経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.977-

2018/06/11

==2018年06月11日●第977号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「ダイバーシティ2.0」の検討会提言を取りまとめました
 【経済産業省】
 http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180608001/20180608001.html

○企業の教育訓練投資と生産性
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j021.pdf

○「人手不足等への対応に関する調査」集計結果
 【日本商工会議所】
 https://www.jcci.or.jp/Laborshortagesurvey2018.pdf

○2018年度 中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果について
 【東京商工会議所】
 http://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=122904

○転職決定者に聞いた「転職活動時に注力したこと・後悔したこと」
 「リクルートエージェント」 転職決定者アンケート集計結果
 【株式会社 リクルートキャリア】
 https://www.recruitcareer.co.jp/news/20180607.pdf

○リアルタイム心理計測と機械学習による個人のワーク・エンゲイジメント
 向上要因を推定する技術を開発
 【株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所】
 http://www.keieiken.co.jp/aboutus/newsrelease/180605/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.469
───────────────────────────────────

 毎年、4月の風物詩ではないが、日本生産性本部が発表していた「今年の新
入生のタイプ」の命名、どのような経緯かわからないが、今年から産労総合研
究所という機関が発表されることになったという。

 その第一号の命名は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」−SNSを活用
してグループの協力関係を作りスピーディーに活動−オリンピックで金メダル
を獲得した女子チームパシュートの話題性も盛り込んでの命名でもあり、毎年、
「うまいなあ」とうなるばかりである。

 売り手市場傾向を追い風にスピーディーに就職活動を終える、少数の仲間同
士でSNSを活用し、綿密な情報交換で協力関係を構築し就活を進めるといった
背景があるのだという。もしかしたら、それなりの企業にも入れる時代、社屋
やオフィス、社員食堂などのインスタ映えも含まれているのどはないかとも感
じている。

 ところで、この新入社員のタイプ命名、いつから始まったかご存じだろうか。
1973(昭和48)年が第一回目で、そのときの発表母体は現代コミュニケーショ
ンセンター、坂川山輝夫氏が発表していた。記念すべき命名第一号は“パンダ
型”−おとなしく可愛いが、人になつかず世話が大変−とのこと。ちなみに、
前年の1972年11月5日に、上野動物園でジャイアントパンダのカンカンと ラン
ランの一般公開が開始されたのであり、まさにブーム、世相を反映している。

 坂川氏による命名発表は2002年まで、2003年から日本生産性本部からの発表
に変わった。そして、今年から産労総合研究所へと受け継がれてきたといえる。

 世相を的確に反映させて45年…各年を事細かに見ることもなかなないが、当
時22歳で入社した人も、定年を迎えている訳で、現役であれば自分も含めて45
タイプの新人を見てきたことになる。
 年月の重みを改めて感じる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『小さな組織の「番頭」論 トップを目指さないリーダー』
  桜井 義維英(著) / みくに出版

 「リーダー」といえば、経営者など、組織のトップに立つ人を思い浮かべる
ことが多いと思います。しかし、世の中の大半のリーダーはトップではなく、
その下にある部署やグループといった小さな組織のリーダーとしての役割を担
う「トップではないリーダー」が大多数です。

 トップにならなくても、目指さなくても、役割上「トップではないリーダー」
には誰もがなる可能性があります。しかし、リーダー=特別な存在というイメ
ージは根強いものがあります。誰もが担うかもしれないリーダーをどのように
務めればいいのでしょうか。

 本書ではトップではないリーダーを「番頭」と表現しています。番頭とは、
トップが安心して相談することが出来る腹心、組織のナンバー2の役割です。
トップの思いを具体的な事業に落とし込んで展開していくのが番頭の大きな役
割となります。

 そのプロセスで気を付けるべき点として、絶えずトップの思いとズレが生じ
ていないかを確認しながら進めることを挙げています。トップに対して報連相
を怠らないことで、トップに対して「あなたが言った事なんですよ」と確認し
続けます。このやり取りが、この事業をそのまま継続するかそれとも方向転換
するべきか、トップが現状を踏まえて進むべき方向性を判断することが可能に
なるといいます。

 トップは組織の進む方向性を見つけるために情報収集をする一方、番頭は進
むべき方向性に対して事業を作っていくために情報収集をして、常に方向性の
変化に対応できるよう準備を整えておくことが求められます。
 
 情報を取捨選択しながら、どう動くべきか。リーダーは「小さな決断」を日
々迫られます。本書では決断を先送りにしない方法として、日々繰り返す生活
習慣を大切にすることを薦めています。「使った物は元に戻す」というように
習慣として決めたことを決めた通りにする事を繰り返す。これが決断を繰り返
すということだといいます。

 特別なことではなく、日々の生活習慣にリーダーに求められる決断するコツ
があるということは、誰でも小さな組織のリーダーを担う力は磨くことができ
るといえます。
 組織で働く意味をあらためて考えさせられる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/06/18]----------------------------------------------------------
●フライス盤精密加工技術(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●TIG溶接実践技術 アルミニウム合金板材編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●第4回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>立川商工会議所

[2018/06/19]----------------------------------------------------------
●制御系アプリケーション活用技術 古典、現代、ディジタル制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/06/20]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 FET編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●鉛フリーはんだ付け技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/06/21]----------------------------------------------------------
●成功事例から学ぶ品質の維持と向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●TIG溶接実践技術 ステンレス鋼板材編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●標準作業手順書の作り方と効果的な現場運用管理(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/06/25]----------------------------------------------------------
●有接点シーケンス制御の実践技術 電動機制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現場の安全確保と生産性向上 5S実践力強化(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●炭酸ガス半自動アーク溶接技能クリニック(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/06/26]----------------------------------------------------------
●組込みLinux実装技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/06/27]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 OPアンプ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/06/28]----------------------------------------------------------
●被覆アーク溶接実践技術 各種姿勢溶接(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/07/02]----------------------------------------------------------
●製造現場の問題解決力向上 実践コース(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●マシニングセンタ実践技術 プログラミング編(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/07/03]----------------------------------------------------------
●製造現場の小集団活動実践(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践的な冷媒配管の施工と空調機器据付け技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLCによる自動化制御技術 応用命令編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/07/04]----------------------------------------------------------
●鉛フリーはんだ付け技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践インバータ回路の設計と評価(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図 形状編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/07/05]----------------------------------------------------------
●現場監督者の実践力向上 成果を出すリーダー育成(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/07/07]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/07/08]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー 午前の部(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。