メンタルヘルス

女性のための こころの相談室

誰にも言えない悩みをかかえている方へ、横浜心理ケアセンターの女性カウンセラーが発行する『女性のためのこころの相談室』です。


全て表示する >

女性のためのこころの相談室[2006.05.19]

2006/05/19

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-------------------------------------------------------------------------
★.・・°°°°
        「女性のためのこころの相談室」 第263号

               .。・・ °・ . ★  横浜心理ケアセンター
-------------------------------------------------------------------------
                                                               2006.5.19

・ °  .  ° . ・・ °  .  ° . ・・ °  .  ° . ・・ °  .
                         ・ °  .  ° . ・


                         〜〜〜 導かれた日 〜〜〜



お天気もあまり良くない日曜日、
これといってやりたいこともなく、
新聞をペラペラとめくっていたら、
川崎大師でお祭りをしていることを知り、
なんとなく重い腰をあげて出かけました。
母の病気がひと段落したこもあり、
お寺で御礼をするのも悪くないな、
帰りに久寿餅を買ってもいいし、
そんな軽い気持ちでもありました。

川崎大師は子供の頃行ったきりでしたが、
浅草のようでもあり、お土産屋さんをのぞいたり
しながら歩いていき、弘法大師に手をあわせ、
たくさんのことを無心に祈りました。
帰りには家族分のお守りを何故か一つ一つ選んでいたのです。
無心に祈りを捧げることで心の中のどこかが、
ふぅーっと暖かくなるのを感じ、
安定した気持ちになりました。
私は無宗教ですが、守られている感覚を
味わうことができました。
そんな時、突然不思議と子供の頃の事を
想い出したのです。

私は東京のはずれの小さな市に住んでいて、
小3の時引越しをして横浜に来たのですが、
その頃の町が懐かしく思えたのです。
これも突然なのですが、気がついたら車のナビで
うる覚えの昔の住所を探し始めていました。
調べ続けて分かったことは、その市もなくなり、
町となり、西東京市となっていたことでした。
私は大きなショックを感じ、その町に行かなくては
いられなくなりました。

もう陽が落ち始め、薄く暗くなっていたのですが、
川崎からその西東京市に車を飛ばしたのでした。
車を走らせながら、不安と期待と何故か恐怖感で
どんどん高まっていく自分の感情を抑えきれずにいました。
小さな子供の頃の記憶は私のつらい思い出が多く、
今まであまり人に話したことがなく、
また、私自身もあまり思い出さずに長い長い間、
封印してきたのでした。
30年以上前の記憶なのです。

その町の駅前には、大きなスーパーが立ち並び、
真新しいマンションだらけで、
あまりに変わりすぎた町の風景には
私のあの頃はどこにも無く、
あきらめの気持ちと、
それでも遠い記憶を一生懸命探り、
ひとつひとつの建物に見覚えがないか、
車のライトの光の中、祈る気持ちでした。

突然、目の前に踏切りが現れたときでした。
遠い遠い記憶がジェットコースターのようなスピードで、
私の脳裏にバシっと音を立ててよみがえってきたのです。
小学校2年生のとき、この踏切りでカメを見つけ、
遮断器をくぐり、大急ぎで助け出したこと。
そのカメは長い間、私の家で飼われていたこと。
踏切りの近くには、大嫌いな歯医者さんがあり、
その先をまっすぐ行ったところに、
体の弱かった私が毎月通っていた小児科があったこと。
その記憶は、正しすぎるほどで、
歯医者は新しくなって、大きなビルの1階にあり、
また、注射ばかりされた小児科は、
30年前そのままでした。

私の住んでいた家は古く、小さな二階建てで、
近くの坂の途中にお菓子屋さんがあって、
その前に大きな原っぱがあって、
そこでお菓子屋さんで買ったアイスを
友達と食べたこと。
でも母が反対していて、決して棒状の
ちゅうちゅう吸って食べるアイスは売ってくれなくて、
友達が私の分も買ってくれたこと。
その後、しっかり母にばれて、怒られたこと。

家の近くの森の中の土に、宝物を隠して、
毎日見に行っていたこと。
お菓子屋さんのとなりには、
母とよく行ったラーメン屋さんがあったこと。

近くに小さな川が流れていて、
その川は雨の強い日、よく氾濫していて、
友達の家はその前だったので大変だったこと。
その友達は、さゆりちゃんという名前だったこと。
カレーの好きなさゆりちゃんだったこと。

私の通っていた小学校は大きくて、
校門を出て車道を渡ると文房具屋さんがあって、
その家の子は私と同級生で、池田くんという名前で、
私がいじめられていたこと。
私だけ呼んでくれなかった子供のパーティが
池田くんの家で行われて、泣いたこと。
学校の裏に、私の初恋のとおるくんの家があったこと。

…など、30年以上昔の記憶は、
どんどん明確になりつつありました。

私のあの頃の家も、近所の家も全く無く、
その代わり、大きな団地へと変身していましたし、
坂の途中のお菓子屋さんはなくなっていて、
ただ、古い古いラーメン屋さんはそのままでした。
長い坂は、実はとても短く、
緩やかな上り坂でしかなかったし、
宝物を埋めた場所は、大きなマンションとなっていました。
文房具屋さんは、遠い昔、
ある日突然引っ越されたらしく、
(これはお寿司屋さんに聞きました)
やはり、マンションになっていました。
小さな川は、やはりそのままで、
さゆりちゃんの家も団地になっていました。

私は何かに取りつかれたように必死でした。
私のルーツを呼び起こす必要があるかのように、
車を止めて、何時間も歩き続けました。

30年前の私は、つらく悲しい子供時代でした。
今日までそう思っていました。
いつもイライラしていた母と、いつも怖かった父、
そして私の家は貧しかったと思っていたあの時代、
あの汚い家は、私がとても恥ずかしかったこと。
だから、子供会に呼んでもらえないと思い続けたこと。
私は、そんな思い出がいつの間にか
私の中で変わっていくことに気づきました。

私はもしかしたら、そんなに不幸ではなかったのかもしれない。

たくさんの人に尋ねて回ったのに、
みんな優しく丁寧に一緒に探してくれたことで、
もしかしたら、あの頃の人たちも、
みんな優しかったのかもしれないと思い始めたのでした。
今も変わらない古い大きな木々が、
何かを教えてくれたようにも思えました。

「そう、私はそんなに不幸ではなかったのよ。」
「小さな私は、子供らしく無邪気にこの町に住んでいたに違いない。」

私の封印されていた過去の悲しみがどんどんと溶け始め、
暖かいものとなって私の体の中に入っていく気持ちでした。

人の記憶は、もしかして、とても不確かなもので、
特に子供の頃の記憶は、その後、自分で知らぬうちに
作り上げてしまっていることも多いのではないかと思えたのです。
なぜなら、あの坂がとてもとても穏やかなものであったように。
怖かった川が、風情があるように。
人は、そこを知らないまま、妄想と思い込みで、
生きてしまっていたりするのもしれないということ。

私の過去は懐かしく、穏やかなものへと、
今、変わりつつあります。
弘法大師様は、私を導き、この町に再び30年後に立たせ、
そして、私の心の中を解放してくれたのだと思います。
日曜日の朝、私を川崎大師に呼び寄せ、
そして私の昔を見つめ直させ
過去の記憶を新たなものへと導いたのです。

私はこの日から、過去を、
心から懐かしいものと思える人になれました。

最後に、
さゆりちゃん、
たまちゃん、
みきちゃん、
とおるくん、
池田くん、
くわばらくん、
しょうちゃん、
こうちゃん、
谷口先生、……
みんな元気ですか?
みなさんが、どうか幸せでいらっしゃいますように、
心からお祈りします。





                                    -- 代表カウンセラー 椎名 あつ子 --



 *―  〜〜〜椎名先生の講座のお知らせ〜〜〜  ――――――――――――――*
 |                                                                      |
 |      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  |
 |  ★                                                                  |
 |          『セルフカウンセリング』   ☆随時受講受付中☆            |
 |                                                                  ★  |
 |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      |
 |                                                                      |
 |   本セミナーでは、人間関係において最も基本となる自分自身に          |
 |    ついて考えます。                                                  |
 |   自分のことは自分が一番よく知っていると思いがちですが、            |
 |   案外分かっていないことが多いものです。                            |
 |   自分をよりよく知り自分自身に対して理解を深めることは、            |
 |   少しでも楽に生きることにつながります。                            |
 |   通常のカウンセリングを受けるのには抵抗がある、という方にも        |
 |    おすすめです。                                                    |
 |                                                                      |
 |  ………………………………………………………………………………………  |
 |  ○開講コース:全13回 一回 50分                                    |
 |                ※希望により、グループか個人のどちらかで行います。    |
 |  ○日時      :応相談                                                |
 |  ○場所      :横浜心理ケアセンター                                  |
 |                                                                      |
 |    ※ 詳細・申し込み方法等はホームページからご覧下さい               |
 |         ⇒  http://www.shinri-care.com/self.html                     |
 |  ………………………………………………………………………………………  |
 |                                                                      |
 |      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  |
 |  ★                                                                  |
 |          『心理カウンセラー養成講座』     ☆随時受講受付中☆         |
 |                                                                  ★  |
 |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      |
 |                                                                      |
 |   将来、カウンセラーを目指している方はもちろん、                    |
 |   人とのコミュニケーションについて考えてみたい方を対象とした        |
 |   講座を開講中です。                             |
 |   ※卒業後は当センターでカウンセラーとしての道もございます。        |
 |                                                                      |
 |  ………………………………………………………………………………………  |
 |  ○開講コース:「初級コース」:全6回  約3ヶ月                       |
 |                「中・上級」  :全12回 約6ヶ月                       |
 |        「研究科」    :全18回 約1年                         |
 |         ※全コース終了(約2年)後は認定証授与               |
 |  ○時間      :19:00〜21:00(日時は応相談)                   |
 |  ○場所      :横浜心理ケアセンター                                  |
 |                                                                      |
 |    ※ 詳細・申し込み方法等はホームページからご覧下さい               |
 |         ⇒  http://www.shinri-care.com/semi.html                     |
 |  ………………………………………………………………………………………  |
 |                                                                      |
 *―――――――――――――――――――――――――――――――――――*


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
-------------------------------------------------------------------------
・ 編集/発行 :椎名 あつ子(しいな あつこ)
・ ご意見・ご感想 : atsuko@shinri-care.com
・ サイトURL : http://www.shinri-care.com/
・ 配信解除  : http://www.shinri-care.com/mailmag.html
・ メルマガ  :まぐまぐ( http://www.mag2.com/  ) ID:0000119949
             :Melma!  ( http://www.melma.com/ ) ID:m00101645
-------------------------------------------------------------------------
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-21  
最終発行日:  
発行周期:週2回  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。