経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.888-

2016/08/22

==2016年08月22日●第888号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX− http://www.hrd-net.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━◇[ PR ]◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇[ PR ]◇━

(公財)日本生産性本部 キャリアコンサルタント養成講座【福岡】開催

 今年の4月より国家資格になったキャリアコンサルタント。
 同時に本年度より、公益財団法人日本生産性本部のキャリアコンサルタント
養成講座が、福岡で開催されることになりました。

 詳細はこちら> http://www.js-career.jp/fukuoka/fukuokap.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News
───────────────────────────────────
○「組織起点」から「個人起点」でのワークライフバランス推進へ転換を
 【公益財団法人 日本生産性本部】
 http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001483.html

○企業がIoT時代を生き残るために必要なこと
 【株式会社 東レ経営研究所】
 http://www.tbr.co.jp/pdf/report/eco_g051.pdf

○女性登用に対する企業の意識調査
 【株式会社 帝国データバンク】
 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160804.pdf

○企業の育児休業実態調査2016
 【エン・ジャパン 株式会社】
 http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3346.html

○CSRを巡る動き:企業とアートの新たな融合
 【株式会社 日本総合研究所】
 http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=28879

○プロフェッショナル人材の地域還流
 【みずほ情報総研 株式会社】
 http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2016/0816.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.426
───────────────────────────────────

 残暑お見舞い申し上げます。

 7月に財務省と厚生労働省が経済対策として盛り込む「働き方改革」が新聞
紙上に載った。
 主な項目は、多くの政党の参議院選挙の公約であった「同一労働同一賃金」
―具体策は非正規社員の給与水準を正規社員の8割に引き上げる、という。こ
れが同一賃金?「最低賃金20円アップに支援策」も、選挙の公約で各党が主張
していたものだ。
 となると、新たな施策?との突っ込みたくなる。加えて、「一部の業種に残
業時間の上限を導入」―ということは、上限一杯まで働かせる?なんて、更に
突っ込みを入れたくもなる。

 一方、「130万円の壁には補助金の拡充」。すべて税金で賄われるものなの
で、手放しで喜べるものではないが、対象者には良いことだ。そしてなんとい
っても「雇用保険料率の引き下げで、個人所得を増やす」は、なんとなく景気
の底上げにつながりそうー但し、どのくらいの料率になるのか、今後次第だが。

 そして、巧みに忍び込んでいるものがある。「解雇の金銭解決制度」の検討
の加速である。そう、またまた復活の動きである。もちろん、雇用の流動化を
加速させるためには相当の理由がないと解雇できない現行ルールは足かせにな
りかねないのもわかる。

 これからの国会審議の結果次第だが、昨今の労働・雇用政策は、非正規雇用
者にではなく、“正規雇用者”にこれからの働き方を迫っているように思えて
ならない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●組織論から考えるワークショップデザイン
 宇野 伸宏 久保田 善明(監) 北野 清晃(著) / 三省堂

 「多様な思いや意見、知識や情報があるのに共有して有効活用できない…」
 「各々の意識や行動がバラバラで、組織としての一体感や方向性が定まらな
い…」

 このような課題を抱える企業や教育、まちづくりなど様々な組織で、ワーク
ショップの活用が進んでいます。それに伴って、ワークショップの手法や、進
行するためのファシリテーションスキルを紹介する本や情報も増えています。

 一方で、ワークショップの善し悪しを決定づける要因が当日のファシリテー
ターのスキルや、参加者の質などの個人に求められる傾向があります。その結
果、場当たり的な運営になりがちで、成否に毎回ムラが出てしまうことにもつ
ながります。

 本書では、ワークショップを「組織」として捉えることを提案しています。
 ワークショップはそもそも以下のような組織成立の3要素を満たしていると
いいます。
「コミュニケーション」
 …メンバーが互いに意見を伝達して意思疎通を図られている
「貢献意欲」
 …メンバーが具体的な行為を通して貢献しようとするモチベーションを持つ
「共通目的」
 …メンバーに共通の目的があり、それを目指そうとしている

 ワークショップは会社組織やプロジェクトとは違い、小規模で一時的な組織
のため、臨機応変な対応をしながらの組織運営となります。そのため、事前の
組織デザインのプロセスが欠かせないといいます。

【ワークショップ組織のデザインプロセス】
 (1)ワークショップ組織の「理念」を明確化
 (2)ワークショップ組織の「5つの資源」を確認する
 (3)ワークショップ組織の「仕掛け=プログラム」を具体化する
 (4)ワークショップ組織の「組織成立の3要素」で俯瞰的にチェックする
 (5)ワークショップ組織の「フィードバック方法」を決めておく

 ワークショップを実施しようとすると(3)のプログラムのような表舞台ばか
りに意識が向きがちですが、それ以外の裏舞台のプロセスが成否を分けるとい
います。特に(4)のプロセスでの全体チェックが失敗を減らす大きなポイント
となりそうです。

 その他ワークショップで陥りやすい罠や、ワークショップの組織デザインの
実践事例も紹介されています。ワークショップをどうデザインするのかを学ぶ
ことができるだけでなく、チークワークや組織の運営についても様々なヒント
が得られる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆人材開発情報BOXにセミナー登録いただいた情報から掲載しております。
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。

[2016/08/29]----------------------------------------------------------
●製造業におけるリスクマネジメントシステム構築技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<3次元CAD技術>サーフェスを活用した製品設計(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/08/30]----------------------------------------------------------
●組込みLinuxデバイスドライバ開発技術 Kernel2.6対応(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●アナログ回路の設計・評価技術 トランジスタ編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/08/31]----------------------------------------------------------
●アナログ・ディジタル混在回路におけるノイズ対策技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/09/01]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術(ルーティング編)>実践配管設計(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●旋盤実践技術 セットコース(7日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/09/03]----------------------------------------------------------
●雑談力をつけるセミナー
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2016/09/04]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2016/09/05]----------------------------------------------------------
●製造現場における品質改善・品質保証実践 新QC7つ道具徹底活用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<CAE技術>CAEを活用した構造解析技術 モデル化実践編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●NC旋盤技術 プログラム〜加工編(5日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●フライス盤実践加工技術(5日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/09/06]----------------------------------------------------------
●実践センサ回路設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●設計ツールを活用した3次元モデルデータ構築技術 サーフェス編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/09/07]----------------------------------------------------------
●構造設計技術 木造架構設計レビュー編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現代制御の設計と実装(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●戦略的現場管理者の育成〜できる管理者になろう〜(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械設計製図実践 寸法・公差編(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●標準作業手順書の作り方と効果的な現場運用管理(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/09/08]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>設計検証のためのアセンブリ活用実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/09/11]----------------------------------------------------------
●ディベート・オープン・スペース ディベートの勉強会
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2016/09/12]----------------------------------------------------------
●機械設計者のための公差解析技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●生産現場での問題発見・問題解決 なぜなぜ分析実践(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/09/13]----------------------------------------------------------
●オブジェクト指向プログラミング開発技術 C#編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●モータの特性と制御回路技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械加工技術 マシニングセンタプログラミング編(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/09/14]----------------------------------------------------------
●<3次元CAD技術>3次元ツールを活用した組立設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<3次元CAD/CAM技術>設計者のためのCAM実践技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●バイト研削実践技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●締結部品の選定・組付け技術(3日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●有接点シーケンス制御の実践技術(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●実践的PLC制御技術 ビット命令編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/09/15]----------------------------------------------------------
●生産現場改善手法 現場力向上(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrd-net.com ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrd-net.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.humanize.jp/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2016.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。