その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 郵政問題 何が問題か

2010/03/31

メールマガジン852号   2009/3/31日発行(月・水・金発行)

□□  郵政問題 何が問題か  □□

亀井大臣が「総理の了承を得た」総理は「了解していない」これはどう考えても
亀井大臣が正しいです。というのも、この決定を聞いた仙石大臣が血相をかえて
鳩山総理に詰め寄ったところ、「アレ、まだ閣議決定していなかったっけ」と反
応したそうです。

総理は全くの無関心だったのです。総理の「良い子でありたい」願望は嘘までつ
かせたのです。これで総理のいうことは嘘ばかりだと判明しました。でもこのよ
うなことはどうでも宜しい。今や誰も総理の言葉を信用していませんから。

もともと郵貯のお金は財政投融資として政府が高い金利で特殊法人などに流し込
み、無駄使いの温床となっていました。そして毎年三兆円以上の税金を特殊法人
などに補填し、郵貯にスムースに還流する仕組みだったのです。

そこで小泉改革では郵政民営化でこの悪循環を解消したのです。小泉改革の目玉
は郵貯、簡保は完全民営化をし、二度とこのようなことが発生しないような仕組
みにしました。

ところが亀井改悪では郵貯・簡保の筆頭株主として国が君臨することを決めてい
ます。まさに国有化に逆戻りです。そして預け入れ限度を引き上げることにより、
財政が逼迫している現状で昔のように、郵貯・簡保のお金を引き出すことさえ狙
っています。

また郵貯の限度額引き上げで、結局ペイオフが二千万円になります。郵貯は政府
丸抱えで痛くも痒くもありません。でも民間金融機関は保険で補償しますから、
ペイオフが二千万になると、コストがあいません。これは完全な民業圧迫です。

民間会社で非正規雇用が2千万人いる、これを1千万人は正社員にしろ。などと
いう指令が大臣から来るなんて正気の沙汰とも思えません。

とにかく昔の郵政に完全逆戻りなんです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/04/13

    いつも読ませていただいております。

    日本の未来を考える本当の意味での政治家が少ない中、心から応援しております。

  • 藤原雄一郎2010/04/05

    今年一月末から入退院を繰り返し、ごとんど病院暮らしです。皆さんの暖かいコメントに返事も出来ていません。



    今後発行のインターバルも不定期になることお許しください。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/04/03

    結局、郵政事業を元に戻した目的は、国有化することで、185兆円とも言われる、日本郵政の保有している資金を、政府が自由に使える権利を得、それによって財政赤字の穴埋めや、アメリカからの要請に基づく、米国債購入の資金にしたいためではないでしょうか?



    話は変わりますが、民主党は、旧国鉄のJR移行に伴って、採用されなかった国労組合員の、裁判で決着のついているものに対して、一律2500万円の和解金を出し、さらにJR北海道など、政府出資の多い影響力の強い、しかもそれら企業体質の脆弱な会社に、その人たちの雇用を押し付けようとしています。



    勤務に問題があったこのような人間の採用を強制することなど、民主党社会主義政権の異常さまざまざと見る感じです。



    それと、またもや新党結成のニュースが報道されましたが、小澤さんから見れば、もっと作れとほくそえんでいることでしょう。



    民主党の批判票の受け皿になるといっていますが、泡沫新党ばかりが出来て、票が分散することになり、共倒れが予想され、せっかく支持率がた落ちになっている、民主党を利するだけだと思います。



    これで、参議院議員選挙も、民主党・公明党の選挙協力で、これら政党が圧倒的過半数を制し、小澤独裁・社会主義国家が完成。やがて、「日本は日本人だけのものではない」の言葉とおり、外国人には手厚い保護と権利を保障して、日本人には、言論の自由もない、家族崩壊して活力も気力も無い、権利ばかり主張して、責任は取らない世相が現実になるかも知れません。



    小澤独裁による、中国日本自治共和国誕生?



    読書大好き

  • 名無しさん2010/03/31

    藤原先生 先生の鋭いご高察とても参考になります。鳩山さん大丈夫ですか、しっかりして下さいと」いうしかありません。

               野見山満知子