経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.985-

2018/08/06

==2018年08月06日●第985号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ〜次回の配信について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

==☆<ヒューマナイズ・セミナーのご案内【9月・福岡】開催>☆==========

 ●9/23(日)10:00〜12:30  KP法で考えるSDGs
   https://www.kokuchpro.com/event/20180923sdgs/

 ●9/23(日)14:00〜17:00  「えんたくん革命」講座@福岡
   https://www.kokuchpro.com/event/20180923enta/

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「平成29年度雇用均等基本調査」結果を公表します
 【厚生労働省 雇用環境・均等局】
 https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-29r.html

○顧客満足度と労働生産性の関連を分析
 〜労働生産性が高い企業群では、顧客満足度が高いと労働生産性も高くなる〜
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 https://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001543/attached.pdf

○「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」の報告書を
 取りまとめました
 【厚生労働省 職業安定局】
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00679.html

○病気の治療と仕事の両立に関する実態調査(企業調査)
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/institute/research/2018/documents/181.pdf

○中小企業の「生産性革命」 〜IT導入・利活用は進むのか〜
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/59239_ext_18_0.pdf

○「学び直し」のための教育訓練給付制度の活用状況
 【株式会社 第一生命経済研究所】
 http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/ldi/2018/wt1808.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.473
───────────────────────────────────

 経団連の発表によれば、活動時期など就活ルール(就職協定、紳士協定)が
また変更になりそうである。

 検討されているのが2021年春入社の学生からであり、検討理由の一つは20年
の東京五輪の影響を考慮してのようだが、その翌年に元に戻すことはほとんど
ないだろうから、後付けの理由であろう。

 ご存知の通り、今は三月解禁、六月面接解禁であるが、有名無実化している
ことは既成の事実。検討されているのは4案だという。
 1.三月に説明会と面接を一体で解禁
 2.企業の採用活動の自由度を高めるためルールを「目安」に変える
 3.説明会解禁を大学三年の十二月、面接を四年の四月に戻す
 4.通年採用の広がりを受けてルール自体を廃止する

 現時点でいえば、1.2.は実態に近い。現ルールはあってなきがごとくであり、
あっても採用活動の妨げにもならない。3.は無視であろう。ルールを破ること
への心理的な後ろめたさを感じたとしても、それにも増して人材確保が優先さ
れ、他社との人材争奪戦に邁進しているのが現状であろう。

 現状、七−八月に開催されるサマーインターンシップからが解禁ともいえる
し、早い学生では三年の二−三月に内定がでてしまう。「ルール」「目安」…
守るべきものではない。

 では、ルール撤廃か…多分、教育側は何らかの「歯止め」を要求するであろ
う。でないと、学内におけるガイダンスや指導の目安がなくなってしまうから
である。気ぜわしく落ち着いて学業に専念できない可能性が高い。さて、結論
はどうなるかだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『人と組織の「アイデア実行力」を高めるOST実践ガイド』
  香取一昭 大川恒(著) / 英治出版

 企業や学校などの組織や、まちづくりの現場では、様々な課題に取り組むた
めの手法としてワールドカフェなどのワークショップが行われる機会が増えて
きました。一方、ワークショップで会話が盛り上がり、多くのアイデアが生ま
れるものの、そのほとんどが実行されずに放置されたままという話もよく耳に
します。アイデアが実行される大切さは誰もが分かっているはずなのに、なぜ
そうなってしまうのでしょうか。

 本書ではその要因として、参加者がワークショップに掲げるテーマに情熱と
責任を持って参加してきていないこと、アイデアを実行するために助け合う体
制づくり、実行につながる場づくりができていない、という二点が挙げられて
います。

 そこで、アイデアが実行につながる場づくりの手法として、OST(オープン・
スペース・テクノロジー)が紹介されています。

 OSTとは、実行したいアイデア、解決したい課題、探求したいテーマを与え
られるのではなく参加者が提案し、それに賛同する人が集まって話し合うこと
により、具体的なプロジェクトを生み出したり、テーマについて理解を深める
ためのプロセスを仕組み化したものです。

 OSTの参加者は、参加者で作った円の真ん中に紙とペンを置き、自分の話し
合いたいテーマがあれば、自ら立ち上がって紙とペンを取りに行き、書いて読
み上げるところから始まります。

 すぐに踏み出すには勇気が要ります。なかなか立ち上がる人が現れないとい
う状況も発生します。しかしそこでファシリテーターはじっと我慢して、誰か
が勇気を出して立ち上がるのを待ちます。やがて誰かが立ち上がると他のメン
バーも続いて立ち上がっていくといった場が生まれます。

 自分が共感したテーマのグループに入っても、自分の貢献度が低いと感じた
ときにはいつでも他のグループに移動できるという基本ルールがあります。そ
のためリーダーには、指示命令ではなく、プロジェクトに対する思いを語りメ
ンバーの共感を引き出して自発的な参加を促すリーダーシップが自然と求めら
れます。

 人の行動を後押しするためには「待つ」ことを意識することがコツなのかも
しれません。組織運営だけでなく教育など様々な人を育てる場にも活用できそ
うな一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/08/16]----------------------------------------------------------
●電子回路シミュレータ活用技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みシステムにおけるプログラム開発技術 SH編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/08/18]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2018/08/19]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2018/08/21]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinuxデバイスドライバ開発技術 Kernel2.6対応(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計技術者のための総合力学(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●機械保全実践技術 設備点検・対処法(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/08/22]----------------------------------------------------------
●地震被害から学ぶ住宅の構造技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 図面構築手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第27回ロジカルプレゼンテーションコース
○(公財)日本生産性本部 グローバルマネジメントセンター
 <東京>日本生産性本部セミナー室(東京・永田町)他

[2018/08/25]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/08/26]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/08/27]----------------------------------------------------------
●製造業におけるリスクマネジメントシステム構築技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●旋盤精密加工技術(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/08/28]----------------------------------------------------------
●FA用タッチパネル活用技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●住空間リフォーム提案力実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計者のための公差解析技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●Javaによる組込みのためのプログラム開発技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●測定データの活用技術 QC編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/08/29]----------------------------------------------------------
●アナログ・ディジタル混在回路におけるノイズ対策技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/08/30]----------------------------------------------------------
●組込みシステムへのオブジェクト指向設計(UML)適用技術Java編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
●次回の配信について
 来週は、お盆期間中のため休刊させていただきます。
 次号は、8月20日に配信予定です。よろしくお願いいたします。

─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。