旅行全般

旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.456

2013/05/10


今年のGWはいかがでしたか?わたしはGW後半、葉山芸術祭に行ってきました。
といっても、結局知り合いの人のギャラリーを2つ巡って、ご飯を食べて帰ってきた
だけですが。。葉山芸術祭は、ギャラリーやお店などの参加店 がそれぞれ催しもの
などを行っていて、ピースフルな葉山ならではの感覚が楽しめるイベントです。葉山
はちょっと西荻と似ていて、個性的な店やギャラリーも多く、閑静な住宅街の中にも
ぽつんと雰囲気のいいカフェがあったりします。しかも、海も近いのでただ歩いてい
るだけでも楽しいので すが、ちょっと範囲が広いのが難点……。芸術祭も、全部を
歩いて巡るのは難しいので、「ここ」と、自分でエリアを決めて行く方がいいよう
です。明後日12日まで開催されていますので、ご興味のある方はぜひ☆
それでは今週ものまど通信をどうぞ!(W)


◆葉山芸術祭2013
http://hayama-artfes.net/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次> 


★イベント情報   〜 旅行作家 下川裕治さん、
               5/30(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!


          〜 新刊「歩く旅の本 伊勢→熊野」の著者、福元ひろこさん、
                 6/6(木)スライド&トークイベント、開催決定! 
 
            
★のまどNEWS      〜 JRパンフレット「駅からおSANPO」初夏号に
                           当店が紹介されました!


          〜  イベント開催記念「松鳥むうさん著作&島旅関連本」フェアー、
                                    開催中!

          〜  「ノンフィクション新世紀」発刊記念、
                         石井光太フェアー開催中!
                                

★耳寄り旅情報      〜 成田、12年度の国際線旅客数は10%増
                         −国内線は93%増、過去最高に

                  
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(1) 〜 旅行作家 下川裕治さん、
             5/30(木)スライド&トークイベント、申込み受付中!
--------------------------------------------------------------------

先々週ご案内した、5/30(木)に旅行作家の下川裕治さんをゲストにお迎えして、
新刊「不思議列車がアジアを走る」の発売を記念して開催する、アジアでの
鈍行列車の旅の魅力についてのスライド&トークイベントですが、順調に予約
が入っています。

4月に引き続き2ヶ月連続で下川さんのイベントを開催するのですが、「週末バンコク
でちょっと脱力」と「不思議列車がアジアを走る」が2ヶ月連続で発売になった関係で、
版元さんと相談した結果、2ヶ月連続で下川さんにまったく違う内容のイベントをして
もらうことになった、というわけです。

「アジア」「鈍行列車」というキーワードの旅は、まさに貧乏旅行の先駆者、下川さん
の専売特許ですので、下川ワールド全開の旅の面白さが伝わるお話が聞けると
思います。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、下川ファンの方は
もちろん鉄道好きの方やアジア各国のローカルな文化に興味のある方は
ご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「不思議列車がアジアを走る」発売記念

◆下川裕治さん  スライド&トークショー◆

「ローカル鉄道で巡るアジア旅の魅力」

----------------------------------------------------------------------


新刊『不思議列車がアジアを走る』(双葉文庫)の発売を記念して、旅行作家の
下川裕治さんをお招きしてローカル鉄道で巡るアジア旅の魅力についてスライドと
動画を眺めながらたっぷりと語っていただきます。見覚えある日本の中古車両が
走るジャカルタ、真冬のシルクロード南疆鉄道、レトロな味わいの台湾内湾線、
日本が敷いた線路を時速32キロで走るサハリン鉄道など、本書でインドネシア、
中国、ミャンマー、台湾、タイ、韓国、サハリンといったアジア各国をゆったり
と走る不思議な各駅停車の旅を体験した下川さん。ローカル鉄道でしか味わえな
いアジア各国のさまざまな文化や風習の違いについて、下川さんの貴重な体験談
が聞けると思いますよ。下川ファンの方はもちろん、鉄道好きの方やアジア
各国のローカルな文化に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●下川裕治(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。旅行作家。『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、主に
アジア、沖縄をフィールドにバックパッカースタイルでの旅を書き続けている。著書に、
『鈍行列車のアジア旅』『「生き場」を探す日本人』『世界最悪の鉄道旅行ユーラシア横断
2万キロ』『週末アジアでちょっと幸せ』『「行きづらい日本人」を捨てる』 等。


◆下川裕治さんブログ「たそがれ色のオデッセイ」
http://odyssey.namjai.cc/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  5月30日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   800円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:双葉社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報(2) 〜 新刊「歩く旅の本 伊勢→熊野」の著者、福元ひろこさん、
               6/6(木)スライド&トークイベント、開催決定! 
--------------------------------------------------------------------

6月のイベントが決定しました。6/6(木)にライターの福元ひろこさんをゲストに
お迎えして、新刊「歩く旅の本 伊勢→熊野」の発売を記念して、世界遺産・熊野
古道を歩いて旅する魅力についてスライドを交えながらたっぷりとお話して
いただきます。

本書を編集したAさんは、青木由香さん「好好台湾」発売記念イベントを一緒に
企画して以来、お世話になっているのですが、今回、そのAさんからイベントの
企画をいただいて内容が面白そうだったので、トークイベントを開催することに
なった次第です。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、福元さんのファンの方は
もちろん、歩き旅の好きの方や伊勢神宮や熊野古道といったスピリチュアルスポット
に興味のある方はご予約はお早めにお願いします。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 新刊「歩く旅の本  伊勢→熊野」発売記念

◆福元ひろこさん  スライド&トークショー◆

「歩き旅の楽しみ方  聖地・熊野古道からサンティアゴ巡礼まで」

----------------------------------------------------------------------

新刊『歩く旅の本 伊勢→熊野』(東洋出版)の発売を記念して、著者の福元ひろこ
さんをお招きして世界遺産・熊野古道を歩いて旅する魅力についてスライドを眺めな
がらたっぷりと語っていただきます。本書は、スペイン・サンティアゴ巡礼路で
「歩く旅」の魅力に気づいた著者が、伊勢神宮〜熊野本宮大社まで、世界遺産・熊野
古道220キロの道のりを歩き抜けた旅エッセイです。灼熱の太陽のもと、執拗なアブ
軍団に追い回されたり、さびれた峠にビクビクしたり、「失恋したのか?」とからか
われたり、笑いあり、涙あり、人情ありの珍道中をくりひろげています。なぜ人は
聖地・熊野を目指すのか?歩く旅をしたことで出会えたものとは?また、その先に
見えてきた景色とは?実際に熊野古道を歩いて来た著者が体感して垣間見た貴重な
体験談が聞けると思います。福元さんのファンの方はもちろん、歩き旅の好きの方
や伊勢神宮や熊野古道といったスピリチュアルスポットに興味のある方はぜひ
ご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●福元ひろこ(ふくもとひろこ)

東京都出身。早稲田大学卒業後、セツ・モードセミナー卒業。会社員を経て、2003年、
有限会社3Way設立。スペインのサンティアゴ巡礼路約1000キロを歩いた体験から歩く旅
が持つ可能性に関心を持ち始める。「歩く旅をする人が増えると平和な世界に近づく」を
信念に世界中の道を歩くことをライフワークとしている。現在は特に日本の道を国内外に
発信し、世界中の人々が平和に交流できる場とすることを目指している。


◆「歩く旅の本」特設サイト
http://www.toyo-shuppan.com/arukutabi/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  6月6日(木)   19:30 〜 (開場19:00)  

【参加費】   800円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】   旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

  主催:旅の本屋のまど 
 協力:東洋出版


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 JRパンフレット「駅からおSANPO」初夏号に当店が
                           紹介されました!
------------------------------------------------------------------------

5/7に配布が開始されたJRが制作したパンフレット「駅からおSANPO」初夏号に
当店が紹介されています。

これは新宿を中心としたJRの9つの駅のお散歩コースを紹介したパンフレットで
その西荻窪駅のお散歩コースの中に当店が入れてもらっているのです。

イラストマップで紹介されている西荻窪のコースの中でお店が紹介されている
のは2軒だけなので、すごく光栄なことですよね。

ちなみに、9つの駅のスタンプを集めるスタンプラリーにもなっているので、
ぜひみなさんもそれぞれの駅でこのパンフレットを見つけて、街をお散歩
してみてはいかがでしょうか?(店長)


◆JR西荻窪駅
http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=1152 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 イベント開催記念「松鳥むうさん著作&島旅関連本」フェアー、
                                    開催中!
-------------------------------------------------------------------

新刊『島旅ひとりっぷ』の発売を記念した松鳥むうさんのトークイベントの開催を
記念して、「松鳥むうさん著作&島旅関連本」を店頭にて開催中です。

今回は『島旅ひとりっぷ』をはじめ、むうさん著作本4点と、瀬戸内芸術祭開催にちなんで
リトルプレス「せとうち暮らし」を発行しているルーツブックスさんや島旅の書籍などを集めて
平台にコーナーをつくって平積みしています。

松鳥むうさんのファンの方はもちろん、島旅や瀬戸内芸術祭に興味をお持ちの方は
この機会にぜひ当店でまとめ買いしてみてはいかがでしょうか?

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆リトルプレス「せとうち暮らし」
http://setouchikurashi.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 「ノンフィクション新世紀」発刊記念、
                                            石井光太フェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

石井光太さんが責任編集をした最新刊「ノンフィクション新世紀」の発刊を
記念して、店内で石井光太さんの著作本のフェアーを開催中です。

石井さんの著作をはじめ、大宅壮一ノンフィクション賞を取った国分拓さんの
「ヤノマミ」や角幡唯介さんの「空白の五マイル」など過去のノンフィクションの
名作を集めたコーナーになっています。

石井さんのファンの方やノンフィクション好きの方は、ぜひご来店いただき
ご購入していただければと思います。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちしております。(店長)


◆石井光太公式サイト
http://www.kotaism.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 成田、12年度の国際線旅客数は10%増
                      −国内線は93%増、過去最高に
-----------------------------------------------------------------------

今回は、成田空港の2012年度の国際線旅客数は10%増で、国内線は93%増
になった、という情報です。

なんだかんだいって原発事故の影響もかなり軽減されてきているんですね。
海外の人もやはり記憶が薄れていくのは早いんだなあ。国際線が10%増に
対して国内線はなんと93%増とは、まさにLCC効果ですよね。今後も、新規の
路線が増えていくはずなので、今年もさらに増加しそうですね。まだ、国内線
のLCCに乗っていないので、早く乗ってみたいなあ。(店長)


◆成田空港
http://www.narita-airport.jp/jp/

--------------------------------------------------------------

<成田、12年度の国際線旅客数は10%増−国内線は93%増、過去最高に>

成田国際空港(NAA)がこのほど発表した2012年度(2012年4月〜2013年3月)の利用
実績(速報値)によると、国際線旅客数は前年比10%増の2971万560人となった。震災
や原発事故の影響から回復しており、尖閣問題の影響で9月以降は日本人旅客を中心
にやや減少したものの、前年を上回る結果となった。
 
日本人旅客は4%増の1636万5920人で、外国人旅客は震災や原発事故による減少の
反動もあり、28%増の757万1716人。通過客は9%増の577万2924人だった。国内線は
LCCの就航が牽引し93%増の372万654人となり、4年連続で過去最高記録を更新した。
また、方面別旅客数では全方面で前年を上回り、尖閣、竹島問題の影響で減少した
中国、韓国以外は2ケタ増となった。
 
発着回数は、国際線旅客便は6%増の14万8265回、国内線旅客便はLCCの就航で
65%増の3万7299回となり、11年連続で過去最高記録を更新した。貨物便やその他
を含む航空機発着回数の総数は13%増の21万2078回で、開港以来初の20万回超え
となり、過去最高となった。
 
2013年3月単月(速報値)では、国際線旅客数は3%増の268万6531人で、日本人は
中国線の旅客減で2%減の155万6118人、外国人旅客数は15%増の71万4423人、
通過客は7%増の41万5990人、国内線旅客数は84%増の42万2250人だった。
旅客便の発着回数は国際線が2%増の1万2705回、国内線が45%増で過去最高
の3633回となった。
 
NAAによると、中国線の旅客数は24%減と減少。2月は春節で17%減まで回復したが、
3月は2割減まで落ち込んだ。4月から4月20日までの速報値でも26%減となっており、
尖閣問題に加え、大気汚染や鳥インフルエンザの発生による影響が出てきているの
ではとの考えだ。また、ボーイングB787型機運航停止に就いては、3月は予定してた
発着回数448回のうち、31.5%に当たる141回が欠航した。


*「日刊トラベルビジョン2013年5月2日号より」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で13冊。
その中から何冊か紹介を。

まずは、皆川典久氏の「東京「スリバチ」地形散歩」です。  

本書は、東京スリバチ学会会長である著者が、凹凸だらけの東京を
15エリアの3Dマップを付けて、高低差を楽しみ、見て楽しい、歩いて楽しい
新しい地形エンターテインメント本です。

著者によるとローマと同じで東京にも7つの丘があるのだとか。
ここ数年、タモリ倶楽部やブラタモリなどでタモリが地形好きと
いうこともあってか、やたら東京の地形に関しての特集が増えた
気がするのですが、そのおかげで個人的にも東京の地形に
興味を持つようになりました。中央線沿線はあまり地形の起伏が
激しくないですが、以前住んでいた世田谷区あたりは結構、坂道
や川が多くて、今になって思えばもっと歩いて散策しておけば
良かったなあとちょっと後悔してます。散歩にはうってつけの季節
になったので、これからは自宅周辺を歩きたいと思います。


◆東京スリバチ学会ブログ
http://blog.livedoor.jp/suribachi/



次は、双葉社の「好きになっちゃったカトマンズ」です。

本書は、双葉社の「好きになっちゃった」シリーズのカトマンズ編で、
インドに似ているようで似ていなくて、あっちこっちにお寺がある不思議な
都市カトマンズを旅行者目線で案内した1冊です。

カトマンズといえば昔はヒッピーの聖地で、今でも日本人の間で
高い人気を誇る街ですが、なぜかカトマンズだけをまとめたガイド
ブック的な本はあとにも先にもこの本しかないような気がします。
個人的に22年前に一度行ったことがあるのですが、郊外の
眺めのいいゲストハウスに1週間泊まって、屋上から見える雄大な
ヒマラヤ山脈を眺めながらのんびりと過ごした印象があります。
今ではLCCがいろんなところからカトマンズに飛んでいるので、
意外に簡単に行けるようになったようですが、当時は深夜バス
が主流で、到着して風邪を引いた記憶があります。ネパールも
久々に行ってみたいなあ。。(店長)


◆西遊旅行「カトマンズのみどころ」
http://www.saiyu.co.jp/special/nepal/midokoro/kathmandu/


------------------------------------------------------------------



◆文庫本              販売価格(値段は税込です) 


・長い旅の途上 (文庫)   星野道夫   450円 


・アヘン王国潜入記 (文庫)    高野秀行    450円


・魅惑のスペイン (文庫)    紅山雪夫    350円


◆単行本              販売価格(値段は税込です)


・モノを捨てよ世界へ出よう (単行本)   高城剛   850円


・東京「スリバチ」地形散歩 (単行本)   皆川典久   1400円


・日本ばちかん巡り (単行本)   山口文憲    950円


・ポップトリップ シンガポール (単行本)  田嶋麻里江   900円


・好きになっちゃったカトマンズ (単行本・絶版) 双葉社  950円


・イギリスのリバティ手帖 (単行本)  ピエブックス   950円


・南イングランドを歩く (単行本)  出口保夫   800円


・はじめて歩くパリ ガイドブック (単行本)  田原安佐美  950円


・ポルトガル朝、昼、晩。 (単行本)  kmp   900円


・アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない
                    (単行本)  町山智浩   700円                   



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

水曜日のお休みの日に、久々に下北沢に行ってきました。多分、3、4年ぶりくらいに
訪れたのですが、目的は最近、次々と新しい本屋さんが出来て、新たな「本の街」と
して下北沢が認知され始めているというのを確認したくて、書店巡りをしてきました。
まずはB&B。ずーと行きたかった本屋ですが、ちょっとイメージと違って意外に選書が
本格的なのに驚きました。もっとPOPな感じだと思っていたので、こんな高尚な棚で
下北沢でやっていけるのか心配になりました。。他にも、ダーウィンルームやほん吉、
古書ビビビ、ピリカタント書店、ヴィレヴァンと巡りましたが、どこも個性があって
面白い品揃えでした。ほん吉は女性がやっているとは思えないほど、昔の古書店
という品揃えと雰囲気だったのが特に印象に残っています。ただ、下北の街自体は
相変わらずチェーン店の飲食店が増えて、靴屋と古着屋と美容室ばかりで、子供の
街という印象です。西荻になれたせいか、ちょっと落ち着きがなさ過ぎますね。こう
やってたまには違う街に行って、いろんなお店を見るのも勉強になっていいですね。
次は、清澄白河にでも行こうかな。(店長)


◆B&B
http://bookandbeer.com/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • eDAr2Hq292016/04/26

    Very valid, pithy, succcnit, and on point. WD.