経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.935-

2017/07/31

==2017年07月31日●第935号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○ストレスチェック制度の実施状況を施行後はじめて公表します
 〜ストレスチェックを活用して働きやすい職場づくりを〜
 【厚生労働省 労働基準局】
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172107.html

○経営視点で取り組む「真の健康経営」に向けて
 〜企業価値向上を実現するフレームワーク〜
 【三菱UFJリサーチ&コンサルティング 株式会社】
 http://www.murc.jp/thinktank/rc/quarterly/quarterly_detail/201703_48.pdf

○信用金庫職員の活動力向上を目指した取組みについて
 【信金中金 地域・中小企業研究所】
 http://www.scbri.jp/PDFkinyuchousa/scb79h29s07.pdf

○日本における市民参加型共創に関する研究 −Living Labの取り組みから−
 【株式会社 富士通総研】
 http://www.fujitsu.com/jp/Images/no446.pdf

○企業の期待成長率における行動バイアス
 【日本銀行】
 http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/wps_2017/wp17e09.htm/

○「人手不足倒産」の動向調査(2013年1月〜2017年6月)
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p170701.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.449
───────────────────────────────────

 今年も甲子園の高校野球の開催が近づいてきた。
 最早、夏の風物詩の一つでもあるし、全国4000校近い高校野球部の頂点が決
まる。

 ところで、数日前、ほんの数行の新聞記事に目が止まった。日本高野連が全
国の野球部員数と加盟校数(55月末現在)を発表したという記事である。
 これまで長いこと新聞を丹念に読んできたが、こんな数字が「毎年」発表さ
れているとは…その記事では野球部員数は16万1573人、昨年より6062人減、三
年連続減少とのことである。そして、加盟校は3989校、十二年連続で減少、平
成では初めて4千校を割り込んだという。

 部員数、加盟校減の原因は何か。短絡的に考えれば少子化の影響?サッカー
人気でサッカー部へ?と考えてはみたが、部員数の最高ピークは平成21年、16
万9449人、加盟校数のピークは4253校の平成17年、サッカー人気とは重なって
はいるが、大きくプレーヤー数が移動している訳でもない。

 全国高等学校サッカー選手権の地方大会に出場している学校数は4000校を超
え、部員数も16万人超とのことで、ほぼ拮抗しているようだ。最も女子サッカ
ーも最近は盛んだし(世界的に強い!)、男女併せれば主役はサッカーであろ
う。

 衰退なのか、減少が激しいのがラグビー、ワールドカップ日本開催も近いが、
競技人口の減少と偏在が由々しき問題だという。例えば、地区予選の最少は2
校、出場校一桁の地区が14。1試合か2試合勝てば全国大会に出場できる。反対
に、愛知56、埼玉52、神奈川47、福岡46校。それぞれ代表枠は1。大変な一票
の格差である。日本代表の相当数に外国籍の選手が含まれるのも何となくわか
るというものである。

 さあ、今年も熱闘、甲子園だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『あなたのいるところが仕事場になる』
  森本 登志男(著) / 大和書房

 人口減少が進むなか、都市部への一極集中が強まり、地方の労働力不足が深
刻度を増しています。地方の行政や学校、企業の方々と話すと、高校生や大学
生の就職も都市部への希望が多く、どうすれば地方に人材を留められるのか、
真剣に考えなければ将来がないという言葉も多く聞かれるようになりました。

 また、少子高齢化の社会では、家族の介護などで働く時間を制限しなければ
ならないという状況も増え始めています。ただでさえ少ない労働力を十分に生
かすためには柔軟な働き方を検討せざるを得ません。

 そんな中、場所や時間に縛られない働き方として、「テレワーク」の推進が
ますます注目されています。テレワーク自体は決して目新しい取組ではなく、
既に制度としてはあるという企業団体もありますが、実際はうまく活用されて
いないというところも多いようです。

 情報通信技術を使って、在宅勤務や出張先、サテライトオフィスなどオフィ
ス以外の場所で働くテレワークを福利厚生としてではなく、仕事の一つの手段
として捉えることがテレワークの定着のポイントだといいます。

 テレワークを実際に導入しようと思っても「労務管理が難しそう」「情報セ
キュリティが心配」などの懸念を抱く組織も多いと思います。本書では、テレ
ワークを導入している企業や行政での事前準備から運用までの流れを事例とし
てまとめられています。
 
 テレワークの運用のキーパーソンになるのは、管理職クラスだといいます。
柔軟な働き方が必要だと理解しつつ、実際に活用していないのが管理職クラス
に多いとのこと。まずは管理職クラスが実際にテレワークを活用して、その有
効性を理解することで職場全体に定着していった事例も紹介されています。情
報インフラや制度整備も大事ですが、新しい働き方を組織全体で後押しするよ
うな組織風土づくりが作れるかどうかが「働き方改革」の実現のカギなのかも
しれません。

 「地方」「企業」「働き手」の3者がよりよい形に向かうためにどうしたら
いいのか、現実的な視点で考えることのできる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/08/07]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底利用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/10]----------------------------------------------------------
●第7回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2017/08/17]----------------------------------------------------------
●組込みシステムにおけるプログラム開発技術 SH編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/19]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/08/20]----------------------------------------------------------
●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/08/21]----------------------------------------------------------
●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底活用(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●第8回 職場内障害者サポーター養成講座(2日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2017/08/22]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●機械設計技術者のための総合力学(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●測定データの活用技術 QC編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●機械保全実践技術 設備点検・対処法(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/08/23]----------------------------------------------------------
●機械制御のためのマイコン実践技術 H8-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<3次元CAD技術>3次元ツールを活用した組立設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●油圧システムの保全技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電気系保全実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/08/24]----------------------------------------------------------
●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/26]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2017/08/27]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。