旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.170

2007/09/21

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
      旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.170       2007年9月21日発行

          
                   http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こんにちは。9月も後半だというのに、まだ暑さが残る東京。そんな中、昨日は
運転免許証の更新、いや、失効手続きをしに府中運転免許試験場に行ってきまし
た。公共の施設に行くとよく感じることですが、ここの施設もすごーくきたな
かった、古かった! でも、失効手続きとして受けた2時間の講習は、意外に興味
深くて、協調性と公共性のことについて考えさせられました。何事も、自分以外
のほかの人がいるってことを考えることが大切なんですね。たかが運転免許証の
失効手続きを考える種にしてしまうなんて、私は相当な暇人なのかも(笑)?
私のような暇人の方! のまど通信にも、そんな考える種が散らばってますよ!
どうぞお楽しみください(^_^)/ (W)


◆警視庁「運転免許」
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/submenu.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>          

★のまどNEWS        〜 POM2さんの地雷除去ステッカー、久々に再入荷しました!


          〜 エイ出版社の「北欧スタイル」&「東京生活」バックナンバー
            フェアー、 好評開催中!
               

          〜 季刊誌「旅行人」バックナンバーフェアー、開催中!
            絶版の幻の号を古本で大量に入荷しました!


★キャンペーン情報 〜 映画「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」とのタイアップ
            キャンペーン、いよいよ9/24(月)まで!

                 
          〜 「のまどオンラインショップ」再開記念キャンペーン、
            プレゼントもあと残りわずか!

                                      
★耳寄り旅情報      〜 パプアニューギニア政観、日本語サイト開設


★今週の入荷本    〜  古本
                  

★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 POM2さんの地雷除去ステッカー、久々に再入荷しました!
----------------------------------------------------------------------

今回、久々にPOM2さんの地雷除去ステッカーが再入荷しました。

実は、昨年の年末から今年の3月ぐらいにかけて、この地雷除去プロジェクトの活動
自体がPOM2さんの方で続けられるかどうかという、複雑な状況になっていたので、
一旦うちのお店としてもステッカーの販売を休止していたのですが、POM2さんの地道な
頑張りが功を奏したのか、どうにか再開できるめどがついたということで、今回移転後
初めて地雷除去ステッカーの販売を再開することになりました。

1ヶ月ぐらい前から、お客さんからはよく「地雷除去ステッカーありますか?」という
質問は受けていたので、これでようやく一安心です。

地雷除去ステッカーの意義については、以前メルマガでも説明しましたが、詳しく
知りたい方はPOM2さんのHPをご覧下さい。

みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)


◆POM2
http://www.jirai.org/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 エイ出版社の「北欧スタイル」&「東京生活」バックナンバー
            フェアー、好評開催中!
-----------------------------------------------------------------------

エイ出版社さんの雑誌「北欧スタイル」&「東京生活」のバックナンバーフェアーですが、
好評開催中です。

雑誌「北欧スタイル」を中心に、他の版元さんの北欧関係の本も集めて「北欧ブック
フェアー」 的なものを展開しているのですが、さすがは西荻?北欧への関心が高いのか、
なかなかの売れ行きです。

雑誌「北欧スタイル」は、オンラインショプからも注文できますので、バックナンバーを
お探しの方は、この機会にぜひご購入いただければと思います。「東京生活」も
オンラインから購入できるようにページを作成しましたので、そちらもぜひご覧下さい。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「北欧スタイル」の注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/hokuo_style.htm

◆雑誌「東京生活」の注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/tokyoseikatu.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 季刊誌「旅行人」バックナンバーフェアー、開催中!
            絶版の幻の号を古本で大量に入荷しました!
-------------------------------------------------------------------

吉祥寺から西荻窪への店舗移転&新装オープンを記念して、店頭にて
季刊誌「旅行人」のバックナンバーフェアーを開催中です。

西荻窪に来てからは、かなりの勢いでバックナンバーが売れています。

店頭はもちろんのこと、オンラインショプからも注文できますので、雑誌「旅行人」の
バックナンバーをお探しの方は、この機会にぜひご購入いただければと思います。

また、版元で絶版になっている幻の号を古本で大量に入荷しましたので、
要チェックです。各号1冊しかありませんので、お探しの方はお急ぎを!!

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「旅行人」バックナンバーのご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/ryokojin.htm

◆旅行人
http://www.ryokojin.co.jp/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★キャンペーン情報(1) 〜 映画「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」とのタイアップ
               キャンペーン、いよいよ9/24(月)まで!       
--------------------------------------------------------------------------

現在、池袋シネマ・ロサにて9/1からレイトショー公開中の映画「ワン・デイ・イン・
ヨーロッパ」と当店が、期間限定のタイアップキャンペーンを開催してきましたが、
いよいよ9/24(月)が最終日になります。

オリジナルポストカードのプレゼントは急遽新たに50枚追加した分も残念ながら
なくなってしまいましたが、ただ、のまど限定特別価格1010円のお得な割引チケットは
まだまだありますので、 この映画を観たいと思っている方は
ぜひ購入していただければと思います。

みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)

------------------------------------------------------------------------

◆旅の本屋「のまど」×映画「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」タイアップキャンペーン


期間:9月8日(土)〜9月24(月・祝)

◎キャンペーン内容

1)プレゼントキャンペーン

内容:キャンペーン期間中に商品を購入された方先着5名様に劇場招待券をペアでプレゼント。 
    また、期間中に商品を購入された方先着50名様に映画「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」
    オリジナルポストカードをプレゼント。

2)西荻窪から池袋までの電車賃割引ます!キャンペーン

内容:通常前売り料金1300円のチケットを、キャンペーン期間中は、
     西荻窪から池袋への電車賃(290円・JR使用の場合)を特別に割引して、
    のまど限定特別価格1010円にて販売!


◆映画「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」公式サイト
http://www.odie.jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★キャンペーン情報(2) 〜 「のまどオンラインショップ」再開記念キャンペーン、
                プレゼントもあと残りわずか!        
---------------------------------------------------------------------

7/27から始まりました「のまどオンラインショップ」再開記念キャンペーンですが、
おかげさまでたくさんの方からご注文をいただきまして、プレゼントもあと残りわずかに
なりました。

まず、タイ製ゆで卵カバー?と「指さし会話帳」 特製メモ帳ががおかげさまで終了
しました。 ということは、残すところペルー製カップ&ソーサーのプレゼント1個のみ
になってしまいました。

そこで、急遽「指さし会話帳」 特製メモ帳を3個追加で入手しましたので、
3,000円以上商品をお買い上げの場合は、まだまだプレゼントのチャンスがあります。


------------------------------------------------------------------------------

◆3,000円以上の場合   送料無料+「指さし会話帳」特製メモ帳をプレゼント!


◆5,000円以上の場合   タイ製ゆで卵カバーのプレゼント、終了です!


◆1万円以上の場合    送料無料+ペルー製カップ&ソーサーをプレゼント!

-------------------------------------------------------------------------------


引き続き、「オンラインショップ」再開記念キャンペーンは実施中ですので、
みなさまからのご注文を心よりお待ちしております。

なお、先着順にプレゼントがなくなりしだいキャンペーンを順次終了させていただきます
ので、 この機会をぜひお見逃しなく!!(店長)


◆のまど「オンラインショップ」からのご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 パプアニューギニア政観、日本語サイト開設、イメージ訴求と利便性も工夫
----------------------------------------------------------------------------------

今回は、パプアニューギニア政府観光局が日本語の公式ウェブサイトを開設した
、という情報です。

「パプアニューギニア」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?
日本人にとってまさに「未知の世界」「最後の秘境」であるパプアニューギニアという国は、 正直イメージするものがほとんどないというのが現状ではないでしょうか。
まあ、しいてあげれば海が綺麗だということ、物価が意外に高い、フランスの影響が強い、
といったところでしょうか。以前は、日本が太平洋戦争の際に大変な戦いをした戦地が
いくつも残っているので、戦死者の慰霊に訪れる人が昔は多かったそうなのですが、
今では激減してしまって統計に数字で表せないほどだそうです。確か、漫画家の水木しげる
さんが戦時中に脱走して現地の村で生活していたというエピソードは有名ですが、彼いわく「まさに楽園だった。そのままそこで生活したかった」そうです。まあ、何もない本当の
原始的な暮らしがいまでも山岳の少数民族の中には残っているそうですので、そのあたりを
パプアニューギニア政府観光局も日本でアピールしたいのかもしれませんね。それなら、
いっそのこと水木しげるさんを観光の親善大使に任命するというのはいかがですかね、
パプアニューギニア政府の方々?(店長)


---------------------------------------------------------------

<パプアニューギニア政観、日本語サイト開設、イメージ訴求と利便性も工夫>

パプアニューギニア政府観光局は12日、日本語の公式ウェブサイトを開設した。
同サイトでは主要観光スポットや国内の祭りなどの情報を多数掲載するほか、
インタラクティブ・マップを取り入れ、観光情報を地域別に検索できるように
工夫したのが特徴。また、美しい海や豊かな自然の写真を多数使用し、
視覚的なイメージからも魅力を訴求している。


◆パプアニューギニア政府観光局公式日本語ウェブサイト
http://pngtourism.jp/


*「日刊トラベルビジョン2007年9月13日号より」
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で28冊。
その中から何冊か紹介を。

まずは、みなみななみさんの「すごいぞ!イスラエル」です。

本書は、イラストレーターである著者が、「イスラエルって一体どういう国?」という
疑問から不思議と奇跡の国イスラエルに好奇心で飛び込んで、度肝を抜かれた体験を、
イラストや写真を多用して紹介する体当たりイラスト紀行です。

確かに、イスラエルという国は名前だけはやたら新聞やニュースでよく耳にはしますが、
いざどんな国なのか説明しろといわれると、政治と軍事関連以外の日常の庶民の暮らしや
文化、風習などは全くといっていいほどわかならいというのが日本での現状ではない
でしょうか。しかも、地球の歩き方はしばらく改訂版は出ていないし、紀行エッセイも
ほとんどないという中、本書はイスラエルを実際に旅して書かれたエッセイだけに本当に
貴重な本といえるでしょう。 

また、本書がいいいのは、お堅い学者のような文章の羅列ではなくて、写真やイラスト、
マンガなどをメインにすごくわかりやすく、しかも読んでる人がイスラエルについて
興味がわいてくるような構成にしている点でしょう。何度も言うようですが、本当に
貴重な本だと思いますので、 興味のある方は要チェックですよ。
その分、値段は高めですが…。


◆みなみななみさんHP
http://www.minaminanami.com/

◆在イスラエル日本大使館
http://www.israel.emb-japan.go.jp/



次は、ジョン・ムウェテ・ムルアカ氏の「光るマンゴー  ザイールの心」です。

本書は、アフリカ大陸中西部・ザイール共和国の首都キンシャサでで生まれ育った著者が、
少年時代の生活や、町の風景、育ててくれた人々への思い、そしてアフリカの未来について
語る心暖まる20編のエッセイ集になっています。

本書の著者であるジョン・ムウェテ・ムルアカ氏というのは、みなさんご存じのように
鈴木宗男議員の公設秘書だったあのムルアカさんのことで、彼がアフリカ出身ということは
知ってはいましたが、それがザイール(現在のコンゴ)だったとは本書を見るまで全く
知りませんでした。常々思っていることですが、これだけ世界中を旅行するようになった
日本人にとっても、世界の中で一番遠い存在でしかも一番なじみの薄いのがアフリカだと
いうのは間違いない事実でしょう。私自身も、これまでにいろんな地域を旅行してきましたが、いまだにアフリカ大陸だけはまだ足を踏み入れていないのです。しかも、アフリカと
いってもエジプトやケニアモロッコといった国は日本からもツアーとか結構ありますが、
ザイール(現在のコンゴ)なんて、働きながら休みをとって行くなんてことはまず
100%不可能でしょう。本当に「異国」ですよね。一体どんな雰囲気なんですかね。
アフリカを旅行するには体力が必要なはずですから、どうにかして早く行かないと
死ぬまでに行けなくなってしまうかも?いやいや、それだけは絶対に避けなければ…。


◆ムルアカ氏ブログ「ムルアカ・クレッシェンド」 
http://blog.livedoor.jp/muluaka/

◆外務省「コンゴ民主共和国(旧ザイール)」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/congomin/index.html



最後は、小野庄一氏の「七日で一県楽しく歩く四国遍路」です。

本書は、週刊朝日百科『仏教を歩く』で連載されていた「週刊お遍路さん」を再構成
したもので、すべて徒歩で巡れば50日前後かかる四国遍路の旅を、電車・バス、タクシーも
使いながら1県7日間で巡る「区切り打ち」のプランを紹介していて、四国遍路の魅力を
再認識させられる1冊です。

四国遍路の本は、最近のプチブームの影響で世の中に数多く出回っていますが、
本書はその中でも非常に見やすくて、実用的ないい出来になっているような気がします。
いろいろと実際に歩き遍路をする際に役立つ情報が工夫されて掲載されているのですが、
一日の行程のアップダウンがひと目でわかる地図・行程図がカラーで載っているのは、
画期的なのではないでしょうか。また、札所から札所までの実際の距離や歩くルートも
分かりやすく大きな地図で書かれているので、御年寄りの方にも重宝することでしょう。
しかし、自分の出身が四国だからというわけではないですが、四国の風景はいつみても
美しい場所が多いですよね。(店長)


◆小野庄一氏プロフィール
http://www.sharyu.jp/artists/os01.html

◆掬水へんろ館
http://www.kushima.com/henro/



-------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)



・手紙の行方  チリ  (単行本)     山口智子       950円



・光るマンゴー  ザイールの心  (単行本)  ジョン・ムウェテ・ムルアカ  700円



・ハイジ紀行  (単行本)    新井満・新井紀子      750円



・南欧リゾートに暮らす  (単行本)       下川裕治           700円



・フランス人 この奇妙な人たち (単行本)   ポリー・プラット     850円



・イタリア人のまっかなホント   (単行本)    マーティン・ソリー    650円



・ロンドン暮らし自由自在  (単行本)     岩野礼子      600円



・すごいぞ!イスラエル  (単行本)      みなみななみ     2,500円



・サハラに賭けた青春  (単行本)     上温湯隆      1,200円



・無敵のバリ  (単行本)     まのとのま       700円
 


・バンコクの罠 あじなアジア10ショット (単行本)    日比野宏   900円



・ソウルの憂愁  (単行本)      川村湊      850円



・アジア新聞屋台村 (単行本)      高野秀行      750円



・七日で一県楽しく歩く四国遍路  (単行本)     小野庄一     850円



・吉田電車 (単行本)      吉田戦車       700円



・アジアを喰らう  8ヶ国ゆらゆら喰って寝るッ!(単行本)  鈴木みそ    450円



・恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。  (単行本)     角田光代    700円 



・アメリカ  (単行本)         藤原新也       700円



・きみのためのバラ (単行本)       池澤夏樹       1,100円
 


・地球交響曲 第三番 魂の旅 (単行本)     龍村仁       950円




◆文庫本              販売価格(値段は税込です)
 


・フランスには、なぜ恋愛スキャンダルがないのか? (文庫)
                    棚沢直子・草野いづみ   300円


・イギリス式収納   (文庫)      井形慶子       400円



・アフガン山岳従軍記  (文庫)      恵谷治      350円



・オバァの喝! 続・沖縄オバァ烈伝  (文庫)    沖縄オバァ研究会:編    400円 



・小さな生活 (文庫)       津田晴美        350円
 


・気持ちよく暮らす100の方法  (文庫)     津田晴美     350円



・街を泳ぐ、海を歩く カルカッタ・沖縄・イスタンブール (文庫)  与那原恵  250円 



・アジアン・ジャパニーズ 1 (文庫)     小林紀晴    300円




*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
----------------------------------------------------------------------

安倍首相の突然の辞任によって、自民党の新たな総裁を選ぶべく、現在国会を休止
して福田元官房長官と麻生元幹事長が立候補して総裁選挙が繰り広げられています。
安倍さんが辞任してすぐは、麻生さんがすんなり次の総裁になるかと思いきや、なぜか
「これまで一度も総理・総裁になりたいと思ったことはない」という福田さんを支持する勢力
があれよあれよというまに自民党の大勢を占めるようになってしまい、なんだか昔の古い
体質の自民党に戻ったかのような醜態をさらけだしている気がしてなりません。
こうなったら福田さんでもいいから早く国を正常に運営してもらって、早期に衆議院を
解散総選挙して自民党が惨敗して、民主党に政権が移るところがはやく見たいですね。
小沢さんがもし首相になったら一体どんな政策を実行してくれるのか、ちょっと期待して
いるんですが、果たしてどうなりますか?(店長)


◆福田康夫オフィシャルサイト
http://www.y-fukuda.or.jp/

◆麻生太郎オフィシャルサイト
http://www.aso-taro.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど   HP: http://www.nomad-books.co.jp/

                       ブログ:http://blog.livedoor.jp/nomad_books/
 
  営業時間:12:00 〜 22:00 

   定休日:水曜日
        
  所在地:〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10司ビル1F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。