旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.525

2014/09/26


10日間のオランダ&ベルギーの旅から先週帰国したことを、前回ののまど通信でも
お伝えしましたが、その続きのお話として、いくつか「へーっ」と思ったことをご報告! 
オランダは、ベルギーに比べると全体的に食事がイマイチだったのですが、実はホ
テルの朝食はめちゃくちゃよくて、これまで泊まった宿の中でもピカイチでした。これ
は泊まったホテルだけではないとのこと。オランダは3食の中でも朝食に一番力を
入れているそうです。ぜひ、行ったら朝食は逃さず食べましょう! また、オランダと
ベルギーの間に行ったルクセンブルクは金持ち国家というイメージがあり、きらびや
かなところだと思っていたのですが、意外にも街の感じは質実剛健。泊まったホテル
も、電気がきれていたり、食事もマズかったりと、金持ち国家的な雰囲気を感じるこ
とはできませんでした。そしてベルギーでは、言わずと知れたションベン小僧の小さ
さに驚いたとともに、服を着ていることにも驚きました。しかも、二度目に前を通った
ら、お着替えをしていて…。日中に誰が着替えさせたんだろう(^_^;)  そのほかにも
いろいろありましたが、旅に行くと発見がいろいろあり、感覚が研ぎ澄まされるとこ
ろが気持ちいいなーといつも思います。それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆在日ルクセンブルク大公国大使館
http://tokyo.mae.lu/jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 


★イベント情報   〜 エッセイスト 一青妙さん、
                10/9(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!


          〜 たかのてるこさん、
                  10/23(木)トークイベント&サイン会、開催決定!

      
          
★のまどNEWS     〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                     ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中! 


          〜  取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!


          〜  雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!



★耳寄り旅情報      〜 エチオピア航空 12月に成田/アディスアベバ線開設、
                                       B787-8使用
             
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 エッセイスト 一青妙さん、
               10/9(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先々週ご案内した、10/9(木)に新刊『わたしの台南〜「ほんとうの台湾」に出会う旅』 
(新潮社)の発売を記念して、著者で女優の一青妙さんをお招きして開催する、台湾
の古都・台南の魅力についてのトークイベントですが、順調に予約が入っています。

一青妙さんとは昨年末に神田で開催された「知られざる台湾世界遺産候補地の魅力
展」で知り合ったのですが、その際に来年の夏ごろに台南の本を出版する予定だと
うかがっていて、「その時はぜひ出版記念イベントをやりましょう」とお話させていただ
いていました。そして、このたび台南の本が出版されたと聞き、一青妙さんにイベント 

出演のお願いを依頼したところ、快く引き受けていただき、当店にてイベントを開催
することになった次第です。

台湾との縁が深く、仕事とプライベートで頻繁に日本と台湾を行き来している一青妙
さんですので、台湾や台南の最新の貴重な情報や取材時の裏話などが聞けるはずです。 


なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、一青妙さんのファンの方
はもちろん、台南に興味がある方や台湾が大好きな方はご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「わたしの台南 〜ほんとうの台湾に出会う旅」発売記念

◆エッセイスト 一青妙さん  スライド&トークショー◆

「魅惑の古都、台南の楽しみ方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『わたしの台南〜「ほんとうの台湾」に出会う旅』(新潮社)の発売を記念して、 
著者で女優の一青妙さんをお招きして、台湾の古都・台南の魅力についてスライドを
眺めながらたっぷりと語っていただきます。ここ数年、アジアの旅行先の中で断トツの 
人気を誇る台湾。これまでは台北や高雄に行く人が多かったのですが、最近、台南に
注目が集まっています。本作は、幼少期を台湾で育った一青妙さんが、地元のソウル
フードから流行のスイーツまで美食の街・台南を食べ歩き、人情深くて人懐こい地元の 
人々に触れ、その歴史と文化を訪ねた台南のガイド&エッセイ本になっています。
著作の『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』が台湾で中国語版が出版され、 
最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れるなど、台湾との繋がり
が深い一青妙さんですので、普通のガイドブックでは知りえない台南の貴重な情報や
体験談が聞けるはずです。一青妙さんのファンの方はもちろん、台南に興味がある方
や台湾が大好きな方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●一青妙(ひととたえ)

1970年、台湾屈指の名家「顔家」の長男だった父と日本人の母の間に生まれ、幼少期は 
台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。歯科医と女優、そしてエッセイストとして活躍
中。最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れている。著作に『私の 
箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』(ともに講談社)がある。両作とも台湾で中国語版
が出版され、『私の箱子』は「2013年開巻好書奨」を受賞するなど大きな話題を呼んだ。 


◆一青妙さん公式ブログ
http://ameblo.jp/hitototae/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  10月9日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:新潮社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 たかのてるこさん、
                  10/23(木)トークイベント&サイン会、開催決定!
----------------------------------------------------------------------

10月の新たなイベントが決定しました。
10/23(木)に新刊『ど・スピリチュアル日本旅』(幻冬舎)の発売を記念して、著者の
たかのてるこさんをお招きして、日本を旅する魅力についてスライドを眺めながら
たっぷりと語っていただきます。

たかのさんのイベントは3年前に開催し、計3回で延べ約150人も動員した当店史上
最高集客数を誇る大人気イベントでした。その際、「新刊が出たらまたぜひ出版記念
イベントをやりましょう」とたかのさんとはお話させていただいてたのですが、このたび
新刊が出版されたタイミングでたかのさんから「イベント開催しませんか」と声をかけて
いただき、喜んで当店にて3年ぶりにイベントを開催することになった次第です。

今回の日本全国の旅で数多くの面白い日本の人たちに出会ったたかのさんですから、
本には書けなかった貴重で大爆笑な蔵出しエピソードがたくさん聞けると思いますよ。 

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、たかのさんのファンの方は
もちろん、日本全国各地の文化や風習などに興味のある方は、ご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)



---------------------------------------------------------------------

 新刊「ど・スピリチュアル日本旅」発売記念

◆たかのてるこさん  スライド&トークショー◆

「行き当たりバッタリで行く!日本旅の魅力」

----------------------------------------------------------------------

新刊『ど・スピリチュアル日本旅』(幻冬舎)の発売を記念して、著者のたかのてるこさん
をお招きし、日本を旅する魅力について、スライドを眺めながらたっぷり語っていただ 
きます。これまで、ガンジス河で泳ぎ、サハラ砂漠を駆け巡り、ダライ・ラマに恋して、 
キューバ でラテンのアミーゴを作り、ジプシー(ロマ民族)の家にホームスティする等、
海外の旅ばかりしてきたたかのさん。 
今回、行き当たりバッタリで触れ合ったのは、日本各地の超ディープな面白い人たち。 
高野山の宿坊で美坊主たちとプチ修行したり、北海道・二風谷のアイヌのシャーマンの 
家で儀式に参加したり、沖縄の離島で「海人(ウミンチュ)の宿」で魚突きしたりと、愛しき
ニッポンの愛すべき人たちと交流する中で、日本旅の魅力にハマッてしまった出会いが 
綴られ、驚きと爆笑の連続!! 本には載せられなかった旅のこぼれ話や、旅の秘蔵写真、 
抱腹絶倒のエピソードトークを生で聞けるチャンスですよ。たかのさんのファンの方は 
もちろん、日本各地の文化や風習などに興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、サイン握手会(なんとハグ付き(笑))も行います。

------------------------------------------------------------------------

●たかのてるこ

1971年大阪府生まれ。「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、60ヵ国を駆ける旅人。 
15万部超のベストセラーとなった代表作『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)は、 
旅立つ老若男女の”旅のバイブル”となり、主演・長澤まさみ×脚本・宮藤官九郎で、 
スペシャルドラマ化もされ話題に。(のちにDVD化)。
著書は他に、イスラムの摩訶不思議なイベント、ラマダーンの体当たり体験記『モロ
ッコで断食』、憧れのダライ・ラマに出会うまでの道中、神秘的なチベット体験を綴った 
『ダライ・ラマに恋して』を始め、『サハラ砂漠の王子さま』『キューバでアミーゴ!』『ジ 
プシーにようこそ! 旅バカOL、会社卒業を決めた旅』(以上、幻冬舎文庫)『淀川で 
バタフライ』(講談社文庫)など、多数。


◆たかのてるこさん公式HP
http://takanoteruko.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  10月23日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:幻冬舎


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                      ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんが
新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」を発刊したのを記念して、店内で
上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊2点に加え、「路地の教室」や「被差別の食卓」など路地にこだわった
上原さんの著作7点をまとめて平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

アノニマスタジオさんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

高山なおみさんの本をはじめ、早川ユミさん、小澤典代さんといった著名な
方の著作をはじめ、料理や生活、雑貨、旅に関する本を中心に約30点ほど平台にて
フェアー展開しています。アノニマスタジオの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆アノニマスタジオ
http://www.anonima-studio.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「スケープス」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを
店頭にて開催中です。

最新号はアイスランドと岡山の特集ですが、その前の号ではグルジアを取り
上げていて、毎回特集が楽しみですね。写真も綺麗なのでとても読み応えの
あるいい旅雑誌だと思います。

現在、店内ではバックナンバーを含めた全点フェアーを開催していますので、
お探しの方はぜひご覧下さいませ。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「スケープス」
http://scape-s.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 エチオピア航空 12月に成田/アディスアベバ線開設、
                                         B787-8使用
-----------------------------------------------------------------------

今回は、エチオピア航空が12月に成田/アディスアベバ線を開設する、という情報です。 

去年の段階でエチオピア航空が日本に就航するのはすでに決まっていたので、
そんなに驚きはないのですが、値段が一体どれくらいになるかというのが個人的
には気になります。すでに、カタール航空がドーハ経由で成田からアディスアベバまで 
就航していて、安い時期だと往復13万くらいであるので、それよりも安い値段で提供
してくれればありがたいんだけどなあ。。しかし、日本からアフリカへの直行便が
いまやこのエチオピア航空だけとは、日本とアフリカの交流はいかに貧弱かが
分かりますね。(店長)


◆エチオピア航空(英語)
http://www.flyethiopian.com/en/default.aspx

--------------------------------------------------------------

<エチオピア航空 12月に成田/アディスアベバ線開設、B787-8使用>

エチオピア航空(ET)はこのほど、12月20日から週3便で成田/アディスアベバ線を
運航する計画を明らかにした。同線は香港経由の直行便で、デイリー運航している
香港/アディスアベバ線を一部の曜日で延伸する形となる。成田からアディスアベバに、 

アディスアベバから成田に向かう旅客は、香港での給油時には機内で待機する。使用
機材はボーイングB787-8型機で、座席数はビジネスクラス24席、エコノミークラス246席
の計270席。

日本とエチオピアは昨年12月の航空交渉で、成田空港発着の週7便の運航枠を新設。
ETは今年3月13日にFacebookの同社公式ページで就航計画を発表しており、当初は
今秋の就航を見込んでいた。なお、唯一の日本/アフリカ線を運航していたエジプト
航空(MS)が、現在は成田、関空/カイロ線を運休しているため、成田/アディスアベバ
線は唯一のアフリカ線となる。

就航に先立ち10月1日には、東京・三田に日本支社を開設する。日本支社長には、ET
のオペレーション担当副社長を務めていたメサイ・S・メンギスツ氏が就任。日本地区 
総支配人には、グローバルサービス旅客営業部長の高野哲也氏が就任する。

◆ET、成田/香港/アディスアベバ線 運航スケジュール(12月20日〜)

ET629便 NRT 20時45分発/HKG 23時55分着(火、木、土)
         HKG 00時55分発※翌日/ADD 06時00分着
ET628便 ADD 22時40分発/HKG 13時40分着※翌日(月、水、金)
         HKG 14時40分発/NRT 19時30分着


*「日刊トラベルビジョン2014年9月16日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で8冊。
その中から1点紹介します。

ビートたけし氏の「たけしの大英博物館見聞録」です。

本書は、雑誌『SINRA』に掲載された記事を再編集、増補した1冊で、
膨大な所蔵品と広大な館内を誇る大英博物館を、たけし流の見方、
歩き方を紹介した完全ガイドです。

大英博物館には1993年にイギリスに行った際に訪れました。
とにかくその規模の大きさには圧倒されてしまいましたが、
印象に残っているのは入り口の表示です。詳細は忘れて
しまいましたが、確か「入場は無料ですが、運営維持のため
好きなだけ寄付をお願いします」と書かれていた記憶があり
ます。日本では博物館や美術館などは必ず入場料が決まって
いるのですが、ヨーロッパやアメリカでは以外に寄付制度に
なっているところが多いようです。日本は何でも一律に決めて
しまう癖がありますが、こういった自由な感じが日本でも
欲しいですよね。(店長)


◆大英博物館
https://www.britishmuseum.org/visiting.aspx?lang=ja

------------------------------------------------------------------



◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・アジア大バザール (文庫・絶版)   下川裕治ほか  350円 


・目からハム (文庫)    田丸公美子     300円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (単行本)  角田光代   650円


・東京の沖縄人 (単行本)   新垣譲   400円


・ココミル 箱根 (単行本)  JTBパブリッシング  300円


・タイの花鳥風月 (単行本)  レヌカー・ムシカシントーン   950円


・たけしの大英博物館見聞録 (単行本)  ビートたけし  700円


・北欧フィンランドのかわいいモノたち (単行本)  菅野直子   900円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------
 
久々に韓国ドラマのことについて触れたいと思います。先日、韓国時代劇「武神」を
見終わりました。全56話とかなりボリュームがありましたが、なんとか最終話まで
挫折することなく見たのですが、なかなか興味深い内容でした。高麗時代にモンゴル
と40年以上に渡って戦争した混乱期に活躍した、キム・ジュンという奴婢から時の最高
権力者になった男の一代記なのですが、当時、世界最強といわれたモンゴルに高麗が
いかにして粘り強く戦っていたのか、ということが詳細に描かれていて、まったく知らない
テーマなので本当に好奇心を駆り立てられました。ただ、主役のキム・ジュヒョクの演技
が時代劇にあわなかったのか、少し役不足だった気がします。内容が面白かっただけ
に、主役がもう少しいい俳優なら、もっといい出来上がりになっていたのかな、と思うと
残念ですね。韓国時代劇は、韓国の歴史だけでなくて、当時の周囲の国々との関係性
などをうまく話の中に取り入れる技術が、日本の時代劇と違い抜群にうまいので、話に
中毒性があるのかもしれません。次は、高麗末期を描いた「チョン・ドジョン」でも見よう
かな。(店長)


◆韓国ドラマ「武神」
http://www.bushin-d.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。