その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 トヨタ 米議会公聴会に出席

2010/02/22

メールマガジン836号   2009/2/17日発行(月・水・金発行)

□□  トヨタ 米議会公聴会に出席  □□

トヨタに危機管理能力が備わっているのか心配です。米議会公聴会といえば完
全な政治ショウで如何に議員が目立つかばかりで、真相追求は二の次です。特
に今は「日本叩き」なかんずくトヨタ叩きで米社の自動車販売が増加すれば、
一躍時の人になります。ですからどのような罠が待っているかわかりません。

トヨタ社長が出席するようになったいきさつに危機管理が働いていたのでしょ
うか。豊田社長は自家用機で乗り付けました。昨年のビッグ・スリーが叩かれ
たのを忘れたのでしょうか。

私なら「わざと」エコノミーで行きます。そして「売上の落ち込みでも人を切
らないために、豊田がエコノミーで来ることで経費節減にはならないが、米国
民の雇用を考えた時に、いてもたってもおられなかった」など、当方もスタン
ドプレーをします。

正直に謝罪をしてもそれにともなう凄まじい裁判が発生し謝罪にともなう責任
を果たすことを要求されるばかりです。日本流謝罪で失敗した典型例がタイヤ
事故でのブリジストンです。

そして売上が減少してもトヨタの特徴である人材教育に身銭を切って対処し、
再びトヨタの信頼を取り戻すなど、雇用問題を人質にとった論戦を展開しては
と思います。

今のトヨタに必要なのは、このような外乱ではなくて、売上減少の今こそ、静
かな時を与えることです。それで必ず再生すると私は信じています。皆さんも
トヨタを応援してください。

ちなみにごく親しい友人がリコール対象のレクサスを購入していますが「どう
してこれがリコールなの」といぶかっています。トヨタを叩くならリコール車
に乗ってからにしましょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/28

    ケッジさん



    私にはパフォーマンスだけしか見えません。(笑)



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/24

    公聴会、

    パフォーマンスが

    見え隠れ



    まあ、こんなところでしょうか(笑)



    ケンジ