経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.911-

2017/02/06

==2017年02月06日●第911号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「標準化人材を育成する3つのアクションプラン」を策定しました
 〜今、会社に、攻めの標準化人材はいますか?〜
 【経済産業省 産業技術環境局】
 http://www.meti.go.jp/press/2016/02/20170201004/20170201004.html

○第8回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」結果概要
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001496.html

○「働く女性の転職白書」を発表
 転職経験者は6割以上 半数以上が転職後に年収増
 【日経ウーマンオンライン編集部】
 http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/20170201.shtml

○時間外労働規制に関する意識調査結果
 【日本商工会議所】
 http://www.jcci.or.jp/research/other/overtime%20workk.pdf

○「企業のパワハラ」実態調査
 【エン・ジャパン 株式会社】
 http://corp.en-japan.com/newsrelease/2017/3449.html

○中途採用実態調査(2016年上半期実績、2017年度見通し)
 【リクルートワークス研究所】
 http://www.works-i.com/pdf/170131_midcareer.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.437
───────────────────────────────────

 今年の1月4日、年末の休みと仕事始めも重なって役所(相模原市南区役所)の
一階、各種届出のフロアはごった返していた。

 私は住民票を取得するために16時20分くらいにそのフロアに到着した。本来
なら自宅近くの連絡所で住民票が取得できるのだが、トラブルでホストPCにつ
ながらず、復旧のメドも立たないので、わざわざ区役所まできた。もう17時の
役所終了までにこの大勢の人を捌けるのかと思うほどの人数である。

 職員の大半は忙しく動き回っているが、同じことを繰り返して時間を無駄に
している職員もいるうえ、他者の多忙さを余所にスマホをいじくっている職員
もいる。暇そうだなあ、と思わず、睨んでしまう。
 そんな中、17時45分、フロアにアナウンスが流れた。「本日はノー残業デイ
です。そろそろ退庁の支度をしてください」…それを聞いていた処理や手続き
を待っている多くの人たちが時計に目をやり「・・・」怪訝な顔をしている。

 おいおい、わざわざアナウンスして、手続きを待つ人には「今日はノー残業
デイですから帰ってください」とでもいいたいのか、と思ってしまった。

 電通の長時間労働だけではないが、働き方改革の一環として労働時間の短縮
が巷間叫ばれている。24時間営業を止める外食企業も出始め、週休3日を目指
す企業もある。今年2月にはスーパーフライディがある。

 もとより、労働時間短縮には大賛成、その風潮を止めるつもりはないが、そ
の前提は働き手一人ひとりの生産性の向上であろうし、やはり顧客(ここでは
納税者・市民)満足であろう。単純に「時間」でだけで考えるものではないと
思う。

 幸い、私の住民票は17時49分くらいに手にでき役所を後にした。その後、ど
うなったのかはしらないが、どう考えても17時は回ったと思う。
 多くの矛盾をはらんだ時間短縮への途であろう。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://blog.livedoor.jp/hrd_net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●『マネジャーの最も大切な仕事 95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』
 テレサ・アマビール、スティーブン・クレイマー(著) 
 中竹竜二(監訳)樋口武志(訳)/英治出版

 「評価」「インセンティブ」「対人関係のサポート」「明確な目標」…働く
人たちのモチベーションを高めるのに、最も重要なマネジメント手段は果たし
て何でしょうか。

 実は上記のいずれでもなく「仕事の進捗のサポート」が職場での動機付けで
最も重要とのこと。本書では、約240名の様々な業種・事業規模の社員を対象
に、日誌を毎日回収し、計1万2千の日誌の内容を分析。その結果、職場では日
々の仕事の進捗が軽視される傾向にあり、組織の様々な問題にもつながってい
るといいます。

 なぜ進捗のサポートが最も重要なのでしょうか。
 
 私たちは日常、職場で働くなかで起こる色んな出来事について、自分なりの
受け取り方で状況を「認識」したり、それに応じた「感情」も抱きます。「認
識」「感情」が、仕事の「モチベーション」の上下にも影響し、一人一人の仕
事のパフォーマンスを決定づけています。このことを本書では「インナーワー
クライフ」(個人的職務体験)と呼んでいます。

 日々の仕事がうまく進捗していると認識できれば、ポジティブな感情が生ま
れ、モチベーションにも良い効果を与えるという循環が生まれます。逆に、う
まく進捗していない場合、その障害になっているものが常時気になり、感情や
モチベーションにも影を落としてしまうことにつながります。
 
 特に印象に残ったのは、「人はどうやって進捗したことを知るのか」という
本書中のコラムです。通常はマネジャーからフィードバックを伝える場面を想
像しますが、自分が作業した進捗が分かるように仕事の工程をデザインし、仕
事自体からフィードバックをもらうことができるようすることを薦めています。

 職場の一人一人の仕事の進捗をサポートする仕組みをどうデザインするか。
マネジャーの「職場のデザイナー」としての役割がますます期待されそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/02/13]----------------------------------------------------------
●フライス盤実践応用技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/14]----------------------------------------------------------
●ディジタル回路設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●サーボ制御技術 ロバスト制御編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●計測制御技術 RS-232C、GPIB編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空圧化技術とPLC制御(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/15]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>3次元ツールを活用した組立設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●タッチパネルを活用したFAライン管理(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/16]----------------------------------------------------------
●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底活用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/02/18]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2017/02/19]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座(大阪)
○(有)N&Sラーニング
 <大阪>エル・おおさか

[2017/02/20]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>サーフェスを活用した製品設計(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●マシニングセンタ実践技術 プログラミング編(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/21]----------------------------------------------------------
●<設計者のための構造シリーズ>RC構造物における構造計算技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実習で学ぶ高周波回路の設計と製作(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●油圧システムの保全技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●計測制御技術 RS-232C・USB編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/22]----------------------------------------------------------
●組込み技術者のためのCプログラミング(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御による電気空気圧技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/02/25]----------------------------------------------------------
●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/02/26]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/03/01]----------------------------------------------------------
●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/03/04]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。