旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.512

2014/06/27


昨日は、『しまなみ島走BOOK(改訂版)』の発刊を記念して、著者の宇都宮一成
さんと、昨年『ちょこ旅瀬戸内』を出版されたイラストレーターの松鳥むうさんを
お招きして、しまなみ海道についてのスライドトークショーを行いました。ご参加
いただいた皆様、ありがとうございました! 宇都宮さんのなめらかなトークと松鳥
むうさんのふわっとしたトークのバランスがよく、2人の柔らかな人柄もあってか、
とても和やかで楽しいイベントとなり ました。私も、話を聞いて思わず癒され、
瀬戸内の島は香川の島しか行ったことがないので、しまなみのほうにも行って
みたくなりました。あと、自転車での旅にもやっぱり挑戦してみたいなぁと。自転車
は風とともに風景と一体化できるところが魅力的! でも実現には自分自身の体力
をもうちょっと磨かねば(笑)! 宇都宮さんのしまなみ関連の本は、昨日もたくさん
の方にご購入いたたいたのですが、東京ではのまど以外ではなかなか手に入らな
いので、ご興味のある方はぜ ひ店内にてご覧くださいませ!
それでは今週ものまど通信をどうぞ☆(W)


◆NPO法人シクロツーリズムしまなみ
http://www.cyclo-shimanami.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 


★イベント情報   〜 旅行作家 宮田珠己さん、
                                 7/24(木)スライド&トークイベント開催決定!
 
                 
★のまどNEWS     〜 取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!


          〜  雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!


★耳寄り旅情報      〜 カタール航空、羽田発初便はほぼ満席、
                          今夏は搭乗率80%想定
               
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 旅行作家 宮田珠己さん、
                                 7/24(木)スライド&トークイベント開催決定!
---------------------------------------------------------------------

次回のイベントが決定しました。7/24(木)に旅行作家の宮田珠己さんをゲストに
お迎えして、新刊「いい感じの石ころを拾いに」の発売を記念して、宮田さん流の
石ころ拾いの楽しみ方ついてスライドを交えながらたっぷりと語っていただきます。

宮田さんには2年前にイベントに出演していただいたのですが、今回、新刊が出た
ということで出演をお願いしてみたところ、意外とあっさりと快諾していただき、
久々に当店のイベントに出演してもらえることになった次第です。

めったにトークイベントをしない宮田さんですので、この機会にぜひ宮田さんの
レアな生声を聞いてみてください。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、宮田さんのファンの方は
もちろん石ころ拾いやシュノーケルに興味のある方はご予約はお早めにお願いします。 

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「いい感じの石ころを拾いに」発売記念

◆宮田珠己さん  スライド&トークショー◆

「宮田珠己の大人の夏休み 〜石ころ拾ったり、シュノーケルしたり」

----------------------------------------------------------------------

新刊『いい感じの石ころを拾いに』(河出書房新社)の発売を記念して、作家の宮田珠己さん
をお招きして宮田さん流の石ころ拾いの楽しみ方についてスライドを交えながらたっぷりと
語っていただきます。これまでジェットコースターや巨大仏、ウミウシ、盆栽、迷路のような
旅館など、こだわりの不思議なものを追求する旅を独自の視点から面白おかしくエッセイ
にまとめてきた宮田さん。そんな宮田さんが今回注目したのは「石ころ」。北海道から離島
まで、ただ海辺にしゃがみこんで、“なんてことない石ころ”を拾いつづけた「宮田ワールド」
全開の不思議な旅エッセイになっています。さらに、『ウはウミウシのウ 特別増補版』 
(幻冬舎文庫)も発売されるので、シュノーケルの話も少ししていただきます。普段あまり
トークイベントをしない宮田さんの話を生で聞けるチャンスです。宮田さんのファンの方は
もちろん、石ころ拾いやシュノーケルに興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサイン会も行います。

------------------------------------------------------------------------

●宮田珠己(みやたたまき)

1964年兵庫県生まれ。大学卒業後、約10年間のサラリーマン生活を経て作家となる。
旅エッセイや小説などを執筆。主な著書に『東南アジア四次元日記』、『私の旅に何を 
する』、『ときどき意味もなくずんずん歩く』、『スットコランド日記』、『だいたい四国
八十八ヶ所』、『四次元温泉日記』、『日本全国津々うりゃうりゃ』など。

◆宮田珠己ツイッター
https://twitter.com/John_Mandeville

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  7月24日(木)  19:30 〜 (開場19:00)

【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:河出書房新社、幻冬舎


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 取引開始記念、アノニマスタジオさんのフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

アノニマスタジオさんとの直取引開始を記念したフェアーを開催中です。

高山なおみさんの本をはじめ、早川ユミさん、小澤典代さんといった著名な
方の著作をはじめ、料理や生活、雑貨、旅に関する本を中心に約30点ほど平台にて
フェアー展開しています。アノニマスタジオの本のファンの方は、ぜひご来店いただいて
当店にて購入していただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆アノニマスタジオ
http://www.anonima-studio.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌「スケープス」のバックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「スケープス」の取り扱い開始を記念して、バックナンバーフェアーを
店頭にて開催中です。

最新号はアイスランドと岡山の特集ですが、その前の号ではグルジアを取り
上げていて、毎回特集が楽しみですね。写真も綺麗なのでとても読み応えの
あるいい旅雑誌だと思います。

現在、店内ではバックナンバーを含めた全点フェアーを開催していますので、
お探しの方はぜひご覧下さいませ。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「スケープス」
http://scape-s.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 カタール航空、羽田発初便はほぼ満席、今夏は搭乗率80%想定
-----------------------------------------------------------------------

今回は、カタール航空が6月18日に羽田/ドーハ線のデイリー運航を開始した、
という情報です。

ついにカタール航空が成田だけでなく羽田にもデイリー運航を始めたという
ことは、これからエミレーツ航空のとの激しい「中東戦争」が始まるということ
を意味してますね。エミレーツもカタールも、ドバイやドーハを起点にヨーロッパ
や中東、アフリカ、南米といった国へたくさんフライトがあるので、今後はこの
中東の二つの航空会社が覇権を争っていくでしょう。カタール航空はすでに
2度乗っていて、いい印象があるので、今度は機会があればエミレーツにも
乗って比較してみたいところです。(店長)


◆カタール航空
http://www.qatarairways.com/jp/jp/homepage.page

--------------------------------------------------------------

<カタール航空、羽田発初便はほぼ満席、今夏は搭乗率80%想定>

カタール航空(QR)は6月18日、3本めの日本路線となる羽田/ドーハ線のデイリー
運航を開始した。羽田発の初便搭乗率は就航キャンペーンなどが奏功してほぼ100%
になった一方、ドーハ発は販売期間の短さや、早朝発による接続便の少なさなどから
50%程度にとどまったという。19日の記者会見では、来日した同社CEOのアクバ・アル 
・バクル氏が、拡大する同社ネットワークによる利便性などをアピール。ボーイング
B787-8型機による集客や燃費効率の向上などにも期待を示した。

アル・バクル氏は会見において、羽田発便の約8割が以遠需要であることを説明。
その上で、同社が人気の高いヨーロッパだけでなく、中東やアフリカ、さらには日系人の
多いブラジルなど、日本市場にとって魅力的なデスティネーションを多く有していることを
アピールした。あわせて、昨年10月にワンワールドに加盟し、中東の航空会社では初めて、
グローバル・アライアンスのメンバーとなったことについて言及。「アクセスできる都市が
143から約800に増えた」と説明するとともに、「ネットワーク拡大のためにアライアンスは
重要」と強調した。なお、QRは羽田/ドーハ線を日本航空(JL)とコードシェアしているが、
今後は全日空(NH)とコードシェアをおこなっている関空線、成田線についても、JLとの
コードシェアに移行するとした。

本誌の取材に応えた同社東京支店長の高橋亮介氏は、羽田/ドーハ線の今後の予約
状況については堅調との見方を示し、今夏は羽田発便で約80%、ドーハ発便も60%から 
70%程度のロードファクターを見込めるとした。羽田発便が深夜1時に出発するハンデに
ついては、午前中にドーハに到着して他の便に接続できるメリットの方が大きいと説明。 

地方発需要の取り込みにも積極的に取り組みたい考えだ。ただし、ドーハ発便が深夜に 
羽田に到着する点については今後の課題だという。

同じくデイリー運航をおこなっている成田/ドーハ線との関係については、ビジネス需要
が売り上げの半分近くを占める羽田線と、それ以外の需要が多い成田線は別物との見方 
を示し、「今後も主力は成田」と説明。カニバリゼーションの心配はないとした。

◆QR 羽田/ドーハ線運航スケジュール
QR810便 DOH 07時35分発/HND 23時25分着(デイリー)
QR811便 HND 01時00分発/DOH 06時00分着(デイリー)


*「日刊トラベルビジョン2014年6月19日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で11冊。
その中から何冊か紹介を。

まずは、メディアファクトリー発行の「ロンリープラネット ベトナム(日本語版)」です。 

本書は、世界的に有名なロンリープラネットを日本語に訳したベトナム編で、80点
以上の市、町、地域の地図を掲載。華やかな祭り、最高のバー、活気あふれる
市場についての情報を満載したベトナム好きにはたまらない1冊です。

ベトナムのロンプラの日本語版は絶版になってしまっているので、今や
非常に貴重な本なのですが、ロンプラシリーズの日本語版はどうして失敗
したんですかね?やはりロンプラに重点的に書かれている旅情報が白人
目線のレポートが多いというのが、一番日本人に受け入れられなかった原因
のような気がします。おいしいピザの店の情報なんか日本人は重要じゃない
ですからね(笑)。結局、日本人は「地球の歩き方」が一番好きなんですね。


◆ロンリープラネット(英語版)
http://www.lonelyplanet.com/



次は、双葉社発行の「好きになっちゃった沖縄の離島」です。

本書は、シリーズ第2弾で「沖縄の離島」編。大人気の八重山諸島、宮古諸島、
さらに沖縄本島周辺の離島まで、編集スタッフが島々で実際に体験した面白&
癒しのエピソードを紹介した沖縄離島好きにはたまらない紀行ガイドです。

この双葉社の「好きになっちゃった」シリーズは、1990年代後半から
2000年代前半にかけてはマニアックな旅本のシリーズとして一世を風靡
しましたが、その後は低迷。今やほとんどが絶版になってしまった幻の
シリーズかもしれませんね。絶好調だった頃は、まだバックパッカーの
旅行者が数多くいた時期だったので、彼らから絶大な支持をされていた
のですが、それも今や昔。今ではバックパッカー向けの旅の本は本当に
少なくなってしまいましたね。これから「バックパッカー」の人たちは一体
どうなっていくんですかね?(店長)


◆双葉社
http://www.futabasha.co.jp/


------------------------------------------------------------------



◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・インド旅行記 1 (文庫)   中谷美紀    350円 


・バルセローナにて (文庫)   堀田善衛   250円



◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・東京千夜 (単行本)  石井光太   850円


・新版 世界一周航空券 (単行本)   世界一周堂  850円


・おいしいおみやげずかん (単行本)  平野恵理子   750円


・好きになっちゃった沖縄の離島 (単行本・絶版)  双葉社  850円


・ロンリープラネット ベトナム(日本語版) (単行本・絶版) 
                         メディアファクトリー 1300円 


・超級食香港 (単行本・絶版)  菊池和男    800円


・英国ファンタジー紀行 (単行本・絶版)  山内史子  800円


・イェンセン家のマンションDIY (単行本)  イェンス・イェンセン  700円 


・サンディーノのこどもたち (単行本・絶版)  吉田ルイ子  700円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
--------------------------------------------------------------------

期待していたブラジルW杯での日本代表の戦いは、3戦目のコロンビア戦に1対4で
完敗し、1分2敗でグループステージ敗退という残酷な結果に終わりました。本田が
公言していた優勝はさすがに無理だとしても、ベスト8くらいまでは運が良ければ
いけるかもと幻想を抱いていた自分がバカでした。やはり日本のサッカーはこの
10年くらい進歩してないのではと疑いたくなるくらいダメダメでしたね。守れない、
走れない、点を取れないと本当にこの4年間が一体なんだったのかと思うほど
出来がよくなかったですね。ザッケローニは退任しますが、次に来る監督は
一体どんなサッカーをする監督を選ぶんですかね?ザックの方向性は間違って
なかったとは思いますが、あまりにも選手を固定しすぎていた感は強いので、
今後はその都度調子のいい選手を積極的に起用できる、柔軟な頭の監督が
来てくれることを望みます。(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • U1ABBKZ1y2016/04/25

    I love these arisclet. How many words can a wordsmith smith?