旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.524

2014/09/19


オランダとベルギーの10日間の旅行から、今日帰国しました。アムステルダム→
ルクセンブルク→ブリュッセル→ブルージュ、そしてその間に小さな街をいくつか、
という感じでまわるパックツアーだったのですが、個人的によかったのはオランダ
のアムステルダムとユトレヒトですかね。どちらも単なる観光の街ではなく、生活や
文化も感じられる街で、住んでみたいと思わせられるところでした。ただ、食べ物
はやっぱりベルギーの街に軍配。ムール貝のワイン蒸しや牛肉のビール煮、それ
にワインもビールも絶品でした。もちろん、ワッフルやチョコレートのスイーツ類も!
しかし、オランダもベルギーも物価が高いですねー(特にベルギーが…)。久しぶり
のヨーロッパへの旅行でしたが、日本がほかの国より物価安になっていることを
改めて実感した旅でもありました。それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆ベルギー観光局
http://www.belgium-travel.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 


★イベント情報   〜 イラストレーター 竹永絵里さん、
              9/25(木)スライド&トークイベント、いよいよ来週開催!


          〜 エッセイスト 一青妙さん、
                10/9(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!

      
          
★のまどNEWS     〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                     ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中! 


          〜  取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!


          〜  雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!



★耳寄り旅情報      〜 バニラ、香港・高雄への就航決定、片道7000円から

             
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 イラストレーター 竹永絵里さん、
               9/25(木)スライド&トークイベント、いよいよ来週開催!
---------------------------------------------------------------------

9/25(木)に新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』(大和書房)の発売を記念して、
著者でイラストレーターの竹永絵里さんをお招きして開催する、パリ20区それぞれの
特徴や楽しい巡り方についてのトークイベントですが、いよいよ開催が来週に
迫ってきました。

竹永さんとは2年前の「本と旅」展で知り合ったのですが、今回、初めての著作を
出したということで、竹永さんから「ぜひイベントを開催したい」という依頼があった 
ので、彼女をぜひ応援したいと思い、当店にてイベントを開催することになった
次第です。

かわいい独特のイラストが評判で、パリには必ず毎年訪れている大のパリ好き
の竹永さんですので、竹永さんならではのレアなパリ情報が聞けるはずです。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、竹永さんのファンの方は
もちろん、パリが大好きな方やかわいいモノが好きな方は、
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)



---------------------------------------------------------------------

 新刊「大人かわいいパリ20区ガイド」発売記念

◆イラストレーター 竹永絵里さん  スライド&トークショー◆

「パリ20区の楽しい巡り方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』(大和書房)の発売を記念して、著者でイラスト 
レーターの竹永絵里さんをお招きして、パリ20区それぞれの特徴や楽しい巡り方に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。女性の間で旅行先として 
相変わらず圧倒的に人気の高いパリ。本作は、そんなパリのかわいい雑貨屋、
エッフェル塔や凱旋門などの王道、知る人ぞ知る博物館やまわりやすい蚤の市など、
"大人かわいい"をキーワードに、パリ大好きの竹永さんが実際に歩いたパリ1〜20区
をたっぷりのイラストと写真で区ごとに細かく紹介したパリのガイド本になっています。 
竹永さんは一般の観光客があまり行かないようなマイナーなパリのスポットにも数多く 
訪れているので、普通のガイドブックでは知りえない貴重な情報や体験談が聞けるは
ずです。竹永さんのファンの方はもちろん、パリが大好きな方やかわいいモノに興味
のある方はぜひご参加ください!参加者の方にはプレゼントあり?!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●竹永絵里(たけながえり)

1981年東京都生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。幼い頃から絵を描くのが
大好きで、一度就職するも退職し、フリーのイラストレーターに。書籍、広告、web、雑貨
など幅広く活躍中。「るるぶ」、「東京カレンダー」、「散歩の達人」等のさまざまな旅雑誌
でもイラストを手がける。マスキングテープにイラストが採用され、台湾の雑誌に取材され
る。趣味は旅行。なかでもパリは毎年行って、新しい魅力を開拓し続けている。

◆竹永絵里さんHP
http://takenagaeri.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  9月25日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:大和書房
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2)〜 エッセイスト 一青妙さん、
               10/9(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、10/9(木)に新刊『わたしの台南〜「ほんとうの台湾」に出会う旅』 
(新潮社)の発売を記念して、著者で女優の一青妙さんをお招きして開催する、台湾
の古都・台南の魅力についてのトークイベントですが、順調に予約が入っています。

一青妙さんとは昨年末に神田で開催された「知られざる台湾世界遺産候補地の魅力
展」で知り合ったのですが、その際に来年の夏ごろに台南の本を出版する予定だと
うかがっていて、「その時はぜひ出版記念イベントをやりましょう」とお話させていただ
いていました。そして、このたび台南の本が出版されたと聞き、一青妙さんにイベント 
出演のお願いを依頼したところ、快く引き受けていただき、当店にてイベントを開催
することになった次第です。

台湾との縁が深く、仕事とプライベートで頻繁に日本と台湾を行き来している一青妙
さんですので、台湾や台南の最新の貴重な情報や取材時の裏話などが聞けるはずです。 

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、一青妙さんのファンの方
はもちろん、台南に興味がある方や台湾が大好きな方はご予約はお早めに
お願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「わたしの台南 〜ほんとうの台湾に出会う旅」発売記念

◆エッセイスト 一青妙さん  スライド&トークショー◆

「魅惑の古都、台南の楽しみ方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『わたしの台南〜「ほんとうの台湾」に出会う旅』(新潮社)の発売を記念して、 
著者で女優の一青妙さんをお招きして、台湾の古都・台南の魅力についてスライドを
眺めながらたっぷりと語っていただきます。ここ数年、アジアの旅行先の中で断トツの 
人気を誇る台湾。これまでは台北や高雄に行く人が多かったのですが、最近、台南に
注目が集まっています。本作は、幼少期を台湾で育った一青妙さんが、地元のソウル
フードから流行のスイーツまで美食の街・台南を食べ歩き、人情深くて人懐こい地元の 
人々に触れ、その歴史と文化を訪ねた台南のガイド&エッセイ本になっています。
著作の『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』が台湾で中国語版が出版され、 
最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れるなど、台湾との繋がり
が深い一青妙さんですので、普通のガイドブックでは知りえない台南の貴重な情報や
体験談が聞けるはずです。一青妙さんのファンの方はもちろん、台南に興味がある方
や台湾が大好きな方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●一青妙(ひととたえ)

1970年、台湾屈指の名家「顔家」の長男だった父と日本人の母の間に生まれ、幼少期は 
台湾で育ち、11歳から日本で暮らし始める。歯科医と女優、そしてエッセイストとして活躍
中。最近は日台の架け橋となるような文化交流活動にも力を入れている。著作に『私の 
箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』(ともに講談社)がある。両作とも台湾で中国語版
が出版され、『私の箱子』は「2013年開巻好書奨」を受賞するなど大きな話題を呼んだ。 


◆一青妙さん公式ブログ
http://ameblo.jp/hitototae/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  10月9日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:新潮社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                      ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんが
新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」を発刊したのを記念して、店内で
上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊2点に加え、「路地の教室」や「被差別の食卓」など路地にこだわった
上原さんの著作7点をまとめて平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

アノニマスタジオさんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

高山なおみさんの本をはじめ、早川ユミさん、小澤典代さんといった著名な
方の著作をはじめ、料理や生活、雑貨、旅に関する本を中心に約30点ほど平台にて
フェアー展開しています。アノニマスタジオの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆アノニマスタジオ
http://www.anonima-studio.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「スケープス」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを
店頭にて開催中です。

最新号はアイスランドと岡山の特集ですが、その前の号ではグルジアを取り
上げていて、毎回特集が楽しみですね。写真も綺麗なのでとても読み応えの
あるいい旅雑誌だと思います。

現在、店内ではバックナンバーを含めた全点フェアーを開催していますので、
お探しの方はぜひご覧下さいませ。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「スケープス」
http://scape-s.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 バニラ、香港・高雄への就航決定、片道7000円から
-----------------------------------------------------------------------

今回は、バニラエアが冬ダイヤで、香港と高雄に就航する、という情報です。

LCCにはいままでピーチ航空、ジェットスター、済州航空に乗りましたが、セールの時
以外に普通にチケットを取ると、燃油や諸税などで、最終的に値段がそこそこする場合 
が多い印象があります。ところが、バニラは航空券の値段以外は諸税だけなので、意外 
に常時安く行けるのに最近気が付きました。ソウルなんて安い時は往復1万3千円くらい 
で行けるなんてビックリですよね。香港と高雄も7000円からなので、往復2万円弱で
買えるようなので、年末年始に香港か台湾に行くのもありかなあ。(店長)


◆バニラエアー
http://www.vanilla-air.com/jp/

--------------------------------------------------------------

<バニラ、香港・高雄への就航決定、片道7000円から>

バニラエア(JW)は冬ダイヤで、成田/香港線と成田/高雄線に就航する。
JW代表取締役社長の石井知祥氏が8月の販売戦略説明会で国際線の比重を
高める計画に触れ、具体例としてこれら2路線への就航方針を示していたが、
このほど就航日などの詳細が決定した。

まずは11月2日に、3路線目の国際線となる香港線を開設。1月31日までは週3便
だが、2月1日から20日は1日1便、2月21日から3月28日には1日2便と段階的に
便を増やしていく。また、高雄線は2月1日に就航し、当初から1日1便を設定する。

9月11日14時にはJWウェブサイトで冬ダイヤ期間中の航空券の販売を開始。
運賃は、最も手頃な「シンプルバニラ」の場合、香港線で8000円から、高雄線で
7000円からとした。

なお、香港と高雄への就航により、バニラエアの就航都市は国際線4都市、国内
線3都市に増加する。国際線と国内線の座席供給量の比率は現時点で4対6だが、
年度内には6対4に逆転するという。


*「日刊トラベルビジョン2014年9月10日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で8冊。
その中から1点紹介します。

涌井玲子さん、美才治真澄さんの「トルコトラベルブック」です。

本書は、海外経験の豊富なライターと栄養士の二人の著者が、クランドバザール、
曜日限定の青空市場、問屋街、Oya(オヤ)、地元の人が通うトルコ料理店、トルコ
のお風呂・ハマム、サフランボル・カッパドキアなどのトルコの世界遺産や小さな村
の暮らしを紹介した1冊です。 

東京地図出版から「トラベルブックシリーズ」として出ていた本書ですが、
トルコだけでなく、ウィーン、オランダ、ベルリンと出ていてすごく評判も
良かったのですが、今は版元さんがなくなってしまい、絶版になってしまい
ました。単行本にしてはサイズも小さく、紙質も軽いものなので、実際に
旅先に持って行く方も多かったのだと思います。絶版になったのは本当に
残念なので、どこか違う版元さんから発売されないですかね。。(店長)


◆トルコ大使館文化広報参事官室
http://www.tourismturkey.jp/

------------------------------------------------------------------



◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・週末台湾でちょっと一息 (文庫)   下川裕治     300円 


・イタリア半島「食」の彷徨 (文庫)    西川治     300円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・旅する胃袋 (単行本・絶版)   篠藤ゆり     700円


・LandLandLand(単行本・絶版)  岡尾美代子   700円


・大中央線主義 (単行本・絶版)  豊中康次   500円


・インドおもしろ不思議図鑑 (単行本)  松本栄一・宮本久義   750円


・トルコトラベルブック (単行本・絶版)  涌井玲子・美才治真澄   900円


・オーストラリア歴史の旅 (単行本)   藤川隆男    600円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
--------------------------------------------------------------------
 
世界中が注目していたスコットランド独立の住民投票ですが、直前までは独立賛成派と
反対派が伯仲していて結果が読めなかったのですが、ふたを開けてみると意外に反対
派が多く、結局イギリス連邦に留まることになりました。スコットランドは18世紀初頭に
イングランドに併合されるまでは「スコットランド王国」として独立した国で、言語も英語
とは違うゲール語、民族もケルト系なので、元々がイングランドとは文化も風習も違う
ということから、近年は独立運動が盛り上がっていました。イングランドはとりあえず
ホッとしてるはずですが、独立出来なかったとはいえ、独立派の要求をある程度飲ま
なければいけない状況になったので、ある意味、今回の選挙は痛み分けのような気も
します。今後、スペインからの独立を目指すカタルーニャでも住民投票があるようなの
で、これからヨーロッパでは国家からの分離・独立を目指す動きが活発になるのでは
ないでしょうか。まだスコットランドには行ったことがないので、これを機にちょっと旅行
してみたくなりました。そんな人が実は多かったりして。。(店長)


◆スコットランド政府観光局
http://www.visitscotland.com/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。