メンタルヘルス

女性のための こころの相談室

誰にも言えない悩みをかかえている方へ、横浜心理ケアセンターの女性カウンセラーが発行する『女性のためのこころの相談室』です。


全て表示する >

女性のためのこころの相談室[2010.03.12]

2010/03/12

-------------------------------------------------------------------------
★.・・°°°°
        「女性のためのこころの相談室」 第660号

               .。・・ °・ . ★  横浜心理ケアセンター
-------------------------------------------------------------------------
                                                               2010.03.12

・ °  .  ° . ・・ °  .  ° . ・・ °  .  ° . ・・ °  .
                         ・ °  .  ° . ・


                          〜〜〜  留守電  〜〜〜                         



私の自宅には、時々、間違い電話がある。
先日も、帰宅したら、

「先ほどお電話いただいた○○社です。
  先ほどの件に関しましては…」

と、何だか長いメッセージ。
でもこれ、私のことじゃない。困った。
その会社の電話番号を調べて、
間違い電話だと教えてあげるべきなのかもしれないけれど、
どうしよう…と思ったまま、数日が経つ。

数年前にも、間違い留守電があった。

「○○ちゃんかい?お母さんです。
  本当に、お母さんはあなたが心配で…
  …とにかく早く、連絡をください」

と、涙声の年配女性のメッセージだった。
その女性の気持ちが痛いほど伝わり、
何とかしてあげたいと思ったけれど、
先方の電話番号も調べようもない。
私までうつうつとした気持ちで
数日過ごした記憶が、今でも残っている。

電話は、用件だけではなく、
掛け手の気持ちも相手に伝えることのできる
大切なツールだ。
ビジネスの場では、メールが主流の時代だけれど、
やはり、自分の気持ちを
相手に伝えなければならないときは、
電話を使う方が直接的で、効果が大きい。
携帯電話が普及して、
いつでもどこでも気軽に電話できるけれど、
やはり、家電にかかってくる電話は、
少し特別な感じがする。

だから、大事な留守電を残すときには、
番号を掛け間違えていないか、
きちんと話すべき内容を伝言できるか、
私の気持ちまで伝えることができるのか、
私は少し、神経質になる。
私の留守電で、困ってしまう人がいないかと、
ちょっと不安になる。
そんなとき、数年前の間違い電話のお母さんが、
頭をよぎる。

先日の○○社の人は、
ビジネスがうまくいったのだろうか。
数年前のお母さんは、
お子さんと和解できたのだろうか。
今日も、いろいろと電話を掛けながら、
ふと、そんなことを考えている。







                                        文  :  スタッフ   いけや  ゆきこ
                                                   代表  :  椎名  あつ子




 *―  〜〜〜心理ケアセンターからのお知らせ〜〜〜  ―――――――――――*
 |                                                                      |
 |      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  |
 |  ★                                                                  |
 |          椎名先生のブログ『マイ・ウェイ』   ☆随時更新中☆        |
 |                                                                  ★  |
 |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      |
 |                                                                      |
 |   横浜心理ケアセンターの代表である椎名あつ子先生が、                |
 |    ひとりの人間として、ひとりの女性として、またカウンセラーとして、  |
 |   日々の生活の中で感じた様々な出来事などを                          |
 |    エッセイ風にみなさんにお伝えしています。                          |
 |   ぜひご覧ください。                                                |
 |                                                                      |
 |   ○サイトURL :http://www.shinri-care.com/blog/                    |
 |                                                                      |
 *―――――――――――――――――――――――――――――――――――*


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-------------------------------------------------------------------------
・ 編集/発行 :椎名 あつ子(しいな あつこ)
・ ご意見・ご感想 : atsuko@shinri-care.com
・ サイトURL : http://www.shinri-care.com/
・ 配信解除  : http://www.shinri-care.com/mailmag.html
・ メルマガ  :まぐまぐ( http://www.mag2.com/  ) ID:0000119949
             :Melma!  ( http://www.melma.com/ ) ID:m00101645
-------------------------------------------------------------------------
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-21  
最終発行日:  
発行周期:週2回  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。