その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信 施政方針演説

2010/02/08

メールマガジン833号   2009/2/8日発行(月・水・金発行)

□□  施政方針演説  □□

施政方針演説とは総理大臣が「日本国をこのように運営します」という大切な
演説です。脱官僚は良いのですが、劇作家平田オリザが日本国の運営の演説を
書いてよいものでしょうか。正気の沙汰とも思えません。

「地球の命を守りたい」「世界の命を守りたい」このことばを聴いて「呆れて」
何もいえませんでした。現在基地問題をめぐって「日本国民の生命、財産を守
る」ことすらできないのに、どうして地球の命でしょうか。

基地問題を論ずる前に、日本の安全保障を論ずるべきなのです。日米安保で米
軍に守ってもらうなら、海兵隊の抑止力をまず論ずるべきでしょう。そして抑
止力を最大限に生かすために、基地をどこにおけば良いかの議論に進むのが常
識というものです。

基地の県外、国外移転の論議には「日本国民の生命、財産を守る」ことは全く
考えられていません。それでいてどうして「地球の命を守りたい」という言葉
が出てくるのか、さすが宇宙人です。でも宇宙人は日本の総理大臣になっては
いけません。

さらに驚いたのは、ガンジーの社会的大罪「労働なき富」に言及したことです。
恐らく国民の大多数が「莫大な母親からのプレゼント」を思い浮かべたと思い
ます。まさにこれこそ「労働なき富」でなくて何でしょうか。ですからガンジ
ー公認の大きな罪を犯した鳩山総理は即刻退陣するといえば整合性がとれます。

鳩山代表に小沢幹事長の「政治とカネ」とそれに対して何も言えないどころが、
擁護の大合唱の民主党は汚辱にまみれています。それなのに、内閣支持率は4
0%台と高い数値を誇っています。日本国は一体どうなってしまったのでしょ
うか。

自公政権よりまだ悪い民主党政権が夏の参院選を乗り切ったならば、日本国は
破滅です。でもそうなりそうですね。困ったことです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/12

    >寝ぼけた日本人の目を覚ますべく、これからも頑張ってください!



    ありがとうございます。心強い限りです。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/12

    寝ぼけた日本人の目を覚ますべく、これからも頑張ってください!

    心から応援しています。

  • 名無しさん2010/02/11

    読書大好きさん



    いくら力説しても、支持率が10%台に落ちないと変化は現れません。



    ということは自民党が決定的に嫌われて、民主党にまだ幻想が残っているからです。事項政権なら支持率は一桁まで落ちていますが、

    まだ40%という高い支持率を誇っています。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/10

    自浄作用の全く働かない、反省の色の無い民主党議員。小沢さんが不起訴になった途端、この件に関して、口をふさいでしまった、だらしない閣僚。



    限りなく黒に近い、小沢幹事長に、「このまま、幹事長を続けていいですね?」と脅されて、何も言えない宇宙人、鳩ポッポ。



    嫌疑不十分で不起訴になったにもかかわらず、民主党内では、小沢さんは、晴れて無罪になったような雰囲気。



    独裁政権、全体主義・社会主義政党、民主党の正体をはっきり見届けた気分です。



    挙句の果て、これから裁判になる石川議員について、秘書時代のことだから、議員辞職や離党する必要はないと、強弁する、民主党幹部。



    そして、野党の「議員辞職勧告決議案」を「つるしてしまえば良い」と、公言して憚らない、国会対策委員長。



    こんな無茶苦茶な政党に政権を委ねて。危機意識や、しまったと思わない有権者。また、マスメディアの無責任な報道。



    とうとう日本は、道義も倫理観も落ちるところまで落ちてしまったようです。



    予測では、鳩山さんは、普天間基地移設問題でどうしょうも無くなって、嘉手納基地に米軍をそのまま駐留させ、5月に基地問題の責任を取って、辞任するらしい。



    しかし、その後任には菅さんがなるとか。今よりももっと悪くなる?



    いよいよ、日本の良識、真正保守の大同団結が本格的に動き出しそうです。



    日本を建て直すためには、国家観・歴史観・国益のスタンスを我が国に置いた政治家に、立ち上がってもらうしか、方法は無いのでは?と思います。



    参議院議員選挙では、自民党には大きな流れが無くても、恐らく、前回、民主党に流れた無党派層が、真正保守議員に、なだれをうって投票行動を変更すると期待したい気分です。



    それにしても、自民党参議院議員で、業界利益団体を代表する人が、自民党を離党して、民主党に入党しましたが、この議員は、恐らく、今度の参議院議員選挙で、後悔することでしょう。



    こんな、当選することだけが目的の議員は、これからの国会に必要ないと、感じています。



    読書大好き

  • 名無しさん2010/02/09

    >この夏の参議院選挙は過半数はとれないでしょう。



    そうでしょうか?内閣支持率はこれだけボコボコでも40%台です。それに民主党の支持率も自民党を圧倒しています。



    国民は民主党ならびに宇宙人を見放していません。



    藤原雄一郎

  • 名無しさん2010/02/08

    藤原先生の仰られるとうりです。しかし、鳩山首相、小沢幹事長が辞任しなければ、この夏の参議院選挙は過半数はとれないでしょう。だから辞任の先延ばしは他党に有利に働くと見ています。