その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 メールマガジン837号   2009/2/24日発行(月・水・金発行)

2010/02/24

メールマガジン837号   2009/2/24日発行(月・水・金発行)

□□  長崎県知事選挙  □□

もう民主党にふれるのはウンザリなんですが、最近民主党に対する潮目が変わ
ってきたように思います。マスコミが「民主党を叩くと視聴率が上がる」と思
ったようです。

時あたかも、新聞による広告費用が二年連続で二桁減少で最近5年間の減少率
は激しく、ついにインターネットによる広告費に抜かれました。新聞も「興味
を掻き立てて販売部数を増加させたい」のでしょう。今まで政権交代を錦の御
旗に(産経新聞は除く)してきたのが、手のひらを返したようです。

視聴率至上主義のテレビは言うまでもありません。私の大嫌いなテレビ朝日の
「報道ステーション」でも長崎県民が「政権交代はしたけれど、自民党以上に
民主党は汚毒にまみれていた」という声ばかりです。日ごろ報道の公平性を標
榜しているのに、民主党を擁護する声は放送しませんでした。

恐らく選挙が近づいてくれば、小沢退陣、闇将軍化して権力を欲しいままにす
ることでしょう。でも国民は二度と騙されないと思います。二枚看板だけが汚
れているのではなく、選挙戦で民主党幹部が露骨な利益誘導をして、「民主党
支持候補を当選させないと、今後お金は流さない」と露骨に訴えていました。
これほどあからさまには自民党でも言いませんでした。

それでも大敗したのです。長崎県民はこのような民主党の利権体質に自民党と
二重写しになって嫌悪感を爆発させたのでしょう。カネに汚れているばかりで
はなく、自民党も驚く利権体質という印象が国民の中に浸透してしまったので
す。

総理自ら素直に「政治とカネ」が影響したと言っても、だからといって何もし
ません。平成の脱税王とならんで「謝ればすむなら警察はいらない」の典型例
です。国民も馬鹿にされたものです。

民主党に残された起死回生の策は「二枚看板を党外追放」かえす刀で「日教組
のヤミ献金」問題を起こした人間に対して、議員辞職勧告を出すことです。こ
れで民主党の人気は一気に戻ってきます。でも民主党はそれをやることが出来
るでしょうか。国民は自民党にも愛想をつかしているのですが。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/28

    読書大好きさん



    民主党はこのまま反省しないで、汚毒の二枚看板で選挙に突入したほうが、国民のためなのではないでしょうか。



    小沢さんの腹つもりでは公明党取り込みで過半数狙いでしょうか?



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/28

    ケンジさん



    長崎県民、町田市民は国民の声をよく反映させてくれました。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/27

    「長崎県知事選挙」「東京都町田市長選挙」結果には、久し振りに、すっきりした気分になりました。



     長崎など、昨年11月の民主党候補擁立時点では、楽勝ムードだったそうですが、結果は、大仁田候補の得票を含めると、投票総数の過半数を大きく超える有権者が、民主党に「ノー!」を突きつけたことになります。



     町田市長選挙では、小沢さんは候補者事務所には激励に訪れたものの、街頭での応援演説は控えたとか。



     どちらの選挙も、民主党の圧倒的に強い地盤で行われただけに、これほどの大差がついて、幹部はショックだと思いますが・・



     それでも、小沢さんは「国政選挙と地方選挙は意味合いが違う」と、わが身を反省するそぶりも見せません。



     鳩山さんにいたっては、藤原さんがおっしゃる通り、「政治と金問題が響いた」とのコメントですが、全く第三者的認識です。



     このところ、オリンピック開催もあって、小沢さんや鳩山さんの、テレビ・新聞・週刊誌などの露出度が大きく減っていますが、彼らは、ある意味、ホッとしているのでは。



     それにしても、反省しない民主党には、あきれてしまいます。



     しかし、一方では「夫婦別姓法案」「在日外国人地方参政権法案」の国会提出を、勢いのあるうちにと、虎視眈々と狙っています。



    「子供手当て」もいよいよ現実的になってきました。



     私からすれば、もっと大事なことがあるだろう、と言う気持ちですが。



     国益や財政再建・安全保障など全く念頭にない、このような政党に、いつまで横暴を許すつもりか!と言いたい。



    読書大好き

  • 名無しさん2010/02/24

    長崎県民ではないですが、「誰か真面目に

    国の舵取りやってくれよ、このままじゃ

    沈没しちゃうよ(泣)」、これ私の偽らざる

    気持ちです・・・。

    ケンジ