その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 普天間問題

2010/03/29

メールマガジン851号   2009/3/29日発行(月・水・金発行)

□□  普天間問題  □□

わが国の首相の悪口を言うのは誠に不幸なことです。でも余りにひどすぎます。
鳩山首相の頭の中はカラッポだと思っていたのですが、実は「ボクは良い子なん
だ。首相は絶対権力がある。だからボクを良い子にするのだ」というのが基本方
針だったようです。

ですから、温室効果ガスの25%削減も、世界的な喝采を浴びるためのもので、
中身は全くつめられていません。いまや世界各国も鳩山首相を良く研究していま
すから、外国へは出て行ってもらいたくありません。日本の恥です。

わが国の安全保障という大切なことをこのレベルで考えてもらっては困ります。
普天間の県外移設の公約も「確固たる案があってのことか」との石波氏の質問に
対して、結局願望以外何もなく、選挙民うけのすることを叫んだだけであったよ
うです。

ですから「どのようにすればよい子でいることが出来るか」しか眼中になく、移
設先も奇妙奇天烈な案に落ち着いたようです。

でも本来は「なぜ沖縄か」から考えるべきものです。わが国での安全保障で大切
な有事とは「台湾海峡と朝鮮半島」です。一旦有事の時はいち早く立ちあがらな
いと被害は拡大するばかりです。

そのためには沖縄県民には不幸ではありますが、沖縄に基地をおくことが最も効
果的なのです。ですから沖縄に米軍基地が集中しています。

また首相の頭に中に全く無い、「海兵隊とはどのような組織か」も論じる必要が
あります。自衛隊には海兵隊がありませんので理解しにくいでしょうが、有事の
際一番機動的に動ける部隊なのです。

地上部隊にへりに輸送機などなど、一体となって初めて力を発揮します。
その機能を分散配置して一体どのようにして抑止力を働かせることが出来るので
しょうか。

政府の最終案は抑止力から考えれば支離滅裂です。この案をアメリカが呑めばそ
れは日本を見放したも同然です。有事の際には遠く離れたグアムからのこのこや
ってきて間に合うと思いますか。どのようにして大量の人員と機材を運んでくる
のでしょうか。

日本には岩国に海兵隊基地がありますから、そこからかけつけても後の祭りです。
日本が攻撃力を持たないときに、アメリカ軍なしてどのように国民の生命財産を
守るのでしょうか。鳩山さんから明確な回答を示してもらう権利を私たちは持っ
ています。

でも彼の頭の中には何もありません。自分が良い子でありたい一心です。岡田外
相も呆れていることでしょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ケンタ2010/04/01

    政権交代は基地問題のチェンジでもあります。

    海兵隊は北朝鮮崩壊時の核除去が任務だそうです。

    それなら、韓国が近いですね。



    普天間基地を閉鎖し、国外へどうぞです。

    後はアメリカに決めてもらいましょう。

  • 名無しさん2010/03/30

    今さら言っても仕方ないことですが、普天間基地移設問題を白紙に戻した、民主党政権の、日本の安全保障を全く考えない発想は、とても国の舵取りを任せられないものです。



    お陰で、沖縄に巣食う反日サヨクを行きよいづけ、まるで、中国の思う壺になったようです。



    10年以上かけて、地域住民を説得してきた、知事や市長の苦労も水泡に帰しました。



    だから、それだけの苦労をした仲井間知事が、県外移設しか了承しないと言うもの、その心境は、普通の人には理解できることです。



    宇宙人と言われ、十何種類も呼び方のある奇妙な鳥には、そのようなことは理解できないでしょうが。



    あとは、アメリカがどのような判断をするのか、今後を注目します。



    読書大好き