その他ニュース

藤原雄一郎の時事通信

気鋭の経営コンサルタント藤原雄一郎が時事問題に鋭く切り込みます。政治、経済の旬の話題をわかりやすく解説し、ビジネスマンとして必須の情報に仕上げます。これであなたは時代の変化を的確に一掴み!

全て表示する >

藤原雄一郎の時事通信:改革は進んだか?

2003/12/30

------------------------------------------------------------

    ◆◇藤原雄一郎の経営最前線シリーズ         ◇◆
    発行者  藤原雄一郎   fujiwara@za.wakwak.com
    ホームページ      http://fujiwara-y.com/fuji.htm
        バックアップ      http://park5.wakwak.com/~inox/fuji.htm

------------------------------------------------------------
藤原雄一郎 政治と経済を語る
------------------------------------------------------------
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メールマガジン051号   2003/12/30日発行(隔日発行)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


□□   改革は進んだか?   □□

今年も最後の藤原通信になりました。

党内基盤の弱い、小泉首相が、今年もしぶとく生き残りました。
従来の自民党の常識からいえば奇跡的なことだと思います。また
小泉内閣の支持率も、何度も「これが最後か」と思わせながら、
何とか沈んでは浮き上がりを繰り返して来ました。イラク問題で
下がった支持率が、年が明けてから再び上昇するかに改革推進の
成否がかかっていると言っても過言ではありません。

小泉首相は本心ではイラクに自衛隊を出したくないのが、ありあ
りと伺えます。その逡巡がますます事態を悪化させています。小
泉首相の頭の中はイラク問題で一杯で、その他の重要案件に対し
て、集中力が切れているために、大切な案件でバタバタと後退し
ている印象は否めません。

それほど、既得権益を必至で守ろうとする政治家と官僚の壁は厚
いということです。そして小泉さんには、「命をかけて守ってく
れる親衛隊がいない」ことも明確になりつつあります。今や小泉
首相にとって唯一の親衛隊が「移り気な支持率」でしかないのは
寂しいかぎりです。

国民である私たちも大きく反省しなければなりません。小選挙区
になって益々、議員の重要な役割は、地元への利益誘導になって
います。鈴木宗男に未だに地元での根強い人気が残っているのは、
彼が「極めて強引に」地元に仕事を持ってくる、その実力に期待
しているからです。このような現状では天下国家を論じ、日本全
体の国益を重んずる政治家は「夢見る空想家」として歯牙にもか
けられません。

よく言われる言葉に「猿は木から落ちても猿だが、政治家は選挙
に落ちればタダの人」があります。選挙に当選するためには、政
治家を当選させる力を持った人の希望をかなえることです。その
結果、各種団体が大きな力を持ち、いわゆる浮動票と称する一般
庶民の声は抹殺されてしまいます。そして国民の貴重な税金が一
部団体の要望と、その要望をかなえる大きな力を持つ官僚によっ
て、ドンドン無駄使いされ、国家財政の破綻を来します。

このような強固なシステムを打ち破るのは並大抵ではありません。
小泉首相の集中力が切れたら必ず失速します。一旦閣議決定に持
ち込んでも、実際に法律を作るのは官僚ですから、巧みに骨抜き
にして、相変わらず、税金の無駄使いにあけくれることになりま
す。

このような政治家と官僚を支える利益誘導勢力(既得権益を守る
抵抗勢力)と「税金の無駄使い」の配分にあずかることの出来な
い多くの国民(主として大都市の住民で浮動票の大部分)の比率
が、ここに来て大きく崩れようとしています。その結果がいつま
でたっても「落ちそうで、落ちない」小泉内閣の支持率となって
あらわれていました。

ところが、抵抗勢力のあまりの強さに、一般庶民の期待している
税金の無駄使いに十分にメスを入れきらず、増税や年金問題で一
般庶民の懐に小泉内閣は手をつけだし始めました。その印象が高
まったのが年末の三大改革(年金、地方分権、道路公団)の決着
です。漠然とした期待を抱いていた一般庶民の心が、密かに離れ
つつあります。

「小泉内閣の支持率もこれまで」という予感がしてなりません。
来年になれば小泉内閣の支持率の低下と共に、せっかく進みかけ
た改革が次々と骨抜きになる不吉な予感がします。この予想がは
ずれることを強く望みたいものです。

小泉首相は自民党の基盤を次々と破壊してきました。抵抗勢力が
小泉降ろしに成功した時、世の中の大きな変化に気がついていな
い自民党の本当の崩壊が始まります。もう政治には期待出来ませ
ん。「自分の身は自分で守る」そのような年に来年はなると思い
ます。

−−最後にPR−−
このような時、藤原雄一郎の経営最前線シリーズをご活用下さい。
http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0004HP.htm

皆様、どうか良いお年を。 来年もよろしくお願いします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
□□□□□
□□□□□  ビジネスマン必読!!!
□□□□□ 藤原雄一郎経営最前線シリーズを本にして絶賛発売中
□□□□□
□□□□□ 「重役は裸の王様」
□□□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0003JK.htm
□□□□□ 「目指せ経営トップ」
□□□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0002JR.htm
□□□□□ 「経済危機」と「構造改革」のツボ
□□□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0005JW.htm
□□□□□ 「この一冊で企業がよみがえる」
□□□□□  http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0006JI.htm
□□□□□ 「目指せ乱世のリーダ」
□□□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0007JS.htm
□□□□□     
□□□□□  本を購入するには下のURLをクリック下さい。           
□□□□□  http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0004HP.htm
□□□□□
------------------------------------------------------------
【ホームページ】 http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0003JK.htm
【ご意見】    fujiwara@za.wakwak.com
【本購入】    http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0004HP.htm
----------------------------------------------------------------------
メルマガの登録、解除は
http://www.melma.com/mag/64/m00101064/index_bn.html


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-13  
最終発行日:  
発行周期:月水金  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。