旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.115

2006/07/14



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
        旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.115       2006年7月14日発行

          
                       http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


訳あってまだ詳しくは書けないのだけど先日、某ミニコミ誌の編集長と二人で中央線の
高尾駅から国立駅まで歩いた。この編集長、そもそも野宿が大好きで、いつもことある
毎になんとか僕を野宿させようとあの手この手で誘惑してくる。でも僕は野宿はあまり
好きではないから断るのだけど、ミニコミの誌面になにか書きなさいと強要してくるので、
野宿はいやだけど歩くのは嫌いではないと思わず言ってしまったものだから、次号の
企画が中央線野宿ということもあって、結局歩くことになってしまったのだった。
不快指数100%、この夏一番の暑さだという日で、ハードだったけど、八王子の東を流れる
浅川を裸足で渡ったのは気持ちよかった。歩いて二日たったけど一向に疲れはとれず、
キーを叩く指先もおぼつかない感じなのだけど、そんなことはどうでもいいのだ。
皆さま、週末のイベント、瀬川さんのヌサトゥンガラのスライド&トークショーに是非是非
いらしてください!(M)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>          

★のまどNEWS       〜 映像ジャーナリスト 瀬川正仁さん スライド&トークショー
               いよいよ明後日に迫る!           
       
             〜 雑誌『島へ。』Presents 島しまトーク vol.1、申し込み受付中!


             〜 W杯開催記念、ドイツフェアーは今週で終了です 
                                       
                                           
★耳寄り旅情報      〜 英国スキーツアーブランド、英国初訪日スキーツアー設定

     
★今週の入荷本   〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 映像ジャーナリスト 瀬川正仁さん スライド&トークショー
               いよいよ明後日に迫る!           
---------------------------------------------------------------------

映像ジャーナリスト瀬川正仁さんのスライド&トークショーですが、いよいよ前編の開催が
明後日に迫ってきました

これまでに多数のお申し込みをいただいておりますが、まだお席には余裕がございます
ので、「当日暇だなあ」とか「暑いから講演会にでも行って涼もうかな」なんて考えている方は、
当日ふらっとお店に遊びに来ていただいて、イベントに飛び入り参加していただければと
思います。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 ◆映像ジャーナリスト 瀬川正仁さん スライド&トークショー◆


 「ヌサトゥンガラ バリから先のインドネシアへ」
 〜いい加減さを楽しむ旅〜

----------------------------------------------------------------------

バリ島に行ったことがある人はたくさんいると思いますが、クタビーチあたりだけの
滞在だったりするとなんだか観光観光してちゃっててどうもなー、なんて思い出に
なっちゃったりしてませんでしょうか。今回はそんなアナタのためのイベント!
映像ジャーナリストの瀬川正仁さんが2回シリーズでバリ島から東に連なる
ヌサトゥンガラの島々へとご案内します。


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●瀬川正仁(せがわまさひと)


1978年 早稲田大学第一文学部卒業。ジャン・リュック・ゴダールの作品に触発を受け、
映像の世界に入る。80年代後半より映像作家としてアジア文化、マイノリティ、教育問題
などを中心に、ドキュメンタリーや報道番組を手がける。日本映画監督協会会員。
日活芸術学院講師。江戸川大学非常勤講師。著書に『ヌサトゥンガラ島々紀行 -
バリ発チモール行き-』(凱風社)


◆瀬川正仁さんのブログ   
http://blog.goo.ne.jp/kakatua/


------------------------------------------------------------------------

【開催日時】 前編:7月16日(日)  15:00〜(開場14:30)

         後編:8月6日(日)   15:00〜(開場14:30)

【参加費】 各600円 ※当日、本屋のまどのレジにてお支払い下さい

【会場】  旅とまちの学校のまど(「旅の本屋のまど」と同フロア)  
         東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 TK吉祥寺ビル2階

【申込み方法】
 お電話、ファックス、e-mail、或いは直接ご来店のうえ、お申し
  込みください。TEL:0422-23-1573  FAX:0422-23-1543
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、
  参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:0422-23-1573(10:00〜19:30)
 http://www.nomad-books.co.jp
 
  主催:旅の本屋のまど 
 協力:凱風社
 協賛:はるばる屋


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 雑誌『島へ。』Presents 島しまトーク vol.1、申し込み受付中!
-------------------------------------------------------------------

雑誌「島へ。」の編集長の森田秀巳さんと山登りガイドの敷島悦朗のお二人の
トークショー「山男たちの、島談義。〜この島が好きだ! ベスト20〜」ですが、
まだまだ参加者募集中です。

8月という島旅にはもってこいのシーズンに今回のイベントを開催しますので、この
イベントに参加して、自分の気になる島をチェックしてから夏休みを島で過ごす、
なんてこともできますので、島旅に興味のある方は今回のイベントが役に立つこと
間違いなしです。

みなさまからのお申し込みをお待ちしております。(店長)


---------------------------------------------------------------------

 ◆雑誌『島へ。』Presents 島しまトーク vol.1◆


 「山男たちの、島談義。」
  
 〜 この島が好きだ! ベスト20  〜

----------------------------------------------------------------------

島といえば何はなくとも海! のイメージですがどの島へ行ってもだいたい小高い丘とか
小さな山だとか、登ってみたら案外ヘビーだった山とかいろいろあります。
というわけで今回のお題は‘島’。そして‘山’!山登りのスペシャリストにして島好きな
ゲストのお二人に「島の山の魅力」「島旅の魅力」についてゆるゆると語っていただきます。
島好きオヤジの勝手にランキング「この島が好きだ! ベスト20」とか、そんな感じで
進めていただく予定で〜す。


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

---------------------------------------------------------------------



●森田秀巳(もりたひでみ)

1956年埼玉県大宮市生まれ。雑誌『島へ。』編集長。自動車誌の編集者を経てフリー
ライターに。山には中学生の頃から登り始め、学生時代は社会人山岳会で活動。
「昔は40Kgのザックを背負って12時間歩いても平気だったが、今は20Kgのザックで
8時間が限界に思える、バテが怖いので、厳しい山はできるだけ避けている・・・」とは
本人の弁。現在のアウトドアライフは山とフライフィッシングの2本立て。山岳同人
ちんぐるま登山隊チーフリーダ。主な著書に「もう山でバテない」「中高年の山登り学」
「マイカー登山便利ブック」「山で泊まる」「山の常識・非常識」など。


●敷島悦朗(しきしまえつろう)

1951年熊本県生れ。山登りガイド(&編集者&ライター&カメラマン&登山愛好家&
辺境愛好家&ダイバー) ■所属 日本山岳ガイド連盟、日本トレッキング協会、アウト
ドアーズクラブ風来坊(副代表)など。主な著作に『歴史の山をあるく』『アウトドアですぐ
役立つロープワーク』(JTB)『決定版関東周辺沢登りベスト50コース』(山と渓谷社)
『とにかくしつこくアマゾンネブリナ・ギアナ高地一人旅』(講談社)『月の山ゴリラの山』
(山と渓谷社)『そしてみんな登った」(山と渓谷社)『沢登りのススメ』(山と渓谷社)
『日本縦断ダイビングスポット1・2』(山海堂)など。


◆オリソンテ(敷島悦朗)登山学校
http://www.asahi-net.or.jp/~wj9e-sksm/


--------------------------------------------------------------------

【開催日時】 8月20日(日)  15:00〜(開場14:30)
       
【参加費】  600円 ※当日、本屋のまどのレジにてお支払い下さい

【会場】  旅とまちの学校のまど(「旅の本屋のまど」と同フロア)  
         東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 TK吉祥寺ビル2階

【申込み方法】
 お電話、ファックス、e-mail、或いは直接ご来店のうえ、お申し
  込みください。TEL:0422-23-1573  FAX:0422-23-1543
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、
  参加人数を明記してください)
 
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:0422-23-1573(10:00〜19:30)
 http://www.nomad-books.co.jp
 
  主催:旅の本屋のまど 
 協力:海風舎
 協賛:はるばる屋


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(3)  〜 W杯開催記念、ドイツフェアーは今週で終了です
-------------------------------------------------------------------

ドイツW杯開催を記念してドイツ関連の本を中心に開催していた「ドイツフェアー」
はW杯が閉幕しましたので今週にて終了します。

お店に来店されて本を購入された方々は本当にありがとうございました。

いやー、それにしても決勝イタリア対フランス戦でのジダンの頭突き一発退場には
驚きました。イタリアのDFに何か言われたのだとは思いますが、結局手を出した方が
負けですので、ジダンのこの行為はちょっと自分勝手な行為だったとしか思えません。

この影響があったのか、結局イタリアがPK戦の末に4度目の優勝を勝ち取りました。
フランスもかなりがんばっていたのですが、やはり大会を通してみるとイタリアの方が
ランクが一枚上だったと思いますので、この優勝は妥当でしょう。

しかし、日本サッカーはこの先どうやって強くなればいいんですかね、オシムさん。
(店長)


◆ドイツW杯公式サイト
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 英国スキーツアーブランド、英国初訪日スキーツアー設定
-------------------------------------------------------------------

今回は、イギリスの有名な旅行代理店が北海道でのスキーツアーの販売を始めた
という情報です。

以前、テレビでオーストラリア人の間で北海道へのスキーツアーが大人気で、特に
ニセコ近辺は冬になるとほとんど「オーストラリア村」のようになってしまう、と報道されて
いましたが、今度はイギリスが北海道に目をつけたみたいですね。
今や日本では、スキー人気の凋落とスキー人口の減少によって、全国のスキー場は
どこも経営が厳しくなってきている中、外国からスキー客を呼び込むというのは、逆転の
発想でなかなかいいアイデアですよね。これからは、需要と供給がうまくマッチングさえ
すれば、日本人だろうと外国人だろうとうまく取り込める柔軟な地域や会社が観光地として
生き残っていける気がします。(店長)


◆ニセコリゾート観光協会
http://www.niseko.org/


---------------------------------------------------------------

<英国スキーツアーブランド、英国初訪日スキーツアー設定>


英国の3大スキーツアーブランドのInghams社がこのほど、英国で初めて本格的な
訪日スキーツアーを造成、販売を開始した。これは、国際観光振興機構(JNTO)と
ビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)事務局が出展したワールド・トラベル・マーケット
2005へ北海道アライアンスが参加、これを契機としたファムトリップなど日英の関係者の
働き掛けが結実したもの。同社は初年度の販売目標人員を約200名で設定。1月、2月は
従来、英国からの訪日旅行客の閑散期となることから、JNTOは大手スキーツアー
ブランドの参入による需要喚起に期待する。

 Inghams社が造成した商品は、北海道のルスツ、またはニセコのリゾートに滞在する
7泊から14泊までのツアー。ツアーには航空券、および朝食と夕食が含まれ1067ポンド
(約21万3400円)から設定、値頃感を打ち出した。Inghams社は今月末から全英約600の
旅行代理店の店頭、および顧客へツアーカタログを配布。カタログでは全4ページを使い
同ツアーを紹介するほか、東京、京都での延泊プランをはじめ、リゾート滞在中の
札幌雪祭り見学や温泉へ訪問するプランも提案する。


*「日刊トラベルビジョン2006年6月27日号より」 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
-------------------------------------------------------------

【古本】


今回入荷した古本は全部で28冊。
さて、その中から何冊か紹介を。

まずは、出版文化社から出ている「完全地ビール公式ガイド」です。

本書は、全国地ビール醸造者協議会という、より良い地ビール文化を普及させるために
1999年に設立された全国の地ビール会社122社からなる唯一の業界団体が監修して
つくられた日本で唯一の地ビールのガイド本で、日本全国の486銘柄が掲載されています。

日本で最初に地ビールが誕生したのが1994年で、その年は「地ビール元年」といわれて
いるそうですが、それから3年で約100のブルワリーが開業して、現在では北海道から沖縄
まで300以上のブルワリーがあるそうです。確かに今ではいろんな観光地でその地域の特色
を出したオリジナルのビールを目にする機会が増えてきました。そういえば去年の年末に
行った日光でも、今年のGWに行った草津でも、オリジナルの地ビールがあった気がします。
まあ、観光地にとっては観光の目玉というか起爆剤になっていいのでしょうが、こんなに
増えてくると逆に地ビール自体の価値が下がってしまい、地ビールをつくる意味や効果が
薄れてくると思うのですが、いかがなもんですかね。

ちなみに香川には「さぬきビール」という地ビールがあるのですが、香り高く深い味わいの
本格派ドイツ風ビールということで評判が良いみたいで、2000年のジャパンビアグランプリ
で銀賞を受賞しているとか。私はまだ飲んだことがないので、実家に戻る機会があれば
さぬきうどんと一緒にぜひ飲んでみたいと思います。



◆全国地ビール醸造者協議会公式HP
http://www.beer.gr.jp/


◆さぬきビール
http://www.ryusyo.co.jp/~beer/



次は、渡辺満里奈さんの「満里奈の旅ぶくれ たわわ台湾」です。

本書は、今や元おニャン子倶楽部というよりも、名倉潤の奥さんといった方が有名な
渡辺満里奈さんが、俳優金城武のファンになったことからそれまでまったく興味がなかった
「台湾」という島に初めて行って、やがてどっぷりと台湾にはまっていく様子や過程を
いろんなお店の紹介とともに綴った旅のエッセイです。

今や台湾というと、若い女性の間ではグルメやエステ&買い物天国の旅行先として
あの香港を抜いてダントツに人気があるらしいのですが、そうした「台湾ブーム」の先駆け
というかきっかけをつくったのは間違いなくこの本だと思います。タイやバリといったアジアの
メジャーな観光地はたくさんの有名人が宣伝等に駆り出されることはこれまでも多々見られた
のですが、台湾はそういう流れからは少し取り残されていた感がありました。そこ
に、渡辺満里奈さんが台湾に注目したもんだから、有名人に弱いわが国の人々はこれ
まで見向きもしなかった台湾にここぞとばかりに行くようになったのでしょうね。
意外に「渡辺満里奈」というブランドの力がまだまだあるんですね。

ところで、台北は今や世界で一番安くて洗練されたおいしい中華料理が食べられるという街
として有名ですが、先日台湾通のある人から聞いた情報によると、今台北では「ネコカフェ」
なるお店がブームになっているそうです。一体どんな店で何をするのかまったく想像できない
のですが、ちょっと気になりますね。それだけを見に台湾に行ってみようかな(笑)。



◆渡辺満里奈さんオフィシャルWEBサイト
http://www.marina-watanabe.com/


◆老舗ネコカフェ「猫花園」
http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10240.html



最後は、長坂寿久氏の「オランダモデル」です。

本書は、1980年代には失業率が二ケタで、財政赤字がGDPの6.6%まで膨らみ
いわゆる「オランダ病」とまで揶揄された劣等性のオランダが、わずか15年の間に
失業率を3%台にし、国別競争力ランキングでも欧州のトップにのし上がった
「オランダの奇跡」について、その要因をオランダ通の第一人者である著者が丹念に
調べ上げた充実の1冊です。

今日本でもまったく同じような経済状況を迎えている中で、このオランダの奇跡の復興は
大いに勉強になるだろうし、また絶対に参考にしなくてはいけないと思います。
まず、日本の一番の問題は、パートタイムやアルバイトで働く人たちが、正社員とまったく
異なった不十分な社会保障しかうけられないというシステムにあるのではないでしょうか。
オランダでも昔はそうだったようなのですが、そこを政治家がコンセンサスをまとめて法律
として作り上げた結果、同じ保証の中で、正社員だろうが、アルバイトだろうが気にせず
自分で好きな働き方を自由にチョイスできるのは、本当に画期的なことだと思います。

そうすることで、仕事一辺倒ではなく、家族と過ごす時間を大事にしたり、勉強に
打ち込んだり、さまざまな趣味を持ちつつ豊かな生活ができるのですから、日本もはやく
こうなって欲しいものです。これこそ自由な社会の実現の第一歩ですよね。
でも、日本はこの「一歩」に100年ぐらいかかっちゃうんだよなあ(笑)。(店長)



◆長坂寿久氏のインタビュー「ミツカン 水の文化センター」
http://www.mizu.gr.jp/kikanshi/mizu_19/no19_h01.html


◆オランダ政府観光局
http://www.holland.or.jp/




-------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)



・日本が消したパプアニューギニアの森 【完全送料無料商品】 950円   
 清水靖子 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616482/




・オランダモデル制度疲労なき成熟社会 【完全送料無料商品】 900円  
 長坂寿久
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616481/




・モノが語るドイツ精神 【完全送料無料商品】 1,050円   
 浜本隆志
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616480/




・イタリア夢ホテル紀行 【完全送料無料商品】 750円  
 イタリア・夢ホテル紀行 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616479/




・ふだん着のパリ案内【完全送料無料商品】 950円  
 飛幡祐規 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616478/




・ラブ&キッス英国 イギリスは暮らしの達人【完全送料無料商品】 1,100円  
 福井ミカ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616477/




・個性的な家をハウスメーカーで建てる!保証もほしい、でも、個性もほしい 550円  
 井形慶子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616476/




・ダッカの55日【完全送料無料商品】 1,550円  
 大嶽洋子・大嶽秀夫
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616475/




・ぼくの上海行商紀行 【完全送料無料商品】 650円  
 田中信彦 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616474/




・マカオ物語 【完全送料無料商品】 1,150円   
 浅井信雄
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616473/




・カンボジア発ともに生きる世界里子を育て支援を広げる神父の目から
 後藤文雄           【完全送料無料商... 600円  
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616472/ 





・満里奈の旅ぶくれたわわ台湾 【完全送料無料商品】 800円  
 渡辺満里奈
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616471/




・マスヒロがこっそり教える世界の「とっておき」 【完全送料無料商品】 950円  
 山本益博 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616470/




・完全地ビール公式ガイド造り手厳選486銘柄が満載! 【完全送料無料商品】 1,150円   
 JBA全国地ビール醸造者協議会監修
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616469/




・ハッピー沖縄 【完全送料無料商品】 700円  
 ハッピー沖縄取材班・編 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616468/




・ドルチェビータ(仮) 【完全送料無料商品】 700円   
 大川ミセ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616467/




・LOVE&FREE世界の路上に落ちていた言葉 【完全送料無料商品】 650円   
 高橋歩 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616466/




・エグザイルス(放浪者たち)すべての旅は自分へとつながっている   
 ロバート・ハリス                 【完全送料無料商品】 700円 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616465/



   

・ぼくは始祖鳥になりたい〈下〉 【完全送料無料商品】 950円  
 宮内勝典 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616464/




・バンコク迷走 【完全送料無料商品】 1,050円  
 下川裕治
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616463/





◆文庫本              販売価格(値段は税込です)




・極楽イタリア人になる方法(2) 【完全送料無料商品】 350円   
 パンチェッタ・ジローラモ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616462/



・極楽イタリア人になる方法 【完全送料無料商品】 350円   
 パンチェッタ・ジローラモ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616461/




・フランス上流階級BCBG(ベーセー・ベージェー)フランス人の「おしゃれ・趣味・生... 600円  
 ティエリ・マントゥ/伊藤緋紗子・訳
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616460/




・ヨーロッパ陶磁器の旅 イギリス篇 【完全送料無料商品】 1,050円  
 浅岡敬史
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616459/




・怪しく奇妙な!アジア ウラ楽園【完全送料無料商品】 450円  
 内山安雄
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616458/




・世界遺産厳選55 【完全送料無料商品】 450円  
 世界遺産を旅する会・編
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616457/




・植村直己と山で一泊登山靴を脱いだ冒険家、最後の世間話 【完全送料無料商品】 400円   
 ビーパル編集部・編 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616456/




・ASIAN JAPANESEアジアン・ジャパニーズ〈1〉 【完全送料無料商品】 400円  
 小林紀晴 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62616455/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
-------------------------------------------------------------------

そろそろ夏休みに入ったようで平日でも若い人たちを見かけるようになりました。
梅雨明けも近いのでしょうか?私は少々学校もサボり気味で、先生ごめんなさい
の日々です。さて話は変わりますが、従兄弟がアメリカ人と結婚した後、日本で
暮らし始めました。駅前留学できる英会話教室で英語を教えているそうです。
T家もインターナショナルになりました。ナポリターノさんと仲良くなったら、
せっかくなのでアメリカへお邪魔するつもりです。ついでに英語も勉強。勉強。(T)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど    http://www.nomad-books.co.jp/
 
  営業時間:平日     10:00 〜 20:00
        休日・祝日  10:00 〜 19:00
  
  所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市本町2-5-10TKビル2F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。