トップ > 旅行・レジャー > 旅行全般 > 旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.103 

発行日:4/14



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
        旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.103       2006年4月14日発行

          
                       http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4月は新しい生活がスタートする季節ですが、みなさんはいかがでしょうか?
当店でも、一人、アルバイトの(て)君が明日を最後に、のまどを巣立っていきます。
思えば早いもので、彼もこのお店に来てもう1年5ヶ月。お店にとっては重要な戦力になって
いただけに、いなくなるのはお店にとって正直痛いですが、彼の本来の目標である「写真
で生活する」ということを目指すには、そろそろ本格的にそういう環境に身を投じた方が
いいのかもしれません。何の根拠もないのですが、彼なら多分どんな場所で、何をやっても
大丈夫でしょう。頑張れ、(て)君。そして、長い間お疲れ様でした。(店長)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>                                 

★のまどNEWS     〜 幻冬舎の委託本のラインナップが増えます
                             
    
             〜 中南米マガジンのバックナンバーフェアー開催中!
           
                
★耳寄り旅情報      〜 モンゴル、建国800周年で騎馬隊イベントを開催、
               世界から観光客を誘致


★今週の入荷本   〜  古本


★編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 幻冬舎の委託本のラインナップが増えます
-------------------------------------------------------------------

これまで、蔵前仁一氏の文庫を4点のみ委託で販売していた幻冬舎の本ですが、
今回、新たにたかのてるこさんの文庫3点をお店のラインナップに追加しました。

蔵前氏の本もよく売れていたのですが、たかのさんも人気のある方ですので、ドンドン
売れてくれることを期待しています。さらに、たかのさん以外にも、順次ラインナップを
増やしていく予定ですので、こうご期待ください。

ちなみに、予定としては小林聡美さん、杉浦さやかさん、麻枝光一氏やクーロン黒沢氏
といった方々の文庫を入れていくつもりです。(店長)


◆幻冬舎
http://www.gentosha.co.jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 中南米マガジンのバックナンバーフェアー開催中!
-------------------------------------------------------------------

中南米マガジンの編集長金安氏が「タモリ倶楽部」に出演したのを記念して、のまど
の店頭で中南米マガジンのバックナンバーフェアーを開催中です。

中南米マガジンが発行した唯一の単行本「トッピング充実!メキシコ音楽タコス」も
たくさんの在庫がありますので、どんな大量注文にも対応します。

また、のまどオンラインショップでも中南米マガジンのバックナンバーが購入できま
すので、「タモリ倶楽部」を見て興味も持った方はぜひ、ご購入いただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆のまどオンラインショプから「中南米マガジン」購入はこちら
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/chunanbei.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 モンゴル、建国800周年で騎馬隊イベントを開催、
              世界から観光客を誘致                          
-----------------------------------------------------------------

今回は、モンゴルが建国800周年のイベントを世界的な規模で開催するという情報です。

しかし、チンギス・ハーンがモンゴル帝国を築き上げて800年たったお祝いをここまで
モンゴル政府が力を入れて開催するというのは、チンギス・ハーンがモンゴルの人に
とっていかに重要かつ尊敬されているかということですよね。まあ、あれだけの大帝国
を築いたのは、世界的にみてもあまり例がないですもんね。日本政府も今年の年末まで
モンゴル渡航の短期査証を免除するそうですから、モンゴルに興味がある方にとって
今年は見逃せない年になりそうですね。時間が取れれば、行きたいのは山々ですが…。
(店長)


◆モンゴル観光協会
http://www.mongoliatourism.net/


---------------------------------------------------------------

<モンゴル、建国800周年で騎馬隊イベントを開催、世界から観光客を誘致>

モンゴルは今年、建国800周年を記念し、モンゴル政府主催でチンギス・ハーンの
騎馬隊を再現するイベント「チンギス・ハーン800年目の帰還〜ユーラシアの祝祭〜」を
7月10日から8月31日の約2ヶ月間、合計30回の騎馬隊によるショーを開催する。
来日中のモンゴル国首相のミエーゴムビン・エンフホルド氏が出席し、発表した。
エンフホルド首相は28日に小泉首相とも会談、この席上で今年4月1日から12月31日
までの9ヶ月間、モンゴルに渡航する日本人に対して短期査証を免除する方針を決定
したことを表明、29日の会見においても査証免除の施策で「建国記念のイベントに
多くの日本人に来て頂きたい」として、観光客の誘致に期待を示した。

 イベントの開催にあたり、日本側ではモンゴル800周年記念祭実行委員会を立ち上げ、
名誉顧問に元首相の海部俊樹氏、特別顧問に作家の堺屋太一氏、運営委員長に
エイチ・アイ・エス取締役会長の澤田秀雄氏、運営副委員長に電通常務取締役の
森隆一氏、運営委員に伊藤忠マネジメントコンサルティング代表取締役社長の
辻順一氏、同じく運営委員にモンゴル国首相顧問でジュルチン・モンゴル・ナーダム
社会長のT.バートルサイハン氏が名を連ねる。

騎馬隊イベントの構想を立案した堺屋氏は、数年前から、チンギス・ハーンが率いた
騎馬軍団を再現し呼び物にしたいと構想。モンゴルで実施することについても、
大草原は800年前とほとんど変わらないこと、可能な限り史実に忠実な凱旋シーンの
再現、1000頭規模のパレードは世界中を見渡しても可能な国はない、などの理由から
利点を強調。実行委員となる各氏に対し、協賛を得て実現にこぎつけたという。
 さらに、この騎馬隊は13世紀当時の服装をはじめ、騎馬軍団の動き方、武器として
の投石器なども忠実に再現。また、世界帝国を実現したモンゴル帝国の雰囲気を
出すポイントとして、中国から中央アジア、トルコなど、様々な民族が従軍したことを
表現するという。実際のイベントでは500騎規模で観客との一体感を盛り上げる。

 なお、騎馬イベントは7月13日から8月31日の期間、合計30回の開催を予定しており、
ショータイムは午後4時から午後6時まで。会場はウランバートル市内から車で約45分
ほどの中央県サレグレン郡トゥグリク村。観客席は3000席を予定しており、期間中の
世界各国からのイベントへの訪問者を6万人、日本人訪問者については7000人を目標
とする。
 イベント観覧のチケット販売は旅行会社を通じて行う。なお、エイチ・アイ・エス、
風の旅行社、ジャパンネットワークツアーなど日本航空(JL)のチャーター便を利用し、
イベントを組み込んだ商品を設定している。


*「日刊トラベルビジョン2006年3月31日号より」 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
-------------------------------------------------------------

【古本】


今回入荷した古本は全部で28冊。
さて、その中から何冊か紹介を。

まずは、安田修氏の「アジアで起業読本!」です。

本書は、留学や海外就職や長期旅行という形態ではなく、もっとより自由で刺激的な
アジアでの生活を実現するために、現地で自分で起業をして暮らすための実践的な
ノウハウを盛り込んだ非常に役に立つ内容になっています。

著者の安田氏は、以前当店で今回紹介する本の出版記念のトークイベントを開催した
ことがあるのですが、いつものイベントと違って集まった方が実に具体的に海外への移住
を考えている方ばかりで、質問コーナーになると安田氏と質問者の間で、非常に中身の
濃いやりとりが行われていたのを印象的に覚えています。実は、そのとき質問された
参加者の方で、なんと実際に夢を実現されて、今メキシコのオアハカで日本人向けの宿を
経営されている方がいるのですが、なんかとても不思議な気がします。
しかも、先日私の相方の友人がメキシコに行った際に、その宿に泊まってきたのだとか。
こうやって、一つの出来事からいろんな人やいろんな場所に波及効果がおよぶのは、
イベントをやっていて最大の喜びかもしれません。私もメキシコに行った際には、ぜひ
その宿に泊まるつもりです。


◆海外移住情報(安田氏運営)
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/


◆カサ・デル・ココテロ(オアハカ日本人宿)
www.paginasprodigy.com/tazawa/



次は、中田薫氏の「廃墟探訪」です。

本書は、雑誌「GON」誌上にて1995年から1999年にかけて連載されて好評を
博したコーナー「廃墟ドキュメント」の中から、厳選した34件の廃墟をカラー写真満載で
まとめた一冊になっています。

今から7、8年ぐらい前に出版界で「廃墟ブーム」なるものが起こって、たくさんの廃墟本が
書店に並び、「廃墟本コーナー」まで登場するほど売れに売れた時期がありました。
その当時は、まだ某書店にいたのですが、「廃墟写真集」なんて高いものだと5000円ぐらい
したのですが、飛ぶように売れていたのを今でも覚えています。ブームの理由を世間の
評論家といわれる人たちは「バブル後の長引く不況で、人の心の荒廃が反映されている」
とか「幽霊スポットが若者に人気で、その影響だ」とか、様々な角度から分析していました
が、おそらくそれぞれ一理あるのでしょう。そんな中、著者は廃墟に惹かれる理由について
こんな風に分析しています。「廃墟を見て、甘美だがどこか切ない気持ちにさせられるのは、
廃墟に自分自身の行く末を映して、いずれは自分もこうなるということを教えられているから
なのだろう」と。確かに、諸行無常的な感覚を持ち合わせている日本人にとって、廃墟の
世界というのはどこか郷愁を誘うのかもしれませんね。



◆廃墟Explorer
http://www2.ttcn.ne.jp/~hexplorer/


◆廃墟伝説
http://members15.tsukaeru.net/kuroma2/



最後は、井形慶子さんの「あなたが私を好きだった頃」です。

本書は、渡英経験を通して数多くのイギリスに関する著作を出版している著者
が、これまでの一連の著作内容とはガラリと趣きを変えて、自らの恋愛体験を通して
愛することの孤独や不安、希望といったものをリアルに描いた恋愛エッセイです。

本書は2005年に出版されたのですが、これまで彼女の本を読んだことのなかった
OLや若い女性から支持されて、またたく間にベストセラーになったそうです。帯にも
推薦文を女優の工藤夕貴や櫻井淳子が書いていて、版元のポプラ社も相当気合を
入れて売り込みにかかったのが見てとれます。ポプラ社って、最近こういった「泣かせる
小説」や「泣けるエッセイ」ばかり重点的に出しているようですが、そんなにみんな本を
読んで泣きたいんですかね?リリー・フランキーの「東京タワー」が売れてるのも、そんな
流れの一環なのでしょうが、ハッキリいってあまりいい傾向ではないですよね。
感情的な社会は、危ない社会の前触れって気がするのですが…。

今回、井形慶子さんの「いつかイギリスに暮らすわたし」も同時入荷していますので、
井形ファンの方はそちらもどうぞ。(店長)



◆井形慶子‘Room
http://www.mrpartner.co.jp/file/igata_room/f_igata.html



◆リリー・フランキー
http://www.lilyfranky.com/top/




--------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)




・ターニャのティータイム【完全送料無料商品】 900円   
 ロイス・フィッシャー=ルーゲ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123650/



・ドイツおばあちゃんのシンプル家事の知恵【完全送料無料商品】 650円  
 沖幸子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123648/



・わたしたちを忘れないで ドイツ平和村より【完全送料無料商品】 620円  
 東ちづる 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123647/




・ダーシェンカ あるいは子犬の生活【完全送料無料商品】 940円  
 カレル・チャペック
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123646/



・ベルギーの小さな旅【完全送料無料商品】 720円  
 玉井美子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123645/



・なんておいしいの!イタリアン・スローレシピ【完全送料無料商品】 680円  
 塩田ノア
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123644/



・フランス暮らしは、もう、めちゃくちゃ!【完全送料無料商品】 1,200円  
 キッフェル恵美子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123643/



・ただの私に戻る旅【完全送料無料商品】 850円  
 横井久美子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123642/



・いつかイギリスに暮らすわたし【完全送料無料商品】 550円  
 井形慶子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123641/



・あなたが私を好きだった頃【完全送料無料商品】 640円   
 井形慶子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123640/



・新韓国探見【完全送料無料商品】 750円  
 青木隆直
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123639/



・アジアで起業!読本【完全送料無料商品】 1,400円  
 安田修 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123637/



・青い海をもとめて東アジア海洋文明紀行【完全送料無料商品】 1,080円  
 船橋洋一
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123636/



・世界でさがす、私の仕事5大陸13ヵ国15職体験物語【完全送料無料商品】 580円  
 篠田香子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123635/



・廃墟探訪【完全送料無料商品】 1,380円  
 中田薫(著)関根虎恍+中筋純
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123634/



・陰陽五行と日本の天皇【完全送料無料商品】 1,780円  
 吉野裕子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123633/



・図鑑少年【完全送料無料商品】 680円  
 大竹昭子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123632/



・悪霊 アジア・ノワール【完全送料無料商品】 760円   
 中川紀
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123631/



・きみが住む星【完全送料無料商品】 660円  
 池澤夏樹 エルントス・ハース(原著)
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123630/



・夏の朝の成層圏【完全送料無料商品】 850円   
 池澤夏樹
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123629/





◆文庫本              販売価格(値段は税込です)



・アメリカインディアンの教え【完全送料無料商品】 320円  
 加藤諦三 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123628/



・1日5000円ぜいたく旅 ハワイ 【完全送料無料商品】 320円  
 井伊和泉
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123627/



・好きになってはいけない国。韓国発!日本へのまなざし 【完全送料無料商品】 480円 
 菅野朋子 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123626/



・女の国になったカンボジア ポル・ポト派は何をしたか【完全送料無料商品】 350円  
 大石芳野
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123625/



・中国怪食紀行我が輩は「冒険する舌」である【完全送料無料商品】 600円   
 小泉武夫
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123624/



・もっとソバ屋で憩うきっと満足123店【完全送料無料商品】 550円  
 杉浦日向子,ソバ好き連
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123623/



・深夜特急〈1〉香港・マカオ【完全送料無料商品】 280円  
 沢木耕太郎
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123622/



・旅好き、もの好き、暮らし好きsavor of living【完全送料無料商品】 350円  
 津田晴美 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/57123621/

  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
-------------------------------------------------------------------

実は自分、明日でのまどを辞める事になっています。辞めた後は写真の作品作りに集中
していこうと思ってます。まあそれだけじゃ生活できないので、早朝や夜間にバイトをしつつ
やっていく予定です。個展など決まったらのまどにDMをおいてもらうので、皆さんお誘い
あわせの上ご来場ください。思えば、前職を辞め、思いつきで船に乗って行った中国
雲南・チベットの3ヶ月の旅行から帰ってきたとき、たまたま『旅行人』HPで見つけた求人に
応募し、気づけば1年と少し経っていました。いろいろと把握してきたところですが、同時に
写真で本格的にやっていくにも今しかないと思い、辞める事にしました。売れるかはわかり
ませんが、写真集が出たりしたら皆さん買ってください。夢は印税生活です。
ありがとうございました。(て)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど    http://www.nomad-books.co.jp/
 
  営業時間:平日     10:00 〜 20:00
        休日・祝日  10:00 〜 19:00
  
  所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市本町2-5-10TKビル2F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24333人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. つばさプロジェクト「田舎の歩き方通信」

    最終発行日:
    2017/03/22
    読者数:
    867人

    田舎を元気にする起業家集団「つばさプロジェクト」のメールマガジン。田舎でほっこりするお出かけ情報が満載。

  4. ホームページ情報局

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    15721人

    面白い・役に立つなど優れたHP・メルマガを紹介

  5. 子連れ家族旅行

    最終発行日:
    2017/05/06
    読者数:
    183人

    家族旅行、特に子連れの、ゴールデンウィークや夏休み、いかに得して、楽に行くか。そして、楽しむか。 最大手旅行会社 元社員のtosshiiiが記載させていただきます。 せっかくの楽しいはずの家族旅行に行って、怒ってばかり、苦しいばかりじゃ、行かない方が良かったということになってしまいます。 そうならないための、ノウハウ、)旅行情報、旅行体験記満載です。

発行者プロフィール

http://www.nomad-books.co.jp/

当店は「旅」をキーワードにした本屋です。 本を通して「旅」を感じ、「旅」への想像をかきたてられる、そんな本屋をめざしています。 「旅」に関連した様々なジャンルの雑誌や書籍を取り揃えており、他では手に入らないレアな雑誌、地図や「旅」に関連した古本も扱っています。

過去の発行記事