経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.953-

2017/12/11

==2017年12月11日●第953号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

====[PR]============================================================
大人の武者修行<福岡開催>共栄資源管理センター小郡「短期特別プログラム」 
「キャリア支援企業表彰」選出企業で早期離職低下に向けた方策を学ぶ
【日時】2018年1月29日(月) 13:00 〜 1月31日(水)15:00
【主催】公益財団法人 日本生産性本部 E-mail : shugyo@jpc-net.jp
【詳細】http://seminar.jpc-net.jp/detail/srv/seminar009182.html
============================================================[PR]====

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】結果
 【一般社団法人 日本能率協会】
 https://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=484

○法政大学大学院・石山研究室×パーソル総合研究所
 「ミドルからの躍進を探究するプロジェクト」
 【株式会社 パーソル総合研究所】
 https://rc.persol-group.co.jp/news/201712051320.html

○長時間労働の改善のための考察
 −新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/57262_ext_18_0.pdf

○シニア世代就業者の満足度を高める雇用形態や条件は何か
 ―高齢者の活躍を促す働き方の探索―
 【日本政策金融公庫】
 https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1711_01.pdf

○SDGs目標4(教育):世界の教育格差の是正を目指して
 ―ベトナムでの取り組みから見えたICT活用の可能性―
 【株式会社 富士通総研】
 http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/column/opinion/2017/2017-12-1.html

○AI分野の技術開発や事業開発を担う人材を育成する社内講座
 『ダイキン情報技術大学』を開講
 【ダイキン工業 株式会社】
 http://www.daikin.co.jp/press/2017/171205/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.457
───────────────────────────────────

 11月20日に日本私立大学連盟が、企業が採用時に実施する一日限りのインタ
ーンシップでの「ワンデー・インターンシップ」という呼称をやめるよう経済
団体などに求める提言を発表した。

 「就業体験とは名ばかりで、実質的な先行の場になっているケースが多く」
学生に「無用な混乱と負担を招いている」として、「本来のインターンシップ
と明確に分離すべきだ」としている。

 一方、全国の大学でつくる就職問題懇談会と内閣府が行った企業や学生への
意識調査によると17年度にインターンシップを実施した企業は、46.8%とほぼ
半数に達し、実施日数は一日が最も多く38.2%という。「インターンシップは
一日」が定着した感がある。実施時期は2月と8月が最も多く、3月1日解禁を前
にすれば学生への自社認知・アピール、優秀学生の囲い込みを意識すればする
ほど、2月に一日型が多くなるのは自明の理といえる。また、同調査ではイン
ターンシップで採用のための選考をしている企業は7.4%、実質的な説明会、
選考の場になっているといっていいだろう。

 それを前提に、大学ではインターンシップ、業界研究セミナー、ダイレクト
リクルーティング関連のイベントに出るように学生の尻を叩いている。

 先日、教え子の学生が東海地区の中堅どころの企業のインターンシップに参
加して、本番でのエントリーシートと第一次面接の免除権(?)をもらってき
たが…と相談に来た。来年3月1日からは二次面接からスタートできるという。

 多分、今後、こんなことが横行するだろうし、2月には内定出し(実際は今
年も3月1日時点で6.2%内定※リクルートワークス調べ)も進むだろう。

 学生争奪戦は早くも大混戦、心理戦、体力戦、消耗戦に入ろうとしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『アイデアスケッチ
  アイデアを<醸成>するためのワークショップ実践ガイド』
  James Gibson 小林 茂 鈴木宣也 赤羽 亨(著) 
  /ビー・エヌ・エヌ新社

 会議やミーティングの場で、思うように意見やアイデアが出ない、または意
見やアイデアは出るがまとまらず、アイデアのままで終わってしまうというこ
とは少なくありません。

 ファシリテーションを始め、会議やミーティングの場を活性化するための手
法を学ぶ場も増えました。ただ、実際に活用するのが難しいという声も多く聞
かれます。例えば、異なる立場・専門性・分野などお互いの「共通言語」がバ
ラバラな人が集まるプロジェクトのような場だと、まずお互いの理解と共通認
識をつくるのに時間がかかり過ぎてしまい、議論が進まないというケースもあ
ります。

 バラバラな人たちが集まっても比較的短期間で共通言語をつくり出すことが
出来る手法として、「アイデアスケッチ」という手法を紹介されています。ア
イデアスケッチは、もともと「IAMAS(イアマス:情報科学芸術大学院大学)」
という岐阜県にある大学院大学で導入された手法です。多様な分野から集まっ
た教員や学生がお互いのアイデアを紙にスケッチとして描くことで、お互いの
イメージを視覚化して共有するという一連のブレインストーミングの流れを指
します。

【アイデアスケッチの流れ】
 まずは会議やミーティングで取り組む課題について、「マトリクスワークシ
ート」を使って「いつ」「だれ」といった二つの軸で整理する。1.アイデアを
「スケッチワークシート」を使って視覚化して共有する。2.他の人のアイデア
をもとに、さらにスケッチをブラッシュアップして共有する。3.アイデア同士
の関係性を並び変えたり、位置づけして整理しながら徐々にアイデアを「醸成」
していく。

 スケッチワークシートにはスケッチを描くスペースに加えて、題名、いつ、
だれ、どこといったポイントと説明を書く欄があり、スケッチの上手い下手関
係なく、伝わりやすく共有しやすい・整理しやすい工夫がなされています。
 アイデアスケッチはアイデアの視覚化だけが特徴ではなく、誰もが安心して
アイデアを伝え合うことができ、効果的な対話になるように場をデザインして
いるところが魅力だと感じました。
 多種多様な人材同士がどう活かし合えるか、ヒントになる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/12/18]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●炭酸ガス半自動アーク溶接技能クリニック(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底利用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/12/20]----------------------------------------------------------
●実習で学ぶモータ制御技術 DCモータによるPID制御編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/12/21]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●被覆アーク溶接実践技術 各種姿勢溶接(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●生産現場改善手法 現場力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/12/26]----------------------------------------------------------
●TIG溶接実践技術 ステンレス鋼板材編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/01/09]----------------------------------------------------------
●CAEを活用した構造解析技術 モデル化実践編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2018/01/10]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 OPアンプ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●C++による組込みプログラム開発技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●μITRONによる組込み制御実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2018/01/14]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。