経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.734-

2017/07/24

==2017年07月24日●第934号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス
   〜多様で柔軟な働き方を実現する多様で柔軟な意見交換
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「健康経営に関する実態調査」調査結果について
 【東京商工会議所】
 http://www.tokyo-cci.or.jp/file.jsp?id=104649

○「シニア社員の実態調査」意識調査発表
 【株式会社日本能率協会 マネジメントセンター】
 http://www.jmam.co.jp/topics/1229906_1893.html

○有期契約労働者に関する調査報告
 【日本労働組合総連合会(連合)】
 https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20170720.pdf

○2017年労働時間等実態調査
 【一般社団法人 日本経済団体連合会】
 http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/055.pdf

○本社機能とスキル偏向的技術変化
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/17j043.pdf

○採用を改革するAIエンジン開発、企業・学生の強い味方に
 【株式会社 三菱総合研究所】
 http://www.mri.co.jp/news/press/public_office/023175.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

「多様で柔軟な働き方を実現する多様で柔軟な意見交換」

 最近の人材開発のキーワードの一つとして「働き方改革」が挙げられます。
実際に「働き方改革」をテーマにした研修やセミナーに携わる機会が増えてい
ますが、正直なところ少し偏っている印象を受けます。特に感じるのは、多様
で柔軟な働き方を選択できることが必要なはずですが、一律に残業削減や長時
間労働是正ということだけに焦点が当たっている印象を受けます。当然、長時
間労働は是正される必要がありますし、また時間の使い方を変えなければ、働
き方にも変化が生まれないのも当然です。
 しかし、本来は心身のバランスを崩すような働き方が問題であって、単純に
時間の長さの問題ではないと言えます。

 個人と組織が互いに成果を生み出しやすい、多様で柔軟な働き方をお互いに
作っていくことが必要です。そこには当然確固たる正解があるわけでもありま
せん。正解がないので、お互いに作ることが必要なはずですが、経営者はこう
すべきだ、労働者はこうすべきだという、二者対立の構図で話が進んでいるも
のが多い印象を受けます。

 多様で柔軟な働き方を生み出すためには、多様なアイデアが必要であり、多
様な人のかかわりが必要です。当然何か新しいものを生み出すプロセスにおい
ては、衝突や摩擦も生じます。衝突や摩擦も含め、多様で柔軟な働き方を生み
出すためには、まずは組織に中で多様で柔軟な意見交換ができる仕組みが必要
ではないでしょうか。

 心身のバランスを崩すような働き方は、当然個人にとっても組織にとっても
メリットはありません。バランスを保つ働き方を実現するのは、最低ラインで
あり、今後さらに求められるのは、保つレベルを超えてより実力を発揮できる
レベル、保有する実力をできるだけ発揮して、個人も組織も満足感や充実感を
感じられるレベルを実現できるかどうかです。少なくとも、そこを目指して多
様で柔軟なアイデアや創発が生まれる仕組みが必要ではないでしょうか。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://blog.livedoor.jp/hrd_net/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/07/31]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/01]----------------------------------------------------------
●ディジタル回路設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/02]----------------------------------------------------------
●天空率による形態制限緩和のための設計支援技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電子回路シミュレータ活用技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図 形状編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 図面構築手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場の問題解決力向上 実践コース(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●センサ回路の設計と評価の実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/08/07]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底利用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/10]----------------------------------------------------------
●第7回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部

[2017/08/17]----------------------------------------------------------
●組込みシステムにおけるプログラム開発技術 SH編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/19]----------------------------------------------------------
●1day ディベート集中セミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/08/20]----------------------------------------------------------
●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。