旅行全般

このメルマガは現在休刊中です。
旅の本屋のまど「のまど通信」

西荻窪にある旅に関する本を新刊・古本共に扱う本屋です。ガイドブックはもちろんマニアックな旅の本までオススメ本を、旅のお役立ち情報とともに随時紹介します。

全て表示する >

旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.93

2006/02/04





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   
        旅の本屋のまど「のまど通信」Vol.93       2006年2月4日発行

          
                       http://www.nomad-books.co.jp/



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

のまどでもイベント関係で大変お世話になっている雑誌「中南米マガジン」の編集長、金安氏が
なんとあの深夜の伝説の超マニアック長寿番組「タモリ倶楽部」に先週の金曜日の1/27に
出演していました。中学生の頃からこの番組が好きで、約20年にわたってずーと見てきて
いる私としてはいつものようにチャンネルを10にあわせて見ていたのですが、いきなり「今日
は『雑誌中南米マガジン』の特集です」というナレーションとともに、テレビの画面にいつもの
飄々とした金安氏が突如あらわれたのです。その驚きといったら、私の中ではホリエモンが
逮捕された時とは比べ物にならないぐらいの衝撃で、おそらくここ10年ぐらいの中で一番と
いっていいほどのサプライズでした。
番組自体はいつものようにズブズブのゆるゆるな感じでまったりとしまりのない感じで、終了
したのですが、金安氏の存在感は抜群で、もう何年も前から「タモリ倶楽部」のレギュラー
として出ているような、そんなフィット感がありました。
これで、かなり「中南米マガジン」自体は有名になると思いますので、金安氏も手の届かない
存在になっちゃうのかなあ?まあ、でもそれはあり得ないかな(笑)。(店長)


◆中南米マガジンHP
http://j-latino.com/LAM/chunanbei.html


◆編集長金安氏のブログ
http://yamaoh.ameblo.jp/


◆タモリ倶楽部のへや
http://www6.plala.or.jp/gene/tamori.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>                                 

★のまどNEWS     〜 中南米マガジンのバックナンバーフェアー開催します!!

            
             〜 『In-between』シリーズ全14巻刊行完結記念フェアー開催中!
                           
                     
★耳寄り旅情報    〜 新世界7不思議の候補・21遺跡が選出、一般の投票で正式決定へ 


★今週の入荷本   〜  古本


★編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(1) 〜 中南米マガジンのバックナンバーフェアー開催します!!
-------------------------------------------------------------------

冒頭でも書いた通り、中南米マガジンの編集長金安氏が「タモリ倶楽部」に出演したのを
記念して、のまどの店頭で中南米マガジンのバックナンバーフェアーを開催します。

これまでマイナー雑誌だった「中南米マガジン」が一気にメジャー雑誌になる絶好のチャンス
だと思いますので、のまどでは前面的にバックアップしていきます。もしかしたら
金安さんがらみのイベントも近々に開催するかも?

また、のまどオンラインショップでも中南米マガジンのバックナンバーが購入できま
すので、「タモリ倶楽部」を見て興味も持った方はぜひ、ご購入いただければと思います。

みなさまからのご注文・ご来店をお待ちしております。(店長)


◆のまどオンラインショプから「中南米マガジン」購入はこちら
http://www.nomad-books.co.jp/books/backnumber/chunanbei.htm



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★のまどNEWS(2) 〜 『In-between』シリーズ全14巻刊行完結記念フェアー開催中! 
-------------------------------------------------------------------

13人の写真家が、EU全25カ国を撮りおろした画期的な写真集シリーズ『In-between』
全14巻の刊行がこのほど完結したことを記念して、店頭にてフェアーを開催中です。

このシリーズのテーマは、独自の確かなまなざしをもった13人の写真家が、ヨーロッパと
わたしたち日本人をつなぐ媒介者(in-between)として、ヨーロッパ25カ国に実際に
足を踏み入れ、そのさまざまな表情を思い思いの目でとらえて作品にするというもので、EU
・ジャパンフェスト日本委員会という組織が「Europe Today」プロジェクトと一環として制作
したものです。

それにしても「ヨーロッパ」といってもこれだけいろんな風景があるんだなというこ
とが、このシリーズを見ていて改めて感じさせられます。どの巻もそれぞれいいので
すが、私は13巻の「チェコ・キプロス」が印象的でした。

店頭のみでの販売ですので、お近くに来られた際にはぜひお立寄りください。
みなさまのご来店をお待ちしております。(店長)


◆EU・ジャパンフェスト日本委員会
http://www.eu-japanfest.org/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★耳寄り旅情報 〜 新世界7不思議の候補・21遺跡が選出、一般の投票で正式決定へ
----------------------------------------------------------------------

今回は、新世界7不思議の候補・21遺跡が選出されたという情報です。

最終候補のリストを見ていると、納得のいく遺跡や建築がずらっと並んだ中に、
ちょっと意外な候補が見受けられます。パリのエッフェル塔、自由の女神、オペラハウス
の3つです。これらの建造物は、どこにも「不思議」な部分がないような気がするのですが、
私たちの知らないものすごい秘密が隠されているのでしょうか?そんなわけないよなあ〜。

アメリカやオーストラリアやフランスには他に不思議な建造物が一杯あると思うのだけど、
一体どういう基準で選んだのでしょう。まあ、でもまさか最終の7つには入らないよね(笑)。
(店長)


---------------------------------------------------------------

<新世界7不思議の候補・21遺跡が選出、一般の投票で正式決定へ>

世界の著名な建築専門家で構成する新世界7不思議(New 7 Wonders)専門家パネルは
先ごろ、世界の遺跡の中から21遺跡を、新世界7不思議の最終候補として発表、最終投票の
受付を開始した。結果は来年1月1日にテレビの生中継で発表される予定。最終候補は古代
遺跡のみならず、自由の女神やエッフェル塔なども選出されており、日本からは清水寺が
選ばれた。最終候補の一覧と新世界7不思議のホームページは下記を参照のこと。
 新世界7不思議プロジェクトはスイスの冒険家ベルナルド・ウェバー氏が、世界の遺跡を守る
ことを目的に2000年に立ち上げたもの。一般を対象に、世界的な投票によって選出することで、
注目されている。


◆新世界7不思議最終候補(アルファベット順)

・アテネのアクロポリス(ギリシャ)
・アルハンブラ宮殿(スペイン)
・アンコール遺跡(カンボジア)
・チチェン・イツァー(メキシコ)
・リオデジャネイロの救世主キリスト像(ブラジル)
・ローマのコロッセオ(イタリア)
・イースター島モアイ像(チリ)
・パリのエッフェル塔(フランス)
・万里の長城(中国)
・イスタンブールのハギア・ソフィア大聖堂(トルコ)
・京都の清水寺(日本)
・モスクワのクレムリン宮殿(ロシア)
・マチュピチュ(ペルー)
・ノイシュバンスタイン城(ドイツ)
・ペトラ遺跡(ヨルダン)
・ギザのピラミッド(エジプト)
・自由の女神(アメリカ)
・ストーンヘンジ(イギリス)
・オペラハウス(オーストラリア)
・タージマハール(インド)
・トンブクトゥ(マリ)


◆新世界7不思議プロジェクト
http://www.new7wonders.com/


*「日刊トラベルビジョン2006年1月20日号より」 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★今週の入荷本 〜 古本
----------------------------------------------------------------

【古本】


今回入荷した古本は全部で28冊。
さて、その中から何冊か紹介を。

まずは、国松俊英氏の「星野道夫物語」です。

本書は、童話や児童小説家であり、鳥と自然の関わりを題材にノンフィクションを書いて
いる著者が、こよなく自然を愛した星野道夫氏に対する畏敬の念をこめて書いた
若き日の星野氏の心の旅を追った渾身の1冊です。

著者は、星野氏に生前一度も会ったことがなかったそうなのですが、アラスカまで取材に
行って星野氏の心温まる地元の人との交流関係を調べ、また奥さんの直子さんや両親に
取材をして星野氏の人間性をうまく浮き彫りにしていて、直子さんは巻末で「この本を読んで、
今まで知らなかった夫のエピソードや一面を知ることができました」と書いています。
星野氏は、クマに襲われて亡くなったそうですが、ただこの事実だけを聞くと悲劇に聞こえます
が、これほどアラスカの自然を愛していた星野氏にとってはすごく幸せだったのかも
しれませんね。今回、星野氏の著作「イニュニック」を同時入荷しています。


◆星野道夫公式サイト
http://www.michio-hoshino.com/


◆国松俊英氏のプロフィール
http://www.kawade.co.jp/np/author/01276


次は、小林紀晴氏の「Tokyo Generation」です。

本書は、中上健次や宮沢賢治、石川啄木、梶井基次郎、中原中也といった若くして
この世を去った夭折の作家8人が、かつて東京で暮らしていた当時の青春の面影を
追って、著者の小林氏が今の東京を旅した記録です。

ここに取り上げられた8人の作家は、どの作家も小林氏が強い思い入れのある作家ばかり
で、本書の文章にもかなりの気合が感じられるものになっています。文中に小林氏はこう
記しています。「若さにとって本当に必要なものは数少ない。それはお金でも名誉でも
地位でも名声でもない。若い肉体や精神が渇望してやまない数少ないもののひとつは、
間違いなく『言葉』だ」と。でも、今の時代この意見にシンパシーを感じる若い世代の人は、
かなり少ないような気がします。お金や名誉や地位や名声を求めて、手に入れた「勝ち組」
がもてはやされる世の中ですから…。ちょっと悲しい現象ですね。
中上健次がもし今生きていたら、一体どんな「言葉」を残すのでしょうか。


◆小林紀晴氏HP
http://www.kobayashikisei.com/


◆中上健次氏公式サイト
http://www31.ocn.ne.jp/~nakagami/


最後は、フリーマントルの「CIA」です。

最近アメリカでは国家安全保障局(NSA)が令状なしで米国市民を盗聴しているのではないか
という、民主国家では信じられないことが話題になっていますが、本書はそんなアメリカの
最大の機密情報機関「CIA」の実態の解明に、著書「KGB」で有名な作家フリーマントル
が果敢に挑戦した名著です。

ドラマ「24」を見ていても思うのですが、アメリカという国は普段は自由や民主主義を標榜して
いるくせに、いざという時には国家に対する忠誠心が何よりも優先されるという、よくわからない
傾向があるように思います。その大事なアメリカ国家を守るためなら、「CIA」のような機密機関
がなりふり構わず残酷で非道なやり方で世界中でその任務を遂行していると思うと、本当に
背筋が寒くなってきます。ある一部の政治家からは、「日本も、CIAのような機密機関を一刻も
早く作るべきだ」という意見がありますが、もし日本にそんなものが出来てしまったら本当に
ヤバイ国になってしまう危険性があるのではないでしょうか。怖い、怖い。(店長)



◆B・フリーマントル氏のプロフィール
http://www.bekkoame.ne.jp/~r_oku/freemantle.htm


◆CIAについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/CIA



--------------------------------------------------------------------


◆単行本              販売価格(値段は税込です)




・ボルヘス怪奇譚集【完全送料無料商品】 680円  
 ホルヘ・ルイス・ボルヘス (著), アドルフォ・ビオイ・カサーレス (著), 柳瀬 尚紀 (... 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752970/



・シドニー 迷走紀行 Writer & Cityシリーズ・1刷【完全送料無料商品】 850円  
 ピーター・ケアリー (著), 宮木 陽子 (翻訳)
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752969/



・CIA 新潮選書【完全送料無料商品】 490円 
 フリーマントル (著), 新庄哲夫(訳)
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752968/



・ダンサー・イン・ザ・ダーク・初版【完全送料無料商品】 590円   
 ラース フォン・トリアー (著), 杉山 緑 (翻訳), 石田 泰子(監修)
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752967/



・最新イタリア事情・1刷【完全送料無料商品】 650円 
 エンツォ ビアージ (著),千種堅 (翻訳) 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752966/



・ハッピーロンドン ガールズ・トラベラーズ・ファイル【完全送料無料商品】 980円   
 ハッピーロンドン取材班 (編集) 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752965/



・イギリスウフフの年金生活・1刷【完全送料無料商品】 950円  
 高尾慶子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752964/



・イラクの中心で、バカとさけぶ戦場カメラマンが書いた・初版【完全送料無料商品】 490円  
 橋田信介
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752963/



・タイ語でタイ化超便利タイ語術【完全送料無料商品】 640円  
 下川裕治 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752962/



・チェンマイ田舎暮らし微笑みの国で年金生活を充実させる・1刷【完全送料無料商品】 980円       高橋公志
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752961/



・ベトナムロード南北2400キロの旅【完全送料無料商品】 980円 
 石川文洋
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752960/



・ヨンとよーこの韓流LOVE・初版【完全送料無料商品】 600円  
 たがみようこ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752959/



・兼若教授の韓国案内釜山港に帰れません・1刷【完全送料無料商品】 800円  
 兼若逸之
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752958/



・ちゅらおばぁのなんくるないさあなたが忘れてしまった無理しない生き方・初版【完全送 550円  
 平良とみ
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752957/



・女ひとり寿司・初版【完全送料無料商品】 920円  
 湯山玲子
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752956/



・お散歩ブックdaily a walk【完全送料無料商品】 480円  
 杉浦さやか
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752955/



・アラウンドアローン・1刷【完全送料無料商品】 650円  
 白石康次郎
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752954/



・星野道夫物語アラスカの呼び声・1刷【完全送料無料商品】 920円  
 国松俊英
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752953/



・Tokyo Generation トウキョウ ジェネレーション・1刷【完全送料無料商品】 720円  
 小林紀晴
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752952/



・小さな生活・初版【完全送料無料商品】 580円   
 津田晴美
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752950/






◆文庫本              販売価格(値段は税込です)


・歩いて笑ってイタリア三昧ガイドブックに載っていないナイショ話・初版【完全送料無料... 320円  
 境輝美, 丸尾由美子 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752949/



・1日5000円ぜいたく旅 タイ女性にも安心満喫の裏ワザ生情報【完全送料無料商品】 450円  
 浅見潤
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752948/



・バンコク下町暮らし・1刷 【完全送料無料商品】 300円   
 下川裕治
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752947/



・アジア漂流紀行・初版【完全送料無料商品】 300円  
 下川裕治
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752946/



・世界装飾図【完全送料無料商品】 390円  
 オーギュスト・ラシネ, マール社編集部
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752945/



・民族衣装【完全送料無料商品】 390円  
 オーギュスト・ラシネ, マール社編集部
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752944/



・イニュニック 生命アラスカの原野を旅する【完全送料無料商品】 280円  
 星野道夫 
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752943/


・旅好き、もの好き、暮らし好きsavor of living【完全送料無料商品】 350円   
 津田晴美
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/52752942/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★編集後記
-------------------------------------------------------------------

先日、『単騎、千里を走る』という映画を観てきました。監督は中国の巨匠・張芸謀、主演は
日本の名優・高倉健です。映画の舞台は雲南省の麗江です。僕は1年前にこの町で、所謂
「沈没」していました。ビザが切れそうになってやむなく移動しなければならずに出発したの
ですが、その直後にこの映画の撮影があったようです。ゲストハウスで知り合った友人は散歩を
しているところを呼び止められ、エキストラ出演したそうです。気をつけて見ていましたが、出て
いたのは一瞬でした。それはともかく、なかなかいい映画でした。不器用な高倉健が見れます。
中国製作の映画ですが、日本映画のような感じでした。雲南の少数民族・納西族の民族衣装や
雲南訛りの中国語も懐かしかったです。(て)


◆映画「単騎、千里を走る」公式サイト
http://www.tanki-senri.com/


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  旅の本屋のまど    http://www.nomad-books.co.jp/
 
  営業時間:平日     10:00 〜 20:00
        休日・祝日  10:00 〜 19:00
  
  所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市本町2-5-10TKビル2F

  ご意見・お問い合わせ等は info@nomad-books.co.jp までお送り
  ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。