経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.963-

2018/02/26

==2018年02月26日●第963号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○Society5.0の実現に向けたイノベーション・エコシステムの構築
 【一般社団法人 日本経済団体連合会】
 http://www.keidanren.or.jp/policy/2018/010.html

○健康経営優良法人2018認定法人が認定されました!
 〜大規模法人部門541法人、中小規模法人部門775法人を認定〜
 【経済産業省】
 http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180220003/20180220003.html

○2017年度 新入社員 秋の意識調査
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 https://activity.jpc-net.jp/detail/mdd/activity001530.html

○AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査
 【日本労働組合総連合会:連合】
 https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20180216.pdf

○人手不足に対する企業の動向調査(2018年1月)
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180206.pdf

○愛知県の女性の働き方に関する意識(東京圏との比較)
 【三菱UFJリサーチ&コンサルティング 株式会社】
 http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_180219.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.462
───────────────────────────────────

 1月に発表された厚生労働省、文部科学両省が発表した今週卒業予定の大学
生の就職内定率が2017年12月1日時点で86%になった。前年同期比1.0ポイント
増で、同調査が始まった1996年以降の最高を記録したという。また、7年連続
の上昇で、この傾向はまだまだ続くだろう。

 景気の緩やかな回復、働き方改革での要員確保、団塊の世代の本格的リタイ
ア…要因は多々あるが、今年から18才人口が減っていく「2018年問題」がスタ
ートしていき、若年労働者そのものの確保が難しくなることで、中長期的な人
材確保の視点もあるといえる。因みに、今年の新成人は123万人前後、驚くこ
とに20年後の新成人は97万人、25-6万人の減少となる。

 大学の定員割れは改善されたとはいえ約4割、学校経営、塾・予備校、「は
れの日」問題はとんでもないことたが、子ども商売の大半に大きな影響が及ぶ。

 内定率に戻る。男女別の内定率では、男性85.2%、女性87%と、女性の内定
率の高さは今年も同じだ。最早、企業も男女といった性別の括りよりも、実力
や将来性などでの評価に至っているようだ。

 こうした環境であるが故に、学生には志望企業を一段、二段上げろと何度も
促している。最早、就職も基本は“全入”の時代。内定を取ることは比較的容
易。強い追い風を利用して「どこの内定」をゲットするか、それを強調してい
る。

 一方で、できることはたかがしれているーではないが、身の丈、諦観世代で
ある。視野や視座を変えるのは大変である。志望動機の添削をしていても、応
募先を見てため息がでることも…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『「事業を創る人」の大研究』
  田中 聡 中原 淳(著) / クロスメディア・パブリッシング

 市場や顧客のニーズが日々変化する環境のなかで、企業は存続するために新
たな価値を提供し続けることが求められています。そのためには新規事業を創
り続けていくことが欠かせなくなっています。

 新規事業の創り方について、成功した経営者や企業の事例や、研究者による
戦略論などのノウハウに関する書籍は多数あります。新規事業といえば、アイ
デアを重視した取組が多いですが、実際にはそのアイデアを実行に移すヒト・
カネ・モノ・情報といった資源をどう調達するかが事業の成否を分けます。

 そのためには既存の事業で培った社内人脈や組織内の根回しなど周囲の人を
どう巻き込みながら進めていくか、また限られた「あり合わせ」の資源でどう
工夫できるかが重要なポイントとなります。つまり、戦略を練って実行する担
い手である「人」やその土台となる「組織」に着目する必要があると言えます。

 本書では、新規事業を「人と組織」の側面から考える内容となっています。
ここでいう「人」というのは、新規事業を創る人だけでなく、創る人を支える
(逆に邪魔をする)役割の社内や周囲の人も指しています。

 新規事業を担当する人が日々の仕事を振り返ることができる相手がいるかど
うかという調査で、特にいないという割合が多いという調査結果が紹介されて
います。つまり、事業を創る人が孤独な存在になりがちだということが示され
ています。経営層が新規事業を担当者に任せっきりにしてしまうこと、また既
存の事業の枠組みで新規事業を評価してしまうことが、周囲の環境が事業を創
る人を疲弊させてしまいます。

 創る人を育て支えるためには、新規事業に取り組んだ人が、その後組織でど
のようなセカンドキャリアを歩むのか、事業を創った経験を次に活かせるキャ
リアパスを事前に構築しておくことが重要という点が特に印象に残りました。

 新規事業は人と事業を育てる“育成事業”だというメッセージが会社全体に
伝わり、事業を創ることにチャレンジしてみようという人が育つ組織風土が作
られると感じました。
 人と事業の関係性について、あらためて考えさせられる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/03/06]----------------------------------------------------------
●PLCによるサーボモータ制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 機械要素編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/03/07]----------------------------------------------------------
●ディジタル電子回路のノイズ対策(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空気圧装置メンテナンスとトラブルシューティング(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践的原価管理による生産性向上(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/03/10]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/03/11]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/03/12]----------------------------------------------------------
●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/03/14]----------------------------------------------------------
●FAセンサ活用技術 計測・画像センサ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造現場の小集団活動実践 効率的、効果的なQCサークル活動(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●モータの特性と制御回路技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/03/17]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/03/19]----------------------------------------------------------
●タブレットを活用したシステム構築 Android6.0対応(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●タブレット型端末を利用した通信システム構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場の小集団活動実践(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/03/22]----------------------------------------------------------
●ヒューマンエラー対策実践〜ポカミスのない職場作り〜(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。