経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.961-

2018/02/12

==2018年02月12日●第961号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○中途採用実態調査 (2017年上半期実績、2018年度見通し)
 【リクルートワークス研究所】
 http://www.works-i.com/pdf/180202_midcareer.pdf

○全国の現役世代が選ぶ!2018年の「KAIKA経営トレンド」
 第1位は「脱『労働時間』」
 【一般社団法人 日本能率協会】
 https://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=499

○競争と協調 〜企業の存在意義はどこにあるのか〜
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/57780_ext_18_0.pdf

○2018年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査
 【株式会社 産労総合研究所】
 https://www.e-sanro.net/share/pdf/research/pr_1802.pdf

○2017年6月度 定期賃金調査結果
 【一般社団法人 日本経済団体連合会】
 http://www.keidanren.or.jp/policy/2018/006.pdf

○副業・兼業の促進に関するガイドライン
 【厚生労働省】
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000192844.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.461
───────────────────────────────────

 ご存じの方も多いと思うが、森下仁丹が募集した「第四新卒」。
 応募者が2千人に達したという。

 経営幹部候補の即戦力確保が狙いで、40代−50代がターゲットだったようだ
が、20代−70代と幅広い年齢層からの集まったという。同社では会社を3年程
度で辞めて転職する「第二新卒」、大学院の博士課程修了(ポスドク)を「第
三新卒」と呼ぶことを踏まえて、社会経験が豊富な人材を「第四新卒」として
ネーミングしたという。確かに目を引くネーミングで、話題にもなる。

 折しも、伊勢丹三越HDが来年度からバブル期入社の幹部を狙い撃ちにしたよ
うな人員削減策も始める。バブル期に大量入社した社員が50代に差し掛かり、
一部では「お荷物」社員などと呼ばれる時代である。
 また、三菱UFJファイナンシャル・グループが今後10年程度で1万人程度の人
員を削減すると報道されたばかりである。因みに、人材紹介会社に勤める友人
によると、このところ銀行員の登録が増加しているという。

 そんな中でも「第四新卒募集」、採用は数人程度で倍率は200倍を超えると
のことだが、朗報ともいえる。

 転職求人サイトDODAのCM、「条件は今よりいい会社。以上。」というキッパ
リ感のある台詞が印象深い。国内経済の成長余地は減少し、ITやAI技術の高度
化によって仕事も仕組みも変化はますます激しく速くなるだろう。また、東京
五輪以降の“宴の後”も懸念材料である。

 人手不足と人手の余剰、相矛盾する事柄が複雑に織りなす時代に突入したと
いうことだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『【新版】リーダーシップからフォロワーシップへ』
  中竹 竜二(著) / CCCメディアハウス

 あなたの理想のリーダー像は?と質問されたらどんなイメージを思い浮かべ
ますか。

 先頭に立って周囲を引っ張るカリスマ的なリーダーシップを発揮するイメー
ジする方もいれば、周囲の成長をサポートするような関わり方(フォロワーシ
ップ)で見守るリーダーをイメージする方もいるでしょう。前者のイメージも
根強いですが、最近は後者をイメージする人も増えてきました。

 職場でいえば、望まなくても役職でリーダー的な役割を担うことになる可能
性は誰にでもあります。それを前提に考えると、これからの組織では、カリス
マ的な人のやり方だけではなく、その人なりのリーダーとしての役割を果たす
方法を確立していく必要があります。リーダーに求められる条件は人それぞれ
様々な見解がありますが、最低限共通するポイントとして、「言動に一貫性が
あること、ブレないこと」が挙げられています。
 
 本書では、一貫性=その人の確立された「スタイル」のことを指しています。
スタイルの例として、【日本一オーラのない監督】【期待に応えない】【他人
に期待しない】など著者のスタイルが紹介されています。

 スタイルの確立はリーダー自身だけでなく、フォロワー各自のスタイル構築
を支援することもリーダーのフォロワーシップで最も重要と指摘しています。
フォロワー自身がスタイルを構築し、それを活かして行動することを個人面談
やチームトークなど対話を活用しながら後押ししていく、フォロワーシップの
具体的な手法も紹介されています。
 
 「ブレない」というのは、頑なという意味ではなく、いかに自然体でいられ
るかがポイントだと感じました。リーダーもフォロワーも自然体で、主体的に
働く組織づくりのヒントになりそうな一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/02/20]----------------------------------------------------------
●<設計者のための構造シリーズ>RC構造物における構造計算技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実習で学ぶ高周波回路の設計と製作(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●サーボ制御技術 ロバスト制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空圧システムにおけるトラブルの原因究明と改善(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●計測制御技術 RS-232C・USB編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●生産プロセスの課題と製品の品質向上のための実験計画法の活用(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/02/21]----------------------------------------------------------
●油圧システムの保全技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/02/22]----------------------------------------------------------
●被覆アーク溶接実践技術 各種姿勢溶接(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/02/24]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/02/26]----------------------------------------------------------
●<CAE技術(熱解析編)>設計者のためのCAE活用技術 熱解析編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●3次元測定実践技術 寸法測定編(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●戦略的現場管理者の育成〜できる管理者になろう〜(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●追加第2回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2018/02/27]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 トランジスタ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●マイコン技術者のためのCANインターフェース技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinuxによるマルチスレッドソフトウェア開発技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/03/01]----------------------------------------------------------
●製造現場におけるLAN活用技術 外部接続実践編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第20回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2018/03/03]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/03/06]----------------------------------------------------------
●PLCによるサーボモータ制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 機械要素編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/03/07]----------------------------------------------------------
●ディジタル電子回路のノイズ対策(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空気圧装置メンテナンスとトラブルシューティング(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践的原価管理による生産性向上(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/03/10]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/03/11]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。