旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.147 

2007/02/24




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
        旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.147       2007年2月24日発行

          
                       http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

風が強いですね。今朝は電車は遅れるし、ホームでふきっさらしはかなり辛かったのですが、
体があたたまると体中が痒くなるのでちょっと有難かったり・・・、というのも、ここ数日なんだか
調子がよくないなあと、リポDを飲んだりビタミンをせっせととっていたのですが、昨日なぜか
じんましんのようなものが久しぶりに体中に現れ始め、これは!どうしたものかと病院に駆け
込んだのでした。幼い頃は毎度どうも!という感じでしょっちゅう出たのですが大人になってから
はしばらくぶりで、驚きました。そんなこんなで、インフルエンザも花粉症もお祭り騒ぎの時期
ですからみなさまもお気をつけ下さいませ。ちなみに私は顔に花粉症ではないのですが、
花粉が肌につくと痒みが出ます。そんな人少ないようですが・・・ではのまど通信どうぞ!(T)


◆東京都感染症情報センター
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/top.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>          

★のまどNEWS        〜 新たなお店のショプカードを置きました!


             〜 雑誌「コヨーテ」バックナンバーフェアー、開催中です!
                            

             〜 雑誌「ニュートラル」バックナンバーフェアー、好評開催中! 
                                      
                                      
★耳寄り旅情報       〜 国内旅行の情報入手はテレビの旅番組がトップ、
                日帰り人気旅行先は関東 

                   
★今週の入荷本    〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 新たなお店のショプカードを置きました!
-------------------------------------------------------------------

のまどでは、お店の入り口入ってすぐのところに、チラシやショップカード、フライヤーと
いった宣伝物を置くスペースを設けていて、持込にきた宣伝物は旅に関するものなら
たいていお預かりしてお店に置くようにしているのですが、今回新たなお店のショプカードを
置きました。

今回新たにショプカードを置いたお店は、下高井戸にあるメキシコ料理店「ポサーダ・デル・ソル」
です。このお店はオーナーやコックの方がメキシコ人なので、巷によくあるアメリカンチックな
いわゆる「テックスメックス」ではなく、本格的なメキシコ料理が食べれるお店として地元では
おいしいと評判で、私も何回か食べに行ったことがあります。一番最初は、雑誌「中南米
マガジン」のK編集長と行ったのですが、メキシコで食べて以来食べてなかったチョコレートソース
がかかった鶏肉料理「ポージョ・コン・モーレ」を食べてそのおいしさに感激した記憶があります。
お店のインテリアも「いかにもメキシコ」といった感じで、メキシコの雰囲気をダイレクトに感じられる
お店ですので、メキシコ料理に興味のある方はぜひお店に足を運んでみてください。

また、チラシやショップカードなどの宣伝用の紙媒体はいつでもお店におきますので、
置きたいという方は気軽にご連絡いただくか、お店に直接お持ちいただければと思います。
(店長)


◆ライブドアグルメ「ポサーダ・デル・ソル」
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/9451.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌「コヨーテ」バックナンバーフェアー、開催中です!
-------------------------------------------------------------------

2007年4月号(3月10日発売予定)より雑誌「コヨーテ」が月刊誌に生まれ変わるのを
記念して、店頭にて雑誌「コヨーテ」のバックナンバーフェアーを開催中です。

やはり品薄になっている1号、4号、8号あたりが売れていますので、これらの号を
お探しの方はご注文はお早めに!

店頭はもちろんのことオンラインショプからも注文できますので、雑誌「コヨーテ」に興味の
ある方は、この機会にぜひご購入いただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「コヨーテ」
http://www.coyoteclub.net/

◆雑誌「コヨーテ」バックナンバーののご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/coyote.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3) 〜 雑誌「ニュートラル」バックナンバーフェアー、好評開催中!
-------------------------------------------------------------------

ただいま店頭にて開催中の雑誌「ニュートラル」のバックナンバーフェアーですが、
予想以上の売れ行きで、好評ロングラン実施中です。

店頭はもちろんのことオンラインショプからも購入できますので、「ニュートラルを応援したい」
という方は、注文よろしくお願いします。

ちなみに、1号&3号&4号&7号は品切れ、2号は品薄になってきていますので、
購入をご希望の方はお早めに!

みなさまのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆雑誌「ニュートラル」
http://www.neutralmag.com/index.html


◆雑誌「ニュートラル」バックナンバーののご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/neutral.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 国内旅行の情報入手はテレビの旅番組がトップ、
             日帰り人気旅行先は関東
----------------------------------------------------------------------

今回は、インターネットリサーチ会社によると国内旅行の情報入手はテレビの旅番組から
という人がダントツに多い、という情報です。

てっきり、旅行会社のパンフレットや旅行会社のサイト、あるいはガイドブックが圧倒的に
多いのかと思っていたので、テレビの旅番組を情報源にしている人が4割もいるとは、さすが
テレビの影響力は大きいですね。まあ、毎日どこかのテレビ局であれだけの数の旅番組を
放送されたら、影響されない方がおかしいのかもしれません。かくいう私も、「いい旅、夢気分」
をはじめ、かなりの旅番組を毎週チェックしている方なので、そこから「次はどこの温泉に行こう
かな」なんて参考にして、実際に行ってることがよくあります。海外旅行の情報に関しては、
テレビの影響力はどうなんですかね?(店長)


◆テレビ東京「いい旅、夢気分」
http://www.tv-tokyo.co.jp/iitabi/


---------------------------------------------------------------

<国内旅行の情報入手はテレビの旅番組がトップ、日帰り人気旅行先は関東>

インターネットリサーチのインフォプラントによると、国内旅行の情報入手元はテレ
ビの旅番組が全体の4割強を占めトップ、続いて旅行会社のパンフレット、旅行会社
のサイトであった。また、年代別では20代が「家族、友人、知人」で口コミの影響が
強い結果となったほか、他の年代ではランクインしなかった旅行ガイド本が3位となった。

 そのほか、宿泊を伴う旅行回数は「0回」が3割強でトップとなったほか、「1回」、「2回」が
2割強。さらに、2005年と比べて旅行回数は「減った」人が「増えた」人を10ポイント上回った。
年代別では唯一20代が05年比で06年の旅行回数が上回る結果。また、同行者は「配偶者」が
5割半ば、次いで「友人」が2割強、「一人」が2割弱。年代別では20代のトップが友人と恋人が
4割前後でほぼ同率、30代から60代トップは配偶者となった。

 さらに、日帰り旅行で行きたい場所が「ある」と回答した7割強のユーザーに行先を
尋ねると関東が3割弱でトップ、次いで近畿が2割強、中部が1割半ば。ただし、自由回答
形式で具体的な場所を尋ねたところ京都が各年代共に最も多く、ユニバーサル・スタジオ・
ジャパン、神戸の回答も目立った。そのほか、日帰りの旅行時期では、5月がほぼ2割、
4月が1割半ば、3月が1割強となった。

*「日刊トラベルビジョン2007年2月13日号より」 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
-------------------------------------------------------------

【古本】

今回入荷した古本は全部で26冊。
その中から何冊か紹介を。

まずは、大前研一氏の「旅の極意、人生の極意」です。

本書は、元マッキンゼー日本支社長で世界的経営コンサルタントの大前研一氏が、かつて
大学生時代も含めて6年間外国人旅行客の日本旅行の添乗員として働いていた経験から、
「添乗員・大前研一」の目から厳選した15のプレミアム世界旅行が、カラー写真満載で
紹介されている1冊です。

あの大前研一氏が書いた旅の本ということで、旅の話題をすべてビジネスに結び付けて
いって、結局はビジネスの指南書みたいな内容になっているのかと思いきや、意外や意外、
添乗員時代の経験と自身の旅好きからオススメしたい場所を純粋に紹介していて、結構
おもしろい本に仕上がっています。アマゾンでは、旅行本部門でかなり上位にランクされて
いて売れてるみたいですね。本書で大前氏がオススメしている15ヶ所の中で、私が実際に
行ったことがあるのはプラハとヘルシンキしかなかったのですが、ちょっと興味をそそられた
のはハワイのハワイ島コナにある「コナ・ヴィレッジ・リゾート」です。ここの施設は、「何も
しないことの贅沢」を提供したいということで、テレビや時計、空調設備、はては電話までも
部屋についていないそうです。こんなリゾート施設はなかなかありそうでない気がしますので、
機会があれば一度泊まってみたいですね。ただ、一泊なんと約5万円からだそうで…。


◆大前・アンド・アソシエーツグループ
http://www.kohmae.com/

◆コナ・ヴィレッジ・リゾートHP(英語)
http://www.konavillage.com/



次は、東日本仕事と憩い研究会・編の「東京おさぼりマップ」です。

本書は、「20分間のリフレッシュ」をテーマに、「熟睡できる放置カフェ」「軽い失踪気分に
浸れる博物館」「平日にこそ利用すべき格安スポーツ施設」「気分がスッキリするビルの屋上」
など、元サラリーマン文化人による「私のおさぼり体験」コラムも紹介しつつ、ビジネスマンが
仕事途中にちょっと立ち寄れる都内の穴場休息スポット230件をピックアップした、外回りの
営業マンのためのさぼり方の指南書になっています。

本書も、アマゾンではかなり売れているみたいで、「東京で働いている人はみんな疲れてる
んだな」ということがつくづく分かります。休憩スポットとして、無料で利用できる展望台や
ショールーム、ホテルのロビー、ビルの屋上、といった施設や、格安料金で利用できる漫画喫茶
やつり掘、役所の食堂といった施設まで、都内の230件の施設を紹介しているのですが、
まあこの本の編集部の人もよく調べたなあと感心してしまいました。ただ、これを調べている
時に、当然このいろんな休憩スポットで編集部の人が実際にさぼったのかと思うと、なんとも
笑えますが…。しかし、今後営業マンの方々がみんなGPS携帯を会社から支給されたりする
ようになったら、おさぼりなんて簡単にできなくなってしまいますね。そんな世の中、嫌だなあ〜。


◆山海堂
http://www.sankaido.co.jp/



最後は、こぐれひでこさんの「BUSで行くPARISあちらこちら」です。

本書は、「パリを歩こう」や「パリを食べよう」などパリに関する著作を多数書かれていて
当店でも最近安定した人気を保っているこぐれひでこさんが、「パリをまわるならバスが一番!」
ということで、初心者でも乗れるバスのノウハウとバスだからこそ体験できる乗客観察を
楽しいイラストと口コミ情報満載で紹介した1冊です。

基本的に、ヨーロッパの街などは地下鉄かトラムが発達しているところが多いので、
観光客にとってわざわざ乗るのが難しい地元の複雑な路線バスは、短期の旅行ではほとんど
乗る機会がないのではないかと思います。私も、長い旅行をしている時は時間に余裕がある
ので路線バスはよく使いますが、さすがに1週間ぐらいだと必要に迫られないと使わないですね。
都市間バスとかなら乗り方が分かりやすくていいのですが、パリやロンドンといった大都会に
なるとあまりにも路線が複雑なので、迷子になること必至です。まあ、それが楽しいちゃ楽しい
のですが…。東京に20年住んでいますが、東京の路線バスもあんまり乗らないですからね。
もう少しバスも運賃が安くなればいいんでしょうが、道が混んだりするとよく遅れるので、みんな
それにイライラするのが嫌なんでしょう。でも、3月に関東のJR、私鉄、地下鉄、バスといった
交通機関に共通に乗れるカード「パスモ」ができたら少しは状況が変わるかも?(店長)


◆こぐれひでこの「ごはん日記」
http://www.cafeglobe.com/travel/kogure/

◆こぐれひでこの「いただきもの日記」
http://www.asobist.com/kogure/

◆パスモ
http://www.pasmo.co.jp/



-------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)



・オーストラリア人物語    (単行本)    大津彬裕   700円



・見える!アメリカ ワシントンDC・ガイドブック   (単行本)  赤木昭夫 650円



・ロシア人のまっかなホント (単行本)   E・ロバーツ    2,500円



・イタリアおいしい物語  (単行本)   花園りえ      600円



・BUSで行くPARISあちらこちら   (単行本)  こぐれひでこ  850円



・イギリス人の格  (単行本)   井形慶子    950円



・囚われのイラク (単行本)   安田純平     550円



・シルクロードの風   (単行本) 静 慈園    900円
 


・ダッカへ帰る日 (単行本)  集英社      850円



・好きになっちゃったプーケット (単行本)  双葉社   750円



・凝裸儒的中華天地 (単行本)  島尾伸三&潮田登久子    950円



・わたしのカレは韓国人 (単行本)  ブーミン&モー子   850円



・年金カップルなら誰でもできる半分海外ぜいたく暮らし (単行本) 
                       財)ロングステイ財団     900円



・東京おさぼりマップ  (単行本)  東日本仕事と憩い研究会・編   950円



・車イスといっしょに旅に出よう! (単行本) 勝矢光信   850円



・暇さえあれば旅行したい! (単行本)  千里唱子    500円



・旅の極意、人生の極意  (単行本)   大前研一    1,400円
 


・世界は「使われなかった人生」であふれてる  (単行本) 沢木耕太郎  800円




◆文庫本              販売価格(値段は税込です)



・パリを歩こう  (文庫)   こぐれひでこ   450円



・スイス・アルプスを撮る  (文庫)   小川清美    500円



・コリアン・ダイエット  (文庫)   キム・ソヒョン   350円
 


・年金・月21万円の海外暮らし(2) (文庫)     立道和子    350円
 


・常識として知っておきたい世界の三大宗教 (文庫)   歴史の謎を探る会:編 350円
 


・語学嫌いの会話術   (文庫)     タカコ・半沢・メロジー     250円



・東京を江戸の古地図で歩く本 (文庫)   ロム・インターナショナル:編  700円
 


・日本の朝ごはん食材紀行 (文庫)    向笠千恵子   350円



*これらの本のご注文をご希望の方は、メールにてご連絡ください。
info@nomad-books.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
-------------------------------------------------------------------

先日行われたサッカーU22日本代表対U22米国代表の試合は、なんとも不満の多い
消化不良の試合になってしまいましたね。日本は圧倒的にチャンスをつくりながら、日本の
「持病」ともいえるFWの決定力不足で、何本も惜しいシュートを外したりポストにあてたりと
見ていてイライラする内容でした。反町監督は3トップを初めて試したのですが、カレン・ロバート
と平山と初召集の李のコンビネーションがイマイチかみあわずに、なかなかうまくパスがつながら
ない時間帯が多かったという印象です。ただ、唯一良かったのは、このチームの柱である平山が
オランダから帰って来た去年とは見違えるように動きが良くなったことでしょうか。携帯を使い
ながら車を運転してたのを写真誌に撮られたのはなんともお粗末ですが(笑)、彼がこの調子を
キープしてくれれば、最終予選は彼がなんとかしてくれるかも?うーん、でも正直、最終予選は
このままだと厳しいんじゃないかなあ。(店長)


◆日本サッカー協会公式サイト
http://www.jfa.or.jp/

◆FC東京公式サイト
http://www.fctokyo.co.jp/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど   HP: http://www.nomad-books.co.jp/

                               ブログ:http://blog.livedoor.jp/nomad_books/
 
  営業時間:10:00 〜 20:00 

   定休日:木曜日
        
  所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市本町2-5-10TKビル2F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。