経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.993-

2018/10/08

==2018年10月08日●第993号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━◇●◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇●◇━━

 公益社団法人 日本生産性本部 キャリアコンサルタント養成講座

 【福岡養成講座】2018年10月開講のご案内!

 <詳細> → http://www.js-career.jp/training-course/fukuoka.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○2018年度 教育研修費用の実態調査
 【株式会社 産労総合研究所】
 https://www.e-sanro.net/share/pdf/research/pr_1810.pdf

○平成29年民間企業の勤務条件制度等調査結果の概要
 【人事院】
 http://www.jinji.go.jp/kisya/1809/h30akimincho_bessi.pdf

○15,000人の残業時間ランキング
 【パーソルキャリア 株式会社】
 https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2018/20181002_01/

○残業時間の上限は本当に720時間なのか?
 −より明確で分かりやすい制度に見直しを−
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/59746_ext_18_0.pdf

○潜在保育士の6割が保育士として就労を希望
 〜「勤務時間や勤務日など希望に合った働き方」を最も重視〜
 【株式会社 野村総合研究所】
 http://www.nri.com/jp/news/2018/181003_1.aspx

○副業に関する調査
 【楽天インサイト 株式会社】
 https://insight.rakuten.co.jp/report/20180927/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.477
───────────────────────────────────

 とうとうと言うか、いよいよと言うか、9月、経団連の中西会長が就活ルー
ルの撤廃を表明した。現実的にはほとんど意味のないルール、有名無実化レベ
ルのものだが廃止されれば1953年に就職協定として始まった基本ルールが、実
に半世紀以上を経て廃止されることになる。

 今後、経団連・政府(官邸、文科省含む)・大学での協議を経ての決定とな
ると思うが、一つ、気になっていることがある。
 それは中西会長が会見で「経団連が採用日程を決めること自体に極めて違和
感がある、『何月解禁』ということは。経団連として言わない」と述べたこと
で、現状の3月1日解禁、6月1日採用選考開始のスケジュール自体には言及して
いない点である。

 こうなると、最早、「どこが言うか」が争点になるのではないか。私自身で
見ると現実問題として学生に就活を指導している身から言えば、「何らかの目
安」が欲しい。やはり、私が教えている学生には、スタート時期を示さないと
動き出さない、もっと言えば、動けない。大半の学生がそうではないかと思う。

 「どこが言うか」が争点であれば、その役割を経団連が手放すのであれば、
今後は政府(官邸、文科省含む)が担えばいいと思っていたら、政府が維持を
発表した。

 そもそも安倍総理の意向で、2013年に3月1日解禁、8月1日採用選考開始の日
程が決まった経緯もある。とは言うものの、経団連加盟企業でもルールを守っ
ていないとも言われる状況下であれば、「どこが」言ったとしても同じだった
かもしれないが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『生きるように働く』
 ナカムラ ケンタ(著) / ミシマ社

 毎月10万人が閲覧する求人サイト「日本仕事百貨」。その特徴は、募集要項
がメインではなく、またいいことばかりアピールするのでもなく、仕事そのも
のを伝えるというもの。そのために職場を訪ねて丁寧に取材して、仕事のいい
ところ、大変なところを引き出してその仕事のあるがままを伝えることを大事
にしている求人サイトです。

 「日本仕事百貨」を運営している著者は、いろんな人たちを取材するなかで、
生き生きと働いている人たちが、生きることと働くことを無理に分けずに働い
ていることに気付きます。本書では取材した人たちとの出会いを振り返りなが
ら、「生きるように働く」とはどういうことかを追求していきます。

 現在推進されている働き方改革では、長時間労働の是正や、ワークライフバ
ランス、「オン」と「オフ」など、どちらかといえばワークは自分の時間では
なく、ライフが自分の時間、というように区別するのが当たり前という考え方
のもとで進められている気がします。

 本書での「生きるように働く」とは、オンオフ関係なく休まず働き続ける、
ということではありません。働いているときも、休んでいるときも、どちらも
自分の時間であり、ワークとライフが自分の中で自由に行き来しているような
感覚が「生きるように働く」ということです。

 生きるように働いている人たちの仕事には、二つのスタートがあるといいま
す。その一つは「自分ごと」であること。まだニーズはないが、自分がやりた
いと思って始めたことで、他人事の反対の意味を指します。
 もう一つは「贈り物」。誰かに求められたことにただ言われたままを返すと
いうよりは、求められているもの以上の形にして贈り物として届けるというこ
とを指します。

 チャレンジしよう、と言われても難しいものです。目の前にあることを解決
するために今できることを試してみると、そこから何が求められていることな
のかも見えてきます。逆に求められたことから始めて、期待以上に応えること
を考えることで、自分がやりたいことが見えてくるということだと感じました。

 働くことを面白がることができる仕組みをつくるということも、働き方改革
の一つなのかもしれません。働き方の幅広い可能性を感じさせる一冊です。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/10/15]----------------------------------------------------------
●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/16]----------------------------------------------------------
●サーボ制御技術 PID制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●PLCによる自動化制御技術 応用命令編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/17]----------------------------------------------------------
●各種材料の熱処理実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/18]----------------------------------------------------------
●実例で学ぶホットランナ金型導入・設計技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/10/23]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●タブレット型端末を利用した通信システム構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械保全実践技術 設備点検・対処法(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●生産システムの知能化による効果的現場活用(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第28回ロジカルプレゼンテーションコース
○(公財)日本生産性本部 グローバルマネジメントセンター
 <東京>日本生産性本部セミナー室(東京・永田町)他

●第13回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>立川商工会議所

[2018/10/24]----------------------------------------------------------
●実践建築設計プレゼンテーションボード作成技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●センサ回路の設計と評価の実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/27]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/10/28]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/10/30]----------------------------------------------------------
●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。