その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 民主党のイメージアップ作戦に騙されるな

2010/03/26

メールマガジン850号   2009/3/26日発行(月・水・金発行)

□□  民主党のイメージアップ作戦に騙されるな  □□

連日、新政権が断末魔の様相を呈しています。その一方で、農家個別保障、子
供手当て、高校教育無償化、公共事業の箇所付けなど、特に問題があることが
わかっている子供手当ても「修正していたら参院選に間に合わない」と強引に
法案成立を図っています。これこそまさに私たちの血税を使って参院選の票を
買うという許されることが出来ない暴挙です。

問題を放置したままの内閣支持率は急落していますが、肝心の独裁者小沢幹事
長は「われ関せず」です。小沢幹事長の野望は「親分が右を向けといえば右」
「親分が黒を白といえば白」という「一致団結箱弁当」軍団を師匠の田中角栄
の規模を大幅に上回る最強軍団として完成させることです。いわばオームや北
朝鮮を日本政治に確立することに奔走しています。

その夢があと一歩です。そこで目障りなのは枝野、前原といった閣僚の発言で
す。小沢幹事長はメディアを使って公然と彼らの発言を非難しました。親分が
ここまで発言したのですから茶坊主たちは日教組出身輿石東を筆頭に強力な締
め付けを始めることでしょう。

さて問題は根無し草で頭の中がカラッポの鳩山首相です。このまま小沢幹事長
と一蓮托生なのか、距離を置くのか難しい選択に迫られています。首相のイメ
ージを上げるにはリーダシップの発揮が一番と、思いつきを次々と言い出して、
これが大混乱をまねいています。これほど閣内不一致でも恥じない政権を見た
ことがありません。

そして最後の望みを託したのが「第二次事業仕分け」です。これで一挙にイメ
ージアップをもくろんでいます。でも昨年の事業仕分けはあれだけの注目を浴
びたのに、結果は「尻切れトンボ」で終わりました。事業仕分けでいくら問題
点を指摘しても、今の政権にはそれを実行にうつす力はなくなっています。

結局4月末から始まる事業仕分けも単なるイメージアップのパフォーマンスで
しかないのです。私たちはこれ以上新政権に騙されないようにしようではあり
ませんか。目標は内閣支持率一桁を早く実現することです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/03/30

    すべてお説のとおり。私利私欲の政党、政権は確実に日本の民を亡国へと導いています。

  • 名無しさん2010/03/27

    民主党には何も期待していませんが。



    しかし、せめて、今のような、おかしい方向に、日本と言う、我々のかけがえの無い祖国を誘導することや、これ以上、選挙のためのばらまきを目的として、将来の借金を増やすことをやめ、国民の負担を増やし、足を引っ張るな、と感じます。



    子供手当て・高校授業料無償化、それらは財源も無く、史上最大の国債発行でまかなうつもりでしょうが、それらは、全て将来、今の支給対象となる子供たちの借金になるのです。



    子供手当てなど、誰がどのように使うのか、わからないものに、何兆円もつぎ込む必要があるのか。



    失業率は約5%と高水準。一方では、今年3月の大学新卒者の就職内定率80%、2割は失業状態です。



    経済は一向に回復傾向に無く、日本が誇る技術力も、あと数年で、これまでの財産を使い果たして、韓国・中国・インドなどに追いつかれる、と言う状況下、経済無策の民主党政権は、国力・経済力維持と言う、最も大事な政策を放置して、近隣諸国の喜ぶことばかりを優先しています。



    願わくば、7月の参議院議員選挙で、民主党が惨敗、それを受けて、世論が高まり、衆議院解散、総選挙があれば、と期待したい気分です。



    救国の政治家が出てくることを祈る心境です。



    読書大好き

  • 名無しさん2010/03/26

    >自民党が政権を取っていた時のスタンスは

    どうだったのか



    それは言うまでもないことでしょう。政権交代で国民がはっきりと断罪したのです。そして民主党のこのていたらくにも支持率は一向に上昇しません。もう自民党の政策はゴメンだと国民は思っています。



    ところがこともあろうに小沢帝国は古い自民党に先祖かえりです。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/03/26

    今現在の政権についての

    批判はあってしかるべきですが

    民主党以前の自民党については

    自民党が政権を取っていた時のスタンスは

    どうだったのか?

    気になるところです。