経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.933-

2017/07/17

==2017年07月17日●第933号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン」を
 公表します
 【厚生労働省 保険局】
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170819.html

○「イノベーションへの対応状況調査」【企業調査】 「イノベーションへの
 対応に向けた働き方のあり方等に関する調査」【労働者調査】
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/press/documents/20170710.pdf

○サービス品質の日米比較
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001511/attached.pdf

○日本と米国におけるHR-Techの潮流
 【株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所】
 http://www.keieiken.co.jp/monthly/2017/0714/index.html

○2017年3月期決算の上場企業2,430社「女性役員比率」調査
 【株式会社 東京商工リサーチ】
 http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170710_07.html

○サッポログループがAI(人工知能)を活用し、働き方改革を加速
 〜社内の問い合わせ対応業務を45%削減〜
 【サッポロホールディングス株式会社 / 株式会社野村総合研究所】
 http://www.sapporoholdings.jp/news_release/0000020382/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.448
───────────────────────────────────

 ディスコが発表した6月1日時点の大卒の内定率、実に63.4%、前年同期比8.5
ポイント増である。建前通りであれば、「6月1日から」選考が始まるのである
からこの時点で6割もの学生に内定が出ているはずはないのだが、まあ、これが
実態であろう。

 5月1日時点での内定率が37%前後であったことも驚きだが、そこから1ヶ月
で26ポイント近く内定率が上昇したことを考えると、5月が選考の集中期に当
たることが鮮明になり、3月1日解禁、5月準大手、中堅クラスの選考ピーク、
6月中旬最大手内定ピークの“超短期型”の採用・就職戦線ということなる。

 私のお手伝いしている大学もそうだが、実は学生の内定保持数にはかなり格
差があり、複数組は3−4社持っているが持っていない者はもちろん、1社しか
内定を取れていない(それも大半が不本意内定)の学生の二極化が一層広がっ
ている。

 となると、何が起こるか。当然だが複数所持組は不要な内定を辞退する、不
本意組もどこかで今の内定と差し替える、そうこれからは「内定辞退」との戦
いが待っているのである。

 6月に入って、早くもその洗礼を受けている企業も多いのではないか。
 ほんの一握りの企業以外、内定を出しても地獄、出せなくても地獄…。
 この学生の売り手市場は、景気動向等にも多少左右されると思うが、少なく
とも20年は続く。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『日本の人事を科学する』
  大湾 秀雄(著) / 日本経済新聞出版社

「採用の基準として使用してきた適性検査の能力スコアが、実は入社後の評価
に何の相関がない」
「同じように長時間労働をする男女を比べると、女性の昇進確率の方が高い」
「中間管理職が上司から受けた評価と部下から受けた評価では、その間に相関
がない」

 人事や組織改革の分野では既に様々な取組がなされていますが、PDCAサイク
ルでいうところのC(評価)とA(改善)について、どうすればいいか具体的な
方法が示されてこなかったといいます。

 本書では、人事施策の評価と改善を客観的なデータを活用することで、今ま
で見過ごされていた事実にたどり着き、その気づきを次の人事施策に活かして
いく方法を紹介されています。

 データをうまく活用するための第一歩として、データを視覚的に捉えること
が重要ということで、グラフや図の基本的な使い方や解釈する上での注意点が
まとめられています。
 例えば、労働時間とメンタルヘルスの関係を散布図を使って見える化できま
すが、さらに所属部署などの環境面の影響を考慮する場合は回帰分析の手法を
取り入れる必要があります。人事の課題を分析するときに最も難しいのは、一
人一人が異質であり、課題の要因も多様なことです。さまざまな指標を分析す
る視点を養うことが必要だと感じました。

 データの実務的な活用事例として、注目度の高い課題といえる女性活躍支援・
働き方改革・採用・管理者評価・離職対策・高齢者雇用の6テーマを挙げてい
ます。これらのテーマに対する施策について、どう評価するのかを明確にする
ことが、一時的なブームのような取組で終わらせず、継続的な活動につながっ
ていくのではと思いました。

 何のために情報を収集して活用するのか、見つめ直すヒントの詰まった一冊
です。  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/07/24]----------------------------------------------------------
●ノイズ対策・EMC設計のための電磁気学(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 製図手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/07/25]----------------------------------------------------------
●組込みソフトウェア開発者のためのテスト技法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●生産現場での問題発見・問題解決 なぜなぜ分析実践(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械保全実践技術 設備点検・対処法(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●組込み技術者のためのプログラム実践編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/07/26]----------------------------------------------------------
●実践建築製図作成技術(2次元CAD)Jw_CAD編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ディジタル電子回路のノイズ対策(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/07/27]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/07/31]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/01]----------------------------------------------------------
●ディジタル回路設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/02]----------------------------------------------------------
●天空率による形態制限緩和のための設計支援技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電子回路シミュレータ活用技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図 形状編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 図面構築手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場の問題解決力向上 実践コース(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●センサ回路の設計と評価の実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/08/07]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底利用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/08/10]----------------------------------------------------------
●第7回 職場内障害者サポーター養成講座(3日間)
○(株)パソナハートフル
 <東京>パソナグループ本部
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。