経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.965-

2018/03/12

==2018年03月12日●第965号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○組織変動に伴う労働関係上の諸問題に関する調査
 ―労使ヒアリング調査編―
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2018/documents/196.pdf

○喫煙・肥満と労働市場成果
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j010.pdf

○定年制の廃止はなぜ難しいのか
 【株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所】
 http://www.keieiken.co.jp/pub/yamamoto/column/column_180301.html

○経営持続に不可欠な中小企業経営者の企業家としての役割
 −生産性向上による稼ぐ力を常に意識する企業家マインドこそがカギ−
 【信金中央金庫 地域・中小企業研究所】
 http://www.scbri.jp/PDFsangyoukigyou/scb79h29F17.pdf

○自営業者の働き方の実態 ―Works Indexからの考察―
 【日本政策金融公庫】
 https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1802_06.pdf

○「勤務先のダイバーシティ推進」調査結果を実施
 【ランスタッド 株式会社】
 https://www.randstad.co.jp/wt360/archives/20180305.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.463
───────────────────────────────────

 今年も約250人の学生に対する授業が終わった。今年の特徴は、1つのキャン
パスがこれまでの選択必修から必修科目に変わり、履修者が異常に多くなった
ことと、選択科目でないので、本気で就活する気があるのかわからず、手探り
での指導になったことである。

 そして、もう一つの特徴が、休憩時間などで学生が「ちょっと良いですか」
と寄ってきて、自己PRの添削にでも来たかと思っていると「先生、ぼく(私)
ってどんな仕事に向いていますか」と質問してくることである。これまで毎年
1−2人はいた記憶があるが、今年は30人くらいに上る。

 「どんな仕事に向いているか」「適性があるか」「どんな仕事をやりたいか」
を自己分析や就活を通じて、情報収集や研究して意思決定していく授業なのに
…と授業の趣旨そのものに不安を覚えてしまった。

 本のタイトルは忘れてしまったが、某誌に“今どきの若手のメンタリティ”
といったものが載っており、そこで今どきの若者の特徴を『「正解を検索」メ
ンタリティ− どこか外側に正解を探し求める、自分で考える力が鍛えられて
いない』とあったが、まさにその傾向の現れだろう。

 就活は強い追い風、多少の自己分析の不足は企業側の甘くゆるい評価で補っ
てくれるだろう。
 ただ、「君は我が社に向いている」「君は我が社の仕事に向いている」と優
しく巧みにささやかれてほいほいと内定を受けるのだけは止めてほしい。

 自分の目で確かめ、自分の判断軸で相手の話を聞き、自分で考えて、よりベ
ターな選択をしてもらいたいものである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『職場のハラスメント なぜ起こり、どう対処すべきか』
  大和田 敢太(著) / 中公新書

 パワハラ・セクハラ・モラハラ・アカハラ・マタハラ…
 これらの言葉を聞かない日がないくらい、様々なメディアでハラスメントが
取り上げられるようになりました。一部の業界・職業に限らず、スポーツ界や
政界、学校など様々な分野にわたっており、もはや社会問題ともいえます。

 一方で、これらの問題はあくまで起こした個人の問題だと取り扱われること
も多く、当事者への対処はなされても、また同じことが同じ環境で繰り返され
るという悪循環に陥るケースも少なくありません。

 本書では、職場でのハラスメントの要因を個人に向けるのではなく企業組織
の経営の問題として捉えることの必要性を繰り返し述べられています。国内外
の調査研究でハラスメントが個人要因より組織要因によって発生することが多
いという結果が出ていることも紹介されています。

 ハラスメントの対策を実施する上で、下記の三点を明確にしておくことが重
要だといいます。1.ハラスメントする「意思」や「目的」の有無は、ハラスメ
ントの認定に関係ない。2.正当な指導や教育であってもハラスメントになり得
ること。3.パワーハラスメント(パワハラ)とは日本独自の概念であること。

 ここでは特に3.に着目します。日本では職場のハラスメント=パワハラとい
うイメージが定着しつつありますが、それがさらにパワハラを助長する環境を
つくる可能性を指摘しています。
 パワハラはそもそも使用者(上司)と労働者(部下)の両者の関係性を当た
り前に使用者優位と位置づける考え方がベースとなっています。上下関係ばか
りに問題意識が向いてしまい、同僚間や顧客など上下関係以外の要因で発生し
ているハラスメントを見えにくくする可能性もあります。

 使用者と労働者の関係は本来、労働契約の関係から対等であり平等であると
いう原則の下、安全な職場環境づくりを経営課題として取り組むことが今後ま
すます求められると感じました。

 人がハラスメントに力を向けなくていい職場にするにはどうしたらいいか、
職場づくりのポイントを学べる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/03/19]----------------------------------------------------------
●タブレットを活用したシステム構築 Android6.0対応(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●タブレット型端末を利用した通信システム構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場の小集団活動実践(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/03/22]----------------------------------------------------------
●ヒューマンエラー対策実践〜ポカミスのない職場作り〜(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/04]----------------------------------------------------------
●有接点シーケンス制御の実践技術 電動機制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/04/07]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/04/09]----------------------------------------------------------
●生産現場改善手法 現場力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●旋盤精密加工技術(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/04/10]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/04/11]----------------------------------------------------------
●現場の安全確保と生産性向上 5S実践力強化(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/04/14]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2018/04/15]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。