経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.878-

2016/06/06

==2016年06月06日●第878号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX− http://www.hrd-net.com/

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.佐藤孝夫の人材開発の現場から
 3.人材開発・組織開発の読書室
 4.公開セミナー情報
 5.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

==☆<ヒューマナイズ・セミナーのご案内【6月・福岡】開催>☆==========

 ★ほめトレワークショップ:ほめ方・ほめられ方
  【日時】6月12日(日)10:00〜12:30【会場】カンファレンスASC
  → http://www.humanize.jp/event/ws_20160612.pdf

 ★ほめトレワークショップ:欠点を魅力に変える実践法
  【日時】6月12日(日)14:00〜16:30【会場】カンファレンスASC
  → http://www.humanize.jp/event/ws_20160612.pdf

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News:詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/
───────────────────────────────────
○「平成28年版男女共同参画白書」を閣議決定・公表しました
 【内閣府 男女共同参画局】

○中小企業をめぐるヒトの移動概要 ―「採用と定着」調査・中間報告―
 【JILPT 独立行政法人 労働政策研究・研修機構】

○内定・入社前後のトラブルに関する調査
 【日本労働組合総連合会】

○非正規雇用問題を考える 〜なぜ、同一労働同一賃金なのか〜
 【株式会社 第一生命経済研究所】

○「外国人」は労働市場にどれだけ貢献しているか?
 【株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所】

○「2016年新入社員意識調査」結果
 【株式会社 しがぎん経済文化センター】

▲Newsの詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 佐藤孝夫の人材開発の現場から−VOL.421
───────────────────────────────────

 厚生労働省が5月に発表した2015年の人口動態統計によると、1人の女性が生
涯に生む子どもの数を推計した合計特殊出生率が1.46となり、2年ぶりに上昇
したという。前年から0.04ポイント上回り、13-14年の経済環境の好転が出生
率上昇に寄与したとのことで、めでたいことだが、残念ながら安倍内閣が目標
に掲げる希望出生率1.8には程遠く、人口を維持するのに必要とされる2.07は
はるか彼方だ。

 ところで、出生率の上昇ばかりに目を奪われがちだが、15年生まれた人は何
人かおわかりか。100万5千人を少し超えた数である。因みに今年、成人式を迎
えた二十歳は121万人、2035年に成人式を迎える二十歳は100万人強、20万人少
なくなるのである。昨年より2100人増えたが、過去最低だった昨年(100万1千
人)に続いて2番目に少ない。

 ご存じの通り、若年層は2018年から徐々に減少し始め、最低の出生率1.26を
記録した05年生まれが二十歳になる2025年から110万人を切る(05年生まれ106
万人)。120万人を切るのは2019年である。この由々しき事態にどう対応してい
くのだろう。

 「保育園落ちた日本死ね」のブログに端を発した保育士の待遇改善で、選挙
間近もあって与野党が競っているが、抜本的な政策を打たないと、出生率の微
増減だけに一喜一憂するだけで終わりかねない。

 もう、量的な限界は目に見えている。保育園問題も含めて国、自治体とも本
気で取り組み本当に“一億総活躍社会”にならないといけないのだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人材開発・組織開発の読書室 【担当:岡本耕平】
───────────────────────────────────

●組織のなかで人を育てる−企業内人材育成とキャリア形成の方法
 佐藤厚(著) / 有斐閣

 人材育成について考える時には、組織の立場からどう育成の仕組みをつくる
か、どう働きかけるのかという「育てる」視点と、個人がいかに自律的にキャ
リアを形成していくべきなのかという「育つ」視点の2つの考え方があります。

 この2つの視点は、別々に考えられる傾向がありますが、これからの人材育
成において、これらの視点を同時に意識して人材育成を考えること、つまり個
人と組織との協調的な関係づくりの必要性を本書では述べられています。

 個人と組織との協調的な関係づくりを行うためには、個人が考える「なりた
い人材」と、組織が考える「なってほしい人材」を丁寧にすり合わせていくこ
とが重要だといいます。

 そのすり合わせの過程で最も重要視されているのが、日々の仕事を通じての
訓練(OJT)です。日々のOJTを通じて、訓練する側(組織)の、部下育成を進
めるためのPDCAサイクルと、学習する側(個人)のPDCAサイクルをうまくかみ
合わせていくことが、お互いの協調的な関係づくりにつながるのだと論じられ
ています。

 しかし、OJTなど教育訓練をしたくても機会の制約の多い中小企業ではどの
ように協調的な関係づくりを行えばいいのか。そのカギの一つとして、職場で
求められる仕事能力の明確化を進めることを挙げられています。
 
 能力の見える化が進むことで、現状の技能が客観的に評価でき、今後どのよ
うな技能を身に付ければいいかが明らかになる⇒どんな教育訓練が必要かが明
確になる→訓練実行後の効果評価もやりやすい、という好循環が生まれるとの
こと。

 実務だけでなく、国内外の人材育成に関する研究調査の結果や、マネージャ
ーの育成過程のインタビュー調査なども紹介されており、読み進めていくにつ
れて人材育成の理論と実践をバランスよく理解できます。

 組織内の人材育成についてじっくり考えることができる一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆人材開発情報BOXにセミナー登録いただいた情報から掲載しております。
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。
◆詳細はこちらを参照願います→ http://www.hrd-net.com/index1.htm

[2016/06/13]----------------------------------------------------------
●成功事例から学ぶ品質の維持と向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/14]----------------------------------------------------------
●構造模型の製作とその活用技術 木造住宅編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●アナログ回路の設計・評価技術 トランジスタ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 PIC-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●現場に密着した機械・生産設計のノウハウ 機械要素・材料力学編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践機械製図技術 2次元編(4日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

●生産現場での問題発見・真因追究力向上 なぜなぜ分析徹底活用(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/06/15]----------------------------------------------------------
●制御解析手法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●標準時間の設定と活用 〜効果的な原価低減活動に繋げる〜(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/06/16]----------------------------------------------------------
●シミュレータを活用したオペアンプ回路設計技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●TIG溶接実践技術 アルミニウム合金板材編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/20]----------------------------------------------------------
●2次元ツールを活用した機械製図実践技術 図面構築手法編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/21]----------------------------------------------------------
●オブジェクト指向プログラミング開発技術 Java編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●炭酸ガス半自動アーク溶接技能クリニック(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinux実装技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/22]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 FET編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/23]----------------------------------------------------------
●生産現場改善手法 現場力向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●半自動アーク溶接実践技術 各種姿勢編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/06/25]----------------------------------------------------------
●ロジカルプレゼンテーションベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2016/06/26]----------------------------------------------------------
●ディベートベーシック講座
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2016/06/27]----------------------------------------------------------
●TIG溶接実践技術 ステンレス鋼板材編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●<3次元CAD技術>設計ツールによるモデリング技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2016/06/28]----------------------------------------------------------
●マイコン制御システム開発技術 AVR編(2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉

[2016/06/29]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 OPアンプ編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●有接点シーケンス制御による電動機制御の実務 (2日間)
○ポリテクセンター埼玉
 <埼玉>ポリテクセンター埼玉
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
■セミナー登録(無料)はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/seminer.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrd-net.com ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrd-net.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.hrd-net.com/
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2016.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。