経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.660- 本年もありがとうございました

2011/12/26

==2011年12月26日●第660号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX− http://www.hrd-net.com/ 

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス〜組織をつくるコミュニケーションの温度
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ − 年末・年始の配信スケジュールについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News:詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
───────────────────────────────────
○日本の労働市場における男女格差と企業業績
 【RIETI 独立行政法人 経済産業研究所】

○「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」を策定
 〜民間の職業訓練サービスの質の向上を図るための国内初のガイドライン〜
 【厚生労働省 職業能力開発局】

○ワークス採用見通し調査
 【株式会社 リクルート ワークス研究所】

○業況堅調を続ける中小製造業の秘訣を探る
 −「全国中小企業景気動向調査」を手掛かりに−
 【信金中央金庫 地域・中小企業研究所】

○2011年度新規開業実態調査
 【日本政策金融公庫 総合研究所】

○キャリア教育に関する報告書「学校が社会と協働して一日も早くすべての
 児童生徒に充実したキャリア教育を行うために」を作成
 【文部科学省 初等中等教育局】

▲Newsの詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

「組織をつくるコミュニケーションの温度」

 今年最後のワンポイント・アドバイスです。
 皆さんにとって、どんな一年だったでしょうか?

 今年は、人材開発よりも組織開発に関する課題に取り組む機会が増えました。
言葉の定義は様々ですが、個よりも集団(組織)に関するテーマが多かった感
じです。

 例えば、一人一人は良い意見を持っているのに集団になると意見が出なくな
る。一人一人はルールを守ることを理解しているが、誰か一人がルールを守ら
ないといつの間にか多くのメンバーがルールを守っていない。集団(組織)に
なると、個々の意見とは異なった意思決定をしたり、逆に意思決定をできなく
なる・制限されることは良く聞く話です。

 上記のようなことは、以前からある話で珍しいことではありません。しかし、
個々の意思と集団(組織)の意思の乖離が激しくなるのは、それぞれの存在に
対する不安が大きくなると増長されます。昨今、乖離が激しくなったという声
をたくさん聞きますが、恐らく震災などの影響もあり、環境が目まぐるしく変
化する中で、拠り所を失っていることも要因の一つだと言えます。勿論、乖離
があるのは当然ですが、人間関係同様、許容できる範囲を超えると一気に関係
が悪化します。

 こういう話をすると悪いイメージが先行しますが、全く逆のことも言えます。
一人が意見を出せば他の人もドンドン意見を出すようになる。一人がルールを
意識し始めると他の人も意識するようになる、また新たなルールが生み出され
ることもあります。要は、悪い流れを作るか、良い流れを作るか、いずれも組
織のメンバー・当事者次第です。

 良い流れを生み出すためには、基本的ですがコミュニケーションが重要です。
IT、ICTによる技術革新が進む中で、コミュニケーションを促進する様々なツ
ールが次から次へと出てきます。便利なツールを活用することも必要ですが、
今後組織作りという点においては、コミュニケーションの質・量だけではなく、
温度といった感覚的なものも必要になってくるように思われます。

 不安感を拭い去ってくれるような、体感温度の高いコミュニケーション、外
圧ではなく内発的なコミットメントによるコミュニケーションを作ることが必
要です。
 本来、一人(個)の持つ限界を超えることが集団(組織)のメリットです。
いつも数多くのメリットを享受しているわけですが、当たり前になりすぎて気
付いていないことがあるのかもしれません。既にある貴重な繋がりをもう一度
確認し、もう少し温かみを感じるコミュニケーションづくりを実現していきた
いですね。

 今年一年お付き合いいただきありがとうございました。今後ともご愛顧の程、
よろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://www.hrd-net.com/column/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆人材開発情報BOXにセミナー登録いただいた情報から掲載しております。
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。
◆詳細はこちらを参照願います→ http://www.hrd-net.com/index1.htm 

[2012/01/11]----------------------------------------------------------
●利益を生み出す「原価管理」(全4日間)
○中小企業大学校東京校
 <東京>中小企業大学校東京校

●工場管理と環境(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践アナログ電子回路技術 発振・変復調技術編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●マイコン制御システム開発技術 PIC-アセンブリ言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLC制御における実践的インバータ制御技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/01/12]----------------------------------------------------------
●ISO9001内部監査員養成講座(2日間)
○(株)ハピネックス
 <東京>ハピネックス セミナールーム

[2012/01/14]----------------------------------------------------------
●文書コミュニケーション力強化講座 論理的に考える、書き表す技術
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2012/01/17]----------------------------------------------------------
●射出成形用金型設計技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●機械制御のためのマイコン実践技術 PIC-C言語編(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●組込みLinux実装技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●PLCによるタッチパネル活用技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/01/18]----------------------------------------------------------
●製造技術者のための油圧実践技術(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●ISO9001内部監査員養成講座(福岡開催:2日間コース)
○(株)ハピネックス
 <福岡>アクロス福岡

[2012/01/19]----------------------------------------------------------
●実習で学ぶディジタル制御電源の実際
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/01/21]----------------------------------------------------------
●ディベート入門講座 説明力・対話力を鍛える
○(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2012/01/23]----------------------------------------------------------
●プライバシーマーク(Pマーク)内部監査員養成講座
○(株)ハピネックス
 <東京>ハピネックス セミナールーム

[2012/01/24]----------------------------------------------------------
●管理者のための問題解決の進め方(3日間)
○中小企業大学校東京校 
 <東京>中小企業大学校東京校 

●管理者が学ぶ営業で活きる交渉力・説得力(3日間)
○中小企業大学校東京校 
 <東京>中小企業大学校東京校 

●ISO14001内部監査員養成講座(2日間)
○(株)ハピネックス
 <東京>ハピネックス セミナールーム

●標準時間の設定と活用(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●実践アナログ電子回路技術(4日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●倒立ロボットの製作と制御技法(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

●鉄骨構造物における構造計算技術(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/01/25]----------------------------------------------------------
●組織を動かす人事部セミナー
○(株)アクティブアンドカンパニー
 <東京>アクティブアンドカンパニー 会議室

●空気圧装置メンテナンスとトラブルシューティング(3日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東

[2012/01/26]----------------------------------------------------------
●成功事例から学ぶ品質の維持向上(2日間)
○ポリテクセンター関東
 <神奈川>ポリテクセンター関東
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
■セミナー登録(無料)はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/seminer.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
●年末・年始の配信スケジュールについて
 いつも「人材開発メールニュース」をご愛読ありがとうございます。
 本年はこれが最後の配信となります。
 年始は、2012年1月10日(火)に第661号を発行予定です。

●教育機関の皆様へ−「人材開発メールニュース」広告のご案内
 http://www.hrd-net.com/service/m_ad.html 
 人材開発メールニュースでは、広告募集中です!貴社のPRにご活用下さい。
 また、インターネット上での広告に関するご相談も受け付けております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ご意見・ご感想・ご要望 info@hrd-net.com ────────────
  企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談も大歓迎です!

─▼購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────
  http://www.hrd-net.com/mailnews/
  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。
───────────────────────────────────
*発 行/編 集  株式会社ヒューマナイズ:http://www.hrd-net.com/ 
*住 所/福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5 ARKビル 〒812-0013
*発行人/編集人:吉次 潤 http://twitter.com/junyoshitsugu
人材開発メールニュースに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
Copyright (c)1998-2011.Humanize Inc. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。