経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.917-

2017/03/20

==2017年03月20日●第917号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────

○ものづくり産業における労働生産性向上に向けた
 人材確保、定着、育成等に関する調査結果
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/institute/research/2017/documents/166.pdf

○2017年度の雇用動向に関する企業の意識調査
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p170304.pdf

○「長時間労働」に関するアンケート調査
 【株式会社 東京商工リーサーチ】
 http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170310_01.html

○海外から働き手をいかに招き入れるか ―日本の現状と課題―
 【株式会社 日本政策金融公庫】
 https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/ronbun1702_05.pdf

○「企業における営業秘密管理に関する実態調査」を実施しました!
 【経済産業省 経済産業政策局】
 http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170317004/20170317004.html

○少人数学級はいじめ・暴力・不登校を減らすのか
 【REITI 独立行政法人 経済産業研究所】
 http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/17j014.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.440
───────────────────────────────────

 半月も経つと、今年の新入社員が入ってくる。各社とも苦労に苦労を重ねて
確保した貴重な若手、戦力であり、大切に育てたい。

 ところで、毎年、その年の新卒の特徴を何かに例えて公表している「公益財
団法人 日本生産性本部」の2016新卒社員のタイプは『ドローン型』であった
のが記憶に新しい。

 特徴をかいつまんで書くと、
 「厳しい環境の中でも目標をクリアすることができる」…強い風(就活日程
や経済状況などの目まぐるしい変化)にあおられたが、なんとか自律飛行を保
ち、目標地点に着地(希望の内定を確保)できた者が多い。
 「上司や配属環境に大きく左右される」…使用者(上司や先輩)の操縦ミス
や使用法の誤りによって、機体の損傷や紛失(早期離職)の恐れがある。
 「長時間労働には向かない」…多くのものは充電式なので、長時間の酷使に
は耐えない。
 「労働環境のルールが必要」…夜間飛行の禁止や目視できる範囲で操縦しな
ければならないルールもあるため、当然のことながらルールを守った運用や一
定の技量(ワークライフバランスへの配慮や適性の見極め)も要求される。

 さて、いかがであろうか。なるほどなあ、と感じる人も多いだろうし、ちと
違うと思う人もいるだろう。いずれにしても、少々丁寧に扱う必要は十分に感
じるタイプである。まして、購入価格(採用経費)は決して安くない。

 さて、2017年のタイプは…さすが、「トランプ型」はないであろうが、来た
れ「大谷翔平型」を期待したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●チームで考える「アイデア会議」
 加藤 昌治(著) / CCCメディアハウス

 日々職場で“いい企画”を生むためにはどうしたらいいのか。日々頭を悩ま
せている方は多いのではないでしょうか。

 そもそも“いい企画”になるかどうかの条件とは「企画にアイデアが入って
いるかどうか」といいます。アイデアとは選択肢を考えることであり、あらゆ
る選択肢を考え抜いた上で整理されたものが企画となります。

 なぜいい企画が出にくいのか。最大の要因として、「いきなり企画を持って
こい会議」が行われてるからだと本書では指摘しています。

 様々なアイデアをあれこれ検討する段階を飛ばして、企画という形に整える
ことに意識が向いてしまい、結果としてアイデアが損なわれたつまらない企画
が生み出されてしまうことにつながるとのこと。

 ただ、あらゆるアイデア(選択肢)を考え出すとしても個人でやるには限界
があります。個人の限界を乗り越えるためにはチームでアイデアを考える必要
があります。そこで本書では「アイデア会議」という“仕組み”づくりを薦め
ています。 

 アイデア会議の特徴は、「分ける」ことにあります。会議の段階を、第一ス
テップ「アイデア出し尽くし会議」と、第二ステップ「イチ押しアイデア選び
出し会議」の2段階に分けます。
 
 また参加者の役割も、アイデア(選択肢)を出す「プランナー」と、企画の
核となるアイデアを決める「ディレクター」の2役に分けます。プランナーは、
個々が持ち寄ったアイデアを机に出して、出たアイデアを云い換えでさらに膨
らませたり、どんどん拡散させます。ディレクターは云い換えを促しつつ、ア
イデアの「筋」「面白さ」を軸に徐々に整理して、判断します。
 
 段階と役割を分けるだけでも、会議の目的や会議でやるべきことが何なのか
随分明確になるものだと感じました。「分ける」ことが「仕組み」づくりの基
本なのかもしれません。“いいチームづくり”にも参考になりそうな一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/03/23]----------------------------------------------------------
●生産性向上のための現場改善技法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/04/08]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2017/04/09]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2017/04/10]----------------------------------------------------------
●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●旋盤精密加工技術(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/04/11]----------------------------------------------------------
●実践電子回路計測技術 オシロスコープ・テスタ編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現場の安全確保と生産性向上 5S実践力強化(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/04/13]----------------------------------------------------------
●現場の問題解決実践 5Sの実践と定着(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/04/15]----------------------------------------------------------
●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/04/16]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。