのみゆき)

1985年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。学生時代、世界一周に
旅立ち22か国を巡る。就職活動に挫折し、スペイン巡礼へ。その後3度に渡り全800キロ 
の道を歩く。卒業後、無職の期間を経て2013年春から文筆業を開始。クラウドファンディ 
ングで「原発絵本プロジェクト」を立ち上げ、絵本『ひかりのりゅう』(共著、絵本塾出版)を
出版。2015年には、初の著書である自伝エッセイ『傷口から人生。』(幻冬舎)を刊行し、
話題を呼ぶ。現在、ライター、エッセイストとして活躍中。

◆小野美由紀さんブログ
http://onomiyuki.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  9月3日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:光文社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜  エイ出版社さん「沖縄&ハワイ関連本」フェアー、開催中です!
-----------------------------------------------------------------------

エイ出版社さんのご協力により、エイ出版社さんから出版されている「沖縄&ハワイ
関連本」 のフェアーを店内にて開催中です。

いよいよ夏本番を前にして「やはりビーチリゾートでしょう」ということで、
リゾートの2大人気スポットである沖縄とハワイの関連本を集めたのですが、
エイ出版社さんの本だけじゃなくて他の版元さんから出版されている沖縄とハワイ
の人気の関連本も集めましたので、今年の夏に沖縄かハワイに旅行を予定されて
いる方は、この機会にぜひ購入してみてはいかがでしょうか?
また、グアムや国内の島旅の本もそろえていますよ。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆エイ出版
http://www.ei-publishing.co.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌「ソトコト」バックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「ソトコト」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを開催中です。 

今回取り扱いを始めた「ソトコト」は、木楽舎さんが発行している月刊誌で、
ソーシャル&エコをコンセプトにした雑誌です。

2013年1月号から2015年最新号まで、この2年間のバックナンバーをお店の
一番突き当りのコーナーにドーンと展開していますので、雑誌「ソトコト」の
ファンの方や内容に興味のある方、バックナンバーをお探しの方は
ぜひご覧下さいませ。

ちなみに、2014年2月号の「なじみの本屋」特集に当店が掲載されてます。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ソトコト」
http://www.sotokoto.net/jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 イベント開催記念「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」
                                     フェアー、 開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』の発売を記念した竹永絵里さんのトークイベント 
の開催を記念して、「竹永絵里さん特製グッズ&雑貨」を店頭にて開催中です。

『大人かわいいパリ20区ガイド』をはじめ、竹永さんオリジナルのかわいいマスキング 
テープ4種類やオリジナルポストカード5種類。また、特製カンバッジ6種類にペーパー 
ナプキンを集めて平台にコーナーをつくって展開しています。どれも竹永さんのかわ
いいイラストが入ってますよ。

竹永さんのファンの方はもちろん、かわいい雑貨が好きな方はこの機会にぜひ当店で
まとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆竹永絵里さんHP
http://takenagaeri.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 ドイツの人気観光地、15年1位はヨーロッパパーク
----------------------------------------------------------------------

今回は、ドイツ観光局によると、外国人を対象にドイツの観光地TOP100を決める
アンケート調査で、テーマパーク「ヨーロッパパーク」が1位に選ばれた、という情報です。

調査結果ではドイツの人気観光地が30位までランキングされているのですが、正直
行きたいなあと思う魅力的な観光地はほとんどないですね。大半が自然かお城か
教会ばかりなので、個人的な趣向に合わないというのもありますが、イマイチです
よね。ドイツ自体に興味がないわけではないので、どちらかといえばベルリンの街の
お店巡りやアート関連の施設だったら行きたいところは一杯あります。この観光地
に行きたがるのは年配の方だと思うので、若い人だけを対象にアンケートを取れば
まったく結果が変わってくる気がします。(店長)


◆ドイツ観光局
http://www.germany.travel/jp/index.html

--------------------------------------------------------------

<ドイツの人気観光地、15年1位はヨーロッパパーク>

ドイツ観光局によると、外国人を対象に同局が実施したドイツの観光地TOP100を
決めるアンケート調査で、最も人気の高い観光地としてテーマパーク「ヨーロッパ
パーク」が選ばれた。2位はノイシュバンシュタイン城だった。14年のランキングで
は1位がノイシュバンシュタイン城、2位がヨーロッパパークとなっており、1位、2位が 
逆転する結果となった。3位は昨年同様ケルン大聖堂だった。上位10位では、
8位のツークシュピッツェ山とパルトナッハ渓谷、10位のロマンチック街道が
初めて10位以内にランクインした。

TOP10の観光地については、ドイツの海外向け放送局「ドイッチェ・ヴェレ」が短い
動画を制作し、9月末までにドイツ観光局のウェブサイトで公開する予定だ。また、
上位20位以内にランクインした観光地には、ドイツ観光局がTOP20を認定する
特別仕様のバナーを提供。TOP100に選ばれた観光地については、同局ウェブ
サイトのTOP100コーナーで紹介するほか、認定証を授与する。

なお、アンケートは同局ウェブサイトで2014年10月から15年5月まで実施した
もので、40ヶ国以上から投票があったという。ランキングの詳細は以下の通り。


◆ドイツ観光地 TOP100ランキング(上位30位を抜粋)
1位 ヨーロッパパーク
2位 ノイシュヴァンシュタイン城
3位 ケルン大聖堂(世界遺産)
4位 ハイデルベルク城と旧市街
5位 ベルリン・ブランデンブルク門
6位 ローテンブルク旧市街
7位 ボーデン湖(※花の島マイナウ、世界遺産ライヒェナウ修道院島、
リンダウ、メアスブルク城、コンスタンツなどの回答を含む)
8位 ベルリンの壁(※イーストサイドギャラリー、壁公園、壁の道、壁博物館
などを含む)
8位 ツークシュピッツェ山とパルトナッハ渓谷(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン) 
10位 ロマンチック街道
11位 黒い森 自然保護地区
12位 ケーニッヒ湖と聖バートロメー巡礼教会(ベルヒテスガーデン)
13位 ニュルンベルク・カイザーブルク城
14位 ミュンヘン・オクトーバーフェスト
15位 ドレスデン フラウエン教会
15位 モーゼル渓谷
17位 ベルヒテスガーデン(※ケールシュタインハウス、岩塩鉱、自然公園を含む)
17位 ライヒスターク ベルリン連邦議会議事堂
19位 ザクセンスイス バスタイとケーニッヒシュタイン要塞
20位 ローレライの岩と中部ライン渓谷(世界遺産)
20位 リューゲン島
22位 ドレスデン旧市街
22位 ハルツ山地(※ブロッケン山、ハルツ登山鉄道を含む)
24位 フライブルク大聖堂
24位 ニュルンベルク クリスマスマーケット
24位 レーゲンスブルク旧市街と大聖堂(世界遺産)
27位 ポツダム サンスーシ宮殿(世界遺産)
28位 キーム湖とヘレンキームゼー城
29位 マウルブロン修道院(世界遺産)
30位 エルツ城

*「日刊トラベルビジョン2015年8月17日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で9冊。
その中から1点紹介します。

イカロス出版から出ている「パリ発フランス鉄道旅行」です。

本書は、リヨンやマルセイユといった大都市から、ニースやシャモニーなどの
リゾート地、ボルドーやボーヌなどフランスを代表するワイン産地まで、フランスの
地方の魅力をワインやグルメ、アート、大自然をテーマに紹介した1冊です。

フランスの鉄道には、バルセロナからパリに行く際に夜行列車に一度だけ
乗ったことがありますが、すごく乗り心地が良かった記憶があります。スペイン
国内の車両は乗り心地がイマイチだったのですが、フランスに入った途端に
急に快適になったのはちょっと驚きました。22年前はまだスペインとフランス
では経済格差が大きかったんですね。それ以来、フランスには行ってませんが、
本書で紹介しているモンブランの近くのシャモニーにはぜひ機会があれば行って
みたいです。一体、いつ行けることやら。。(店長)


◆レイルヨーロッパ「フランス」
http://www.raileurope-japan.com/destinations/country-guides/article/france-10

------------------------------------------------------------------


◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・西蔵放浪 上・下 (文庫・絶版)   藤原新也     700円 



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・場所はいつも旅先だった (単行本)   松浦弥太郎     850円


・従軍カメラマンの戦争 (単行本・絶版)  小柳次一    750円


・タビリエ 上高地 (単行本)   JTB    300円


・河口慧海コレクション チベットネパール仏教美術
                   (単行本・絶版)    田中公明    4000円


・パリ発フランス鉄道旅行 (単行本)   イカロス出版    900円


・バイーア・ブラック (単行本・絶版)   板垣真理子    1000円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が、9月のロシアW杯アジア2次予選に臨む
代表メンバーを表しました。香川や本田、岡崎といったヨーロッパ組に加えて、先日の
東アジア選手権で活躍した湘南の遠藤選手やセレッソの山口選手は選ばれましたが、
浦和の武藤選手はなぜか選ばれませんでした。中盤は競争が激しいですからね。
ただ、その東アジア選手権であまり活躍しなかった永井選手が選ばれたのは驚き
ました。ハリル監督は、彼をてっきりもう見限って呼ばないと思っていたのですが、
何か期待するものがあるんでしょうね。2試合の相手はカンボジアとアフガニスタン
というグループの中でも最弱のチームなので、ここで大量得点で勝てないようだと、
もうロシアW杯の出場は難しいでしょうね。個人的には香川が非常に調子がいい
感じなので、この2試合で爆発して欲しいなあ。頑張れ、ハリルジャパン!(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. It stinks that you were let go, but it sounds like it was for the best in the long-run. Coming from a crappy work <a href="http://eouvqvcfla.com">eninnormevt</a> to one that is MUCH better, I can tell you that it&#39;s so important to have a place that you enjoy going to. I think you should figure out what you really want to do, and see if anything is out there. If it&#39;s not now, then take the time and keep looking! Good luck!

    lEIkxzQR 2016/4/27

  2. Most help articles on the web are inaccurate or inorhecent. Not this!

    6JvWPyzIb 2016/4/26

このメルマガもおすすめ

  1. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17047人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/28
    読者数:
    24201人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. つばさプロジェクト「田舎の歩き方通信」

    最終発行日:
    2017/03/22
    読者数:
    868人

    田舎を元気にする起業家集団「つばさプロジェクト」のメールマガジン。田舎でほっこりするお出かけ情報が満載。

  4. ホームページ情報局

    最終発行日:
    2017/03/27
    読者数:
    15728人

    面白い・役に立つなど優れたHP・メルマガを紹介

  5. 子連れ家族旅行

    最終発行日:
    2017/03/16
    読者数:
    183人

    家族旅行、特に子連れの、ゴールデンウィークや夏休み、いかに得して、楽に行くか。そして、楽しむか。 最大手旅行会社 元社員のtosshiiiが記載させていただきます。 せっかくの楽しいはずの家族旅行に行って、怒ってばかり、苦しいばかりじゃ、行かない方が良かったということになってしまいます。 そうならないための、ノウハウ、)旅行情報、旅行体験記満載です。

発行者プロフィール

http://www.nomad-books.co.jp/

当店は「旅」をキーワードにした本屋です。 本を通して「旅」を感じ、「旅」への想像をかきたてられる、そんな本屋をめざしています。 「旅」に関連した様々なジャンルの雑誌や書籍を取り揃えており、他では手に入らないレアな雑誌、地図や「旅」に関連した古本も扱っています。

過去の発行記事