経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.680-

2012/05/28

==2012年05月28日●第680号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX− http://www.hrd-net.com/ 

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス〜プロ人材とスペシャリスト
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

======[ 新刊書籍のご案内 ]====(濱田秀彦 著 / 実務教育出版)====

『あなたが上司から求められているシンプルな50のこと』

 ★5000人の管理職の期待を集約した、仕事がスムーズに進むヒント
 ┗ランキング「ネットで話題!今注目の本」で全書籍中上昇率10位(4/21)
 ●ご注文 → http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788910519

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News:詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
───────────────────────────────────
○日本再生のために真のイノベーション力強化を
 【公益社団法人 経済同友会】

○働く人の自律を考える −会社人間という殻を打ち破れるか−
 【NIRA 総合研究開発機構】

○「ワーク・ライフ・バランスに社会の視点を」アピール発表
 【公益財団法人 日本生産性本部】

○雇用のミスマッチ等についての中小企業の認識調査
 【商工中金 調査部】

○男性の育児休業取得率は、過去最高でも2.6%
 【株式会社 ニッセイ基礎研究所】

○円高と競争力、空洞化の関係の再考
 【株式会社 富士通総研】

▲Newsの詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

「プロ人材とスペシャリスト」

 最近「プロ人材」を育成したい、育成しなければ…という話を良く聞きます。
プロフェッショナルな人材、プロ意識が高い人材、表現は様々ですが、人材・
組織の質を上げていくためにもプロを育成したいという話を聞きます。

 同時によく言われるのが、「プロとスペシャリストは違うんだけどなぁ…」
と言う話です。日本的?なのかもしれませんが、プロというと専門家=スペシ
ャリストというイメージがまだまだ強いようです。総合職(ゼネラリスト)・
専門職(スペシャリスト)という分け方のなごりか、プロと言われる人は、何
かに秀でているスペシャリストという印象が強いと言えます。
 ただ、今現在、現場で求められているプロ人材のニュアンスは、やや語弊は
ありますが、“ゼネラリストのプロ”ではないでしょうか(勿論スペシャリス
トのプロも必要です)。次世代リーダー育成と言われるのも、「経営のプロ」
や「マネジメントのプロ」を育成したいという意味合いが強いと言えます。

 プロフェショナルとスペシャリストは何が違うのか?様々な考え方はありま
すが、スペシャリストは特定分野の「事」を極めるのに対し、前述の次世代リ
ーダーでもそうですが、プロに求められるのは「事」プラス「人」への関わり
が期待されていると言えます。勿論、スペシャリストの中にもプロ、エキスパ
ートと呼ばれるような方がいます。ただスペシャリストの中でもプロと呼ばれ
る方は、保有する専門性を誰かに提供したり、伝えたり、広げたり、教えたり、
「人」とのつながりにも長けています。人とのつながりの中で、専門性が評価
され、プロとして認められているのではないでしょうか。

 職場や採用の現場で「プロになるためには、特定分野の知識や技術を身につ
ければ…」という話も聞きますが、それだけではやはり足りません。誤解した
まま進んでいくのは、勿体ないと言えます。

 いずれにしても、プロは必要とされながらも、様々な局面でその言葉のイメ
ージがかなり隔たりがあります。また実際に、現場では混同されています。
 「わが社におけるプロとは?」〜それを打ち出すことで、人材開発の方針が
定まるのではないでしょうか。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://www.hrd-net.com/column/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆人材開発情報BOXにセミナー登録いただいた情報から掲載しております。
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。
◆詳細はこちらを参照願います→ http://www.hrd-net.com/index1.htm 

[2012/06/04]----------------------------------------------------------
●グローバル&ダイバーシティ・セミナー
○(財)日本生産性本部 ダイバーシティ推進室 
 <東京>日本生産性本部 セミナー室

●射出成形用金型設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/05]----------------------------------------------------------
●工場管理と環境(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●電気保全の実務(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●シミュレーションで学ぶフィードバック制御設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ISO9001内部監査員養成講座(名古屋:2日間)
○(株)ハピネックス
 <愛知>愛知県産業労働センター(WINC AICHI)

[2012/06/06]----------------------------------------------------------
●ダイバーシティ時代に求められる7つのリーダーシップ
○(財)日本生産性本部 ダイバーシティ推進室 
 <東京>日本生産性本部 セミナー室

[2012/06/07]----------------------------------------------------------
●わかる!社会保険&できる!給与計算(2日間)
○(株)産労総合研究所
 <東京>厚生会館5F 青竹・紅梅の間

●生産現場における現場改善技法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ISO9001内部監査員養成講座(大阪:2日間)
○(株)ハピネックス
 <大阪>大阪産業創造館

[2012/06/09]----------------------------------------------------------
●ディベート入門講座 論理的な説明力・伝える力を身につける
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2012/06/11]----------------------------------------------------------
●製造現場のコストと財務・会計上の製造原価(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/12]----------------------------------------------------------
●若手女性社員のためのキャリアデザイン研修(2日間)
○(財)日本生産性本部 ダイバーシティ推進室 
 <東京>日本生産性本部 セミナー室

●太陽光発電システム設置導入計画技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●空気圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/13]----------------------------------------------------------
●職能要件の更新、目標面接への活用とその実施(2日間)
○産労総合研究所附属日本賃金研究センター 
 <東京>厚生会館5F 青竹・紅梅の間

●木造住宅における架構設計技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/18]----------------------------------------------------------
●シミュレータを活用したオペアンプ回路設計技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/19]----------------------------------------------------------
●プライバシーマーク内部監査員養成講座
○(株)ハピネックス
 <東京>ハピネックス セミナールーム

●マイコン制御システム開発技術 H8−アセンブリ言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みソフトウェア開発者のためのテスト技法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinuxデバイスドライバ開発技術 Kernel2.6対応(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●モータの特性と運転回路技術(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●フライス盤精密加工技術(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/06/20]----------------------------------------------------------
●在宅勤務制度導入の具体的方法セミナー
○(財)日本生産性本部 ダイバーシティ推進室 
 <東京>日本生産性本部 セミナー室

[2012/06/21]----------------------------------------------------------
●ISO9001内部監査員養成講座(2日間)
○(株)ハピネックス
 <東京>ハピネックス セミナールーム

[2012/06/23]----------------------------------------------------------
●アナログ回路の設計・評価技術 FET編(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●制御解析手法(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
■セミナー登録(無料)はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/seminer.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
●教育機関の皆様へ−「人材開発メールニュース」広告のご案内
 http://www.hrd-net.com/service/m_ad.html 
 人材開発メールニュースでは、広告募集中です!貴社のPRにご活用下さい。
 また、インターネット上での広告に関するご相談も受け付けております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrd-net.com ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrd-net.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.hrd-net.com/ 
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤 http://twitter.com/junyoshitsugu
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2012.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。