海外

インドネシアの新聞ネタ ぶりた・いんどねしあ

インドネシアの新聞からその日の記事を日本語で紹介します。時事・社会ネタなど話題のニュース・トピックを日替わりで。

全て表示する >

インドネシア 新聞ねた!

2005/02/17

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

インドネシア
今日の新聞ネタ! 2005年2月17日号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今日の新聞記事からわたしが「独断」で選んで紹介していきます。

=========================
■今日の記事■
世界で5番目、5番目の中の一番は。。。
=========================

汚職関係でいうとインドネシアは146か国中5位、
というのは去年の秋に発表されたもの(*1)ですが
じゃあ国内ランキングは、というのが今日の記事。

コンパス1面トップ(*2)、
紙面版ではでかでかとかかれているのは
“Jakarta Kota Terkorup”。

順位は21位まであげられていますが、
ベスト3はジャカルタ、スラバヤ、メダン。
これに、スマラン、バタム、プカンバル。。。と
続きます。

これはようするにビジネスが活発なところ、ということで
当たり前といえば当たり前なランクになっております。

この記事の中では一番汚職が激しいのが税関。
ということは港があるところがあがる、というのも
うなずける、というわけです。

他には税、警察、裁判所など続きますが
確かに買収しやすそうなところであります。

警察、といえば、ヘルメット・シートベルトなし、
とか、3 in 1違反、とかで免許書没収、
裁判所にきてね、を避けるために数万〜数十万ルピア払ったりしますが
これももちろんこの類にはいります。

★★

税関、ここが悪評ナンバーワンですが、
いい方向に動いている?ような気配。

消費者としてはある意味残念ですが、
やたら安く売っている(きっと密輸なり
違法な形のもの?)とおもっていたワインが
近所のスーパーから一気に消えました。

プラザインドネシアのワインやさんも
やたら品数が少なく、きいてみたら
なかなか入ってこない、だそう。

一時的に厳しくなっているだけ、であれば意味ないですが、
政権がかわって本当に内部粛清が起こっているとすれば
それが逆流しないよう、
この国の変化を応援していかないといけません。

★★

有名な経済専門家で国会議員でもあるDidik Rachmadi氏が
「グロドックさえ爆破しなければこの国の経済は回る」と
ブラックユーモア交えてあるセミナーで発言したことがありますが
あそこはまさにインドネシアの縮図。

いろんな汚職がはびこっていることでしょう。

あそこの名物といえば電化製品や海賊版ソフト。
税関、警察などなどたくさんお世話になっていそうです。

どこの世界もそうかもしれませんが、出る杭は打たれる、
あまり派手な行動(でかい海賊版の店を出す、など)をすると
だれかが仕組むのか、警察が取り締まりにやってきます。
その一方で、平穏に営業しているお店は警察関係がまもっていますね。

あの地域の経済は国のバロメーター、というのは
それほど言いすぎではないはず。
違法な活動なしに健全に動く日が
どうやっていつごろやってくるんでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------
(*1) Tempointeraktif 2004年10月20日号
“Indonesia Negara Terkorup Kelima”
http://www.tempointeraktif.com/hg/nasional/2004/10/20/brk,20041020-48,id.html

(*2) Kompas 今日の一面
“Jakarta Kota Terkorup”
http://www.kompas.co.id/kompas-cetak/0502/17/utama/1564443.htm

―――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

インドネシア
今日の新聞ネタ! 2005年2月17日号

経済中心になっているところがランク上、はやっぱり普通。

ランク下がっていくといろんな地名があがっていますが、
なんでここ?、いや実はね。。こんな汚職が
といった情報があればもっとおもしろいのに。

ブログもみてね!
http://blog.melma.com/00101178/

ご意見、ご感想お待ちしております。
selebindonesia@hotmail.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-14  
最終発行日:  
発行周期:記事があれば  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。