旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.522

2014/09/04


今週、西荻窪と同じ中央線沿いの街である中野と吉祥寺に行く機会がありました。
中野から吉祥寺までの中央線沿いは、サブカルチャー色が強くて、個性的な人達
が集うところという印象が強いと思います。でも、こうして西荻窪のお店で働くよう
になり、中央線の住人となってこのあたりを見てみると、それぞれかなり違うんで
すよね。中野はとにかくにぎやかで、特に最近は再開発されたこともあり、すごい
人出でしたが、中央線沿いの街の中でも文化の香りがあまりしないところかなと
思います。どちらかというと下町っぽい生活感のあふれたところです。一方、吉
祥寺は、中央線のビッグシティなので、いろいろな人たちが集まるところですが、
ちょっとチェーン店が多すぎかな。個性的な店もあるにはあるのですが、埋もれ
ている感があります。そんな2つの街に比べると、西荻窪は本当に人出が少なく
しんみりした雰囲気。でも、独立独歩の変わった店が多く、不思議と店の中には
人がわんさかいたりして。。集まってくる人のタイプもほかの中央線の街とは違う
気がします。なぜなのかはよくわかりませんが。。旅の本屋のまどは、西荻窪
だからやっていけるのかなぁと改めて思った1週間でした。
それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆中野区都市観光サイト「まるっと中野」
http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 


★イベント情報   〜 イラストレーター 竹永絵里さん、
                9/25(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!
       
          
★のまどNEWS     〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                     ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中! 



          〜  取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!


          〜  雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!



★耳寄り旅情報      〜 日本人に人気の海外観光地、1位はサグラダ・ファミリア

             
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1)〜 イラストレーター 竹永絵里さん、
               9/25(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!
---------------------------------------------------------------------

先週ご案内した、9/25(木)に新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』(大和書房)の
発売を記念して、著者でイラストレーターの竹永絵里さんをお招きして開催する、
パリ20区それぞれの特徴や楽しい巡り方についてのトークイベントですが、順調に
予約が入っています。

竹永さんとは2年前の「本と旅」展で知り合ったのですが、今回、初めての著作を
出したということで、竹永さんから「ぜひイベントを開催したい」という依頼があった 
ので、彼女をぜひ応援したいと思い、当店にてイベントを開催することになった
次第です。

かわいい独特のイラストが評判で、パリには必ず毎年訪れている大のパリ好き
の竹永さんですので、竹永さんならではのレアなパリ情報が聞けるはずです。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、竹永さんのファンの方は
もちろん、パリが大好きな方やかわいいモノが好きな方は、
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)



---------------------------------------------------------------------

 新刊「大人かわいいパリ20区ガイド」発売記念

◆イラストレーター 竹永絵里さん  スライド&トークショー◆

「パリ20区の楽しい巡り方」

----------------------------------------------------------------------

新刊『大人かわいいパリ20区ガイド』(大和書房)の発売を記念して、著者でイラスト 
レーターの竹永絵里さんをお招きして、パリ20区それぞれの特徴や楽しい巡り方に
ついてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。女性の間で旅行先として 
相変わらず圧倒的に人気の高いパリ。本作は、そんなパリのかわいい雑貨屋、
エッフェル塔や凱旋門などの王道、知る人ぞ知る博物館やまわりやすい蚤の市など、
"大人かわいい"をキーワードに、パリ大好きの竹永さんが実際に歩いたパリ1〜20区
をたっぷりのイラストと写真で区ごとに細かく紹介したパリのガイド本になっています。 
竹永さんは一般の観光客があまり行かないようなマイナーなパリのスポットにも数多く 
訪れているので、普通のガイドブックでは知りえない貴重な情報や体験談が聞けるは
ずです。竹永さんのファンの方はもちろん、パリが大好きな方やかわいいモノに興味
のある方はぜひご参加ください!参加者の方にはプレゼントあり?!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●竹永絵里(たけながえり)

1981年東京都生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。幼い頃から絵を描くのが
大好きで、一度就職するも退職し、フリーのイラストレーターに。書籍、広告、web、雑貨
など幅広く活躍中。「るるぶ」、「東京カレンダー」、「散歩の達人」等のさまざまな旅雑誌
でもイラストを手がける。マスキングテープにイラストが採用され、台湾の雑誌に取材され
る。趣味は旅行。なかでもパリは毎年行って、新しい魅力を開拓し続けている。

◆竹永絵里さんHP
http://takenagaeri.com/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  9月25日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

 主催:旅の本屋のまど 
 協力:大和書房
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」発刊記念、
                      ノンフィクション作家、上原善広さん著作本フェアー開催中!
------------------------------------------------------------------

「日本の路地を旅する」で大宅賞を受賞したノンフィクション作家、上原善広さんが
新刊「異邦人」&「韓国の路地を旅する」を発刊したのを記念して、店内で
上原善広さんの著作本のフェアーを開催中です。

新刊2点に加え、「路地の教室」や「被差別の食卓」など路地にこだわった
上原さんの著作7点をまとめて平積みにして展開しています。

上原さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆上原善広公式ブログ「全身ノンフィクション作家」
http://u-yosihiro.at.webry.info/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

アノニマスタジオさんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

高山なおみさんの本をはじめ、早川ユミさん、小澤典代さんといった著名な
方の著作をはじめ、料理や生活、雑貨、旅に関する本を中心に約30点ほど平台にて
フェアー展開しています。アノニマスタジオの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆アノニマスタジオ
http://www.anonima-studio.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「スケープス」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを
店頭にて開催中です。

最新号はアイスランドと岡山の特集ですが、その前の号ではグルジアを取り
上げていて、毎回特集が楽しみですね。写真も綺麗なのでとても読み応えの
あるいい旅雑誌だと思います。

現在、店内ではバックナンバーを含めた全点フェアーを開催していますので、
お探しの方はぜひご覧下さいませ。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「スケープス」
http://scape-s.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 日本人に人気の海外観光地、1位はサグラダ・ファミリア
-----------------------------------------------------------------------

今回は、トリップアドバイザーの調べで、「日本人に人気の海外観光スポット2014」で 
1位にサグラダ・ファミリアが選ばれた、という情報です。

今回のランキングでは50位まで発表されているのですが、アメリカやフランス、
イタリア、スペインといった国に人気が集中していて、アジアの国がほとんど
ランクされていないのには非常に違和感を覚えました。そもそもどういった年齢
でどういった職業の人に聞くかによって、ランキングはかなり違ったものになる
はずです。今回のランキングに解答した人はどうやら年配で世界遺産ばかり
巡っている人だったような気がします。中南米やアフリカの観光スポットが
まったく入っていないなんて、ちょっと偏ってますね。しかし、それにしても
アンコールワットは人気があるんですね。(店長)


◆トリップアドバイザー
http://www.tripadvisor.jp/

--------------------------------------------------------------

<日本人に人気の海外観光地、1位はサグラダ・ファミリア>

トリップアドバイザーはこのほど、「日本人に人気の海外観光スポット2014」を
発表した。同ランキングは、2013年7月から2014年6月の間にトリップアドバイザー
のウェブサイト上に投稿された口コミをもとに決定したもので、今年で5回目となる。 

1位はスペインのサグラダ・ファミリア教会、2 位はカンボジアのアンコールワット、 
3位はオーストリアの美術史博物館となった。

ランキングではフランスが9ヶ所、アメリカが8ヶ所、イタリアが6ヶ所、50位以内
にランクイン。アメリカでは、ハワイとニューヨークが人気だったという。1位とな
ったサグラダ・ファミリアは、「日本人建築家が携わっていることで興味をひか
れる」や「進捗状況を楽しみにしている」などのコメントが寄せられた。
詳細は下記の通り。


◆日本人に人気の海外観光スポット2014 ※()内は昨年順位

1位(25) サグラダ・ファミリア教会(スペイン)
2位(1) アンコールワット(カンボジア)
3位(-) 美術史博物館(オーストリア)
4位(37) ラニカイビーチ(アメリカ)
5位(33) タージ・マハル(インド)
6位(8) ガルニエ宮 パリ国立オペラ(フランス)
7位(10) アルハンブラ宮殿(スペイン)
8位(5) 最後の晩餐(イタリア)
9位(-) サント・シャペル(フランス)
10位(24) オランジュリー美術館(フランス)
11位(7) オルセー美術館(フランス)
12位(13) ウフィツィ美術館(イタリア)
13位(36) モン・サン=ミッシェル修道院(フランス)
14位(-) プラド美術館(スペイン)
15位(23) メトロポリタン美術館(アメリカ)
16位(-) ナショナル・ギャラリー(イギリス)
17位(9) アヤソフィア博物館(大聖堂)(トルコ)
18位(-) バイヨン寺院(カンボジア)
19位(-) バチカン美術館(バチカン市国)
20位(-) アムステルダム国立美術館(オランダ)
21位(-) マウナ ケア山(アメリカ)
32位(-) アンネ・フランクの家(オランダ)
33位(-) カタルーニャ音楽堂(スペイン)
34位(-) 大英博物館(イギリス)
35位(-) ケルン大聖堂(ドーム)(ドイツ)
36位(-) ボスポラス海峡(トルコ)
37位(-) アンコール トム(カンボジア)
38位(4) ルーブル美術館(フランス)
39位(-) シェーンブルン宮殿(オーストリア)
40位(-) 凱旋門(フランス)
41位(-) トップ・オブ・ザ・ロック展望台(アメリカ)
42位(-) セントラル・パーク(アメリカ)
43位(-) ノートルダム大聖堂(フランス)
44位(-) 暁の寺(ワット・アルン)(タイ)
45位(-) エッフェル塔(フランス)
46位(-) コロッセウム(イタリア)
47位(-) グランプラス(ベルギー)
48位(-) ビクトリアハーバー(香港)
49位(-) ノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ)
50位(-) ミッドウェイ博物館(アメリカ)


*「日刊トラベルビジョン2014年8月28日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で8冊。
その中から1点紹介します。

馳星周さんの「馳星周の喰人魂」です。

本書は、在日二十七年の著者が、「ご用心」シリーズの中国版として、中国人
の傾向や省ごとの人の特性を知るための最強のテキストになっています。

馳さんといえばサッカーに関するエッセイも多数書かれていて、本書の中でも
世界各地でサッカーの試合を見て、その国の料理を食べています。私も旅行
先でサッカーに試合を見るのが好きで、バルセロナではカンプノウで試合を
見ましたし、メキシコとボリビアではワールドカップ予選の試合を見たことが
あります。カンプノウで体験した10万人の熱気はこれからも忘れないと思い
ます。今後、アフリカや東南アジアに旅行に行く機会があれば、ぜひ現地で
サッカーの試合を見てみたいなあ。アフリカの試合なんて、観客席がすごい
ことになるんだろうなあ。。(店長)


◆カンプノウ
http://www.fcbarcelona.jp/camp-nou

------------------------------------------------------------------



◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・魔法のことば (文庫)   星野道夫     350円 


・沿線風景 (文庫)    原武史     350円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・馳星周の喰人魂 (単行本)   馳星周    650円


・うわさの本格焼酎150選 (単行本)  講談社   600円


・サラスワティーに連れられてインドを〜 (単行本)  静慈彰    700円


・バンコク裏の歩き方 (単行本)  皿井タレー&高田胤臣   700円


・パリのおもてなし時間 (単行本)  エディシォン・ドゥ・パリ:編   800円 


・生命の大地 (単行本・絶版)    デボラ・B・ローズ    1200円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
--------------------------------------------------------------------
 
明日、5日にサッカー日本代表アギレー監督就任後、初の親善試合、ウルグアイ戦
が開催されます。新たに選ばれた5人を含めた23名の代表選手は、この試合から
真の代表として選ばれるためのテストをパスしていくわけですが、アギーレ監督の
お眼鏡にかなう選手は一体誰なんですかね?新たなフォーメーションとして4-3-3
を採用するらしいのですが、スタメンがどんなメンバーになるのか楽しみです。
ヨーロッパ組の実績のある本田や長友、川島などは選ばれると思うのですが、
柴崎や田中なんかもスタメンで出場するのかなあ?まあ、相手がウルグアイなので
とりあえず守備陣にゼロに抑えて欲しいけど、果たしてどうなるかなあ。。(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • Rnqr8kaP2016/04/25

    We need a lot more initghss like this!