旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.181

2007/12/07




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
       旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.181      2007年12月7日発行

          
                     http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

12月に入り、東京はやっと冬らしい寒さになってきました。
そんな寒さのせいなのか、風邪をひく人が多くなってきたようです。という私
も、先週の月曜からずっと風邪ぎみで、病院に行って薬をもらったものの、なか
なか治りません。友人から聞いた情報によると、今回の風邪はとってもしつこい
とのこと。風邪は万病のモトといいますし、巷ではインフルエンザも流行ってき
ているようです。皆さんも、どうぞお体ご自愛くださいませ。。。
では、お待ちかねの(?)のまど通信、今週もスタート!(W)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>          

★イベント情報   〜 「野宿野郎」のシュラフマン(レッド)握手&サイン会、
                急遽開催決定!


★のまどNEWS    〜   昭文社のまっぷるマガジンに当店が紹介されました!

            
          〜   プチグラパブリッシングさん直取引開始記念フェアー、
               好評開催中!
                    

          〜 「ガンジス河でバタフライ」ドラマ化記念、
              たかのてるこさんフェアー、今週末で終了です!
               

          〜 季刊誌「旅行人」バックナンバーフェアー、好評開催中!
            絶版の幻の号を古本で大量に入荷しました!
                           
                                      
★耳寄り旅情報      〜 熊本県の黒川温泉が総合1位、フォートラベルの人気温泉
              ランキング 

                                
★今週の入荷本    〜  古本
                  

★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント情報    〜 「野宿野郎」のシュラフマン(レッド)握手&サイン会、
              急遽開催決定!
-------------------------------------------------------------------

急遽、来週の12/14(金)に「野宿野郎」のシュラフマン(レッド)の握手&サイン会を
当店で開催することが決まりました。まあこれにはいろいろと大人の事情がありまして
(野宿野郎のK女史からの圧力に耐え切れず)、なかば強引に開催することになった
のですが、一応野宿野郎さんの企画ですので、当日は何かおもしろいことがおこりそうな
そんな予感がしています。

今回は事前の申込みや予約などは一切ありませんので、あくまで自由参加です。
当日、「シュラフマンを自分の目で見てみたい」という好奇心旺盛な方は、
ぜひお店に遊びにきてみてください。

みなさんのご来店お待ちしております。(店長)


◆野宿野郎公式サイト
http://weblog.nojukuyaro.net/2007/12/post_188.html


*以下は野宿野郎さんのHP告知からの抜粋

---------------------------------------------------------------------

◆緊急青春企画! 〜旅の本屋のまどさんでボクと握手!〜  
          シュラフマン握手&サイン会やっちゃう、のお知らせ  

----------------------------------------------------------------------

えー、「野宿野郎」はだいたい創刊3周年(07年10月末日)記念企画として
「野宿戦隊!シュラフマン<予告編>」をつくっていたのですが、映像はほぼできた
のに、冊子ができていないので(編集部怠惰のため)、販売がのびのび、お蔵入りの気配。
どーしたものかなあ、とかおもっていたところ、それを打開すべく、シュラフマンレッド
(主役)が「ボクが握手とサインをするっ!」という運びになりました。
もーなにがなんだか。しかし、さすがだ、レッド!ということでお知らせです。


<旅の本屋のまどさんでボクと握手! シュラフマン(レッド・他)・握手&サイン会>

【会場】  旅の本屋のまど 店内特設スペース

【開催日時】 12月14日(金) 19:00〜閉店間際まで。
または、のまどさんに呆れられる、シュラフマン(レッド)の飽きる、まで。
(21:00くらいにお暇し、一杯飲みに行く可能性大です。みなさまもぜひっ。)


◆のまどさんでボクと握手! ボクのサイン!

のまどさんで何か本をご購入された(「野宿野郎」じゃなくてももちろんOK)
スバラシイ方にシュラフマン(レッド・他)が、(邪魔にならない程度に)
シュラフマン(レッド・他)生写真をプレゼント。
そしてそれやこれにサイン&握手いたします。
※ゴメンナサイ、生写真はなくなり次第終了です。何枚プリントすればいいのやら悩む…。

◆のまどさんでボクとじゃんけん!

20:30〜大じゃんけん大会開催。
じゃんけんで勝ち残った人はシュラフマンTシャツをもらえます。
一人しかいなかったらその人がもらえます。

◆のまどさんのそばでボクと一杯!

もしもシュラフマンファンさんがいらしたら、急きょファンクラブを結成し、
みなで一杯飲みにまいります。


えー、のまどさんに強引に頼みこんでそうゆうことをできることになりました。
ご迷惑に違いない。でも知らない。やっちゃう。
ふるっていらしてください、そしてのまどさんのご本を買ってください。
「野宿野郎」も買ってください。
「野宿戦隊! シュラフマン<予告編>」はきっと間に合いません。
よろしくどうぞ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 昭文社のまっぷるマガジンに当店が紹介されました!
----------------------------------------------------------------------

朝日新聞の夕刊に当店が紹介されたのに続き、今度は昭文社のまっぷるマガジン
「東京遊び地図 吉祥寺・下北沢・三軒茶屋」に当店が紹介されました。

紹介されたのはその中の西荻窪特集の「こだわりショップ」のコーナーで、
有名なアンティークショップに混じって当店が写真入りで掲載されているのです。

取材自体は、西荻窪に移転してすぐの8月ごろに受けていて、発売が11月上旬と
いわれていたのですが、少し発売が遅れてようやく書店に並びました。
記事はそんなに大きくないものですが、写真はカラーだしページの真ん中に
掲載されているので、意外に目立っていていい宣伝になるかなと思っています。

今後も取材された記事がいくつか雑誌に掲載される予定ですので、
その都度メルマガで紹介していきます。(店長)


◆昭文社「まっぷるショップ」
http://ec.shop.mapple.co.jp/shopdetail/004003000042/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 プチグラパブリッシングさん直取引開始記念フェアー、開催中!
------------------------------------------------------------------------

プチグラパブリッシングさんとの直取引きを開始したのを記念して、現在店頭にて
プチグラパブリッシングさんオススメの書籍と雑貨のフェアーを開催中です。

プチグラパブリッシングさんがブログでフェアーのことを紹介してくれたのが影響
しているのか、今のところ書籍、雑貨ともなかなかの売れ行きです。
特に、キノコの雑貨は女性に人気で、お店に来たお客さんから「カワイイ」の声が
店内に響きわたっています。年末年始のプレゼント用にもオススメですよ。

ちなみに店頭にない本やグッズは取り寄せも可能ですので、
プチグラパブリッシングさんのHPを一度チェックしてみてください。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆プチグラパブリッシングのブログ
http://blog.petit.org/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 「ガンジス河でバタフライ」ドラマ化記念、
               たかのてるこさんフェアー、今週末で終了です!
----------------------------------------------------------------------

今回、たかのてるこさん原作の「ガンジス河でバタフライ」がテレビドラマ化されたのを
記念して、たかのてるこさんの著作本フェアー開催してきましたが、
今週末で終了とさせていただきます。

フェアー期間中に本を購入していただいたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。 


今週末まではまだ本を購入するチャンスはありますので、
みなさまからのご購入・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆ドラマ「ガンジス河でバタフライ」HP
http://www.nagoyatv.com/ganges/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(4) 〜 季刊誌「旅行人」バックナンバーフェアー、開催中!
             絶版の幻の号を古本で大量に入荷しました!
-------------------------------------------------------------------

吉祥寺から西荻窪への店舗移転&新装オープンを記念して、店頭にて
季刊誌「旅行人」のバックナンバーフェアーを開催中です。

西荻窪に来てからは、かなりの勢いでバックナンバーが売れています。
店頭はもちろんのこと、オンラインショプからも注文できますので、雑誌「旅行人」の
バックナンバーをお探しの方は、この機会にぜひご購入いただければと思います。

また、版元で絶版になっている幻の号を古本で大量に入荷しましたので、
要チェックです。各号1冊しかありませんので、お探しの方はお急ぎを!!

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「旅行人」バックナンバーのご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/ryokojin.htm

◆旅行人
http://www.ryokojin.co.jp/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 熊本県の黒川温泉が総合1位、フォートラベルの人気温泉
            ランキング 
------------------------------------------------------------------------

今回は、フォートラベルの人気温泉ランキングで熊本県の黒川温泉が総合1位
になった、という情報です。

2位以下は湯布院温泉、草津温泉、城崎温泉、道後温泉という順位になっている
のですが、黒川温泉は本当にすごい人気ですよね。湯布院もそうですが、やはり
今は女性に人気がないと温泉地としては厳しい時代なんでしょうね。
この中で個人的に行ったことがあるのは草津温泉と道後温泉しかないのですが、
道後温泉がどうして5位に入っているのか不思議です。確かにテレビにいつも映って
いるメインの建物は風情があっていいのですが、温泉地としての雰囲気としては
道後温泉はイマイチだと思うのですが…。(店長)


◆フォートラベルの人気温泉ランキング2006
http://4travel.jp/4t_ranking/onsen2006/


---------------------------------------------------------------

<国のブランド力、1位はオーストラリア、日本は初のトップ10入り>

フォートラベルは全国の人気温泉ランキング2007を実施、第1位には熊本県の
黒川温泉が選ばれた。これは人に勧めたい度、お湯、ホテル・旅館の質、日帰り
入浴施設の充実度、温泉街の雰囲気、交通の便の6つの評価項目を3段階で
評価したもの。この総合1位に黒川温泉となり、2位には大分県の湯布院温泉、
3位に群馬県の草津温泉、4位に兵庫県の城崎温泉、5位に愛媛県の道後温泉
となった。なお、アンケートは10月16日から11月15日にかけて1289件の回答を
得たもの。項目別のランキングは下記を参照のこと。


*「日刊トラベルビジョン2007年11月28日号より」

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で28冊。
その中から何冊か紹介を。

まずは、木村元彦氏の「オシムの言葉」です。

本書は、現在病気のために日本代表の監督を勇退してしまったオシム氏が、
長い監督生活の中で発言してきた秀抜な語録と激動の半生を、東欧の民族問題を
主に取材・執筆しているフリーライターの木村元彦氏がまとめ上げたサッカー本
としては非常にクオリティの高い一冊です。

しかし、なんでこのタイミングでオシム氏は倒れてしまったんですかね?
「日本代表のサッカーを日本化する」という大命題に対して着実にその手腕によって
ベースが築き上げられてきた矢先の出来事だっただけに、個人的にはすごくショック
です。しかも、よりによってその後任が岡田監督になってしまうとは、日本サッカー協会
の眼力のなさにはホトホトあきれてしまいました。「この状況では岡田氏しかいなかった」
なんて説明してますが、なんだかんだいって結局のところ海外のサッカー界とのパイプが
まったくないということなんでしょうね。今なら、あのモウリーニョとかフリーなんだし、
ダメもとでアタックすればいいものを、そんな大胆なこともできないなんて、ほんと
日本サッカー協会という組織は情けないというか、なんというか…。
岡田さんが監督になれば、いままでのオシムさんのサッカーを継承するなんてことは、
岡田さんとオシムさんのサッカー感の違いをみれば無理なことは明らかですよ。
うーん、これで日本サッカーがまた長い停滞期に入るのかと思うと、なんだか憂鬱に
なってきました(笑)。


◆オシム語録
http://www.osimgoroku.com/



次は、妹尾河童氏の「河童が覗いたヨーロッパ」です。

本書は、舞台美術家で作家の著者が、文化庁の芸術家海外派遣で1年間をかけて
ヨーロッパ22ヵ国を旅し、115室の部屋に泊まり、主目的の演劇関係は勿論、街角、
ホテルの部屋、国際列車の車掌氏、家々の窓に至るまでを描きまくった「覗きの河童」
の原点ともいえる内容で、旺盛な好奇心と優しい眼で描いた「手描き」のヨーロッパは
秀逸です。

本書を書いた妹尾河童氏は、他にもこのシリーズとして「河童が覗いたインド」や
「河童が覗いたニッポン」などを出していますが、個人的には「深夜特急」や
「何でもみてやろう」と いった本と同じくらいこのシリーズ本に影響を受けている
かもしれません。
特に、この「ヨーロッパ編&インド編」は見ていてすごく旅情をかきたてられますし、
なんだかワクワクしてきてすぐにでも旅に出たくなるほどです。しかし、なんといっても
本書の一番のスゴイところは部屋のスケッチです。自分の泊まった部屋を俯瞰からみた
感じで細部にわたって丁寧に描いているのですが、これがもうまさに芸術品!
なんでそんなとこまで、という部分まで詳細に描いているので、なんだか自分がそこに
泊まっている気分になるのです。いやー、こんなスケッチが描けたら旅がいっそう
楽しいものになるんだろうなあ。最近このシリーズの新刊が出ていないのですが、
次は「河童が覗いたアラブ」とか「河童が覗いた南米」とかぜひ見てみたいですね。


◆関心空間「妹尾河童」
http://www.kanshin.com/keyword/532754



最後は、大崎裕史氏の「自称『日本一ラーメンを食べた男』の日記」です。

本書は、日本最大のラーメンHP『東京のラーメン屋さん』を主宰する著者の
人気ブログを書籍化したもので、 本が出版された時点で13975杯のラーメンを
食べている、まさに「自称『日本一ラーメンを食べた男』の日記」です。

ラーメンブームというと、一時期に比べれば少し落ち着いてきたとはいえ、
それでもいまだに新しい味の店やいままで知られていなかった「ご当地ラーメン」
が東京に進出して来ると、すぐに長い行列ができてしまうのは一体どうしてなんですかね?
うどん派の私としては、そこまでラーメンにこだわりを持つことに何の意味があるのか
イマイチよく理解できないのです。うどんなんて「安くておいしければそれでいい」
みたいなところがあるので、「スープがどうだ」とか「麺がどうだ」とかいって1,000円
近くもするラーメンをうんちくをたれながら食べているのがどうしてもよく分からない
のです。ラーメンなんて、その辺の街の食堂で300円ぐらいで出している中華そばが
一番美味しいと思うんですけどね…。(店長)


◆ブログ「自称『日本一ラーメンを食べた男』の日記」
http://ramenlove.livedoor.biz/

◆株式会社ラーメンデータバンク
http://www.ramendatabank.co.jp/



-------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)



・私の夫はマサイ戦士 (単行本)      永松真紀      650円



・オシムの言葉  (単行本)        木村元彦       650円



・ベルギー南部ロマン紀行 (単行本)     和田哲郎      1,100円


                            
・素顔のフィレンツェ案内 (単行本)     中嶋浩郎・しのぶ      950円



・わがままフランス、やっぱりフランス (単行本)   横山研二     650円



・フランス人 この奇妙な人たち  (単行本)   ポリー・プラット    800円



・ミステリー風味ロンドン案内  (単行本)    西尾忠久     600円



・ブータン  神秘の王国 (単行本)   西岡京治・里子     3,600円



・アンコール遺跡とカンボジアの歴史  (単行本) 今川幸雄:編訳   1,100円



・タイ 夜の歩き方  バンコク編 (単行本)   データハウス    800円
 


・韓国 夜の歩き方  全面改訂版 (単行本)   データハウス    850円



・殺人の追憶 (単行本)     薄井ゆうじ        550円



・ハイサイおばあ!  (単行本)      松井優史      550円



・トーキョーダイニング (単行本)   東京ダイニング編集部:編    950円



・自称「日本一ラーメンを食べた男」の日記 (単行本)   大崎裕史   700円



・すごろく旅行のすすめ (単行本)     石川浩司     850円



・しあわせのねだん (単行本)      角田光代        650円



・木曜日のボール  (単行本)      近藤篤         1,450円



・ロバート・キャパ 最期の日 (単行本)    横木安良夫     950円
 


・エグザイルス (単行本)      ロバート・ハリス      700円




◆文庫本              販売価格(値段は税込です)
 


・ドイツ流美しいキッチンの常識  (文庫)    沖幸子      300円



・スペインひるね暮らし  (文庫)       中丸明         350円



・フェラーリ家のお友だち  (文庫)     タカコ・半沢・メロジー   250円



・河童が覗いたヨーロッパ  (文庫)      妹尾河童      300円



・はい!はい!ハノイ  (文庫)       アジア光俊        400円
 


・街道を行く17  島原・天草の諸道 (文庫)    司馬遼太郎     300円



・ソバ屋で憩う (文庫)       杉浦日向子とソ連:編著     350円 



・アジア路地裏紀行 (文庫)      下川裕治      350円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

サッカー日本代表の後任監督に、やはりというか何と言うか、岡田さんがなりましたね。
これまでオシムさんが築き上げてきた「考えて走る」サッカー、「リスクを冒してでも
攻撃的にいく」サッカー、「日本人にあった日本化されたスタイルの」サッカーは、
岡田さんが後任監督になったことで、かなりの部分が方針転換されるんじゃないで
しょうか。マリノス時代の岡田監督のサッカースタイルといえば、とにかく守備を固めて
0点に押さえてフィジカルの強い選手ばかりをそろえたカウンターサッカーというイメージ
なので、確かに負けはしないかもしれませんが、見ていて楽しいサッカーとは言えない
ですよね。まるで、一昔前のイングランドやイタリアのサッカーみたいで、ちょっと
時代に逆行している気がします。日本サッカー協会も、日本のサッカースタイルを
確立するためというよりは目先のW杯の予選のことしか頭にない感じで、もう川渕さんも
早く辞めたほうがいいんじゃないでしょうか。それに引き換え、お隣の韓国はすごい
ですよね。同じように代表監督を探しているのですが、なんと候補に上がっているのが
前アイルランド代表監督と元フランス代表監督の二人に絞って交渉中だとか。さすがに
あのヒディングを連れてきただけの政治力と交渉力はすごいですね。日本も、もっと
海外のサッカーとコネクションを持たないと今後はいい監督は連れてこれないでしょうね。
うーん、情けない…。(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.or.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど   HP: http://www.nomad-books.co.jp/

                       ブログ:http://blog.livedoor.jp/nomad_books/
 
  営業時間:12:00 〜 22:00 

   定休日:水曜日
        
  所在地:〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10司ビル1F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。