経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.990-

2018/09/17

==2018年09月17日●第990号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス〜多様な働き方を選択・尊重する環境づくり
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

==☆<ヒューマナイズ・セミナーのご案内【9月・福岡】開催>☆==========

 ●9/23(日)10:00〜12:30  KP法で考えるSDGs
   https://www.kokuchpro.com/event/20180923sdgs/

 ●9/23(日)14:00〜17:00  「えんたくん革命」講座@福岡
   https://www.kokuchpro.com/event/20180923enta/

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○我が国の労働時間と長時間労働の動向について
 【内閣府】
 http://www5.cao.go.jp/keizai3/monthly_topics/2018/0913/topics_056.pdf

○「多様な働き方の進展と人材マネジメントの在り方に関する調査
 (企業調査・労働者調査)」
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/press/documents/20180911.pdf

○働き方改革に対する企業の意識調査
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180904.pdf

○平成30年度「高年齢者雇用開発コンテスト」の入賞企業が決定しました
 【厚生労働省 職業安定局】
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01339.html

○SDGsとSociety5.0
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/59606_ext_18_0.pdf

○幸福感と自己決定―日本における実証研究
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j026.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

「多様な働き方を選択・尊重する環境づくり」

 人口減少が進む中、様々な場面で、働き手・担い手が不足しています。労働
力不足の解消を図るため働き方改革が進められていますが、労働力不足が量的
なものか質的なものか、不足する状況を見極めた上で戦略的に取り組むことが
求められています。

 これまでは企業側の求めるニーズに基づいて人材を調達し、企業のニーズや
ルールに添わない場合は、比較的簡単に手放(リリース)し、また新たな労働
力を探す時代だったと言えます。しかし、労働力不足が深刻化し、調達源が限
られる中で、企業のニーズ・ルール主導ではなく、従業員個々人のライフイベ
ントやニーズも考慮しなければ、労働力の確保が担保できない時代になってい
ます。
 少し条件を変えれば、働くことが可能な労働力をどう活用するか、働き方改
革の大きなテーマです。

 働き方改革を進めるためには、前述の通り「多様な働き方を選択できる」環
境づくりがまず必要になります。個々のライフイベントやニーズに合った働き
方をどれだけ準備できるかがポイントです。各企業(組織)に根付いている今
までの働き方に加え、もう少しバリエーションを増やせないか、そういう視点
が求められます。

 次に重要なのは「多様な働き方を尊重できる」環境づくりです。個々の状況
に応じて多様な働き方を準備して選択できるようになっても、異なる条件で働
く人々が互いに尊重できる環境が無ければ長続きしません。制度面も含め、ど
う公平感を維持するかがポイントです。

 多様な働き方を尊重できる組織の源泉は、支え合い・助け合いの文化・風土
であると言えます。労働力不足を解消するために、支え合いや助け合いに頼ら
ずに省力化に傾倒する方法もあります。しかしヒトが介在する以上、全てを省
力化することは難しいと考えられます。組織の目指す目的に向かって、支え合
い・助け合いの文化・風土をどう構築していくか、人材開発、組織開発におい
て益々重要になるのではないでしょうか。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://blog.livedoor.jp/hrd_net/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/09/25]----------------------------------------------------------
●現場の問題予兆・対処能力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/09/26]----------------------------------------------------------
●タブレットを活用したシステム構築 Android6.0対応(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●CAEを活用した構造解析技術 モデル化実践編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電気系保全実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●組込みシステム開発のためのモジュールテスト技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●標準作業手順書の作り方と効果的な現場運用管理(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/01]----------------------------------------------------------
●機械加工技術 マシニングセンタ加工編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造業におけるリスクマネジメントシステム構築技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/02]----------------------------------------------------------
●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●生産現場改善手法 現場力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現場に密着した機械・生産設計のノウハウ 機械要素・材料力学編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電動シリンダの選定と保守(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/03]----------------------------------------------------------
●設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電子回路から発生するノイズ対策(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●組込みシステムにおけるプログラム開発技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第11回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2018/10/04]----------------------------------------------------------
●現場の問題解決実践 5Sの実践と定着(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●戦略的現場管理者の育成〜できる管理者になろう〜(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/09]----------------------------------------------------------
●実践的原価管理による生産性向上(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/10/10]----------------------------------------------------------
●オブジェクト指向プログラム開発技術 Java編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●信号の解析手法と実装技術 フーリエ変換、ディジタルフィルタ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御の実践技術 電動機制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●構造設計技術 木構造実践編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図 形状編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 製図手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/10/11]----------------------------------------------------------
●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●半自動アーク溶接実践技術 各種姿勢編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造現場の問題発見・真因追及力向上 なぜなぜ分析徹底活用(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/10/13]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2018/10/14]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。