経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.1003-

2018/12/17

==2018年12月17日●第1003号●==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ

 残りあと2回、次号がファイナルです。今号で、「佐藤孝夫の人材開発の現
場から」と「人材開発・組織開発の読書室」は終了です。それぞれ担当いただ
いた佐藤孝夫氏・岡本耕平氏に感謝申し上げます。
 次号は12/25(火)に配信いたします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○イノベーションを起こすための工夫に関する企業アンケート報告書
 【公益社団法人 日本生産性本部】
 https://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001552.html

○企業の人的資産情報の「見える化」に関する研究
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 https://www.jil.go.jp/institute/research/2018/documents/185.pdf

○シニア人材の活躍に関するアンケート調査
 【日本CHO協会】
 https://www.j-cho.jp/enq/pdf/1811_01.pdf

○企業人事600人に聞いた、2019年度中途採用の計画
 【株式会社 リクルートキャリア】
 https://www.recruitcareer.co.jp/news/20181213.pdf

○「就活ルール」に関する企業の意識調査(2018年)
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p181202.pdf

○転職賃金相場2018
 【一般社団法人 人材サービス産業協議会】
 http://j-hr.or.jp/wp/wp-content/uploads/tenshokuchingin2018.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.482
───────────────────────────────────

 いよいよ当コラムの私の最終回がきた。
 思えば、重箱の隅を突くような些末なこと、個人的見解を一般的な論調のよ
うに語り、世の中の論調をさも個人の見解のようにどや顔で書く…など、長年、
コラムを読んでいただいた読者の方々には申し訳ない思いで一杯、改めて御礼
とお詫びを申し上げる次第である。

 そんなコラムも、人材開発情報★BOXの主催者である(株)ヒューマナイ
ズ代表:吉次潤氏と共同でコツコツと積み上げて1000号に達する。強烈なイン
パクトはないものの、それなりに世の中に提供できたものはあるのではないか。

 加えて、テーマ的にも思想信条を世に問うものでもないので、一回たりとも
炎上しなかったのも我らながら評価して良いと思う。

 毎月、当月のコラムをリリースすると、すぐさま次月のネタ探しをしている
自分の姿を思い起こすと、そのストレスから解放されると思う反面、考える、
テーマをもって情報収集する、加工するといった機会が減ることで、ボケが進
行するのではないかと心配でもある。

 改めて、長年のご愛顧・ご愛読に感謝申し挙げます。
 皆様に幸あれと祈念するとともにも、年末でもあります。
 良いお年をお迎えください。では、さようなら…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

 いよいよ「人材開発・組織開発の読書室」も最終回を迎えました。
 今回は、これまでご紹介した本の中から、今だから読んでおきたい本をあら
ためてご紹介したいと思います。

1.『現実はいつも対話から生まれる 社会構成主義入門』
  ケネス・J・ガーゲン メアリー・ガーゲン (著)(2018年)

 「社会構成主義」とは、「個人」ではなく「関係」が社会の基盤を作ってい
るという考え方です。自分が常識と思っている事柄も、自分の過ごしている国
や地域、組織のなかでの人や物事との関係から出来上がったものです。場所や
付き合う人が変わったりすると、その場での常識も変わります。問題の指摘を
繰り返し、新たな問題を生み出す関係性ではなく、お互いの強みやリソースを
対話によって共有する関係性を組織で作っていく「関係性のリーダーシップ」
について述べられています。批判ではなく、コラボレーション(連携)が自然
と生まれる場づくりには何が必要なのか、そのポイントが学べる一冊です。


2.『時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!』
  石山 恒貴(著)/ダイヤモンド社 (2015年) 
  
 パラレルキャリアとは、ドラッカーが元々提唱したもので、「会社勤めなど
の本業をしっかりと持ちながら、本業以外に社会活動を行う新しい生き方であ
り、仕組みである」とされています。本書では本業外での活動で得た気づきや
経験を本業に還元していく事例が紹介されています。ちょっとした好奇心や課
題意識から活動を始めてみることは、特別なことではなく、本来ごく自然な働
き方・生き方なのではないかと感じます。また、社会環境が目まぐるしく変化
する現代の組織では、パラレルキャリアの実践者がますます必要になるような
気がします。これからの働き方や組織のあり方を見つめ直すのに欠かせない一
冊です。


3.『働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える』
 村山 昇(著)/ディスカヴァー・トゥエンティワン(2018年)
 
 「働き方改革」については色んな書籍で取り上げられていますが、あらため
て働くとは何か、働き方とは何か等、あらためて自分(自組織)なりの「働き
方観」を見つめ直すことが今求められているような気がします。「働く」とい
うことに関わる基本概念を、6つの視点と73のキーワードで分けて整理し直し
ています。何を変えて、何を変えないのか、働き方を多面的に見つめ直すのに
役立つ一冊です。

-------
  
 毎回どの本を選ぶか悩みましたが、それが楽しみでもあり、様々なものの見
方を学べる場でもありました。
 最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。
 皆さま良いお年をお迎えください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/12/27]----------------------------------------------------------
●被覆アーク溶接実践技術 各種姿勢溶接(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2019/01/07]----------------------------------------------------------
●CAEを活用した構造解析技術 モデル化実践編【機器:CATIA】(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2019/01/08]----------------------------------------------------------
●ZigBeeによるワイヤレス・センサ・ネットワークの構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場の小集団活動実践(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2019/01/09]----------------------------------------------------------
●μITRONによる組込み制御実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2019/01/10]----------------------------------------------------------
●実践センサ活用術 マイコンインターフェース編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2019/01/12]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2019/01/15]----------------------------------------------------------
●フライス盤精密加工技術(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第18回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2019/01/16]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 RX編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●技能伝承のための部下・後輩指導育成 OJTトレーナー育成(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践建築製図作成技術 2次元CAD【機器:AutoCAD】(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実習で学ぶ木造軸組工法の施工技術 躯体編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールによるモデリング技術【機器:SolidWorks】(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空気圧装置メンテナンスとトラブルシューティング(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●溶接技術者・品質管理技術者のための非破壊検査技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2019/01/18]----------------------------------------------------------
●第19回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>立川商工会議所

[2019/01/19]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。