経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.969-

2018/04/09

==2018年04月09日●第969号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○平成29年度「能力開発基本調査」の結果を公表します
 【厚生労働省 人材開発統括官付人材開発政策担当参事官室】
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000200645.html

○仕事と育児の両立支援に係る総合的研究会報告書を取りまとめました
 【厚生労働省 雇用環境・均等局】
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000200897.html

○管理職の一側面
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j013.pdf

○大手企業におけるグローバル経営人材の育成に関する実態調査
 〜グローバル共通の仕組みで経営人材を育成できている企業は2割に留まる〜
 【三菱UFJリサーチ&コンサルティング 株式会社】
 http://www.murc.jp/thinktank/rc/report/consulting_report/cr_180404.pdf

○第10回「ワークライフバランス大賞」受賞発表
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 https://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001532.html

○NEC、生体情報から従業員の長期ストレスの増加を早期発見可能な技術を開発
 【日本電気 株式会社】
 https://jpn.nec.com/press/201804/20180406_02.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.465
───────────────────────────────────

 またもや、主役不在の議論が始まった。
 経団連は三月の会長・副会長会議で、学生の就職活動ルールの見直しに着手
したという。有名無実化して、いまさら建前としても「ルール」になっていな
いものを「ルール」というのも納得いかないが、そもそも新卒に限ったルール
が必要かも根本から見直す必要があると感じている。

 現状、経団連では、1.採用面接と説明会の解禁を三月に一本化。現状、説明
会解禁は三月、面接は六月実態は、実質的な説明会は三月以前、面接は三月か
らスタート。2.ルールを「一つの目安」と緩める。現状と何ら変わらず。目安
にしているのは就職情報会社の合同セミナーなどの開催時期だけ。3.採用面接
を六月から四月に前倒し。現状より後退、三月に前倒し進む。4.ルールの廃止。
 以上4つの案を軸に今後、検討を進めていくという。個々に簡単なコメントを
つけたが、4の廃止以外、どんなルールにしても守られることはないだろう。

 外資系など経団連未加入の企業は全く制約を受けていないし、未加入のIT系
の大手が一番先行し強力な採用をしている以上、対抗するにはルールなど構っ
ていられないのが実情ではないか。

 そして、ここでの議論には更に中小企業が忘れ去られ、学生は常に不在であ
る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『予定通り進まないプロジェクトの進め方』
  前田考歩・後藤洋平(著) / 宣伝会議

 「プロジェクト」というとどんなイメージを思い浮かべますか?
 一大プロジェクトのように、大きなスケールで語られることも多いですが、
旅行やマイホームを建てるといった個人的な活動もプロジェクトとです。本書
では課題の大小や個人や組織も関係なく、新しいことに試行錯誤しながら取り
組むこと、つまり「未知との闘いの連続」=「プロジェクト」としています。

 プロジェクトに取り組もうとするとき、まず計画を立てて進めていくことが
ほとんどだと思いますが、計画どおりにいかず遅れていくということは誰もが
経験しているところではないでしょうか。そもそも新しいことに取り組むのが
プロジェクトであり、予定通り進まないことは問題ではなく、「いかに遅れて
いるか」「どのように遅れているか」が分からない状態にあることが問題だと
いいます。

 本書では「プロジェクト譜」(以下、プ譜)という手法で、プロジェクトの
状況・全体像を把握する方法を紹介されています。将棋の「棋譜」(対局を始
めから最後まで記録したもの)と、「感想戦」(対局終了後、対戦者と対局を
再現しながら一手一手を振り返ること)にヒントを得て作られたものです。
 
 新たなことに取り組むプロジェクトが予定通り進まない要因としては、プロ
ジェクトが始まる段階では、明確な目的や目標が立てにくいため、やりながら
探っていくものであることが挙げられます。目標達成のために取り組んだ施策
の結果を振り返るだけでなく、施策を実施した後から得られた情報を書き加え
て、何をもってこのプロジェクトの成功とするのか、目的や目標を見直してい
くことが必要となります。

 もう一つ大きな要因としては、時間経過とともに、プロジェクトを取り巻く
状況や環境が逐次変化し続けているためです。プロジェクトを円滑に進めるた
めには、プロジェクトが進むなかで、人材や予算、競合、技術、環境など、取
り巻く状況の変化を可視化しておくことで、なんだかよく分からない問題を少
しでも理解可能なものとして見ることができます。

 思った通りにならないことにどう向き合うのか、仕事だけでなく人生をプロ
ジェクトと捉えれば、自身のキャリアを考えるのにも参考になる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/04/16]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 トランジスタ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●コスト削減と製造現場の原価管理(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/17]----------------------------------------------------------
●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/18]----------------------------------------------------------
●ディジタル回路設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/21]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/04/24]----------------------------------------------------------
●モータの特性と制御回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●自家用電気工作物の保守点検技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/25]----------------------------------------------------------
●電気系保全実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/04/26]----------------------------------------------------------
●製造現場担当者の実践力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。