経営

人材開発メールニュース

「企業は人なり」。経営者から企業の教育担当者まで、人材開発に携わるすべての方々を対象に、人材開発を進めていくために役立つ情報をお届けいたします。


全て表示する >

【人材開発メールニュース】-vol.471-

2008/02/25

==2008年02月25日●第471号● ==========================================

▼ 人材開発メールニュース − Human Resources Development Mail News ▼

================ 人材開発ネット★情報BOX− http://www.hrd-net.com/ 

★目次★───────────────────────────────
 1.人材開発News
 2.ワンポイント・アドバイス〜ビジネスモデルと採用活動
 3.公開セミナー情報
 4.事務局よりお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 人材開発News:詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
───────────────────────────────────
○労働契約法について
 【厚生労働省】

○企業倫理への取組みに関するアンケート調査結果
 【社団法人 日本経済団体連合会】

〇CACGsの運用と利用方法の検討
 ―「キャリア・インサイトD版」の利用記録の分析を通して―
 【独立行政法人 労働政策研究・研修機構】

○中途採用見通し調査2008
 【株式会社リクルート ワークス研究所】

○迫られる労働市場の国際化−多文化共生社会の実現に向けて−
 【NRI 野村総合研究所】

○わが国企業のCSR経営の動向2007
 【株式会社 日本総合研究所】

▲Newsの詳細はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/news/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ワンポイント・アドバイス <Humanize:吉次 潤>
───────────────────────────────────

「ビジネスモデルと採用活動」

 様々な企業の新卒採用を見ていると、やはり社風・文化を感じることがあり
ます。表現が適切かどうかわかりませんが、採用活動はそれぞれの企業のビジ
ネスモデルと似ている印象を受けます。

 例えば、利益率が高いビジネス(=利益重視)を展開している企業と、利益
率が低いビジネス(=どちらかと言えば売上重視?)を展開している企業では、
やはり採用活動の進め方も異なります。説明会などセミナーへの集客において
も、利益重視型のビジネスモデルを展開している企業では、どんな学生(質)
が来たかを気にしている感じです。一方、売上重視型のビジネスを展開してい
る企業では、やはり何人(量)来たかを真っ先に確認しているような印象を受
けます。全てがそうだと言う訳ではありませんが、日頃のビジネスにおいて何
を指標にしてビジネスを行っているかが採用活動に現れているのではないでし
ょうか?

 新卒・中途に限らず、採用活動のお手伝いをしていると、「同業他社がどの
ような採用をしているのか知りたい」という話を良く聞きます。当然、同業他
社の動向は気になると思いますが、できれば同業他社だけでなく、ビジネスモ
デルが違う企業の採用を研究してみることも一つの方法です。

 同業他社のやり方が参考にならないという訳ではありませんが、他社が気に
なるという場合、自社のやり方を変えたいというケースが多いと思われます。
採用で何かを変えたい(これまでと異なる成果を出したい、同業他社と異なる
成果を出したい)という問題意識があるならば、同業他社、特にビジネスモデ
ルが似ている他社だけでなく、少し違う企業を見ることをお薦めします。

 採用活動の様々プロセスにおいて、プロセスの進捗状況を図る指標(視点)
を変えると、新鮮な発想が出てくることがあります。当然その流れの中で、プ
ロセスそのものを見直すきっかけにもなります。異なるビジネスモデルを展開
している企業は、説明会の時に何をプレゼンしているのか、選考で何を質問し
ているのか、少し情報を集めるだけでも、自社に無いものを見つけ出すことが
可能です。

 所与の目的を達成する方法は様々です。異なる考え方を優先して取り入れる
ことをお薦めしているわけではありませんが、違う方法・視点に触れ、今一度
自らのやり方を見直すこと、見直しを続けることで、より良い方法が生み出さ
れるのではないでしょうか。

※コラムのバックナンバーはこちらへ→ http://www.hrd-net.com/column/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 公開セミナー情報 : まもなく開催される予定のセミナー情報です!
───────────────────────────────────
◆人材開発情報BOXにセミナー登録いただいた情報から掲載しております。
◆原則的に<来週月曜日以降3週間分>のセミナー情報を掲載します。
◆詳細はこちらを参照願います→ http://www.hrd-net.com/index1.htm 

[2008/03/06]----------------------------------------------------------
●戦略的MBOシリーズ(営業部門マネージャー編/通学1.5日間)
〇あずさビジネススクール(株)
 <東京>東京ステーションカンファレンス サピアタワー

[2008/03/07]----------------------------------------------------------
●改正パートタイム労働法のポイント
〇(株)ネットクエスト
 <東京>代々木ネットクエスト研修室

●強い職場を築くカイゼン活動と人づくりへの取り組み
〇(株)日本能率協会マネジメントセンター
 <東京>三田NNホール B1多目的ホール

[2008/03/08]----------------------------------------------------------
●何が違う?!私の指導法。OJTスキルアップ公開講座
〇(株)ヒューマンアカデミー ヒューマンビジネススクール
 <東京>新宿国際ビル2階 ヒューマンアカデミー会議室

[2008/03/11]----------------------------------------------------------
●部下を育て成果をあげるビジネスコーチング(2日間)
〇(株)トッパンマインドウェルネス
 <東京>凸版印刷株式会社内会議室

[2008/03/12]----------------------------------------------------------
●早期離職予防!ストレスコントロール/コミュニケーション活性化のコツ
〇(株)ヒューマンアカデミー ヒューマンビジネススクール
 <東京>ヒューマンアカデミー新宿本校

●効果的に知識を伝える技術・実践講座
〇Six Stars Consulting(株)
 <東京>SSKセミナールーム

[2008/03/15]----------------------------------------------------------
●ロジカルシンキング&プレゼンテーション講座
〇(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター

[2008/03/22]----------------------------------------------------------
●論理力を鍛えるディベート入門講座
〇(有)N&Sラーニング
 <東京>東京芸術センター
───────────────────────────────────
[公開セミナー情報★注意事項★]
□現在セミナー情報コーナーは試験的に運用しております。
□セミナーは各主催団体の都合により延期、中止になるケースもございます。
□各セミナーの内容につきまししては、各主催団体へお問い合せ願います。
■セミナー登録(無料)はこちらへ→ http://www.hrd-net.com/seminer.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 事務局よりお知らせ
───────────────────────────────────
●教育機関の皆様へ−「人材開発メールニュース」広告のご案内
 http://www.hrd-net.com/service/m_ad.html 
 人材開発メールニュースでは、広告募集中です!貴社のPRにご活用下さい。
 また、インターネット上での広告に関するご相談も受け付けております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-04-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。