経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.907-

2017/01/10

==2017年01月10日●第907号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX − http://www.hrdbox.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

─<新年のご挨拶>──────────────────────────

 あけましておめでとうございます。
 今年最初の人材開発メールニュースです。

 今年の弊社のテーマは「進歩」。自然によい方、望ましい方へ進み変わって
行くように愚直に歩を進めることに邁進していきたいと考えております。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 株式会社ヒューマナイズ 代表取締役:吉次 潤(よしつぐ じゅん)
───────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果
 及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果 
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】
 http://www.jil.go.jp/institute/research/2016/documents/162.pdf

○新たな働き方としてのフリーランス ―都市と地域の対立を超えて―
 【公益財団法人 NIRA総合研究開発機構】
 http://www.nira.or.jp/pdf/opinion28.pdf

○ボストンコンサルティンググループとリクルートワークス研究所が
 「求職トレンド調査 2016」を発表
 【ボストン コンサルティング グループ/リクルートホールディングス】
 http://www.works-i.com/pdf/161226_jst2016.pdf

○信用金庫における女性の活躍推進にかかる取組み
 【信金中央金庫 地域・中小企業研究所】
 http://www.scbri.jp/PDFkinyuchousa/scb79h28s22.pdf

○長く働ける社会 〜人生100年時代の働き方改革〜
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】
 http://www.nli-research.co.jp/files/topics/54716_ext_18_0.pdf

○女性の定年退職前後の働き方と意識 ―定年に関するアンケート調査から―
 【株式会社 第一生命経済研究所】
 http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/ldi/2016/rp1701a.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==☆<ヒューマナイズ・セミナーのご案内【1月・福岡】開催>☆==========

 ●1/14(土)14:00〜17:00
  「ワークショップについて考えるワークショップ」
   〜ワークショップの効果的な使い方って…?
   http://kokucheese.com/event/index/442249/

 ●1/15(日)10:00〜17:00
  「ワークショップの「前」と「後」に必要なものは? 」
    〜変革を引き起こす場づくりに向けて 
   http://kokucheese.com/event/index/442255/

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.435
───────────────────────────────────

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も小事ばかりで恐縮ですが、お付き合いの程、宜しくお願いいたします。

 さて、早速の些事なのだが、サッカー界のスターが出演している栄養ドリン
クのテレビCMがある。大学のソーラーカーチームとの競演なのだが、レジェン
ドが「夢は?」と問うと出演者が「世界一のチームを作ること」と答える場面
がある。

 これを見るたび「世界一のチーム」とはどのような基準で評価されるのだろ
うか、ソーラーカーで世界一になれば「世界一」と言えるのだろうか。野球、
サッカー、バスケットボール…チームは競技の数だけあり、すべてに世界一が
あるのだから、この場合、「良いチームを作って、ソーラーカーで世界一にな
る」が言いたいことなのだろうとは思うが、毎々、首をかしげてしまう。

 というのは、現在、学生が就活で自己PRなどで話す「目標を立てたら絶対や
り遂げます」「目標達成に向け努力を惜しみません」などで出てくる“目標”
に悩まされているからである。競技タイムを何秒縮める、部活でレギュラーに
なる、試合に勝つ、○○検定2級に合格するといったものは未だましな方だが
(これも、更に大きな目標があり、それを達成するための手段だとは思うが)、
「友だちを作る」「積極的になる」「英語が話せるようになる」といった、目
標達成した姿をどうしたら評価できるのかがわからない。曖昧、抽象的すぎる
目標のオンパレードなのだ。
 もちろん、一人でも友だちができれば、「サンキュー」と言えれば、達成と
いえば達成だが、採用担当者はどう思うだろうか。

 「スマートモデル」に沿ってとは言うつもりはないが、少なくとも「測定可
能性」は確保してもらいたいと思う。
 模擬面接や自己PRで学生が発する「目標」という言葉を聞く度に「世界一
のチーム」をどう測定するのか、出演者に聞いてみたい衝動に駆られる。
 まあ、CMは目標じゃなくて『夢』だから、漠としたものでもいいんだろうし、
所詮、CMだから何でも言えるしね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●力を引き出す「ゆとり世代」の伸ばし方
 原 晋・原田 曜平(著)/講談社+α新書

 年明け恒例の箱根駅伝。青山学院大学が大会三連覇、そして大学駅伝三冠と
いう偉業を成し遂げました。
 
 今大会で活躍している選手たちはいわゆる「ゆとり世代」。この世代の若者
にどう接していいのか、どう育成すればいいのか悩みを抱えている企業やマネ
ジャーも多く見受けられます。そんな中、この偉業に導いた原監督はどのよう
な育成を行っているのか、その手腕にますます注目が集まっています。

 本書では、ビジネスの観点から若者について研究分析している原田氏と原監
督が、若者育成の共通するポイントを対談形式で探っていきます。

 原監督の育成の手腕といえば、目標設定シートやミーディングなどの手法が
注目されがちですが、まずポイントの一つに挙げられるのが、組織の「土壌づ
くり」です。

 現在のチームの土壌(=風土)を作り上げるには、4つのステージ(段階)
を経て、実に10年かけているとのこと。
 ルールや時間管理がなぜ必要なのか、本人にとってどんな得があるのか(そ
れらを守ることが競技での勝負強さや社会で求められる自立性を得ることにな
る等)について、腑に落ちるまで同じことを繰り返し伝え、地ならしすること
からスタートし、選手一人ひとりが自発性を持っている組織へ、というステッ
プを経て今に至ります。

 また、選手のスカウトの際、面談時にチーム風土に基づいた育成方針を生徒
に正直に伝え、それを理解した上で入学を検討するよう薦めることや、その選
手がチームに適応できるのか面談で確認するための質問内容の工夫なども紹介
されており、企業の採用・育成に参考になる点も多いです。
 
 本音がわかりにくく、何をしたいのかわからないと言われがちなこの世代の
若者たちは、本音や意思がないのではなく、SNSの普及で発言に慎重であり表
面的には相手に合わせる傾向があると指摘されています。それを否定するので
はなく「理解」し、若者自身から発言をしやすい環境をつくる等、いかに成長
を促す場を提供できるかどうかが、若者育成のカギを握るような気がします。

 若者のみならず、個人と組織のより良い関係をどう作っていくか、考えさせ
られる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2017/01/16]----------------------------------------------------------
●旋盤精密加工技術(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●精密測定技術 長さ測定編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/17]----------------------------------------------------------
●実践建築製図作成技術(2次元CAD)AutoCAD編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●オブジェクト指向プログラミング開発技術 C#編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●モータの特性と制御回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLCによる自動化制御技術 応用命令編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/18]----------------------------------------------------------
●制御解析手法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●倒立ロボットの製作と制御技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●機械設備における診断・評価・改善技術 回転機械編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●電気系保全実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/19]----------------------------------------------------------
●TIG溶接実践技術 ステンレス鋼板材編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/21]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2017/01/22]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座(福岡)
○(有)N&Sラーニング
 <福岡>アクロス福岡

[2017/01/23]----------------------------------------------------------
●旋盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/24]----------------------------------------------------------
●実践建築製図作成技術(2次元CAD)Jw_CAD編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<設計者のための構造シリーズ>鉄骨構造物における構造計算技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 RX-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinuxデバイスドライバ開発技術 Kernel2.6対応(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現場に密着した機械・生産設計のノウハウ 機械要素・材料力学編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●空気圧技術 実用回路編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/25]----------------------------------------------------------
●実践インバータ回路の設計と評価(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ヒューマンエラー対策実践 ぽかミスのない職場づくり(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●製造現場の改善活動推進と継続性(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/01/28]----------------------------------------------------------
●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/01/29]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2017/01/30]----------------------------------------------------------
●タブレット型端末を利用した通信システム構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/01/31]----------------------------------------------------------
●ZigBeeによるワイヤレス・センサ・ネットワークの構築(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御の回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/02/01]----------------------------------------------------------
●製造現場におけるLAN活用技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2017/02/02]----------------------------------------------------------
●組込みソフトウェア開発者のためのコーディング作法とレビュー技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2017/02/04]----------------------------------------------------------
●一日でわかる! コミュニケーションの“コツ”
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrdbox.com  ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrdbox.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2017.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。