経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.956-本年もよろしくお願いいたします

2018/01/09

==2018年01月09日●第956号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス〜労働生産性を考える
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

─<新年のご挨拶>──────────────────────────

 あけましておめでとうございます。
 今年最初の人材開発メールニュースです。

 今年の弊社のテーマは「学びほぐし・アンラーニング」。

 既得の思考・習慣にとらわれず新たな価値を追求したいと考えております。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 株式会社ヒューマナイズ 代表取締役:吉次 潤(よしつぐ じゅん)
───────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○平成29年「就労条件総合調査」の結果
 【厚生労働省】
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/17/index.html

○非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2017
 【一般社団法人 日本経営協会】
 http://www.noma.or.jp/nnr/tabid/499/Default.aspx

○企業の多様な採用に関する調査
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/press/documents/20171226b.pdf

○求職トレンド調査2017
 【株式会社 リクルートホールディングス】
 http://www.works-i.com/pdf/171226_jst2017.pdf

○女子中高生とその母親世代に「働き方改革に関する意識調査」を実施 
 【GMOリサーチ 株式会社】
 http://gmo-research.jp/pressroom/survey/voluntary-survey-20171225

○イノベーション創出のための兼業・副業解禁、ジョブ・リターン制度導入
 〜個々人の経験や知見の多様性をさらに強化〜
 【コニカミノルタ 株式会社】
 https://www.konicaminolta.com/jp-ja/newsroom/2018/0105-01-01.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

 今年最初のワンポイント・アドバイスです。
 本年もよろしくお願いいたします。

 「労働生産性を考える」

 人手不足、働き方改革に関する話題が多い昨今ですが、同時にいつも話題に
挙がるのが「生産性」「労働生産性」というワードです。労働生産性が低いの
で…、労働生産性を向上させなければ…、よく使用されるフレーズです。人材
開発の領域でも労働生産性というワードが頻出しますが、正しく理解されてい
ないことがよくあります。

 一番シンプルな生産性に関する算出方法は、下記の式になります。
 生産性=産出(Output)/投入(Input)

 労働生産性とは「産出(労働の成果)」を「投入(労働量)」で割ったもの、
言い換えれば「労働者1人当たりが生み出す成果」あるいは「労働者が1時間で
生み出す成果」になります。

 成果を何で測るかによって生産性の意味合いも変わりますが、企業が新しく
生み出した金額ベースの価値、すなわち付加価値額をベースに算出する付加価
値生産性が、人材開発分野で通常使用されている労働生産性になります。

 従って時間当たり労働生産は、「付加価値額(成果)」を「労働者数×労働
時間(労働量)」で割ったものになります。「付加価値額」が分子、「労働者
数×労働時間」が分母になります。公益財団法人日本生産性本部では、付加価
値額を下記のような式で表しています。

 付加価値額=人件費+企業運営費+経常利益+減価償却費

 一番誤解されている点は、人件費が分子に入ることです。人件費はインプッ
トではなくアウトプット=付加価値額です。人件費をインプットとして誤解し
ていると(誤解されていることが多いわけですが)、本質的な生産性向上にた
どり着きません。
 人件費と経常利益の向上を目指しながら、労働者数と労働時間の適正化を図
ることが労働生産性を向上させる鍵となります。分子、分母が連動性を持つ中
で、戦略的に労働生産性をどう向上させるか、人材開発部門(担当者)に求め
られる大きな課題の一つです。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://blog.livedoor.jp/hrd_net/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2018/01/15]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>サーフェスを活用した製品設計(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●NC旋盤技術 プログラム〜加工編(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●第17回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>立川商工会議所

[2018/01/16]----------------------------------------------------------
●実践建築製図作成技術(2次元CAD)AutoCAD編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 RX-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みソフトウェア開発者のための開発プロセス・テーラリング技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●モータの特性と制御回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●PLCによる自動化制御技術 応用命令編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第18回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2018/01/17]----------------------------------------------------------
●実習で学ぶ木造軸組工法の施工技術 躯体編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●生産現場での問題発見・問題解決 なぜなぜ分析実践(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電気系保全実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●機械設備における診断・評価・改善技術 回転機械編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●溶接技術者・品質管理技術者のための非破壊検査技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●マイコンによるLAN制御システム開発実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/20]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2018/01/22]----------------------------------------------------------
●実践機械製図 形状編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<CAE技術>CAEを活用した構造解析技術 モデル化実践編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ヒューマンエラー対策実践 ポカミスのない職場づくり(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/23]----------------------------------------------------------
●設計者のための構造シリーズ 鉄骨構造物における構造計算技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 ARM-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinuxデバイスドライバ開発技術 Kernel2.6対応(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●切削加工の検証 旋削編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●空気圧技術 実用回路編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/24]----------------------------------------------------------
●実践建築製図作成技術(2次元CAD)Jw_CAD編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践インバータ回路の設計と評価(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御による実践的インバータ制御技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●組込み技術者のためのプログラム実践編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造現場の改善活動推進と継続性(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●旋盤実践応用技術 セットコース(7日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/25]----------------------------------------------------------
●TIG溶接実践技術 ステンレス鋼板材編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第6回 ディベートスキル基礎セミナー
○公益財団法人日本生産性本部
 <東京>生産性本部会議室 他

[2018/01/27]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/01/28]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2018/01/29]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/30]----------------------------------------------------------
●オブジェクト指向プログラム開発技術 C#編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●倒立ロボットの製作と制御技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●空気圧技術 実用回路編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/31]----------------------------------------------------------
●実習で学ぶ木造軸組工法の施工技術 内装編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2018.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。