旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.128 

2006/10/13




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
        旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.128       2006年10月13日発行

          
                       http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

秋の気持ちのよいお天気が続いていますね。
朝晩はひんやりして、体調を崩しがちですかみなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて7日夜空。中秋の名月だということはすっかり忘れていましたが、とても綺麗だった
ようですね。みなさんはご覧になりましたか?星はなかなか見えなくてとてもはかない
感じがしますが月は“どーん”としていて(特に満月は)不思議な強さを感じます。
お月様立派です!“星に願いを”というより月に願いを・・・という方がしっくりくると思う
のですが、どうでしょう?さてそんな中?気になっていた喫茶店・銀座の椿屋珈琲店に
行ってみました。大正ロマン風の落ち着いた空間で、お金持ちそうなマダムやおじさま
たちに紛れて飲む珈琲。ちょっと椎名林檎気分(ないものねだり・・・)緊張したけれど
チーズケーキも珈琲も美味しかった。ちなみに平日は翌朝4時までお店はあいています。
有名どころなのでご存知の方も多いと思いますが・・The Ginzaの裏手にお店はあります。
(T)


◆椿屋珈琲店
http://www.tsubakiya-coffee.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>          

★のまどNEWS        〜 「ベトナムスケッチ」の編集長がのまどに来店!
              

★キャンペーン情報 〜 「のまどオンラインショップ」の新キャンペーン、終了間近!
                                      
                                                                
★耳寄り旅情報       〜 HIS、ラゾーナ川崎のオープンで丸善と協力、
                ガイドブック代金をサポート

                   
★今週の入荷本    〜  古本&新刊本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 「ベトナムスケッチ」の編集長がのまどに来店!
-------------------------------------------------------------------

先日、当店でもオンラインショップなどで最近良く売れているベトナム現地の情報誌
「ベトナムスケッチ」のN編集長が、仕事でベトナムから日本に戻ってこられたということで、
お忙しい中わざわざ時間を割いて当店に来られました。

が、せっかく来てただいたのに、なんと私がお店にいない時だったようで、私がお店に
戻ってきた時にはすでにN編集長は帰られていました。確か、前に会ったのが2004年の4月
頃だったので、2年半振りにお話できるチャンスだっただけに、ちょっと残念でした。
その際、お互い香川県にゆかりがあるということで、香川話で盛り上がったのを覚えて
います。

最近は、当店でも「ベトナムスケッチ」がよく売れていて、在庫がないバックナンバーをいつも
迅速に手配していただいているN編集長には本当に感謝しております。

今後も当店では「ベトナムスケッチ」を全面的に応援していきますので、興味のある方は
のまどオンラインショップから購入できますので、ぜひHPをご覧下さい。

みなさまからのご注文をお待ちしております。(店長)



◆のまどオンラインショップ「雑誌バックナンバー」
http://www.nomad-books.co.jp/books/zassi.htm


◆ベトナムスケッチ
http://www.vietnam-sketch.com/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★キャンペーン情報 〜 「のまどオンラインショップ」の新キャンペーン、終了間近!        
-------------------------------------------------------------------

「オキナワ放浪宿ガイド120」(山と渓谷社刊)の発売を記念して、大好評だった
前作「ニッポン放浪宿ガイド200」(山と渓谷社刊)と2冊あわせて購入していただいた方
全員に、日本ユースホステル協会が出している全国のユースホステル一覧が載っている
「ホステリングガイド2006」の冊子をプレゼント中です。もちろん送料も無料です。

好評をいただいた今回のキャンペーンもそろそろ終了間近になってきましたので、
国内・沖縄のオモシロイ安宿に興味のある方はもちろん、「ホステリングガイド」冊子目当て
の方もぜひご注文はお急ぎを!

また、引き続き1,000円以上ご注文いただいたお客様には送料無料で
商品を発送いたしますので、今後もぜひ「のまどオンラインショップ」をご利用ください。

みなさまからのご注文をお待ちしております。(店長)


◆「オキナワ放浪宿ガイド120」&「ニッポン放浪宿ガイド200」のご注文はこちら↓
http://www.nomad-books.co.jp/shop/sho.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜  HIS、ラゾーナ川崎のオープンで丸善と協力、
              ガイドブック代金をサポート
-------------------------------------------------------------------

今回は、旅行代理店のHISと書店の丸善が強力してお客さんを囲い込む戦略を考え
出したという情報です。

なんと丸善でガイドブックを購入した後にHISで旅行を申し込んだお客さんに図書カードを
最高で1,000円分提供する、というキャンペーンなのですが、これって再販制度には引っかか
らないんですかね?まあ、バーターでお互い頑張ろうという作戦なのでしょうが、確かに
旅行代理店と本屋は業態としての相性はいいと思います。それは、実際に当店のとなりが
旅行代理店なのでよく分かるのですが、本を買ってから旅行を申し込んだり、旅行を申し込んで
からガイドブックを買うというお客さんは確かに多いです。ナショナルチェーンの大型書店は
別にして、単独ではもはや集客の見込めない本屋さんの今後生き残っていく道は、こういう風に
他の専門的な業態とのコラボ出店を推し進めて行く以外にないのでは、と思います。
そういう意味じゃ当店の存在って、案外先進的だったのかも?(店長)


◆ラゾーナ川崎
http://www.lazona-kawasaki.com/index.shtml


---------------------------------------------------------------

<HIS、ラゾーナ川崎のオープンで丸善と協力、ガイドブック代金をサポート>

エイチ・アイ・エス関東営業本部は、9月28日に開業するHISラゾーナ川崎営業所で
成約した旅行購入者を対象に、ガイドブック、旅行書を購入する代金をサポートする。
これはショッピング施設「ラゾーナ川崎プラザ」内に同じく出展する丸善ラゾーナ川崎店
と協力して実施するもの。丸善ラゾーナ川崎でガイドブックや旅行書を購入、その後、
HISで海外航空券、パッケージツアーを成約した購入者を対象に先着500名に
図書カード500円、または1000円分を提供する。

 なお、HISによると、同社が実施したアンケートでは海外旅行を検討する際、約9割が
旅行会社を決定する前に本屋さんのガイドブックの棚を見る」という結果から、海外旅行
の需要喚起と、旅行の計画段階でHISを選択してもらうことを目的としている。


*「日刊トラベルビジョン2006年9月26日号より」 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本&新刊本
-------------------------------------------------------------

【古本】


今回入荷した古本は全部で26冊。
さて、その中から何冊か紹介を。

まずは、石井光太氏の「物乞う仏陀」です。

本書は、普段は感染症専門の検査会社の顧問を務めるかたわら、国内外の
民俗、文化、宗教などをテーマにしたルポを書いている著者が初めて手がけた単行本で、
アジア各国の物乞いをする障害者の人に迫ったノンフィクションです。

本書は出版されたのが丁度1年前の今ごろだったのですが、実は当時著者の石井光太氏から
突然メールが送られてきました。面識はまったくなかったのですが、うちの店のことを知っていた
ようで、「ぜひ自分が書いた本を置かせて欲しい」という彼の並々ならぬ想いがヒシヒシと
伝わってくる内容でした。そのとき、不覚にも私は彼の本について全く知らなくて、お店には
入荷してなかったのですが、彼のメールを読んですぐさま仕入れました。仕入れたことを彼に
伝えると非常に喜んでくれて、POPを送ってくれたのですが、結局うちの店では1冊も
売れませんでした。やはり、こういった難しくて重いテーマを扱ったノンフィクションというのは
なかなか売れないというのは、今の出版業界の厳しい現実を象徴しているようで、正直私も
がっかりしました。それでも、やはりこういうノンフィクションは今のような時代だからこそ、
その重要性は増していると思うので、ぜひ今後も石井氏には頑張って欲しいと思います。



◆石井光太氏HP「コウタイズム」
http://kotaism.com/


◆石井光太氏ブログ「旅の物語・物語の旅」
http://blog.livedoor.jp/kotaism/



次は、塩澤幸登氏の「TOKYO&KYOTO 隠れ家喫茶店案内」です。

本書は、東京と京都にある懐かしくも心やすらぐ秘密にしておきたい名喫茶店47店を、
それぞれのお店の愛に満ちたエピソードとともに紹介している充実の1冊です。

ここに紹介されている喫茶店はどれも歴史が古く、趣のあるお店ばかりなのですが、
自分が行ったことがあるお店が予想外に多くてビックリしました。多分、大学が御茶ノ水に
あったというのも大きな要因なのだと思います。でも、最近仕入れでお茶の水界隈にはよく
行っているのですが、学生の時からあった喫茶店がどんどん閉店してなくなっていくのは
非常に悲しい気持ちになります。そういえば、喫茶店ではないのですが、地元の梅ヶ丘で
28年間も営業していたすごくおいしい洋食店「パンの笛」が9/25で閉店していたのを最近
知って、すごくショックを受けています。本当に料理がどれもおいしくて、しかもお店の雰囲気
が良かったのですが、なによりもお店の女主人の方の接客サービスが抜群で、いつも居心地の
いい楽しい時間を過ごせたことを思い出します。もうあの料理が食べれないとうのは、なんとも
切ない気持ちなのですが、「時の流れ」というものには誰も逆らえないのですね…。



◆出版社「マーブルトロン」HP
http://www.marbleweb.net/



最後は、エリザベス・ロバーツ氏著、鎌田三平氏訳の「ロシア人のまっかなホント」です。

本書は、マクミランランゲージハウスという出版社から出ている(出ていた?)「まっかなホント」
シリーズ全21冊の中の1冊で、ロシア人の摩訶不思議な実態が分かる内容になっています。

先日、新聞の国際面を読んでいると最近ロシアでは独立系のメディアに対する弾圧が
横行していて、特にヒドイのが政府に対して不利な記事を書いたジャーナリストが何者かに
暗殺されているケースが増加しているという事実です。この暗殺がすべてロシア政府が陰で
操っているとは信じたくないのですが、本当にロシアという国は未だによく理解できない国だな
という印象を全世界に与えたことだけは間違いないでしょう。本書には、そんなよくわからない
ロシア人の気質というか価値観が細かく書かれているのですが、興味深いと思ったのは
「ロシア語にはプライバシーという意味の言葉がない」ということです。著者いわく「彼らは
ひとりでいることの喜びを知らないばかりか、赤の他人にさえ、ああだこうだと口うるさく
話し掛けてくる」というのである。これって要は、「ロシア人は個人主義が未熟で、自立が
なかなかできない」ということに繋がっている気がします。まあ、でも日本の田舎もほとんど
同じ状況かもしれないですけどね(笑)。(店長)



◆マクミランランゲージハウス
http://www.mlh.co.jp/


◆在日ロシア連邦大使館
http://www.embassy-avenue.jp/russia/index-j.htm



-------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)



・メキシコ人【完全送料無料商品】 1,950円  
 パトリック・オスター/野田隆・他訳
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903533/




・ニューヨーク・ミュージック・ガイド 【完全送料無料商品】 650円  
 インターカルチュラル・グループ・編
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903532/




・ロシア人のまっかなホント 【完全送料無料商品】 650円  
 エリザベス・ロバーツ著/鎌田三平 訳 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903531/




・オランダ雑学事始意外に知らなかったオランダ 【完全送料無料商品】 900円 
 皆越尚子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903530/




・ゲーテ街道を行く 【完全送料無料商品】 900円  
 小塩節・津田孝ニ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903529/




・ジローラモのイタリア式伊達男のなり方(サイン入) 【完全送料無料商品】 600円  
 パンツェッタ・ジローラモ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903528/




・体当たりーなイタリア極楽生活のすすめ 【完全送料無料商品】 1,100円  
 朝岡なおめ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903527/




・パリ・ブランシェ特派員が暮らして見つけたパリの寄り道ガイド 【完全送料無料商品】 1,200円  
 アンテンヌフランス・編
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903525/




・こんなトルコが好き 【完全送料無料商品】 1,100円  
 中沢由美子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903524/




・3本足のアジアンソウル 【完全送料無料商品】 900円  
 櫻井幸一
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903523/




・中国人連続強盗団日本人ボスと30人の凶悪犯 【完全送料無料商品】 550円  
 織川隆
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903522/




・物乞う仏陀 【完全送料無料商品】 900円  
 石井光太
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903521/




・協力隊員物語トンガ・国道ポプア線の彼方に 【完全送料無料商品】 900円 
 長田健次郎
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903520/




・神々の棲む南の果て(パイパテローマ)の島でわが癒し、そして再生の物語 【完全送料.. 800円  
 高木凛 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903519/




・TOKYO&KYOTO隠れ家喫茶店案内【完全送料無料商品】 1,200円  
 塩澤幸登・文/塩沢 槙・写真
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903518/




・島旅の楽しみ方作戦開始!さあ、島へ行くのだ 【完全送料無料商品】 650円  
 河田真智子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903517/




・サンクチュアリ夢を追い続けた堕天使たちの「旅」の記憶 【完全送料無料商品】 700円  
 高橋歩・磯尾克行 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903516/




・一号線を北上せよ 【完全送料無料商品】 700円  
 沢木耕太郎
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903515/




◆文庫本              販売価格(値段は税込です)


・フランス人の気持ちいい美容生活 (文庫) 【完全送料無料商品】 300円  
 佐藤絵子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903514/




・フランス人の贅沢な節約生活 (文庫) 【完全送料無料商品】 300円  
 佐藤絵子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903513/




・ヒマラヤを駆け抜けた男山田昇の青春譜 (文庫) 【完全送料無料商品】 550円   
 佐瀬稔
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903512/




・博多学 (文庫) 【完全送料無料商品】 300円  
 岩中祥史
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903511/




・「関東」と「関西」こんなに違う事典知ってビックリ! (文庫) 【完全送料無料商品】 300円 
 日本博学倶楽部 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903510/




・アジア海道紀行 (文庫) 【完全送料無料商品】 300円  
 足立倫行 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903509/




・アジアの少年 (文庫) 【完全送料無料商品】 650円  
 小林紀晴 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903508/




・旅ときどき沈没 (文庫) 【完全送料無料商品】 350円  
 蔵前仁一 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67903507/



--------------------------------------------------------------------

【新刊】


今回入荷した書籍&雑誌の中から何点か紹介をします。

まずは、世界一周堂・地球一周コミュニティの「世界一周航空券パーフェクトブック」を。

本書は、スターアライアンスやワンワールドなどの航空グループが提供している、約30万円で
最大24フライトができる夢のチケット「世界一周航空券」をいかにうまく使って、アジア、ヨーロッパ
から北米、南米、オーストラリアまでの地球を巡る旅を実現するかを詳細に検証した世界一周
航空券のすべてを網羅した世界初のガイドブックになっています。

昔、「80日間世界一周」という1956年アカデミー賞5部門を受賞した冒険ロマン映画がありました。
当時としては80日間で世界一周をするなんて不可能と思われていたのでしょうが、50年後の現在
では、世界一周チケットを使えば10日程で誰でも簡単に世界をぐるっと周遊することができる
ようになったのです。それもこれもやはり世界の航空会社が、「スターアライアンス」
「ワンワールド」「スカイチーム」といった3つの大きな連合を形成したおかげだと思います。
私としては「スカイチーム」の航空会社を主に使うことが多いのですが、この3つの中では
「スターアライアンス」が一番ルートを作りやすくて、しかも発券しやすいそうなので、今後
「世界一周航空券」を手に入れるためにもルフトハンザや全日空なんかをバンバン利用しよう
かな?



◆スターアライアンス
http://www.staralliance.jp/


◆ワンワールド
http://www.oneworld-jp.com/


◆スカイチーム
http://www.skyteam.com/JA/index.jsp



次は、おもしろ地理学会編の「世界で一番気になる地図帳」&「世界で一番不思議な地図帳」
の2冊です。

本書は、「世界地図」と「日本地図」にまつわる「謎」をギッシリとつめこんだ最強の「地理本」で、
学校では決して教えてくれないあらゆる「疑問」にズバリ答えてくれる、非常に楽しめる内容に
なっています。


先日、東京新聞に最近の中学・高校の授業での「地理」の扱いについて書いてありました。
現在「社会科」の授業において世界史は必須なのですが、日本史と地理はどちらかの選択制
になっていて、地理を選ぶ生徒が激減しているというのです。私が大学で地理学を専攻していた
からいうわけではないですが、地理的感覚というのは最近の国際化された世界の中では極めて
重要なものだと思います。もちろん、自分の国の歴史も重要ですし、世界の歴史も知っておくこと
も重要ですが、世界地図の中でアメリカの場所が分からないなんて生徒が増えている現状では
政治経済・外交・貿易・海外旅行など、世界に出て活躍する国際的な日本人がどんどん減っていく
気がして心配になります。とにかく、「地理」というのは非常に興味深いものですので、本書2冊
を通してそのおもしろさを再認識してもらえればと思います。
あと、NHK教育で放送している「高校講座地理」も分かりやすくてオススメですよ。



◆NHK「高校講座地理」
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/chiri/


◆青春出版社
http://www.seishun.co.jp/




雑誌では、「散歩の達人」の最新刊が出ました。

今回の特集は「川越」なのですが、つい先日車のご当地ナンバーがいくつか導入されましたが、
一番人気はなぜか「柏」だそうで、「金沢」「川越」といったところも人気が高いそうです。

川越というと私はいまだに行ったことがないのですが、なんと年間約500万人もの観光客が
訪れる一大観光都市だということを最近知ってびっくりしてしまいました。まあ、前から「小江戸」
という響きに惹かれるものがあったのは事実なので、これを機に時間ができたときにふらっと
行ってみようかなと思っています。川越に温泉があればいうことないんだけどなあ…。(店長)



◆川越観光協会
http://www.koedo.or.jp/0_japanese/index.html


◆散歩の達人
http://www.kotsu.co.jp/magazine/sanpo/index.html



--------------------------------------------------------------------

   
  ◆書籍(値段はすべて税込)

    
・世界で一番気になる地図帳    (おもしろ地理学会/青春出版社)  500円

・世界で一番不思議な地図帳    (おもしろ地理学会/青春出版社)  500円
   
・世界一周航空券     (世界一周堂・地球一周コミュニティ/朝日新聞社) 1,575円

・日本最後の秘境 住んでびっくり!西表島  (山下智菜美/双葉社)  1,680円
                        
・フラヌール トロント     (NOVA出版)  1,260円
                             
・地球旅遊ブック 会ってきたよ。ムーミン (たてかわふみこ/手作り世界旅の会) 210円
                       
・地球旅遊ブック 北欧は遺跡だらけ  (たてかわふみこ/手作り世界旅の会) 210円

・地球旅遊ブック フランスは遺跡だらけ  (たてかわふみこ/手作り世界旅の会) 210円 
                     
・ハワイのおさんぽ オアフ島編    (竹書房)   1,890円  

・「フィンランド冬物語」  (フィンランド政府観光局)   1,470円  
                      

              
    
 ◆雑誌(値段はすべて税込)


・ヴェトナムスケッチ  10月号   (ベトナムスケッチ編集部)   315円

・Coyote  No.14     (スイッチパブリッシング)     1,000円
                   
・散歩の達人  10月号     (交通新聞社)       580円

・なーるほど・ザ・台湾 Vol.235  (JINN’SPUBLISHERS)      680円

・やいま  10月号      (南山舎)   400円

・ハンズ  11月号      (ハンズコム)      490円

・うるま  11月号    (三浦クリエイティブ)     780円

・島へ。  11月号     (海風舎)    780円

・マンスリー Jica  10月号  (国際開発ジャーナル社)   500円

・国際開発ジャーナル  10月号  (国際開発ジャーナル社)  850円



◆新刊のご注文はこちらから↓
http://www.nomad-books.co.jp/books/newarrival.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
-------------------------------------------------------------------

先日のオシムジャパンのアウェイでのインド戦ですが、その時間家にいたにもかかわらず
まったく試合を見ませんでした。うーん、なんなんですかね、この盛り上がらない感じは。
時間帯によっては徐々に「らしい」プレーが見られるようにはなってきましたが、個人的には
今の代表のメンバーはやはり「1軍半」のレベルだと思います。とにかくボールを預けても
試合を落ち着かせることのできる選手がいないし、トラップやパスの細かいミスが多くて、
常にバタバタしている印象を受けるのです。今の時期は若手に経験を積ませるというオシム
の方向性は決して間違ってはいないと思いますが、やはり「日本代表」というものはその時の
ベストの選手を集めてベストのプレーをサポーターに見せるという義務があると思うのですが、
みなさんはどう思いますか?(店長)


◆日本サッカー協会
http://www.jfa.or.jp/


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど    http://www.nomad-books.co.jp/
 
  営業時間:平日     10:00 〜 20:00
        休日・祝日  10:00 〜 19:00
  
  所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市本町2-5-10TKビル2F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。